納豆 英語。 納豆菌英文,納豆菌的英語翻譯,納豆菌英文怎麽說,英文解釋例句和用法

一路順風

納豆 英語

bacillus subtilis• : receive; admit• : legumes; pulses; beans; peas• : mushroom a surname• : asparagus pea• : hama-natto; with salted aspergillus oryzae• : fermented soy beans rolled in seaweed• : phaseolotoxin• : stem rot of kidney bean• : stem rot of broad bean• : stem rot of soybean• : tuna sashimi with fermented soybeans• : carolina bean• : natto• : nattokinase• : natto serum• : natto extract• : sclerotinia rot of sweet pea• : bacillusnattogum• : jnka• : phaseolotoxin• Studies on the liquid fermentation for nattokinase by bacillus natto 納豆菌液體發酵生產納豆激酶的研究• Solid fermentation conditions for bacillus natto and product composition analysis 納豆菌固體發酵條件及產品成分分析• The present situation and developmental tendency of antimicrobial functions of bacillus natto 納豆菌抗菌作用的研究現狀與展望• Bacillus subtilis protease produced by liquid fermentation of sea cucumber culture medium 溶栓 納豆菌的篩選鑒定及其發酵特性研究• Atto is produced from steamed soybean and natto bacteria by koji. it is a traditional food in japan for more than two thousand years. nattokinase is a small molecular fibrinolytic protease which is produced during natto fermentation 納豆是由蒸煮后大豆種入 納豆菌,經固體發酵而制得,是日本民間的傳統保健食品,已有二千年歷史。

