じい 様 が 行く 小説。 じい様が行くの魚拓。漫画が全巻無料で読めるスマホアプリ

小説を読もう!

じい 様 が 行く 小説

Posted by ブクログ 2020年01月23日 今回、オビの通り巨大スズメのお宿にある食べ物ダンジョンとナスティの実家の話が中心。 バイオレンスなところはほぼなしながら、楽しく読めた。 非常にまったりと、心安らかに読めます。 ただ、この装丁のスズメの絵がどうにもいただけない(笑)。 まあ、いわゆるユーラシアツリースパロウそっくりだったら面白くはないんだろ うが、そっくりが良かったのに(単なる個人的な好み)。 リアルにスズメがでかいだけにしてほしかった。 というか、読んでいる間は装丁はすっかり忘れて、オオヒシクイサイズのスズメを映像化していました。 そう、ドリトル先生のダブダブみたいな感じ。 家事のできる水禽。 そういえばドリトル先生アフリカゆきがベースになった映画が1月17日に米公開されて、即ひっくりこけてましたねぇ。 楽しみだったのに、日本で劇場公開してくれるんやろか?小学校の頃の私のトップ5愛読書のひとつでした。 岩波のやつ。 話はずれまくりましたが、水禽がメイドさんだったらどんなに幸せだろうか。 いや、スズメのお宿で暮らすのもかなりの幸せだと思います。 ラノベ、直球でドリームな感じが読んでて幸せ。

次の

「じい様が行く」のWeb小説版魚拓と漫画版を無料で読むための裏技|漫画村に伝わる無料の巻物

じい 様 が 行く 小説

Posted by ブクログ 2020年01月23日 今回、オビの通り巨大スズメのお宿にある食べ物ダンジョンとナスティの実家の話が中心。 バイオレンスなところはほぼなしながら、楽しく読めた。 非常にまったりと、心安らかに読めます。 ただ、この装丁のスズメの絵がどうにもいただけない(笑)。 まあ、いわゆるユーラシアツリースパロウそっくりだったら面白くはないんだろ うが、そっくりが良かったのに(単なる個人的な好み)。 リアルにスズメがでかいだけにしてほしかった。 というか、読んでいる間は装丁はすっかり忘れて、オオヒシクイサイズのスズメを映像化していました。 そう、ドリトル先生のダブダブみたいな感じ。 家事のできる水禽。 そういえばドリトル先生アフリカゆきがベースになった映画が1月17日に米公開されて、即ひっくりこけてましたねぇ。 楽しみだったのに、日本で劇場公開してくれるんやろか?小学校の頃の私のトップ5愛読書のひとつでした。 岩波のやつ。 話はずれまくりましたが、水禽がメイドさんだったらどんなに幸せだろうか。 いや、スズメのお宿で暮らすのもかなりの幸せだと思います。 ラノベ、直球でドリームな感じが読んでて幸せ。

