手越 てい 意味。 手越「円満退所」大ウソ→これからは本人の努力次第ですね。

<中森明夫の銭湯的メッセージ>手越祐也と『ジャニ研!』:北海道新聞 どうしん電子版

手越 てい 意味

こちらが、宮崎駿さんの画像。 確かに似ていますよね。 手越祐也さんの担当弁護士 手越祐也さんの弁護士さんは、カルロス・ゴーン被告の保釈を誘導した超大物弁護士さん。 今月19日にジャニーズ事務所を退所した元NEWS手越祐也(32)の担当弁護士を、保釈中に海外に逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の弁護団の1人として保釈を主導した超大物、高野隆弁護士が務めていることが23日、分かった。 より引用。 高野 隆(たかの たかし、 -)は日本の。 刑事弁護人として数々のを獲得している。 元 、実施本部・公判弁護技術に関するプロジェクトチーム元座長、ミランダの会元代表。 東京法廷技術アカデミー 刑事弁護の業界では、、と共に 三大刑事弁護人の一人として広く認知されている。 特に3人の中でも高野は、本職の刑事弁護以外に法曹教育についても力を入れており、では設立時から教鞭をとっていた。 刑事弁護の世界では、などの高野の弟子たちは、高野チルドレンと呼ばれている。 より引用。 最近、やらかした芸能人がyoutube進出することが多い気がしますが、手越さんにはこれからも頑張っていただきたいと思います。 それにしても、高野弁護士と宮崎駿さん、似ていますね。 この記事がよかったらシェアしてくださいね。 参考:、、twitter.

次の

メンタル最強!手越祐也「ていっ!」って何?いつから始めた?

手越 てい 意味

まずは今回の騒動を引き起こした手越の問題行動についておさらいしよう。 外出自粛が呼びかけられていたGW期間中、女性たちとパーティーを催していたことが「週刊文春」(文藝春秋)の報道によってバレた手越。 5月26日、公式サイト上に「弊社所属タレント手越祐也(NEWS)に関するご報告」というタイトルの文書が掲載され、手越の全芸能活動休止が発表された。 手越にまつわる公式文書は、1000文字を超える異例の超ボリュームながら完結に要点を抑え、かつ巧みなロジックで読む者を納得させるという、かつてないほどに優れた文章だったのだ。 ゴーストライターとして数々の書籍の執筆経験があるA氏は、ジャニーズ事務所の公式文書を次のように評価する。 まず何よりも、手越さんのファンが抱えていた心配や不安について、最大限に配慮し、言葉を尽くした文章になっていることが特徴です。 そのおかげでテンプレ的な謝罪文とは一線を画しており、より誠実な対応であることを印象づけています」 さらに、その内容についてこう解説してくれた。 「よく、不祥事を起こした芸能人や企業などが出す謝罪文では、『ご不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした』という決まり文句が使われますが、それでは問題の本質が『わかっていない』とみなされてしまいますし、再発防止策にも言及がなければ、その場しのぎという印象は拭えません。 その点、ジャニーズ事務所の謝罪文では、前半部分で手越さんの行いを『自分本位な行動』と断罪した上で、『世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けてい』たことをちゃんと指摘しています。 手越さんの行動がなぜ、どのように悪かったのかをハッキリとさせた上で謝罪している。 これは、かなりの高ポイントですね」(ゴーストライターA氏) 続けて、こんな文章テクニックも用いられていると指摘する。 「文中では、事務所が手越さんに対して『仕事は個人で行うものではなく、関係してくださる多くの方々に対する配慮の上に成り立つため、行動には十分気をつけるよう』にと、再三に渡って注意してきたということが、自然な流れでエクスキューズされています。 この部分だけを読めば、手越さん本人が警告を無視して暴走したと強調しているように受け取ることもできますが、読み進めていくと、意図が違うことがわかるような文章構造になっていますね。 手越さんへの注意について言及した直後に、続けて『本人に理解させることができず、ファンの皆様や関係者の皆様には大変申し訳なく、責任を感じております』と、事務所の責任であることを明言しています。 さらに、後半では『本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合っていきます』と、手越さん本人と話し合いながら改善を促していくという今後についても言及しており、心配してくれているファンへの心配りを感じさせます。 さらに、手越さん本人だけでなく、若いJr. ちなみに、ジャニーズ事務所といえば、2018年に元TOKIOの山口達也が女子高生への強制わいせつで書類送検された際、公式サイト上に 「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。 被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました」と短文すぎるかつぎこちない謝罪文を掲載し、「主語はどこ?」「ヒドすぎる」「頭悪そう」と悪しき意味でファンをザワつかせたという過去もあった。 それと比較すれば、驚くべきほどの上達である。