次の

納豆菌

納豆 英語

納豆,日本人長壽的寶貝!! 文:林天送教授 美國聖路易華盛頓大學 納豆有什麼成分? 納豆既然是以 黃豆為原料,再經過 發酵製造成的, 那我們就先來看黃豆的成分,再來看發酵後,又會增加些什麼成分。 黃豆除了含有豐富的 蛋白質與 纖維外, 它還有二個重要成分:第一個成分是 異烷酮類素 isoflavones , 而異烷酮類素又包括四種重要化合物: 芒柄花黃素 formononetin 、 黃豆甘 daidzen 、 金雀異黃素 genistein 與 雞豆黃素 biochanin A。 其中雞豆黃素 經代謝集也會變成金雀異黃素, 被吸收進入體內,或代謝成乙烷酚 p-ethylphenol。 芒柄花黃素會代謝成黃豆甘而成伊國爾 equol ,學名為牛尿酚 , 最後變成 安哥拉紫檀素 o-dimethyl-angolensin。 科學家對 異烷酮類素有相當多的研究,尤其是金雀異黃素與黃豆甘成分, 它能模擬動情激素 estrogen ,它也有防癌的功能。 豆漿、豆腐是黃豆製造出來的。 黃豆類中,100 公克的黃豆含有50 至300 毫克的金雀異黃素與黃豆甘, 而味噌 miso 、豆漿、豆腐的含量則比較低。 這些成分在人的腸道經過 水解, 容易被吸收或排泄。 在體內逗留的時間並不長。 第二個成分是 里根南 lignans ,它又包括四種相類似化合物: 羅漢松脂素 matairesinol 、 二異落葉松脂素 secoisolariciresinol 、 腸內酯 enterolactone 與 腸二醇 enterodiol。 在植物組織內,里根南以醣衍生物存在,叫做 醣甘(glycosides )。 黃豆發酵時會產生 納豆酵素 nattokinase , 它是一種「 纖維蛋白溶解 酉每 」 fibrinolytic enzyme , 它能 溶解凝固的血液,故有 清滌血管的作用。 納豆能預防心臟血管疾病 目前已知的心臟病危險因子是: 抽菸、糖尿病、高血壓及高膽固醇等。 心臟病可以預防,但我們必須先了解測知心臟病的標記 才能達到有效的預防工作。 納豆酵素是一種「 纖維蛋白溶解 酉每 」, 它能溶解凝固的血液或充當 溶解栓塞血管的活化劑 tissue plasminogen activator, tPA , 其實如果因血管栓塞引起的腦中風, 第一個步驟就是要使用tPA 來溶解血塊。 故納豆酵素有清滌血管的作用。 它不僅可以當藥物,也可用來當血管栓塞的預防。 日本的農化科學家在納豆找到一種能夠 抑制高血壓的成分, 這成分能達成抑制 「血管收縮 月太 轉換 酉每 」。 又納豆 酉每 能 降低膽固醇,尤其是 壞的 LDL。 當膽固醇量偏高時,會帶來心臟血管粥狀硬化 atherosclerosis , 也就容易罹患血管疾病 心臟病與腦中風。 它同時能提高好的HDL ,這就能避免形成血管粥狀硬化傷痕。 納豆的分離物能消除自由基,能保護脂質蛋白。 發表在《農業與食品化學學刊》的一篇論文用納豆的分離物來做動物實驗, 他們以含高膽固醇的飼料給老鼠吃, 分組用納豆分離物來測量它對脂質蛋白的保護機制。 他們發現吃納豆分離物那一組能保護LDL ,也能促進脂質蛋白的代謝。 這些實驗結果表示, 納豆能預防脂質過氧化作用。 許多疾病就是起源於 脂質過氧化作用,尤其是血管疾病 心臟病與腦中風。 另外有一篇報導說異烷酮類素能 減輕血管粥狀化疾病的罹患率。 如果罹患血管粥狀化疾病就容易演變成血管疾病。 他們用含有高膽固醇的飼料給白兔子吃, 再用異烷酮類素來觀察血管粥狀化疾病的罹患率。 發現那些吃了異烷酮類素的兔子血管比較乾凈,沒有粥狀化。 他們甚至發現: 即使不含黃豆蛋白也能達到同樣功能, 這也表示異烷酮類素是這個過程的真正參與分子。 結語 日本人的三餐必定有 味噌湯, 記得好幾次到日本各地旅遊時,住的旅館 供應三餐時, 都會有黃豆類的菜式,連早餐都備有味噌湯。 味噌與 納豆都是 發過酵的黃豆製造成的, 只是它們的發酵過程及所用的菌體不一樣而已。 我們來看平均壽命: 100 年前,美國的國民平均壽命是50 歲, 而2000 年則提升到77 歲。 而3000 年前的羅馬時代,人的平均年齡只有25 歲。 就 日本來看,1940 年國民平均年齡是男性35 歲,女性43 歲, 但2000 年則提升到男性77 歲,女性84 歲, 短短的60 年就增加了一倍, 似乎食用納豆有緩慢衰老腳步的功能。 本文節錄自《健康世界》 409 期 1 月號.

