北斗天昇モード。 北斗

北斗の拳 天昇【雪・雨・セリフ・昇舞】

北斗天昇モード

こんにちは。 パチスロ北斗の拳-天昇-打ってますか。 わたしは、こればっかりです。 色々な解析が出てきて、まだまだ楽しくなりそうです! 今回は、 激闘ボーナス中の強制勝利抽選と、AT中の特殊勝利抽選、昇天モードについて、お伝えしていきますね。 結構、設定推測に役立つポイントかもしれません。 激闘ボーナス中の強制勝利抽選とは? まずは、簡単に激闘ボーナス(GB)を説明します。 GBは、ご存知のように3回勝利すればATに突入します。 勝利抽選は、バトル中毎ゲーム行われています。 その時に、大切になってくるのが、バトルレベルと小役レベルですよね。 バトルレベルは、バトル突入時に一度行う勝利抽選に影響し、各バトル(1st、2nd、final)で設定されます。 小役レベルは、バトル中に毎ゲーム行う勝利抽選に影響し、各バトル共通です。 それらとは、別に強制勝利抽選が行われています。 バトル中の多い小役は、はずれ/ベルです。 でも、「はずれ/ベルで、やたら勝つんだよ」という台に遭遇したことはないでしょうか。 それ、強制勝利抽選で当選しているのかもしれません。 具体的な解析は開示されていませんが、 高設定ほど強制勝利抽選確率が高いです。 その結果として、AT突入率も高くなると推測できます。 なぜでしょうか。 簡単です。 そうしないと機械割に設定差が出せないからです。 スペックは、以下の通りです。 3 97. 2 調査中 99. 1 調査中 100. 5 調査中 105. 7 調査中 110. 4 調査中 114. しかし、機械割は97. ということは、出玉率に差をつけるにはAT突入率に差をつけるしかありません。 3と開示されています。 その他は、開示されていません。 開示されていませんというか、「開示すると低設定は辛い」という印象を与えかねないので、見せることはないでしょう。 他の機種、例えば、リゼロや聖闘士星矢SPが開示していない理由もそうでしょう。 わたし自身、 打っていて設定2と設定4では、明らかにこの強制勝利抽選確率が違いそう…と思っています。 銅トロフィー(設定2以上)は良く出現しますよね。 AT・真天昇ラッシュ中の特殊勝利抽選とは? まずは、簡単にATの説明です。 ATは、ラウンドパート(7G、初回は8G)と引き戻しパート(7G)がワンセットで継続します。 すでに周知されていますが、ATにはATレベルが3つあります。 期待獲得枚数は次の通りです。 [出典:]• レベル1:約760枚• レベル2:約1200枚• 設定 レベル1 レベル2 レベル3 1 48. 