ロッテ 創業 者。 ロッテの歩み|ロッテについて|お口の恋人 ロッテ

ロッテ創業者の金庫から20年前に作成した遺言状「後継者は辛東彬」

ロッテ 創業 者

日本の大手菓子メーカー・ロッテと、韓国の大手財閥ロッテグループの創業者で、日韓でグループの名誉会長を務める辛格浩(シンギョクホ)(日本名・重光武雄〈しげみつ・たけお〉)さんが19日、老衰のためソウル市内の病院で死去した。 98歳だった。 葬儀は22日まで、韓国ロッテのグループ葬として行われる。 韓国ロッテが明らかにした。 1940年代前半、日本統治下にあった朝鮮半島から日本に渡り、アルバイトをしながら当時の早稲田高等工学校で学んだ。 戦時中に機械用の油をつくる工場を建てたが、米軍の爆撃で全焼。 戦後、占領軍の米兵がもたらしたチューインガムの人気をみて48年、ロッテを設立。 社長や会長として大手菓子メーカーに育てた。 71年には球団経営に乗り出し、千葉ロッテマリーンズのオーナーも務めた。 65年に日韓が国交を正常化し、投資に道が開かれたことを受け、67年に韓国でロッテ製菓を設立。 韓国の経済成長に合わせるようにホテルや百貨店、石油化学、テーマパークなどに事業を広げていき、財閥5位となるグループに成長させた。 日本のロッテホールディングス….

