グーグル マップ 写真。 グーグルマップのストリートビューの印刷

グーグルマップの航空写真の切り替え方法が知りたい!方法を解説します!

グーグル マップ 写真

Googleマイマップとは? グーグルマイマップとは• 「旅行などで行きたい場所」• 「行った場所の記録」• 「美味しい食事ができるお店をまとめたグルメマップ」• 「ドライブで通った道を記録」 など一枚のマップ(グーグルマップ)で複数のピンや経路、線などを引きことのできる機能です。 自分だけのオリジナルマップを作成することができます。 そして作成したマップを公開することもできます。 他のユーザーが作成したマイマップを見ることもできる訳です。 マイマップの作成手順 それではグーグルマップの機能の一つ、マイマップの作り方の紹介をします。 大前提としてグーグルアカウントを持っていてログイン状態にしておきます。 まずグーグルマップの画面の左側にある検索バーのさらに左に三本横線の 「メニュー」をクリックします。 そしてメニュー下にある 「マイプレイス」をクリックします。 マイプレイスのメニューバーの一番右側にある 「マイマップ」をクリックすると・・・ 3. マイマップの閲覧履歴が表示されます。 一番下にある 「地図を作成」をクリックします。 そうすると新しくマイマップの画面が表示されています。 この状態(下の画像)がマイマップの作成画面です。 では試しにマイマップを作成していきたいと思います。 マップの検索で 「愛媛県西条市のひょうたん池」という場所を検索してみます。 7,メガネマークをクリックするかサジェスト検索(検索バーの下に出たピンと文字)をクリックすると場所に移動します。 「地図に追加」を押すだけでマイマップに表示したい場所をピンすることができます。 基本はこの繰り返しです。 地図に追加した後はピンや情報を編集、カスタマイズすることもできます。 左から 「ピンの編集」「情報の編集」「画像の追加」「経路」「ゴミ箱」となっています。 ピンの編集ではアイコンの色やアイコン自体を変更することができます。 画像編集やピンを刺した場所の情報に自分のブログ記事を追加することもできます。 」で開いた画面と同じなのですが、「無題の地図」「無題のレイヤー」をクリックすると文字入力することができます。 作成したマイマッププレビューが下の画面。 とまぁ作り方はこんな感じ。 もわかってもらえたと思いますが、マップ、地図を紹介するのは「おすすめ撮影スポット」「行ってみたい撮影ポイント」などカメラや写真に関係することをマイマップで作成して当ブログで紹介していきたいと思っています。 KMLという拡張子 余談になりますが、アメリカ海軍の台風予報のことをご存知の方もいらしゃるかもしれません。 台風の進路予想が非常に正確でよく当たると評判になっている台風進路予想のサイトです。 そのサイトに 「KML」というあまり見慣れない拡張子をダウンロードすることができます。 このKMLは画像で説明するとグーグルマップのマイマップの「無題の地図」の下の「無題のレイヤ」の下にある 「インポート」をクリックしKMLのファイルをアップロードすると表示されます。 自分が作成したマイマップをKMLというファイルに変換、ダウンロードできるんです。 カメラの話からそれちゃいましたけど台風の進路に興味がある方は台風進路のKMLファイルをダウンロードしてみてください。 めっちゃ便利!! さすがグーグル先生!! まとめ 2018年現在グーグルマイマップはPCのみで作成できます。 閲覧はスマホでも可能、マイマップ専用アプリもあるんですよね実は。 当ブログのコンセプトの一つ 「愛媛県勝手に観光スポットPR」。 いうことで愛媛県外から愛媛に旅行した際に行ってもらいたいおすすめスポットや隠れ家的なスポットなどカメラ写真を通して紹介していければと思っています。

