ジャパン ダート ダービー 過去。 ジャパンダートダービーとは (ジャパンダートダービーとは) [単語記事]

第22回 ジャパンダートダービー(JpnI)

ジャパン ダート ダービー 過去

概要 [ ] に創設された(・・)の3競走はいずれも秋に開催される競走だったため、「春にも4歳(現3歳)のダートチャンピオン決定戦を」という意見があった。 また特別区競馬組合が主催するダート4歳ダート三冠競走最終戦のスーパーダートダービーを統一GIIから統一GIに昇格を目指していた思惑とも合致しスーパーダートダービーをスーパーチャンピオンシップと改名のうえ、4歳ダート三冠から撤退および南関東交流競走に降格させ本競走を統一グレード競走のスーパーダートダービーの後身競走として春季に新設した。 春の3歳ダートチャンピオン決定戦の位置付けで、統一JpnIとして開催されている。 なお、までは南関東G1が併記されていた。 また新設年よりユニコーンステークス・ダービーグランプリと共に 3歳ダート三冠を形成。 さらにより・と共に 3歳三冠を形成した(1996年から2001年まではが南関東三冠の二戦目として行われており、あわせて四冠であった)。 なお、までは1着入賞した地方所属馬に限りの優先出走権が与えられた。 2019年(第21回)まで牝馬の優勝はない。 条件・賞金等(2019年) [ ] 出走資格 系3歳、フルゲート16頭で中央所属馬の出走枠は7頭。 負担重量 定量で56、54kg(南半球産2k減)。 賞金額 1着4,500万円、2着1,575万円、3着900万円、4着450万円、5着225万円 、着外手当25万円 優先出走権付与競走および指定競走 [ ] 地方所属馬に限り優先出走権保持馬、指定馬が所属枠内の頭数で出走できる。 その競走は以下のとおり。 優先出走権トライアル競走 交流(優先出走権付与対象は地方所属馬のみ) 競走名 格 競馬場 距離 取得条件 JpnII ダート1870m 1着 GIII ダート1600m 1着 JpnII ダート2100m 1着 南関東 競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件 SI ダート1800m 1着 SI 大井競馬場 ダート2000m 1着・2着 指定競走(参加競走) 競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件 重賞 ダート2000m 1着入賞 SPI ダート1900m 1着入賞 重賞 ダート1870m 1着入賞 M1 ダート2000m 1着入賞 (ダービー) H1 ダート2000m 1着入賞 重賞 ダート1900m 1着入賞 重賞 ダート2000m 1着入賞 また上記以外のダートグレード競走の1着入賞馬、兵庫チャンピオンシップの2着・3着入賞馬、における重賞競走(2歳芝重賞・障害重賞除く)及びオープン特別競走(芝・障害・2歳競走を除く)の1着入賞馬にも指定馬としての権利が与えられる。 歴史 [ ]• - 大井競馬場のダート2000mの4歳(現3歳)の定量の統一グレード競走「ジャパンダートダービー」として創設、格付けは統一GI・南関東G1。 - 表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴う重賞の格付け表記の変更により、統一グレード表記をJpnIに変更。 なお、南関東グレード(G1)は併記しないことになった。 - 中央競馬所属馬の出走枠が5頭から6頭に、南関東所属馬の出走枠が6頭から5頭にそれぞれ変更。 - 南関東二冠牝馬のが3位入線したが、後日、禁止薬物のが検出されたことから失格となる。 2016年 - 中央競馬所属馬の出走枠が1頭増えて7頭となる。 - 当年のみ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象競走に指定(が新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月に延期されたことに伴う措置)。 