次の

重光武雄

ロッテ 創業 者

この項目では、の菓子メーカーについて説明しています。 その他のロッテについては「」を、傘下のプロ野球チームについては「」をご覧ください。 この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 株式会社ロッテ LOTTE Co. , Ltd. 現株式会社ロッテはその際に旧社の現業部門を分離し新設。 株式会社ロッテ(LOTTE Co. , Ltd. )はに本社が在るメーカー。 (辛格浩)が(23年)にで創業。 創業以来、世界各地でグループを展開し、重光の出身地であるで積極的に投資して大規模に事業しているに詳述がある。 チームとして日本で、韓国でを有する。 非上場企業。 の会員企業でに属している。 株式会社ロッテは持株会社となり、持株会社に移行し、菓子メーカーとしての現在の株式会社ロッテは分離して新設され、持株会社の傘下となっている。 現在CEOは牛腸栄一 代表取締役社長,元 ロッテ商事取締役営業部長 新宿工場 営業拠点 [ ]• 本社(3-20-1 ) 以前は新宿区(新宿工場)に位置した。 工場 [ ]• (沼影3-1-1 ) 工場の敷地内にプロ野球・千葉ロッテマリーンズの2軍本拠地であるがあり、選手の練習場が隣接している。 JR埼京線のに近く、同線の他に・からも見える。 中央研究所 浦和工場と同一敷地に所在する。 (埼玉県新狭山1-2-1 )• (安土町西老蘇147-1 )• (伊川谷町潤和824-1 ) より移管• (長浜1818 ) 過去の事業所 [ ]• (東京都新宿区百人町2-2-33 ) 1950年に操業を開始、最初の本格的な工場でチューイングガムを製造していた。 移転前の旧本社も所在したが、生産拠点再編により2013年に閉鎖された。 歴史 [ ] ロッテシティホテル錦糸町• (昭和20年) - (辛格浩)が、で「ひかり特殊化学研究所」を設立して、などの製造販売を手掛ける。 (昭和22年) - の製造を開始。 (昭和23年) - 株式会社ロッテ設立。 当時輸入規制の対象であった天然の輸入解禁を国に働きかけ、チクルを使用したの製造販売を始めた。 社長自らにガムを積んで移動販売し、と続いて発売したを大量に販売した。 のちに工場を東京都の付近に移転して後の新宿工場となる。 (昭和34年)5月4日 - で、『』放送開始。 「 一週間のご無沙汰でした。 玉置宏でございます。 お口の恋人、ロッテ提供、『ロッテ歌のアルバム』…」で始まる番組司会者・が発するオープニングのセリフは流行語となり、ロッテの社名は広く知られるようになった。 (昭和39年) - の製造を開始。 (昭和41年)頃 - 韓国でロッテ製菓設立。 (昭和44年) - キャンディーの製造を開始。 同年、映画会社の社長の要請を受け、永田社長がオーナーを務めていた毎日新聞と大映系のプロ野球団「大映球団(東京オリオンズ)」と提携して冠スポンサーとなり、チーム名を「 ロッテオリオンズ」に改める。 (昭和45年) - 前に複合商業施設・ロッテ会館がオープン。 (昭和46年) - 毎日大映球団を完全買収、子会社ロッテオリオンズとする。 (平成19年) - 持株会社制移行のため「株式会社」に商号を変更した同社から、事業を引き継いだ子会社 株式会社ロッテが設立した。 韓国など海外を含むグループ会社の統括業務は持株会社が担当する。 (平成21年)7月1日 - 創業者の重光社長が代表権のある会長となり、後任社長に前の会長が就任した。 (平成22年)4月6日 - (平成19年)に閉館した旧ロッテ会館の跡地に(ロッテ・ホテル事業部の直営)がオープン。 (平成25年)7月 - ガム生産ラインを集約するため、創業時からのを閉鎖しに集約した。 (平成30年)4月1日 - ロッテアイスおよびロッテ商事を吸収合併。 (令和2年)1月19日 - 創業者の重光武雄がソウル市内の病院で死去。 (令和4年) - 日本のに上場する予定。 社史・記念誌 [ ] ロッテでは以下の5冊を発行している。 ロッテの歩み(只野研究所・編)1965年発行、264ページ。 ロッテのあゆみ30年(ロッテ・編)1978年6月発行、97ページ。 ロッテのあゆみ40年:そして、未来へ(ロッテ・編)1988年6月発行、127ページ。 ロッテのあゆみ50年-21世紀へ(ロッテ・編)1998年6月発行、176ページ。 LOTTE BRAND History「お口の恋人」:70年の歩み(ロッテホールディングス・編)2018年6月発行、255ページ。 主な商品 [ ] 種類 [ ]• 、、、、、、などの(ロッテは日本の市場において高いシェアを持つ)• 、、、、、などの• 、などのキャンディ• などのビスケット、スナック菓子(一部の商品はに譲渡されるケースもある)• 、、、、、などの(ロッテアイスが製造)• 、10000、 BENI などの(ロッテ健康産業が担当)• (携帯用)などの健康雑貨(ロッテ健康産業が担当) かつては米菓、メロンクリームソーダや猿王(烏龍茶)といった飲料(ソフトドリンク)も手掛けた。 