次の

どうしてこんなものが...。グーグルマップ・ストリートビューで見つかったマジで怖い10の場所【写真】

グーグル マップ 写真

ここ最近急に寒くなってきましたね。。 司法書士の安津畑です。 最近は債権者保護手続きが必要な資本金の減少手続きや会社解散の手続きのご依頼があります。 このブログは相続・遺言等個人向けに作成しているので、会社法務のブログを別に作る必要性を感じております。。。 話は変わりますが、昨日、相続のご相談依頼があった方から事務所の所在地についてご説明があったのと、ちょうどパンフレットも作成中でしたので事務所の所在地の案内図をエクセルで簡単に作成してみました。 気分転換も兼ねて夜中に作成。 2時間くらいで完成です。 使ったのはフリーで落とせるXLマップ XLマップ2010 です。 GooglemapsやYahoo地図などのことです。 主にこの二つがよく使われるのではないでしょうか。 まず、グーグル地図は日本でよく使われているWEB地図です。 旅行に出かけるときでもスマホでGooglemapsを見ることも多いでしょう。 スマホでグーグルマップを無料でダウンロードできるアプリも出てます。 また、ナビ機能がすごい!恥ずかしながら私の車のカーナビが古いもので、、取付台を設置しスマホをカーナビ替わりに使っています。 出かけるときは欠かせない一品です! 話がそれましたが、このような便利な地図を不特定多数がみる広告やパンフレット、WEBで公開することに著作権上の問題はないのか? 著作権とは、知的財産権の一つです。 著作権法の著作権の定義は 「思想または感情を創作的に表現したものの内、文学・学術・美術・音楽の範囲に属する著作物に対して発生する知的財産権」と定義されています。 著作物を製作した者を著作者と言い、著作権を行使する権利が与えられます(著作権法第2条)。 レイアウトは「創作的に表現」したものではなく、「アイディア、手法」と解釈されます。 手法ですので、地図レイアウトを真似しても著作権侵害になることにはなりません。 では、WEB地図をパンフレットやWEBの広告に使うことは問題ないのか?? Google Mapsを利用して企業案内の地図を作成する場合 地形そのものは著作権はありません。 しかし、記号や文字を使って表現した地図は図形のGoogle Mapsは、コンテンツを提供しているGoogleと、地図画像を提供しているZENRINとは、別々の著作権があるようです。 ただしGoogleはGoogle Mapsの使用許諾が記載されていて、具体的な使用例も記載されています。 必ずGoogleのコンテンツが、地図画像や空中写真に表示されている必要があります。 (例えば、Googleマップのピンマークなど) また、すべての場合において、権利帰属表示を行う必要があります。 広告、パンフレットで使う場合は? ただし、イラストマップなどにすれば、美術的性格の著作物になり、著作物として保護されることになります。 今回の私の作成した地図も私の著作物として保護されています。 大まかに伝わればいいので。。。 WEBページで使う場合は? 上記のように権利帰属表示である、Google Mapsをページにコードを貼って表示するだけなら権利帰属表示がされているので商用利用でも何ら問題はありません。 つまり、ブログやWEBサイトにGoogle Mapsを表示したい場合、地図を動かせる状態で貼り付けなければなりません。 実際はグーグルで発行されたコードを貼りつけます。 Sponsored Link Yahoo地図の場合は? Yahoo地図もグーグルに並ぶ便利なWEB地図です。 Yahoo地図もGoogleと同じで、WEB上での利用のみ許可しています(コードを貼りつけ動くようにする)。 広告や印刷物、ユーチューブなどの動画、テレビ番組などでの利用は、全て許可されていません。 著作権を侵害された場合は? 著作権侵害は親告罪という被害者自身が被害を訴え出ないと成立しない罪ですので著作権者から訴え出ないといけません。 また、著作権者は侵害者に対して侵害の差し止めと損害賠償の請求を行うことができます。 もしも侵害者が故意に著作権を侵害していた場合は刑事罰が課せられます。 グーグルやヤフーが中小規模事業者目くじら立てて損害賠償してくるかは別にして。 とまー色々自分で起業して色々やっていくには、勉強が必要ですね Views• - 237,659 views• - 95,462 views• - 69,786 views• - 58,779 views• - 24,604 views• - 22,599 views• - 21,227 views• - 20,596 views• - 20,325 views• - 19,218 views• - 17,508 views• - 15,746 views• - 14,194 views• - 12,992 views• - 12,948 views• - 12,789 views• - 10,509 views• - 10,076 views• - 10,004 views• - 9,384 views ~東京都については全域対応します~ 板橋区(板橋・仲宿、大山、成増、上板橋、中板橋、常盤台、志村、蓮根、蓮沼、高島平等板橋区全域について出張相談致します。 ) 東京23区(、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、) 昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、西多摩郡 奥多摩町、日の出町、瑞穂町、檜原村 ~埼玉県については一部地域は除きます~ さいたま市中央区、桜区、岩槻区、見沼区、浦和区、大宮区、南区、西区、北区、緑区,志木市、朝霞市、和光市、 新座市、富士見市、川越市 上記以外は応相談.