歴代優勝馬 [ ] 馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。 全て大井競馬場ダート2000mで施行。 回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 第1回 1999年7月8日 牡3 2:06. 9 日浦桂子 第2回 2000年7月12日 牡3 2:06. 4 第3回 2001年7月12日 牡3 2:05. 8 稲垣博信 第4回 2002年7月4日 牡3 JRA 2:04. 1 第5回 2003年7月8日 牡3 JRA 2:04. 9 武豊 (有)ビッグ 第6回 2004年7月8日 牡3 JRA 2:04. 5 第7回 2005年7月13日 牡3 JRA 2:04. 9 武豊 第8回 2006年7月12日 牡3 JRA 2:06. 1 角居勝彦 第9回 2007年7月11日 牡3 船橋 2:02. 9 第10回 2008年7月9日 牡3 JRA 2:04. 5 第11回 2009年7月8日 牡3 JRA 2:04. 5 吉田和美 第12回 2010年7月14日 牡3 船橋 2:05. 2 川島正行 吉田照哉 第13回 2011年7月13日 牡3 JRA 2:04. 9 横山典弘 (有)社台レースホース 第14回 2012年7月11日 牡3 JRA 2:05. 3 (有)グッドラック・ファーム 第15回 2013年7月10日 牡3 JRA 2:04. 8 内田博幸 第16回 2014年7月9日 牡3 JRA 2:03. 9 橳嶋孝司 第17回 2015年7月8日 牡3 JRA 2:05. 6 山田和正 第18回 2016年7月13日 牡3 JRA 2:05. 7 戸崎圭太 田中晴夫 第19回 2017年7月12日 牡3 船橋 2:05. 8 佐藤賢二 (株)MMC 第20回 2018年7月11日 牡3 JRA 2:05. 8 (株) 第21回 2019年7月10日 牡3 JRA 2:06. 1 (有) 記録 [ ]• 最多勝騎手:武豊(3勝)• 00 108 2002 107. 00 115 2003 108. 75 113 2004 103. 50 108 2005 106. 50 112 2006 104. 50 108 2007 104. 00 111 2008 101. 25 112 2009 104. 25 110 2010 107. 00 109 2011 107. 25 110 2012 107. 25 111 2013 102. 50 112 2014 108. 75 110 2015 104. 25 113 2016 105. 75 112 2017 108. 25 110 2018 109. 50 112 2019 109. 25 113 脚注 [ ] 参考文献 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ]• 2014年11月15日閲覧。 東京シティ競馬:TOKYO CITY KEIBA. 2018年7月8日閲覧。 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年7月8日閲覧。 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2019年7月8日閲覧。 特別区競馬組合. 2019年7月8日閲覧。 - 東京シティ競馬公式サイト 2011年7月31日閲覧• サンケイスポーツ. 2015年12月6日. 2016年7月11日閲覧。 各回競走結果の出典 [ ]• - 地方競馬全国協会• - 南関東4競馬公式サイト 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• より(2020年版).

