しらさぎ 駅。 特急「しらさぎ」の停車駅と所要時間

白鷺駅

しらさぎ 駅

新幹線+電車(特急しらさぎ)を利用する方法 名古屋から金沢に行く最速の方法は、名古屋駅から米原駅まで新幹線、米原駅から金沢駅まで電車(特急しらさぎ)に乗る方法です。 所要時間は片道約2時間30分、往復運賃は14,740円(自由席利用)~16,320円(指定席利用)。 この方法が最も早く金沢に着く行き方ではあるのですが、以下に紹介する、全行程をJRの電車(特急しらざぎ)を利用する方法と比べて、そこまで差があるわけではありません。 米原駅に停まる新幹線はこだまとひかりだけなのでご注意ください。 (のぞみは停まりません。 ) 全行程で電車(特急しらさぎ)を利用する方法 新幹線の次に速いのが、名古屋駅から金沢駅まで電車(特急しらさぎ)に乗っていく方法です。 しらさぎは、JR西日本およびJR東海が名古屋駅・米原駅 — 金沢駅間を東海道本線・北陸本線経由で運行する特別急行列車です。 所要時間は片道約3時間、往復運賃は13,860円(自由席利用)~14,920円(指定席利用)。 新幹線+特急しらさぎで行く方法に比べると、少しだけ時間が長くなりますが、途中での乗り換えの必要がなく金沢まで行くことができるので便利です。 高速バスを利用する方法 名古屋駅から金沢駅まで最も安く行く方法は、高速バス(ハイウェイバス)に乗方法です。 所要時間は片道約3時間50分~4時間、往復運賃は7,200円。 高速バスは片道の場合4,500円ですが、往復で購入すると往復割引が適用され7,200円になります。 往復の割引率が高いのでお得ですね。 片道4時間近くかかりますが、特急しらさぎ(約3時間)より1時間ほど余分にかかるだけで、料金が半分以下になるので、時間に余裕のある方や、「バス車内で寝て行けばいい」と考える人にはおすすめです。 ただし、冬場は積雪の影響で遅延がでる可能性もあるようです。 名古屋から金沢への高速バスは、から予約できます。 往復割引を適用させるには、往路と復路を同時に購入する必要があるので、ご注意ください。 名古屋発金沢行きの高速バスは名古屋駅東口に停車します。 路線バス乗り場もすぐ近くです。 (本記事は2019年10月からの消費税改訂後に伴い、料金を修正しました。

次の

YAKINIKU RIKI しらさぎ(姫路駅/焼肉・ホルモン)<ネット予約可>

しらさぎ 駅

特急券しらさぎの停車駅• 名古屋駅• 尾張一宮駅• 岐阜駅• 大垣駅• 米原駅• (長浜駅)• 敦賀駅• 武生駅• 鯖江駅• 福井駅• 芦原温泉駅• (大聖寺駅)• 加賀温泉駅• 小松駅• (松任駅)• 金沢駅 (長浜駅・大聖寺駅・松任駅には止まらない場合もあり) 都道府県としては「愛知」「岐阜」「滋賀」「福井」「石川」を通過しますね。 地図的に(?)言えば「名古屋から金沢まで走っている電車」と思えばokです! 1日に何本くらいあるの?名古屋からの時刻表で見てみよう! 特急・新幹線に乗るときは「1日に何本あるのか?」も気になりますよね? 例えば始発の「名古屋駅」の場合で見てみましょう。 名古屋駅が始発の特急しらさぎは以下の8本がありますよ。 名古屋発の特急しらさぎ時刻表• 07:50【しらさぎ1号(10:48着)】• 08:50【しらさぎ3号(11:48着)】• 09:48【しらさぎ5号(12:48着)】• 11:48【しらさぎ7号(14:48着)】• 13:48【しらさぎ9号(16:50着)】• 15:48【しらさぎ11号(18:47着)】• 17:48【しらさぎ13号(20:50着)】• 19:48【しらさぎ15号(22:50着)】 (すべて金沢行き。 カッコ内は終点・金沢駅に着く時間) ざっくり言えば「7時から20時の間で1時間か2時間に1本」ですね。 時刻表に関しては「 米原・金沢からは1時間に1本、名古屋から1〜2時間に1本くらい」と覚えておきましょう。 トイレ・車内販売はある?禁煙・喫煙ルームは? トイレ・車内販売やタバコについても触れておきますね。 まとめて並べると、以下の通りです。 ・・・ワイファイ、ある? 充電もできたらうれしいんだけど! はい。 まさに僕のことです(笑) まずWi-Fiですが、特急しらさぎに 無料Wi-Fiは無いです。 むぅぅ〜残念。 まぁ僕はを持ち歩いているので、それで車内でもずっとパソコンで仕事していられるから大丈夫なのですが。 Wi-Fiは飛んでいないですが、電源は「ほんの少しあり」です。 それぞれの車両の 「一番前の席」か「一番後ろの席」のところだけにコンセントが存在しますよ。 スマホ・パソコンを充電したいなら「いちばん前か後ろの座席」と覚えておいてくださいね! スマホで予約ok!特急しらさぎの切符の買い方・乗り方まとめ【自由席・指定席・グリーン車】 特急しらさぎとはどんな電車かわかったところで、お次は買い方・乗り方です。 以下の順番でそれぞれ紹介していきますね。 指定席の予約もインターネットで!チケットの買い方まとめ では、実際にチケットを買ってみましょう。 特急しらさぎに乗るためには以下の2種類のチケットが必要ですよ。 しらさぎの特急券の3つ購入方法• 駅の窓口(みどりの窓口)• 駅の券売機• しらさぎの座席表に照らし合わせて予約もok。 でも、券売機は要注意です。 特急券が買える券売機・買えない券売機があるので、気をつけてくださいね。 もっともおすすめはインターネット予約「」です。 スマホからいつでも・どこでもサクッと予約できるし、 チケットレス(紙の特急券なし)でokなうえに最大570円割引で買えるんですよ! 僕はだんぜんe5489から予約です。 別ページでを画像たっぷりにわかりやすく紹介しています。 ぜひ読んでみてくださいね。 特急しらさぎに乗るときの持ち物• 駅の窓口や券売機で「乗車券」も「特急券」も買った場合・・・「乗車券」と「特急券」• 駅の窓口や券売機で「特急券」だけ買い、ICOCAを使う場合・・・「ICOCA」と「特急券」• 乗車券にはを使う場合はICOCAカードを忘れないように気をつけてくださいね。 そしてe5489でチケットレス特急券を買った場合はズバリ「スマホが特急券」となります。 駅の改札や車内改札で「提示用画面」を見せてください。 特急しらさぎの車両は「6両編成」と「9両編成」の2パターンがあるんです。

