電報受付時間。 電報はどこで頼むの?カンタンな送り方!依頼先一覧と受付時間!

祝電を海外から日本に贈るには

電報受付時間

携帯電話やメールなど通信手段の多様化で、電報利用の9割以上が慶弔用となり、緊急時の利用が減っているため。 受付時間短縮にともない、夜間配達も停止する。 緊急定文電報は現在、電話で24時間受け付けているが、午前8時~午後7時までに短縮するほか、名称も「定文電報」に改める。 午後7~10時の受け付け分は、追加料金を支払えば当日配達しているが、このサービスも停止し、午前8時~午後7時受け付け分のみを当日配達する。 また、慶弔用などに使われる通常電報についても午前8時~午後10時までの電話受付時間を午後7時までに短縮。 インターネットでの受け付けは従来通り24時間行う。 来年からNTT東西の電報の電話受付時間が短縮されるのは、メールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで瞬時にメッセージが送れるようになり、取扱通数が最盛期の1割未満にまで減少したためだ。 結婚式など儀礼的な場面での利用が大半となり、NTT以外でも紙媒体による連絡手段のサービスは縮小傾向となっている。 電報は明治2年、当時の民部大蔵省のもと東京-横浜間でスタート。 ピーク時の昭和38年度には、全国で9461万通の取り扱いがあった。 しかしその後、取扱通数は減少が続き、48年には結婚式用など慶弔電報の数が緊急用などその他を逆転。 昨年度の取扱通数は717万通にとどまり、うち9割以上が慶弔用だった。 「危篤」などの定型文が送れる緊急定文電報でみると、全体の1%未満しか取り扱いがなかったという。 電報事業の昨年度の収支は、NTT西日本は1億円の黒字だったものの、NTT東日本は3億円の赤字を出している。 こうした取扱通数の減少と収支悪化を踏まえ、両社は9月、受付時間の変更などを総務省に申請。 パブリックコメントでは電報について「廃止を行ってよいのでは」との意見も寄せられ、11月末に総務省が変更を認可した。 緊急定文電報について、NTT東の担当者は「数は少ないながら利用者はおり、サービスをやめるという話にはなっていない」とする。 一方、日本郵便も、顧客のメッセージを台紙に入れて相手先に配達する「レタックス」について、電話による受け付けを来年3月末で終了する。 昭和56年にサービスを開始したが、昨年度の電話受け付けによる取り扱いは数万件程度しかないためだ。 郵便局窓口やインターネットなどでの受け付けは続ける。 約240の国と地域に送ることができる国際電報を扱うKDDIでも、取扱通数は「極めて少なくなっている」(担当者)。 平成11年までは電話で24時間受け付けていたが、20年からは月~土曜日の午前9時~午後5時までに短縮している。

次の

電報はどこで頼むの?カンタンな送り方!依頼先一覧と受付時間!

電報受付時間

海外からインターネット上で祝電を申し込む際には、いくつか注意しておかなければいけない点があります。 まず、日本と海外では郵便番号や住所、電話番号などの形式が異なるので、祝電の記入項目欄が海外情報の入力形式に対応していないことがあります。 例えば、VERY CARDでは、郵便番号欄には日本の郵便番号しか入力できないようになっているため、海外在住の場合は半角数字のゼロ7桁「0000000」を入力。 また、都道府県名のプルダウン選択は「その他」を選択し、現住所を入力する必要があります。 電話番号は最初に0を入力してから、現地の番号を入力するという形です。 このように、利用するサイトで入力方法が異なりますので、記載されている注意事項、記入方法をよく読んで、それに従って入力するようにしましょう。 それでも不明な点がある場合は、お問い合わせフォームから一度問い合わせをしてみると良いでしょう。 問い合わせに関しては、電話での対応を行っている場合もあるので合わせて利用してみてください。 そして、申し込みをする際に見落としがちなのが使用するパソコンです。 日本語のフォントが入ったパソコンでなければ、贈るメッセージがすべて英語になってしまいます。 あらかじめ日本語のフォントを入れておくなどして入力対策をしておきましょう。 最後に受付に関する注意事項です。 基本的にインターネットでの申し込みは、24時間受付可能となっていますが、稀に土日祝日は受付けていないケースもあります。 そのため、注文の受付時間、配達日数に関しても、自分が希望する日時に届けられるのかをしっかりと確認した上で申し込みを行うようにしてください。 費用はどれくらいかかるの?.

次の

弔電は当日でも間に合う?NTT・郵便局・ネット電報それぞれの〆切時間

電報受付時間

電報サービスの受付・配達時間等の見直しについて 2017年11月27日 東日本電信電話株式会社 西日本電信電話株式会社 NTT東日本及びNTT西日本(以下、NTT東西)は、電報サービス契約約款の一部改正について、本日、総務大臣の認可を受けたことから電報サービスの受付・配達時間等を下記のとおり見直します。 1.見直しの概要 電報サービスの利用が減少していることから、電報サービスの受付・配達時間等を下記のとおり見直すこととします。 詳細についてはをご参照ください。 なお、インターネット電報申し込みサイトでは、これまでと同様に24時間お申し込みを受け付けております。 2.実施時期 2018年1月1日 3.電報のお申し込み先・お問い合わせ先• お電話によるお申し込み先 NTT東西:115(局番なし)• *一部の他事業者様の電話回線からはご利用いただけません。 詳細はご契約事業者様にご確認ください。 インターネットによるお申し込み先 インターネット電報申し込みサイト「D-MAIL」• NTT東日本:• NTT西日本:.

次の