次の

じい様が行く

じい 様 が 行く 小説

~オーバーラップノベルス様より、書籍第2巻が発売中!~ ~コミカライズ連載中!!~ 裏切られてクエスト失敗の責任をなすりつけられ、世界最強の冒険者パーティー『銀翼の大隊』を追放された料理人、デニス。 そもそも冒険者パーティーでは料理スキルを存分に発揮できないと常々感じていたデニスは、これ幸いと追放されて、田舎で念願の冒険者食堂を立ち上げる。 しかし、平凡な定食屋 Lv. 99 を中心に巻き起こる、トラブルの数々! 元最強パーティーとかどうでもいいから放っておいてくれ! 俺は料理が作りたいだけなんだ! だがウチの客に手を出すなら許さねえ! 悪党どもはなぎ倒す! 大人しく俺の炒飯を食え! 肉切り包丁で敵を討ち、錬金厚底鍋で大魔法を防ぐ追放最強料理人が往く! 【2巻5月1日、角川スニーカー文庫から発売!】 【Web版は書籍版の加筆修正前のものとなっております。 15話以降はストーリーの流れも違います。 書籍版は加筆修正、構成変更と、Web版より大幅パワーアップです!】 クリスマス。 一ヶ月前彼女に浮気をされて独り身になった俺、羽瀬川悠太にとって、それはあまり耳にしたくない言葉。 そんなクリスマスまで、あと数日! 女友達である美濃彩華といつものように話をして別れた俺は、カップルで溢れる街でサンタの服を着た美少女と出会う。 名前は志乃原真由。 志乃原との出会いが、俺にとってのクリスマスプレゼントにでもなったりするのだろうか? 小説家になろうにてジャンル別日間ランキング一位を三度獲得! 書籍化にあたり、『カノジョに浮気されていた俺が、クリスマス目前に美少女サンタと出会いました』からタイトル改題しました! 【2020. 頭脳明晰、容姿端麗、誰に対しても優しい聖女のような性格に、誰もが憧れる生徒会長と、天は二物を与えずという言葉に真正面から喧嘩を売って完膚なきまでに完勝している完全無敵の女の子。 その名も羊飼芽衣。 本来であれば彼女の視界にすら入らないはずの少年Bである、大神士狼のようなモブマッチョとは縁もゆかりもない女の子のはずだった。 だというのに、どういうわけか士狼に付きまといはじめる芽衣。 それどころか、女の子とフラグが立とうとすると全力でへし折りにくる始末。 これは恋に不器用な女の子が気になる男の子に振り向いてもらうまでの物語である 注意:あらすじと本編でかなり激しいギャップがあります。 純愛厨の方は覚悟を決めてからお読みください 陰キャだが平凡な高校生活を送っていた我治屋幸運(がちやよしかず)は、ある日学園の美少女から告白を受けてしまう。 しかし、その告白は不良どもが画策した嘘の告白で。 思わずカッとなった俺は「彼女くらいいるし」と虚勢を張ってしまう。 結局、ありもしない彼女を連れてダブルデートする事になった主人公。 落ちたと思ったら、逆にドンドンのぼった。 下位世界から上の世界へと、転生してしまう。 界越えの報酬である、少し変わった生活魔法を駆使し、新たな人生を歩みだす。 最初は、幼児なもので、それなりの自重しない思考。 周囲の環境と、自身の成長と、前世の記憶とで、展開します。 食材は命、料理は心! レベルが上がる生活魔法が、きわぶりしだして、チートするんですが。。。 syosetu. syosetu. syosetu. syosetu. syosetu. 本編「ダンダリア王国編」壮絶ざまぁ、完結済。 「ケルパス王国編」今回の主役は聖女と元聖女? 悪役令嬢からの依頼で、今日も世界は救われるらしい、完結済。 「ウォークガン帝国編」聖女様の自称元カレがポジティブすぎる件、完結済。 欠損部分を完璧に癒せる聖女は、この世にルル様たったおひとりだけだ。 この広い世界のうちで、なぜか聖女が産まれるのはゼ・ムルブ聖国に限られていた。 だから、ルル様は各国に派遣されて癒しの手を差しのべている。 今回、私ことローザは、見習い聖女として、はじめてルル様についてダンダリア王国へと向かったんだけど、この国の王侯貴族はルル様にたいする扱いがあまりにもひどすぎた。 それでも優しいルル様は、愚痴ひとつ言わずに聖女として振る舞っている。 だけど、まさかルル様があんなことをしていたなんて。 驚愕の事実は、世界平和のためらしい? 王候貴族とのドタバタや、王太子の婚約破棄に巻き込まれたり、帝国ではとうとう事件の被害者に? 聖女の仕事って、普通ならこんなに物騒なわけないよね? ブックマーク、評価、誤字脱字のご報告、ありがとうございます。 武田信玄の家臣 馬場美濃守信春は、長篠の戦いで戦死する際、武田が天下を取れなかった無念を天に訴えた。 子孫?の馬場美濃流は、歴史オタでアニオタ。 城跡巡りをしている時に信春の声を聞く。 気づいたら武田勝頼として転生していた。 天下を取る?この俺が?前世で何も取り柄のなかったこの俺が? 歴史を知る勝頼はどこで歴史を変え武田に天下をもたらすのか? 中学時代化学部だった知識を活かして作るその時代にはない厨二病アイテム達。 成長するに従って増えてくる謎?その謎を解くことはできるのか? 仮の歴史を想像して描くファンタジーです。 歴史好きな方がえーっと思うような、歴史がわからない方も心から楽しめるような面白い作品にしたいと思っています。 100万PV 達成しました。 お読みいただきありがとうございます。 いわゆる異世界転移系の物語だ。 転移してくるのは複数人というのも、珍しくはない。 特異な点は、転移と同時に記憶を失ってしまうこと。 登場する四人の転移者は、自分が元は何者かもわからないまま力を手に入れ、戦いに身を投じることとなる。 登場人物それぞれが、己が何者なのかを気にしながら物語 は進んでいく。 元は大人だったと推測されながらも10歳の少年になったヒロの視点から書かれる物語は、魔王軍との戦いを圧倒的に有利な状態で進めている。 けれど登場人物の過去や、なぜか勇者がひとり多く召喚されたという謎が常につきまとっている。 その謎がどんな意味を持つのか。 戦況に影響を与えるのか。 明かされた時に、個性的なキャラクターたちはどう反応するのか。 まったく予想がつかない点が、今作の楽しみなところだ。 ただ共通して三人とも、どこか息苦しそうで、そして生き辛そうな印象がある。 「自分ではどうしようもないこと」に、それぞれが苛立ちを抱えている、あるいは疲れているように思えた。 そんな鬱屈とした三人の物語だから、決して明るくはない。 けれど、三人の中で最年長(のはず)にもかかわらず一番大人げない鷹宮が、どこかすっきりとした気持ちを抱えるラストは、読んでいて清々しい。 世の中理不尽だらけだけれど、彼は姉弟との出会いを通じて、それらと折り合いを付けられたような結末で。 理不尽を同じように感じる読者も、彼と共に救われた気持ちになるのだ。 記憶すら定かではなく、己でさえ理解しかねる身体能力を駆使して主人公レイラは相棒であるカグヤと共に荒廃した世界を探索していく。 彼らは時に友に、武器に、過去に出会いつつ廃墟の街や旧文明の施設、異界を探索し機械兵器やミュータント、怪物、人間、狂気と戦い、死と隣合わせになりながらも日々を生きていく。 この作品の特色はその精緻で謎と神秘に満ち溢れた鮮明な世界観でしょうか。 綺麗で綿密な言葉の数々によって形作られる濃密な世界観は、私たち読者の想像力によってさらに深みを増していくでしょう。 しっかりとした世界観と物語を味わいたいと思っている人におすすめします。 願わくば小説の中だけでも世界がもっと自由で謎と神秘に溢れて残酷で、そして美しくあらんことを。

次の