奇数設定は、レベル2の割合が高くなります。 一方、偶数はレベル1の割合が高くなります。 最も特徴的なのは、設定4と6です。 つまり、設定4と6は、AT突入時の期待獲得枚数が低めに設定されています。 その分、AT突入率が高めに設定されているのでしょう。 レベル3(北斗揃い)には設定差がつけられていません。 レベル1と2の差に関わってくるのが、特殊勝利抽選です。 通常、引き戻しパート(転生ゾーン、バトルゾーン)での勝率は、ラウンドパートでの抽選を参照します。 しかし、それとは別に特殊勝利抽選がなされています。 特殊勝利抽選確率は、レベル1よりレベル2が高いです。 だから、継続するため期待獲得枚数が多くなります。 修羅モードを選んでいると、獲得した保留の色が勝利期待度になっています。 ラウンド4を超えると、突然保留の色が青や黄色しかなく、弱めになってきませんか。 それでも勝利(継続)するのが、もしかすると特殊勝利抽選かもしれません。 獲得期待枚数を見れば、おおよそATレベルが1か2か推測できます。 ただし、天昇は引き次第で大きい出玉を得られます。 そのため、より正確に推測するならば、修羅モードで「保留が弱いのに勝っちゃう」となれば、それはレベル2かもしれないと利用できます。 「保留が弱いから負ける」なら、レベル1かもしれません。 強チェリーを引くと、強制勝利なので注意しておきましょう。 昇天モードとは AT中に特殊なモードである、昇天モードがあります。 昇天モードとは、その名の通り昇天(上限2400枚到達)しやすいモードです。 突入契機は、AT中に獲得枚数が1200枚を超えた時に抽選されるようです。 ATレベル2であれば、期待獲得枚数が1200枚なので、昇天モードに移行しやすい、すなわち昇天しやすいと推測できます。 一方、ATレベル1は、期待獲得枚数が760枚なので440枚足りません。 中々昇天しにくいと言えます。 この440枚分は、己の引きで何とかするしかありません。 以前、パチマガスロマガさんが開示していた、設定別の実践データで、設定3でも105. まとめると、次の通りです。 激闘ボーナス中の強制勝利抽選で、高設定を推測できる!• AT中の特殊勝利抽選で、ATレベルから奇数or偶数設定を推測できる! わたし自身、設定1は避けたいと思い、偶数挙動の台を追って立ちまわっています。 目指すは設定4。 しかし、設定2は激闘ボーナスで、中々勝ちづらいかもとやや苦戦しています。 設定3狙いすれば良いのかもしれませんが、結果設定1だったとなるのがコワいんですよね。