ガーナミルク• ガーナエクセレント(28枚入り)• ガーナミニボックス• ガーナミルクボトル• ガーナブラック• ガーナブラックエクセレント(28枚入り)• ガーナブラックスリムパック• ガーナローストミルク• ガーナクリーミーミルク• ガーナホワイト• ガーナホットチョコレートミルク• ガーナホットチョコレートブラック• ガーナボールポップジョイ• ガーナスリムパック• ガーナリップル• ガーナ北海道味わいミルク• ガーナマリアージュ• ポテトdeガーナポップジョイ• パンdeガーナハニートースト• ガーナ純ブラック(終売)• ガーナマイルドカカオ(終売)• ロッテガーナミルク(終売)• ロッテガーナミルクセミスイート(終売)• ガーナミルクチョコレート(終売)• ガーナ復刻版1982(終売)• エアークランキー• クランキーアーモンドボール• クランキースリムパック• クランキーブラックスリムパック• クランキーエクセレント(28枚入り)• クランキーポップジョイ• クランキー沖縄黒糖• クランキー沖縄塩バニラ• クランキーキッズ• クランキーウォーキングバー• クランキー• クランキー:ビター• クランキー:苺• クランキー:苺のチーズタルト• クランキー:苺のチーズケーキ• クランキー:メープルシュガーラテ• クランキー:ソフトクリーム工房• クランキー:ショコラタルト• クランキー:和栗• クランキー:抹茶• クランキー:カフェラテ(終売)• トッポFOR MEN• ビター• 放課後ベリー• 味わい濃厚トッポ• 味わい濃厚トッポ• トッポ袋• ガーナdeトッポ• 大人のトッポ• くるみトッポ• ホイップトッポ• ビービートッポ• 黒トッポ(終売)• 青トッポ(終売)• 塩キャラメル(終売)• 焼き栗(終売)• ミルクプリン(終売)• 抹茶ラテ(終売)• 白小梅• ブラックブラックキャンディ• 塩キャラメル• クリミオ• キュビオ• 野菜果実• 大人のOFF• ドリンクミックス5:との提携商品。 チューイングキャンディ:板ガムに似た形・包装のソフトキャンディ。 様々なアニメ作品とコラボレーションしている。 かわりんぼ:品名はチューインガムの棒付きキャンディ。 棒部分がガムになっており、キャンディにはラムネが入っている。 ジュエルリング:1980年代に登場した型キャンディ。 指にリングを装着して味わうという形式が話題となる。 ミルク5:読みはミルクファイブ。 1980年代前半に発売されたキャラメル。 従来のものよりも大粒でなめらかな食感が売りであった。 1パッケージに5粒入り)。 アイスについては「」を参照 スナック菓子 [ ]• オニオンリング• パンプキンリング• さくっとポテト• フレンチポテト• ポポリ(プレッツェル)- がCMをしていた。 カレー味、ピザ味、メキシカンスパイス味、サラダビネガー味が発売されていた。 SOYA(大豆スナック)• ビックリマンカレースナック - ビックリマンチョコの天使・悪魔シリーズの旧作シールを復刻して同封。 など一部地域のみで発売された。 原宿どおり• ベーカリー工房• ジャガ一本• おこげキッチン• さくさく小判 ほか多数 その他 [ ]• (錠菓)• より発売。 BENI• ブルーベリーソーダ• ロッテドリンク• ビタパンC• スウィーティ• フルーツ繊維シリーズ• バクコール• ひとひら桜水• たかの友梨エステな生活• ガーナミルクココア• ウォーターゼリー• 杏仁豆腐• これは日本のの設立以前から用いられている単語であり、楽天株式会社とロッテに直接の関連性は無い。 なお、両社ともで球団を持っており(かついずれも所属)、なおかつ楽天がに参加するようになったため()、球団の名称についてはロッテを 羅徳と表記し区別している。 ただし、同じがオーナー(代行)を務める韓国プロ野球のロッテジャイアンツは区別の必要性が低いため 楽天表記であることが多い。 過去のキャンペーン [ ]• 「アローマ」• 「ACUO」• 「ACUO」• (当時)「アイスブレイカーズ」• (元選手)• (当時)「NEWクレープアイス」 I「」• 「トッポ」• 「エフ」• (マキネン教授、・名誉教授)• 「」「クランキーウォーキングバー」• 「コロガリータ」• 「」 K• (当時:監督)• (選手)• (元)「ガーナミルク」• (、)• (当時:千葉ロッテマリーンズ内野手)「」• 「キシリトール」「クリエ」「」 I• 「極上比率」「ショコランタン」• (ジューク)• 「アイスブレイカーズ」• 「味わいカリンのど飴」「シャルロッテ」• 「ビッグコーン」 I• 「ガーナブラックチョコレート」• 「クールショット」 I• (、)「グリーンガム」「SOYA」「ポポリ」• 「プティスリー」• 「ACUO」• 「ZEUS」• ()「モナ王」 I• 「ACUO」「シャルロッテ・アイ」• 「ZEUS」• 「グリーンガム」• 「クーリッシュ」 I• 金田正一との共演)• 「シャルロッテ・アイ」「クーリッシュ」「」• 「ACUO(キモチつながる編)」「爽」「オリンピック企業CM」• 「かりんのど飴」• (当時:千葉ロッテマリーンズ内野手)「モナ王」 I• 「ガム」• (当時:)「ホカロン」 K• 「グリーンガム」• 「ガーナミルク」、「」• (格闘家)「モナ王」• ()「ZEUS」• 「クーリッシュ」 I「ガーナミルク」 「コアラのマーチ」• 「ゼロ」「シャルロッテ」• 「味わいカリンのど飴」「飲み友」 K• 「ZEUS」• (・選手)• 「ガム」• (、、)「SPASH」• 「ぎゅぎゅっと」• 「アイスブレイカーズ」• 「キシリトールガム」• 「雪見だいふく」 I(過去:「ガーナミルク」「ACUO」「」「のど飴」)• 「モナ王」 I• 「B can」(過去:「ガーナミルク」「Dual」「Fit's」「クーリッシュ」 I)• 「グリーンガム」(過去:「フルーティオ」「ガーナミルク」「ガーナ チョコ&クッキーサンド」)• 「ガーナミルク」「雪見だいふく」 I• 「ONE TAB」(過去:「和のしずく」 I「のど飴」「SPASH」「ガーナミルク」「pucoo」「プティスリー」)• 「グリーンガム」(過去:「ホカロン」 K)• 「ガーナミルク」「小梅」「Fit's」「爽」 I• 「ガーナミルク」「ガーナアイス」 I(過去:「Fit's」)• 「ショコランタン」• 「チョコモーション」• 「Fit's」(過去:「フレバ」)• 「ゼリーバー」「珈琲アイス」 I• (選手)「クーリッシュ」• (選手) 「ガーナミルク」「クリミオ」「クランキーチョコレート」「コアラのマーチ」「デュアル」• 「フーセンガム女子」• 