次の

どうしてこんなものが...。グーグルマップ・ストリートビューで見つかったマジで怖い10の場所【写真】

グーグル マップ 写真

Googleマップ上では様々な写真を見ることができます。 マップ上の写真はGoogleによって撮影されて掲載されたものだけではなく、一般のユーザーが撮影したものの場合もあります。 あまり知られていませんが、ストリートビューにも写真を投稿することができます。 観光スポットや景勝地、お店や公共の施設、ランドマークなどの「場所」の写真は、手軽に閲覧できるので、場所の様子を調べている人にとってとても役に立つ情報です。 しかし、お店のオーナーや施設の管理者にとっては、ちょっと迷惑な場合も考えられますよね。 写真が間違って投稿されている、「映えない」写真でお店の評判を落としかねない…そういった削除してほしい写真にはどう対処すればいいのでしょうか? 本記事では、Googleマップに写真が投稿・公開される仕組みと、写真を削除する方法をご紹介いたします。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 ユーザーも投稿することができ、Googleマップで全世界に向けて公開することができます。 本記事では、投稿に特別な機材や画像処理などのテクニックのいらない、「場所の写真」についてご説明します。 「場所の写真」の閲覧方法 Googleマップに登録されている、店舗やランドマーク、公共の施設といった「場所」のナレッジパネル(情報欄)には、住所や営業時間等の基本情報と共に、写真が掲載されています。 GoogleマップをPCから見る場合、スマホから見る場合、それぞれについてご説明いたします。 2-1. PCから見る 「場所」の赤いピンをクリックすると、Googleマップの左側にナレッジパネルが表示されます。 下にスクロールすると写真が出てきますので、その部分をクリックすると、写真を一覧表示するページに移動します。 2-2. スマホから見る PCからと同じように場所の赤いピンをタップしてナレッジパネル(情報欄)を表示させます。 ナレッジパネルを下から上にスワイプすると、電話番号やWebサイトのアドレス、そして写真が出てきます。 一番上の部分を右から左にスワイプして、他の写真を見ることもできます。 [写真]をタップするとアルバムのように、一覧で写真を見るページに切り替わります。 2-3. 「オーナー提供」で公式情報を見る Googleマイビジネスに登録しオーナー確認がされている店舗(場所)の場合、下の画像のように、「オーナー提供」のタブがあります。 こちらを選択すれば、オーナーが自ら投稿した「公式の写真」だけを見ることができます。 画像はPCから見た場合ですが、「オーナー提供」のタブは、PC・スマホ両方で設置されています。 写真の投稿方法 この章では、• 一般ユーザーとして• ローカルガイドとして• オーナーとして それぞれの立場での、投稿の方法をご説明いたします。 3-1. 一般ユーザーとして投稿する PCからの場合[写真を追加]をクリック、スマホからの場合[写真や動画追加]をタップして、簡単に写真を投稿することができます。 Googleアカウントにログインしてさえいれば、だれでも簡単に写真の投稿ができます。 ログアウトした状態で写真を追加しようとすると、ログインするように促されます。 投稿した写真には、Googleアカウントに登録した名前が掲載されます。 投稿者のアイコンをクリックすると、投稿者が他に投稿した写真やクチコミがまとめて見られる、投稿者の「ホーム」のようなページが開きます。 3-2. ローカルガイドとして投稿する 「ローカルガイド」をご存知ですか? 公式ページによると、ローカルガイドとは、「クチコミや写真の投稿、情報の追加や編集といった作業を通じて Google マップに命を吹き込み、人々が世界中の場所をさらに便利に、もっと楽しく、じっくり味わって探索できるようにする役割」を担う人だそうです。 「ローカルガイド」として写真を投稿すると、ポイントがたまり、ローカルガイドレベルが上がります。 