次の

6号機北斗天昇の設定差と【6の挙動・グラフ】

北斗天昇モード

こんにちは。 パチスロ北斗の拳-天昇-打ってますか。 わたしは、こればっかりです。 色々な解析が出てきて、まだまだ楽しくなりそうです! 今回は、 激闘ボーナス中の強制勝利抽選と、AT中の特殊勝利抽選、昇天モードについて、お伝えしていきますね。 結構、設定推測に役立つポイントかもしれません。 激闘ボーナス中の強制勝利抽選とは? まずは、簡単に激闘ボーナス(GB)を説明します。 GBは、ご存知のように3回勝利すればATに突入します。 勝利抽選は、バトル中毎ゲーム行われています。 その時に、大切になってくるのが、バトルレベルと小役レベルですよね。 バトルレベルは、バトル突入時に一度行う勝利抽選に影響し、各バトル(1st、2nd、final)で設定されます。 小役レベルは、バトル中に毎ゲーム行う勝利抽選に影響し、各バトル共通です。 それらとは、別に強制勝利抽選が行われています。 バトル中の多い小役は、はずれ/ベルです。 でも、「はずれ/ベルで、やたら勝つんだよ」という台に遭遇したことはないでしょうか。 それ、強制勝利抽選で当選しているのかもしれません。 具体的な解析は開示されていませんが、 高設定ほど強制勝利抽選確率が高いです。 その結果として、AT突入率も高くなると推測できます。 なぜでしょうか。 簡単です。 そうしないと機械割に設定差が出せないからです。 スペックは、以下の通りです。 3 97. 2 調査中 99. 1 調査中 100. 5 調査中 105. 7 調査中 110. 4 調査中 114. しかし、機械割は97. ということは、出玉率に差をつけるにはAT突入率に差をつけるしかありません。 3と開示されています。 その他は、開示されていません。 開示されていませんというか、「開示すると低設定は辛い」という印象を与えかねないので、見せることはないでしょう。 他の機種、例えば、リゼロや聖闘士星矢SPが開示していない理由もそうでしょう。 わたし自身、 打っていて設定2と設定4では、明らかにこの強制勝利抽選確率が違いそう…と思っています。 銅トロフィー(設定2以上)は良く出現しますよね。 AT・真天昇ラッシュ中の特殊勝利抽選とは? まずは、簡単にATの説明です。 ATは、ラウンドパート(7G、初回は8G)と引き戻しパート(7G)がワンセットで継続します。 すでに周知されていますが、ATにはATレベルが3つあります。 期待獲得枚数は次の通りです。 [出典:]• レベル1:約760枚• レベル2:約1200枚• 設定 レベル1 レベル2 レベル3 1 48. 奇数設定は、レベル2の割合が高くなります。 一方、偶数はレベル1の割合が高くなります。 最も特徴的なのは、設定4と6です。 つまり、設定4と6は、AT突入時の期待獲得枚数が低めに設定されています。 その分、AT突入率が高めに設定されているのでしょう。 レベル3(北斗揃い)には設定差がつけられていません。 レベル1と2の差に関わってくるのが、特殊勝利抽選です。 通常、引き戻しパート(転生ゾーン、バトルゾーン)での勝率は、ラウンドパートでの抽選を参照します。 しかし、それとは別に特殊勝利抽選がなされています。 特殊勝利抽選確率は、レベル1よりレベル2が高いです。 だから、継続するため期待獲得枚数が多くなります。 修羅モードを選んでいると、獲得した保留の色が勝利期待度になっています。 ラウンド4を超えると、突然保留の色が青や黄色しかなく、弱めになってきませんか。 それでも勝利(継続)するのが、もしかすると特殊勝利抽選かもしれません。 獲得期待枚数を見れば、おおよそATレベルが1か2か推測できます。 ただし、天昇は引き次第で大きい出玉を得られます。 そのため、より正確に推測するならば、修羅モードで「保留が弱いのに勝っちゃう」となれば、それはレベル2かもしれないと利用できます。 「保留が弱いから負ける」なら、レベル1かもしれません。 強チェリーを引くと、強制勝利なので注意しておきましょう。 昇天モードとは AT中に特殊なモードである、昇天モードがあります。 昇天モードとは、その名の通り昇天(上限2400枚到達)しやすいモードです。 突入契機は、AT中に獲得枚数が1200枚を超えた時に抽選されるようです。 ATレベル2であれば、期待獲得枚数が1200枚なので、昇天モードに移行しやすい、すなわち昇天しやすいと推測できます。 一方、ATレベル1は、期待獲得枚数が760枚なので440枚足りません。 中々昇天しにくいと言えます。 この440枚分は、己の引きで何とかするしかありません。 以前、パチマガスロマガさんが開示していた、設定別の実践データで、設定3でも105. まとめると、次の通りです。 激闘ボーナス中の強制勝利抽選で、高設定を推測できる!• AT中の特殊勝利抽選で、ATレベルから奇数or偶数設定を推測できる! わたし自身、設定1は避けたいと思い、偶数挙動の台を追って立ちまわっています。 目指すは設定4。 しかし、設定2は激闘ボーナスで、中々勝ちづらいかもとやや苦戦しています。 設定3狙いすれば良いのかもしれませんが、結果設定1だったとなるのがコワいんですよね。