次の

ジャパンカップ(過去GⅠ成績) JRA

ジャパン ダート ダービー 過去

ジャパンダートダービーとは、・外回りmで行なわれる・交流の統一のI競走である。 このの前身はとされる。 『』と名がつくだけあって、出走条件は3歳・となっている。 としては版のということで間違いないであろう。 概要 各の定競走を勝ち上がってきたの代表との強たちが戦う3歳頂上であるが、近年はの路線が整備されたので、適正が高い所属も多数出走するようになった。 所属のが所属のについていけないということも。 また4回ったときには既に勢だけの争いになっていることも多い。 においては、盃・に続く三歳の三戦に位置している。 創設以前は、に行われていた王冠賞がの三戦に位置づけられてたが、は止されている。 にが達成。 は盃との間に行われていた王冠賞も制したため、四冠とも称される。 ちなみににザがこの三戦全てを制したが、王冠賞を落としたためとは呼ばれない。 現行の制度がされたからまでの間に、最初の二冠を制覇したは4頭いる(・ナイディ、・、・ーベセクレタ、・)ものの、達成は現れていない。 ーベセクレタは以来となるの達成なるかと期待されたが、・(いずれも3)の前に3着に敗れたうえに後日処分となってしまった。 は判定での僅差の2着に敗れてを逃す結果となった。 までの19回で、5勝、14勝となっている。 ダービーWeek 第1週に各地ののを集中開催するである。 ジャパンダートダービーの前戦に当たる。 栄賞( m):・所属限定。 第2戦。 ( m):所属限定。 第1戦。 ( m):所属限定。 第2戦。 ( m):所属限定。 第2戦。 ( 0m):所属限定。 ( 10m):・所属限定。 第2戦。 6の内、の1・2着にはジャパンダートダービーへの優先出走権が与えられ、他の5の勝ちはジャパンダートダービーの出走選定にノミネートされる。 前身:スーパーダートダービー 中央・間の交流競走が本格的に始まった、以前からにおける4歳(当時の表記)決定戦というで開催されてたプリ( m)が4歳決定戦に位置づけられた。 しかし、の盟を自認し、プリに対して冷淡な対応を取っていたにとってこの決定は面いものではなかった。 そこでは新たな4歳決定戦を新設し、プリと並ぶ競走に位置づけることを論んだ。 こうして同じに創設されたのがである。 しかし、そんな横が通る訳もなく、翌年ド制が施行された際に与えられた格付けは(当時の表記)。 不満の収まらないはわずか3回でのド格付けを返上。 地元重賞に格下げされて名称もに変更された挙句、3年後あっさり止されてしまった。 そして、代わりにの3歳決定戦という位置づけの下、ジャパンダートダービーが創設され、に至っている。 ちなみにだが、本来の3歳頂上に位置付けられていたプリはをもって止されてしまった()。 これは当時の経営善が急務だったという事情もあった()。 に競走名自体は復活するものの、所属限定の競走となり、1着賞も5,000万円から0万円と大幅引き下げとなった。 歴代勝ち馬 回数 開催日 勝ち 性齢 所属 第回 3. 1 第20回 3 2:05. 8 第19回 ヒガシ 3 船 正重 2:05. 8 第18回 3 2:05. 7 第回 ノンコノユメ 3 2:05. 6 第16回 カコ 3 一郎 2:03. 9 第15回 イト 3 2:04. 8 第14回 ハタン 3 2:05. 3 第13回 3 2:04. 9 第12回 マグニフィカ 3 船 2:05. 2 第11回 テスッタ 3 2:04. 5 第10回 3 2:04. 5 第9回 3 船 忠成 2:02. 9 第8回 3. 1 第7回 3 2:04. 9 第6回 オポス 3 2:04. 5 第5回 3 2:04. 9 第4回 3 2:04. 1 第3回 3 船 之 2:05. 8 第2回 マン 3 直. 4 第1回 ザ 3 田秀治. 9 関連コミュニティ 関連項目• 前々週に同同で行われるの古中GI.