次の

大豆

納豆 英語

研究 [ ] 納豆菌の発見 [ ] 最初に研究を行ったのは、1894年(27年)から3年間にわたり農科大学学院生だった矢部規矩治 であるとされる。 矢部は、発酵中の化学変化について研究を続け桿菌1種と球菌3種を発見したが、納豆の粘着物質である糸の生成原因に関しては研究未完におわり、納豆菌の発見までには至っていなかった。 その後、1902年(明治35年)に須田勝三郎ら が Bacillus subtilis属菌であるところまで解明したが、発見には至らなかった。 発見されたのは1905年(明治38年)、農学博士の沢村真(澤村眞)によるものであり、納豆菌として Bacillus natto Sawamura (バチルス・ナットー・サワムラ)を分離した。 衛生上の観点から、納豆の稲藁容器に疑問を持った沢村は、藁容器と納豆菌を分離する研究を行い、東京で売られていた納豆から納豆特有の2種類の菌を突き止めた。 第一号菌は風味の良い納豆をつくるが、第二号菌は粘りの点は優れても風味では第一号菌に劣るとされた。 その後の沢村の研究によって、1912年(明治45年)になって納豆をつくるのは第一号菌だけで良いとし、その菌を「バチルス・ナットー・サワムラ」と名付け、1919年(8年)12月10日発行の雑誌『納豆』第一号に発表した。 さらに、が藁に包まれていることを不潔だとして、納豆容器の改良に関心を寄せていた農学博士の半澤洵が研究を重ね、1916年(大正5年)に納豆菌の純粋培養に成功した。 半澤は、1919年(大正8年)に「納豆容器審査改良会」を設立し、純粋培養法と衛生的で安定した納豆の製造方法「半澤式納豆製造法」を確立した。 菌産生物 [ ] 代表的な産生物質は、 、 、アミノ酸類()。 栄養素の合成 [ ] 納豆菌はビタミンK 2を生成する。 農業分野への応用 [ ] 納豆菌と同じ Bacillus属に属する B. subtilis や B. thuringiensisはとしての研究が進んでいることから、食用に利用されている納豆菌が生物農薬として利用可能かどうかの研究が行われて 、「イチゴの灰色かび病」 、「キュウリ褐斑病」 、「ジャガイモそうか病」 などで有効であるとする報告が行われている。 抗菌作用 [ ] 抗生物質が見出される以前は、 、 、などの増殖を抑制する 作用があることから、腹痛や下痢の治療に用いられていた事がある。 この抗菌作用はによる物であることが報告されている。 その他 [ ] 納豆菌がにすると、スベリ麹と呼ばれるヌルヌルしたのようなになるので、杜氏は仕込みの時期には食さない。 また、納豆菌には虫歯の原因となるやの原因となる菌の働きを抑制する効果があるとの報告がある。 脚注 [ ]• (全国納豆協同組合連合会)• 矢部規矩治、 東京化學會誌 Vol. 15 1894 P. 196-205, :• 井上憲政、 栄養学雑誌 Vol. 4 1944 No. 3 P224-233, :• 須田勝三郎、米城善右衛門、 藥學雜誌 Vol. 1902 1902 No. 242 P. 321-326, :• , p. , pp. 72—73. 堀田国元、佐々木博、 化学と生物 Vol. 49 2011 No. 1 P. 57-62, :• 須見洋行、 化学と生物 Vol. 29 1991 No. 2 P. 119-123, :• 須見洋行、大杉忠則、内藤佐和 ほか、 日本醸造協会誌 Vol. 106 2011 No. 1 p. 28-32, :• 52 2001 No. 10 P. 937-942, :• 村上恭子、白石淳、 福岡女子大学人間環境学部紀要 29, 63-66, 1998-02-25,• 鈴木秀之、渡邉美子、「」 大豆たん白質研究 2010 13巻 31号• 「」『愛知県産業技術研究所研究報告』第2号、2003年12月、 132-133頁、。 文部科学省• Microbes and environments. Vol. 14 1999 No. 4 P. 245-252, :• 78 2012 No. 2 p. 104-107, :• 橋本俊祐・中島雅己・阿久津克己 2010a. 納豆菌 Bacillus subtilis によるイチゴ炭疽病とキュウリ褐斑病に対する抑制効果.日植病報 76: 218. (講要)• 仲川晃生、井上康宏、越智直 ほか、 関東東山病害虫研究会報 Vol. 2014 2014 No. 61 p. 31-34, :• 河村一、 日本傳染病學會雜誌 Vol. 10 1935-1936 No. 9 P. 948-955, :• 11 1936-1937 No. 7 P. 755-761,:• 須見洋行、大杉忠則、 日本農芸化学会誌 Vol. 73 1999 No. 12 P. 1289-1291, :• 納豆菌のみならず他にも様々なが酒に悪影響を与える。 , 参考文献 [ ]• 町田忍『納豆大全! 』、1997年9月10日。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 木内幹、村松芳多子、 日本食生活学会誌 Vol. 10 1999-2000 No. 1 P. 12-15, : この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる()。

次の