次の

北斗の拳 天昇【雪・雨・セリフ・昇舞】

北斗天昇モード

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 パチスロ北斗の拳~天昇~ 」の ・天井恩恵 ・小役確率 ・ステージ ・昇舞魂 ・ポイント ・世紀末ZONE ・断末魔ZONE ・激闘BONUS などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 700Gでの激闘ボーナスからAT非突入だった場合、次回は200G台で激闘ボーナスに当選するモードに移行している模様。 チャンスモードなのかどうかは不明 そのため、700GでAT非当選後の台が空いていたら積極的に狙っていこう!! 5 通常ステージ 荒野ステージ 役割 設定変更時とAT終了時に突入し100G継続 恩恵 ・七星CHARGE高確率抽選 ・昇舞魂高確率抽選 ・滞在中の激闘BONUS当選で強敵1人以上撃破獲得。 通常時は荒野ステージという特殊なステージがあり、ここに滞在中は様々な恩恵がある。 設定変更後とAT終了後に突入する、いわゆるAT後のゼロゲームヤメを阻止するための措置である。 ステージの天候が、「雨」や「雪」などに変化した場合、通常モードB以上の滞在が確定。 さらに天候変化が頻繁に起こるほど高モードにいる可能性が高まる。 七星CHARGE 七星チャージは世紀末ゾーン突入の為の「世紀末ポイント」を貯めるための特化ゾーンである。 リゼロでいうところの異世界体操ね。 突入契機 レア役での抽選又は荒野ステージ中の抽選 ゲーム数 7G 抽選 成立役によって世紀末ポイントを獲得。 レア役で大量獲得チャンス。 断末魔は滞在モード示唆の役割があるので忘れずにタッチしよう。 100G以内はモード示唆が発生しやすいぞ。 断末魔でのモード示唆 あべし!! 通常B以上 ひでぶ!! 通常C以上 ヘブン!! 3 設定2 調査中 設定3 設定4 設定5 設定6 CZ世紀末ZONE CZ世紀末ゾーン概要 突入契機 世紀末ポイント 液晶右下表示 が1000pt到達 ゲーム数 15G 抽選1 滞在中全役でバトル抽選。 バトルに1度も発展しなければセット継続濃厚のようなのでおそらく突入=バトル発展は確定。 バトル前やバトル中のレア役などで勝利抽選を行っており、 レア役以外<スイカ、弱チェリー<チャンス目<強チェリーの順で勝利期待度が高い。 世紀末ポイント 世紀末ゾーン突入のために貯めるポイント。 通常時のリプレイやレア役でポイント獲得。 1000ポイント到達で世紀末ゾーン突入確定! 世紀末ゾーン中の抽選【NEW】 世紀末ゾーン中は全訳でバトル発展抽選を行っている。 レア役以外のハズレやベル成立時もバトル発展抽選を行っている。 またバトル発展時には同時に勝利抽選が行われており発展契機により勝利確率も変化する。 世紀末ゾーン中のバトル発展率 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 0% 弱チェリー 25. 0% スイカ 25. 0% チャンス目 50. 0% 強チェリー 50. 0% バトル前兆中~バトル中の勝利書き換え抽選 弱チェリー 10. 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 勝利抽選はバトル開始時に行われているが、バトル中にも成立役によって勝利書き換え抽選が行われているぞ。 断末魔ゾーン中は「強敵図柄を狙え」カットインが発生し、リール上に停止した強敵図柄の数が多いほど期待度アップとなる。 断末魔ゾーンも突入=バトル発展濃厚か? 内部モード 通常時は4つのモードに分類され、モードごとに断末魔ゾーンに突入しやすいゲーム数テーブルが異なる。 モード示唆演出として、天候が変化すれば 雨や雪など)通常B以上濃厚。 高モード滞在時ほど天候変化が頻発しやすい。 また七星チャージ終了後にサブ液晶をタッチしたときに雑魚の断末魔が上がればモード示唆。 【あべし】…通常B以上、【ひでぶ】…通常C以上、【ヘブン】…チャンス。 断末魔は100G以内だと発生しやすくなっている。 世紀末ゾーンと断末魔ゾーンからの突入が全体の約9割を占める。 残りの1割は直撃ATフラグとなっている。 4:5:1の割合) 断末魔ゾーン中の抽選 断末魔ゾーン中は、毎ゲーム全役でバトル発展を抽選。 