次の

ジャパンダートダービー2020

ジャパン ダート ダービー 過去

概要 [ ] に創設された(・・)の3競走はいずれも秋に開催される競走だったため、「春にも4歳(現3歳)のダートチャンピオン決定戦を」という意見があった。 また特別区競馬組合が主催するダート4歳ダート三冠競走最終戦のスーパーダートダービーを統一GIIから統一GIに昇格を目指していた思惑とも合致しスーパーダートダービーをスーパーチャンピオンシップと改名のうえ、4歳ダート三冠から撤退および南関東交流競走に降格させ本競走を統一グレード競走のスーパーダートダービーの後身競走として春季に新設した。 春の3歳ダートチャンピオン決定戦の位置付けで、統一JpnIとして開催されている。 なお、までは南関東G1が併記されていた。 また新設年よりユニコーンステークス・ダービーグランプリと共に 3歳ダート三冠を形成。 さらにより・と共に 3歳三冠を形成した(1996年から2001年まではが南関東三冠の二戦目として行われており、あわせて四冠であった)。 なお、までは1着入賞した地方所属馬に限りの優先出走権が与えられた。 2019年(第21回)まで牝馬の優勝はない。 条件・賞金等(2019年) [ ] 出走資格 系3歳、フルゲート16頭で中央所属馬の出走枠は7頭。 負担重量 定量で56、54kg(南半球産2k減)。 賞金額 1着4,500万円、2着1,575万円、3着900万円、4着450万円、5着225万円 、着外手当25万円 優先出走権付与競走および指定競走 [ ] 地方所属馬に限り優先出走権保持馬、指定馬が所属枠内の頭数で出走できる。 その競走は以下のとおり。 優先出走権トライアル競走 交流(優先出走権付与対象は地方所属馬のみ) 競走名 格 競馬場 距離 取得条件 JpnII ダート1870m 1着 GIII ダート1600m 1着 JpnII ダート2100m 1着 南関東 競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件 SI ダート1800m 1着 SI 大井競馬場 ダート2000m 1着・2着 指定競走(参加競走) 競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件 重賞 ダート2000m 1着入賞 SPI ダート1900m 1着入賞 重賞 ダート1870m 1着入賞 M1 ダート2000m 1着入賞 (ダービー) H1 ダート2000m 1着入賞 重賞 ダート1900m 1着入賞 重賞 ダート2000m 1着入賞 また上記以外のダートグレード競走の1着入賞馬、兵庫チャンピオンシップの2着・3着入賞馬、における重賞競走(2歳芝重賞・障害重賞除く)及びオープン特別競走(芝・障害・2歳競走を除く)の1着入賞馬にも指定馬としての権利が与えられる。 歴史 [ ]• - 大井競馬場のダート2000mの4歳(現3歳)の定量の統一グレード競走「ジャパンダートダービー」として創設、格付けは統一GI・南関東G1。 - 表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴う重賞の格付け表記の変更により、統一グレード表記をJpnIに変更。 なお、南関東グレード(G1)は併記しないことになった。 - 中央競馬所属馬の出走枠が5頭から6頭に、南関東所属馬の出走枠が6頭から5頭にそれぞれ変更。 - 南関東二冠牝馬のが3位入線したが、後日、禁止薬物のが検出されたことから失格となる。 2016年 - 中央競馬所属馬の出走枠が1頭増えて7頭となる。 - 当年のみ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象競走に指定(が新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月に延期されたことに伴う措置)。 歴代優勝馬 [ ] 馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。 全て大井競馬場ダート2000mで施行。 回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 第1回 1999年7月8日 牡3 2:06. 9 日浦桂子 第2回 2000年7月12日 牡3 2:06. 4 第3回 2001年7月12日 牡3 2:05. 8 稲垣博信 第4回 2002年7月4日 牡3 JRA 2:04. 1 第5回 2003年7月8日 牡3 JRA 2:04. 9 武豊 (有)ビッグ 第6回 2004年7月8日 牡3 JRA 2:04. 5 第7回 2005年7月13日 牡3 JRA 2:04. 9 武豊 第8回 2006年7月12日 牡3 JRA 2:06. 1 角居勝彦 第9回 2007年7月11日 牡3 船橋 2:02. 9 第10回 2008年7月9日 牡3 JRA 2:04. 5 第11回 2009年7月8日 牡3 JRA 2:04. 5 吉田和美 第12回 2010年7月14日 牡3 船橋 2:05. 2 川島正行 吉田照哉 第13回 2011年7月13日 牡3 JRA 2:04. 9 横山典弘 (有)社台レースホース 第14回 2012年7月11日 牡3 JRA 2:05. 3 (有)グッドラック・ファーム 第15回 2013年7月10日 牡3 JRA 2:04. 8 内田博幸 第16回 2014年7月9日 牡3 JRA 2:03. 9 橳嶋孝司 第17回 2015年7月8日 牡3 JRA 2:05. 6 山田和正 第18回 2016年7月13日 牡3 JRA 2:05. 7 戸崎圭太 田中晴夫 第19回 2017年7月12日 牡3 船橋 2:05. 8 佐藤賢二 (株)MMC 第20回 2018年7月11日 牡3 JRA 2:05. 8 (株) 第21回 2019年7月10日 牡3 JRA 2:06. 1 (有) 記録 [ ]• 最多勝騎手:武豊(3勝)• 00 108 2002 107. 00 115 2003 108. 75 113 2004 103. 50 108 2005 106. 50 112 2006 104. 50 108 2007 104. 00 111 2008 101. 25 112 2009 104. 25 110 2010 107. 00 109 2011 107. 25 110 2012 107. 25 111 2013 102. 50 112 2014 108. 75 110 2015 104. 25 113 2016 105. 75 112 2017 108. 25 110 2018 109. 50 112 2019 109. 25 113 脚注 [ ] 参考文献 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ]• 2014年11月15日閲覧。 東京シティ競馬:TOKYO CITY KEIBA. 2018年7月8日閲覧。 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年7月8日閲覧。 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2019年7月8日閲覧。 特別区競馬組合. 2019年7月8日閲覧。 - 東京シティ競馬公式サイト 2011年7月31日閲覧• サンケイスポーツ. 2015年12月6日. 2016年7月11日閲覧。 各回競走結果の出典 [ ]• - 地方競馬全国協会• - 南関東4競馬公式サイト 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• より(2020年版).

次の