今日 の 福島 県 コロナ 感染 者。 新型コロナウイルス感染症ポータルページ

【福島コロナ】福島県福島市で新型コロナウイルス感染者が確認される

今日 の 福島 県 コロナ 感染 者

都は11日、新型コロナ感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した。 ただ11日以降、1日…• どのような悩みを抱え、どう対応していけば良いのでしょうか。 読者から寄せられた相談などをもとに、弁…• 歩行者天国は土日祝日の正午から夕方にかけて実施されていたが、3月28日から休止が続いていた。 再開初日はあい…• 感染防止のため、人同士の距離をで…• 「3密」を避けるため、事前予約制を導入して1…• こうした容器包装プ…• 3日、佐賀市役所で、新型コロナに関する弁護士の無料相談会があった。 訪れた若い男性。 相談後、記者が声をかけ、身の上を聞いた。 佐賀市に住む34歳、独…• 新型コロナウイルス禍で苦しむ地元宇都宮の景気対策として、宇都宮商工会議所が15日から、独自の支援事業を始める。 市民の外出や観光誘客のきっか…• 厳しい財政運営が求められるなか、巨額の感染対策や…• 自粛づくしの春は過ぎ、感染防止に注意しながらの新たな「日常」。 山河は夏の装いだ。

次の

群馬県

今日 の 福島 県 コロナ 感染 者

【県外届出】県内医療機関における陽性例 6月10日(水)、東京都から県内の医療機関に勤務する非常勤職員1名の陽性が確認された旨の連絡がありましたので、公表いたします。 県内151例目 6月5日(金)、民間検査機関のPCR検査により、2人目の陽性が判明しました。 県内150例目 6月5日(金)、民間検査機関のPCR検査により、1名の陽性が判明しました。 【県外届出】空港検疫における陽性例 5月26日(火)、空港の検疫所におけるPCR検査で陽性が確認された方が、県内医療機関へ入院されました。 県内149例目 5月22日(金)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、高崎市保健所管内で1名の陽性が判明しました。 県内148例目 5月19日(火)、疑似症患者として入院していた方が、民間検査機関によるPCR検査を受けたところ、陽性が確認されました。 県内147例目 5月6日(水)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、救急搬送後に死亡が確認された県外在住者の御遺体から1件の陽性を確認しました。 県内142~146例目 4月27日(月)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、県保健所管轄で1名、高崎市保健所管轄4名の陽性が判明しました。 本件は全て関連があるため、高崎市から報道発表しています。 県内141例目 4月26日(日)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、高崎市保健所管内で1名の陽性が判明しました。 県内139~140例目 4月24日(金)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました(うち1名は、高崎市保健所管轄)。 県内135~138例目 4月23日(木)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、3名の陽性が判明しました。 また、医療機関で実施したPCR検査で、1名の陽性が判明しました。 合計4名の陽性を確認しました(うち1名は、高崎市保健所管轄)。 県内132~134例目 4月22日(水)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、3名の陽性が判明しました。 県内125~131例目 4月21日(火)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、7名の陽性が判明しました(うち1名は、高崎市保健所管轄)。 県内123~124例目 4月20日(月)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、1名の陽性が判明しました。 また、医療機関で実施したPCR検査で、1名の陽性が判明しました。 県内121~122例目 4月19日(日)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました(うち1名は、高崎市保健所管轄)。 県内115~120例目 4月18日(土)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、6名の陽性が判明しました。 県内113~114例目 4月17日(金)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました。 県内108~112例目 4月15日(水)、医療機関でPCR検査をしたところ、1名の陽性が判明しました(108例目)。 4月16日(木)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、4名の陽性が判明しました。 県内106、107例目 4月15日(水)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました。 県内97~105例目 4月15日(水)、県衛生環境研究所でPCR検査を実施したところ、9名の陽性が判明しました。 県内91~96例目 4月14日(火)、県衛生環境研究所及び医療機関でPCR検査を実施したところ、6名の陽性が判明しました。 県内82~90例目 4月12日(日)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、8名の陽性が判明しました。 県内45~79例目 4月11日(土)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、35名の陽性が判明しました。 県内36~44例目 4月10日(金)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、9名の陽性が判明しました。 県内34、35例目 4月10日(金)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました。 県内30~33例目 4月9日(木)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、4名の陽性が判明しました。 県内27~29例目 4月7日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、3名の陽性が判明しました。 県内26例目 4月4日(土)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内25例目 4月3日(金)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内24例目 4月3日(金)、PCR検査の結果、新型コロナウイルス感染症の患者を確認しました。 県内22、23例目 4月3日(金)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、2名の陽性が判明しました。 県内21例目 4月2日(木)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内20例目 3月31日(火)、PCR検査の結果、新型コロナウイルス感染症の患者を確認しました。 県内19例目(第2報) 3月31日(火)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内18例目(第2報) 3月28日(土)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内17例目(第2報) 3月28日(土)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内16例目(第2報) 3月28日(土)、新型コロナウイルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内15例目(第2報) 3月28日(土)、館林厚生病院の職員の新型コロナウイルス感染症PCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内14例目 3月24日(火)、県内の医療機関において新型コロナウイルス感染症疑い患者の保険診療のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内13例目 3月24日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内12例目 3月24日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内11例目 3月20日(金)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内10例目(第2報) 3月17日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内9例目 3月17日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内8例目 3月17日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内7例目 3月17日(火)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内6例目 3月16日(月)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内5例目 3月14日(土)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内4例目 3月14日(土)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内3例目(第2報) 3月12日(木)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内2例目 3月12日(木)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。 県内1例目(第2報) 3月7日(土)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。

次の

新型コロナウイルス感染症 患者発生状況・対応経過

今日 の 福島 県 コロナ 感染 者

新型コロナウイルス感染者の居住地の公表を巡り、東北各県で対応に差が生じている。 宮城、山形、福島は市町村を明らかにし、感染者ゼロの岩手も確認されれば示す方針。 一方、青森、秋田は「保健所管内」までにとどめる。 感染拡大防止か、誹謗(ひぼう)中傷の回避か。 各県で発表の主眼が分かれ、判断が揺らいでいる。 青森県は市の保健所がある青森、八戸を除き、居住地は原則、保健所管内までしか公表しない。 県内で初めて感染確認された八戸市の70代男性の濃厚接触者を巡っては、市が居住の町名を明らかにしたにもかかわらず、非公表を貫いた。 集団感染が発生した十和田市のグループホームに関しては、所在する市名は発表したが施設名は明らかにせず、施設側が自ら公表する形になった。 県民から苦情も寄せられるが、県健康福祉部は「感染者が差別を受ける恐れがある。 地域の風評被害や偏見を避けるための措置だ」と理解を求める。 同様の対応を取る秋田県も「小さな町や村だと個人が特定される恐れがある」(保健・疾病対策課)と説明。 16日の県議会県政協議会では「プライバシー保護に偏っていないか」と適切な情報開示を求める意見が相次いだものの、基本的な方針は変えないという。 一方、福島県の対策本部は「感染拡大防止のために、ある程度地域が分かる必要がある」と強調。 宮城県疾病・感染症対策室の担当者は「市町村を公表することで住民に注意喚起を促すことができる」と話す。 個人情報保護の取り扱いに詳しい鈴木正朝新潟大教授(情報法)は「クラスター(感染者集団)の発生地に近づかないなど、人々に行動の変化を促すのが公表の趣旨だ。 効果を考えないと中途半端になる」と指摘。 「国が法律で一本化し、公表基準を一律にするべきだ」との考えを示す。

次の