レア小役や強敵絵柄停止時はバトル発展確定だ。 バトル発展時はカウントダウン演出を経てバトル開始となる。 断末魔ゾーン中のバトル発展率 ハズレ・ベル 12. 勝利期待度はバトル発展契機と発展回数によって異なり、初回発展は2回目以降の発展よりも若干勝利期待度が高い。 またハズレ・ベルでのバトル発展は1度のみで2回目以降のバトルはレア役以上でしか発展しない。 断末魔ゾーン中のバトル発展時勝利抽選 小役 初回 2回目以降 ハズレ・ベル 12. 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 断末魔ゾーン中もバトル中は勝利書き換え抽選を行っている。 モード天井からの断末魔ゾーン中は必ず勝利確定となる。 4 設定2 調査中 設定3 設定4 設定5 設定6 昇舞魂 昇舞魂とは北斗天昇を打つうえで無視できない重要な要素である! 激闘ボーナス当選時に小役レベル、バトルレベルと呼ばれるものが存在し、バトル&小役レベルを上げる役割を担うのが昇舞魂である。 激闘ボーナスの突破には小役レベルが重要な役割を果たすため、小役レベルを上昇させるアイテムである昇舞魂は本機のなかでもかなり重要な要素なのである。 昇舞魂獲得契機 レア役成立 レア役による抽選。 強チェリー=獲得確定。 世紀末pt1000到達 世紀末ポイントが1000pt到達時に必ず1個以上獲得 荒野ステージでの抽選 荒野ステージ中は昇舞魂が溜まりやすい 激闘BONUS当選時 激闘BONUS当選に抽選 激闘BONUS 激闘ボーナスとは強敵とのバトルを3回行い、そのすべてに勝利すればATへと突入するATへのメインルートである。 まず最初に説明しなければならないのが【小役レベル】と【バトルレベル】である。 また通常ゲーム中や激闘ボーナス中に【撃破】アイコンを獲得することがあり、文字通り撃破アイコンの所持数分のバトル勝利が約束される。 激闘ボーナス概要 突入契機 CZクリアなど 抽選 バトル3回勝利でAT突入 ベルナビ回数 バトル毎に3回のナビ(初戦のみ4回)。 最終戦まで継続で合計10回のベルナビ。 勝利抽選区間 バトル開始Gを含めて6G間 バトルレベル バトルレベルはバトル突入時の最初のレバーONで抽選される数値に影響するレベルである。 サブ液晶上 の【1stバトル開始時勝利抽選】のレベルがこれに該当する。 バトルレベルはバトルが終わる毎にレベル1までリセットされるため、主にバトル間のインターバル時に昇格抽選が行われる。 バトルレベルの昇格抽選はバトル開始までの間のレア役と【強敵図柄を狙え】で主に行われ、強敵図柄がリール上に止まるほどレベルアップしていく。 ベルナビが3回出現するとバトルへ突入するのでその間に出来るだけレベルを上げる。 小役レベル 小役レベルはバトルレベルのようにリセットはされずに全バトルを通して基本的に変動はしない。 バトル突入後の5G間の小役によるAT当選率に影響するレベルである。 サブ液晶上の【全バトル共通勝利抽選】のレベルがこれに該当し、その下には小役毎の勝利期待度が表示されている。 リプレイ45%、レア役70%など) 小役レベルを上げるには昇舞魂が必要であり、基本的には昇舞魂1個につきレベル1の上昇。 昇舞の刻 激闘ボーナス突入後はまず昇舞魂を使ってレベルを上げる【昇舞の刻】へと突入する。 ここで通常時に貯めた昇舞魂を消化し、バトルレベルか小役レベルに変換する。 バトルLvと小役Lvの振分は1:1だ。 バトルレベルや小役レベル以外にも、【1体撃破】や【真天昇RUSH直撃】などを獲得する場合もあり。 強敵バトル準備中 強敵バトルへの突入契機はベルナビ3回となり、ナビが3回くるまでの準備中はバトルレベルを上げる抽選が行われている。 バトルレベルはバトル毎にリセットされるが小役レベルは1stバトルから最終バトルまで固定となるので昇舞の刻ではそれだけ小役レベルを上げられるかが勝利のカギを握る。 バトルレベル10、またはバトル勝利が確定している状態で強チェリーが成立すると真天昇RUSH直撃となる。 1バトル中に強チェリーが2回成立でもAT直撃?! 強制勝利抽選 激闘ボーナス中はバトルレベルと小役レベルでの勝利抽選以外に毎ゲーム【 強制勝利抽選】を行っている。 強制勝利抽選は高設定ほど優遇されている模様。

次の