「キシリトールガム」• 「ZERO シリーズ」• (選手)「ガーナミルク」• (フィギュアスケート選手)「ガーナミルク」• 「レディーボーデン」• 「古都の四季」• 「紗々」• 「アーモンドチョコレート」「」 I「ガーナミルク」• (選手)「コアラのマーチ」• 「うるアップコラーゲン」• 「ガーナミルク」• 「飲み友」 K• 「SOYA」• 「」 I「アーモンドチョコレート」「味わいカリンのど飴」• 「キシリトールガム」• 「紗々」• 「キシリトールガム、のど飴」• 「モナ王」 I• 「ホカロン」 K• (DHよしこ)「グリーンガム(ロッテ選手との共演)」• 「トッポ」• 「レディーボーデン」 I• チョコレート」「シリアルチョコ」• 「雪見だいふく」 I• 「ガーナミルク」「アーモンドチョコレート」• 「キシリトールガム」• 「トッポ」• 「ガーナミルク」「パイの実」• 「オリンピック企業CM」「爽」• (フィギュアスケート選手)「ガーナミルク」• 「シリアルアイス」、「マスカットガム」、「ブルーベリーガム」• 『新紗雪』 I• 「キシリトールガム」• 「キシリトールガム」• 「ガーナミルク」• 「飲み友」 K• 「アーモンドチョコレート」「アローマ」「雪見だいふく」• 「シャルロッテ」• 「Fit's」• 「クールミントガム」• 「アーモンドチョコレート」,「マカダミアチョコレート」• 「アイスdeヨーグルト」 I「ぎゅぎゅっと」 I「紗々」「シャルロッテ・アイ」• 「キシリトールガム」• 「マルチパック」 I• 「ホカロン」 K• 「ロッテガム」• 「レディーボーデン」 I「紅」 K• 「ザクリッチ」 I「クールミントガム」• 「オリンピック企業CM」「爽」• 「和のしずく」 I• 「ガーナミルク」• 「爽」• 「フローズンヨーグルト」『和風アイス もちもなか』 I• ()「ガーナミルク」• 「雪見だいふく」 I• 「ティラミスチョコレート」• 「Fit's」• 「モナ王」 I• 「ザクリッチ」• キャラクター [ ]• ()「ガム」• 小梅ちゃん「小梅」• (アニメ「」ヒロイン・SOS団団長)「ACUO」• (アニメ「」SOS団団員その2)「ACUO」• (アニメ「」SOS団団員その3)「ACUO」• 、野比のび太、源静香、剛田武、骨川スネ夫()「」• (大鷲の健、コンドルのジョー、白鳥のジュン、燕の甚平、みみずくの竜、ベルク・カッツェ・ギャラクター隊員)「ACUO」 など スポンサー番組 [ ]• 現在、テレビにおける提供はや、週替わり・日替わりスポンサー 地方局による情報番組含む のみである。 また、制作の紀行番組にも『協賛』扱いとなっている CMは流さない。 ニッポン放送におけるロッテの冠番組• - 1970年代後半から1980年代に放送された、公開生放送のアイドル歌謡ショー番組• ロッテハートでBANBAN• ロッテ ティーンズベスト10• パーソナリティ:、、(1991年4月 - 1992年3月、『』と同じ出演者) なおここまで、土曜日の夜に放送されていたロッテ枠は、10年間のブランクを経た後の2002年10月に日曜日22時台へ移り、 ロッテ・ガールズハッピータイムと題して『』(その後4回番組名を変更)、を放送。 2012年4月から2018年9月までは ロッテ・週末ヒロインタイムとして『』を放送していた。 脚注 [ ] []• - ネット• ONLINE版「 ロッテ、創業61年で初の社長交代…新社長に佃氏」2009年6月30日 [ ]• 毎日新聞 2018年1月9日• 日本経済新聞(2018年4月7日作成). 2020年3月26日閲覧。 中央日報(2020年3月20日作成). 2020年3月26日閲覧。 2015年10月12日. 2015年10月13日閲覧。 (平成23年)11月に再参入。 北海道・東北で先行発売開始。 後に同業者であるのチョコレートCMに出演。 ロッテからかつて「所さんのスグレモノ」ガムが発売されていた事がある。 ニッポン」応援キャンペーンCM。 松岡修造が応援団長役で出演し、ガーナミルクでは浅田真央、コアラのマーチでは上村愛子が出演。 浅田が女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した際には、応援歌の歌詞を一部変更して「メダルおめでとう! 」文字入りのバージョンが放映された。 浅田真央は同業者の「」のCMにも出演しており、(平成21年)4月より1年間、ウィダーinゼリー名義の一社提供ミニ番組「」(、日曜)にも出演していた。 トリノ五輪閉幕後も荒川のみ単独で引き続き出演した。 通常CMへの出演ではなく、「クレイジーガム放送局」、「つぶやきCMグランプリ(と共演)」などのキャンペーンCMや番組開始から一時期スポンサーを務めていた同グループの冠番組『』()内で放送されたに出演。 関連項目 [ ]• ロッテチョコレートのCMソング。 作詞・作曲は。 「ロッテ 歌のアルバム」のオープニングでは 「一週間のご無沙汰でした。 玉置宏でございます。 お口の恋人、ロッテ提供、『ロッテ歌のアルバム』…」で有名な玉置宏のセリフのBGMとしてかけられていた。 「」のに ロッチとつけて販売、訴訟に至る騒動となった。 (ノンシム・ 농심) 元韓国ロッテグループで、韓国法人から独立した同国の食品企業。 当社との直接的関係は無いが、創業者が重光武雄氏 신격호 の実弟である。 (オフィシャルパートナー)• (一時期、ロッテが再建スポンサーに就任したことがある。 後に系に)• 一部のキシリトール製品(特定保健用食品のガムと非指定タブレット各1種類ずつ)の容器に起用されている。 ロッテ狭山工場の最寄り駅であるで、をにしたを採用。 元社員)• (大学教授。 元社員) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語).