レベルに応じて特典があるので、よく写真を投稿する人はローカルガイドプログラムに参加してもいいかもしれませんね。 ローカルガイドについてはこちらのTENJUKUの記事で詳しく書かれていますので、参考になさってください。 写真で表示されたアイコンには付いていませんが、アイコンをクリックし、投稿者の「ホーム」画面に移動すると、アイコンにバッジが付いており、ローカルガイドレベルが見られるようになっています。 3-3. オーナーとして写真を投稿する Googleマイビジネスに登録し、オーナーまたは管理者になっている場合、Googleマイビジネスから写真を投稿することができます。 Googleマイビジネスにログインし、左のメニューの中から[写真]を選択します。 集客に効果的な写真を投稿したいとお考えのオーナーさんは、TENJUKUに掲載のこちらの記事を参考になさってください。 写真の削除方法 では、写真を削除したい時はどうすればよいのでしょうか。 自分の投稿• 他人の投稿• オーナーとしての投稿 以上3つのケースごとにご説明いたします。 4-1. 自分が投稿した写真を削除する 自分が投稿した写真は簡単に削除できます。 一般ユーザーとして投稿した場合も、ローカルガイドとして投稿した場合も、削除は同じ手順です。 最終確認が行われますので、[削除]を選択すると完了です。 Googleマップに投稿された写真は、投稿者本人にしか削除できません。 ユーザーが投稿した写真を、オーナーが削除したいと思った場合も削除することはできません。 4-2. 他のユーザーが投稿した写真を削除する 写真は投稿者しか削除することはできません。 しかし、写真が間違っていたり、不適切だと思われる場合は、Googleに報告して削除を依頼することができます。 報告する前にをご確認ください。 ポリシー違反だと確信が持てたら、Googleに報告しましょう。 不適切だと思う写真を表示させます。 報告の理由、自分のメールアドレスを入力し、フレーズの確認にチェックを入れます。 最後に[送信]をクリックすると完了です。 Googleがコンテンツが不適切だと認めれば、写真は削除されます。 削除には審査があり、これには数日かかることがあります。 4-3. オーナーがGoogleマイビジネスから写真を削除する Googleマイビジネスから、オーナーまたは管理者が投稿した写真を削除する場合、削除もマイビジネスから行います。 ホーム画面のメニューの中にある[写真]をクリックします。 投稿した写真の一覧から削除したいものをクリックします。 画面右上に[ゴミ箱]アイコンがあるのでクリックすると削除完了です。 4-4. 自動で投稿された写真を削除する Googleはインターネット上の情報を収集しています。 収集した情報を整理し、Googleマップの写真に投稿することもあります。 例えば、あなたが店舗を経営していた場合。 ポータルサイトやSNSで、あなたのお店のメニューや外観の写真が紹介されているのをGoogleが認識すると、「その写真、あなたのお店のことだよね!」と、勝手にGoogleマップの情報欄に追加しておいてくれる場合があります。 下の画像の場合、グルメサイトに掲載されている画像が、Googleマップの写真に載っています。 枠内に引用元が記載されています。 この写真は、自分では削除できません。 画面右下の[問題の報告]から、Googleに削除を依頼します。 まとめ 本記事ではGoogleマップで閲覧できる、「場所の写真」の投稿や削除方法についてご紹介しました。 Googleは世界中のあらゆる場所をオンラインで見られるようにすることを目標としています。 現実世界をありのまま正確に伝えることができるよう、最大限の努力を払っているとも明言されています。 誰でも簡単に投稿できるからこそ、Googleの意図を汲んだ内容の写真を投稿するよう、心掛けたいですね。 本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

次の