次の

名古屋から金沢への行き方 新幹線・電車(特急しらさぎ)・高速バスの場合の所要時間と料金(運賃)のまとめ

しらさぎ 駅

特急しらさぎの停車駅・料金と「おトクに乗る方法」 名古屋・米原と北陸を結ぶ特急しらさぎについて、停車駅・車両・料金とおトクに乗る方法をご紹介します。 JRの特急しらさぎは、名古屋など中京圏と、金沢など北陸とのアクセスに便利な特急電車。 1時間に1本のダイヤで、名古屋-金沢の電車と米原-金沢の電車が交互に走っています。 名古屋発着の特急しらさぎはだいたい2時間に1本しかないので、タイミングが合わなければ、新幹線と乗りついだりしなきゃいけないことになります。 特急しらさぎの停車駅は? 特急しらさぎの停車駅のうち、長浜・大聖寺・松任の3駅は、一部の電車しか止まりません。 あとの駅は、全部のしらさぎが止まります。 大阪と北陸を結ぶ特急サンダーバードは、停車駅のバリエーションが広いですけど、特急しらさぎのほうはとても分かりやすいダイヤですね。 所要時間は、米原-金沢が2時間弱、名古屋-金沢が3時間くらいです。 しらさぎはJR東海の線路も走るんですけど、全部JR西日本の車両です。 しらさぎに使われる車両のおもしろいところは、「顔」。 スピード感ある流線型の先頭と、どことなく昔の特急車両を思わせる平らな先頭という、2つの「顔」を持っています。 ふだんは6両編成ですけど、ハイシーズンなどは3両連結するので、そのための平らな先頭ですね。 この681系・683系は、特急しらさぎだけじゃなくて、特急サンダーバードなど、北陸を走るすべての特急に使われています。 一応、しらさぎ用の車両は、窓の下にオレンジと青のラインが入っていますけど、同じ車両が他の特急にも使われていたりするので、見た目じゃ区別しにくいです。 特急しらさぎの料金は? 名古屋 米原 福井 福井 3,080 2,200 2,730 2,800 1,690 1,200 1,730 1,300 - 金沢 4,510 2,420 2,950 4,190 3,080 2,200 2,730 2,800 1,340 1,200 1,730 1,300 運賃 自由席特急料金 指定席特急料金(通常期) グリーン料金 単位:円 2019年10月現在 特急しらさぎの運賃・指定席特急料金は、名古屋-金沢間が計7,460円、米原-金沢間が計5,810円(どちらも通常期)。 どっちにしても「A特急」のエリアなので、比較的割高になっています。 名古屋から北陸に行きたいけど、名古屋発のしらさぎじゃタイミングが悪い!とか、静岡から北陸に行くとき、新幹線と特急しらさぎを乗りつぐなら、 「乗りつぎ割引」がききます。 両方の特急券をいっしょに買うと、しらさぎの特急料金が半額になるんです。 フリープランや格安切符を使わないなら、せめて 「乗りつぎ割引」だけでも使いましょう。 特急しらさぎにおトクに乗るには? JRの格安切符もあるにはありますけど、まずは、旅行会社の「フリープラン」をチェックしてみるのをおすすめします。 行き・帰りの電車の切符と宿がセットになった、ツアーの一種です。 「JR宿泊パック」とか「JRセットプラン」なんて呼ばれることもあります。 なんでおすすめなのかというと、他のどんな格安切符よりおトクになるケースも多いからです。 電車と宿をいっしょに取れて便利なのもメリット。 「ツアー」とはいっても、添乗員とか他のお客さんといっしょに観光地やお店をまわる、いわゆる「パックツアー」とはぜんぜん違います。 完全な個人旅 行です。 行き・帰りの電車と泊まる宿が決まっているだけで、あとは全部自由行動。 旅行はもちろん、出張や受験にだって使えます。 とはいえ、おトクなだけに制限とか注意しなきゃいけないポイントもあります。 自分のケースでは使えるのか、ほんとにおトクになるのかなど、しっかりチェックしてかしこく使ってください。

次の