次の

ロッテ、グループ揺るがすお家騒動勃発 創業者が長男をクビに、“優秀な”二男が実権掌握

ロッテ 創業 者

全1668文字 ロッテグループ創業者の重光武雄氏は日韓を股にかけた無二のモデルを生み出した希代の実業家だった。 同族企業の強みも存分に生かしたが、晩年は実子たちが争う火種を残してしまった。 1月19日にソウル市内の病院で老衰のため死去した。 98歳。 韓国南東部の生まれで、戦中に日本に渡った後の半生や人となりは報じられているから、ここでは詳しく触れない。 1948年に日本でロッテを設立し、韓国にも進出して同国の財閥5位に育てた、国境をまたいだビジネスモデルに着目したい。 成功に導いたのは米軍の進駐でチューインガムの人気が高まると見抜いた先見性と指摘される。 しかしガムがはやると見た人は多くいた。 重光氏はマーケッターとして優れていただけでなく、イノベーターの視点を持っていた。 当時の日本で使われていなかった天然素材を主原料に取り入れ、食感を高めて頭ひとつ抜け出すと、57年に売り出したグリーンガムでは殺菌・脱臭作用をアピールし、大人向け市場を確立する独創性を発揮した。 日韓国交正常化を機に祖国の韓国に進出すると、今度は日本のいいところを取り入れるキャッチアップ経営に切り替えた。 79年に開業した百貨店では、北九州市の地場企業から役員をスカウトし、店舗づくりの指導を受けた。 ファストフード店も日本で72年、韓国では79年に開業している。

次の