次の

手越祐也のスキャンダルによって生まれた、ジャニーズ史上最高の“名文”——公式文書の超絶テクをゴーストライターが絶賛!|日刊サイゾー

手越 てい 意味

手越祐也がジャニーズ事務所を退所した。 独立会見がユーチューブで生配信され、130万人もが視聴したという。 2時間弱を1人で喋りきり、最後は「テイ!」の決めポーズと笑顔で締めてみせる。 あまりにも鮮烈だった。 翌日のワイドショーはこの話題一色だ。 コメンテーターらに袋だたきに遭っていた。 手越は人気グループNEWSのメンバーだったが、コロナ渦の緊急事態宣言下に女性を伴って外出、飲酒したと報じられ、事務所から謹慎処分を下された。 本人の弁では、以前から独立して幅広い活動を展開したいとの意向があり、その準備のための会食だったと釈明している。 ツッコミどころのある発言だが、これを年配のコメンテーターらが集中砲火のようにたたき、果ては「ぶん殴りたい」と何度も罵(ののし)る者まで現れて、呆(あき)れ果てた。 手越は法を犯したわけではない。 コロナ禍で賭けマージャンに興じた検事長でもなければ、買収容疑で逮捕された前法務大臣でもない。 一介の若い芸能人だ。 彼に対するマスメディアの非難は、明らかにバランスを失っている。 ジャニーズ事務所は、最大手の芸能プロダクションだ。 国民的アイドルグループ、SMAPが解散して、事務所を独立したメンバー(稲垣吾郎・香取慎吾・草なぎ剛)が突如、テレビ番組から姿を消した。 昨年7月、公正取引委員会は、彼ら3人を民放テレビ局に対して「出演させないよう圧力をかけた疑いがある」とし、ジャニーズ事務所に注意を与えた。 今回、手越は人気番組『世界の果てまでイッテQ!』を降板するに至っている。 先の公取委の注意と照らして、テレビ局サイドには明確な説明責任が求められる。 この件をきちんと指摘しているのは、ヤフー・ニュースにおける松谷創一郎氏の記事くらいだった。 SMAPの解散、嵐の活動休止発表、創業者ジャニー喜多川氏の死去…と、近年、ジャニーズ事務所が揺れている。 創業から58年、日本の男性アイドルの歴史はジャニーズ抜きには語れない。 この特異な芸能プロダクションを知るのに格好の一冊が出た。 『ジャニ研! Twenty Twenty』(原書房)である。 8年前に出た『ジャニ研!』の増補版だ。 音楽家で批評家の大谷能生、編集者でライターの速水健朗、中学教師で批評家の矢野利裕の3氏の鼎談(ていだん)で、ジャニーズの音楽、コンサート、ビジネス、ルーツなどを縦横に語り尽くしている。 多いに啓発された。 4年前、矢野氏とは長い対談をして、彼の著書『SMAPは終わらない』(垣内出版)に収録されている。 ジャニー喜多川が本来はJohnny(ジョニー)であり、アメリカ人として米国文化により日本の少年たちを教化したとする『ジャニ研』の説には、目からウロコが落ちた。 今回の増補版では速水氏が「手越君のようなやんちゃキャラを抱えることすら困難な運営体制で突き進むのが幸せなのか」と記し、興味深い。 手越がいかに規格外のジャニーズアイドルだったかがわかる。 とはいえ、私は彼を応援したい。 記者会見でのその姿はとても美しく、魅力的だった。 こんな男がいなければ、芸能界もこの国も面白くならないだろう。 がんばれ、手越祐也。 テイ!(作家、アイドル評論家).

次の