メリークリスマス つづり。 メリークリスマスのつづり・スペルを紹介!正しい英語の書き方とは? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

【Xmas or Christmas?】クリスマスのスペルの不思議

メリークリスマス つづり

メリークリスマスのスペル 綴り や意味は?いつ言うの?イブ? 子供から大人までクリスマスの時期が来るとワクワクしちゃいますよね。 また、正確には「メリークリスマス」は12月24日 クリスマスイブ と12月25日 クリスマス当日 の いつ言うのかに関しても調べてみました! メリークリスマスのスペル 綴り メリークリスマスのスペル・綴りは「Merry Christmas」です。 クリスマスカードを書く時に、筆記体で書けたらカッコイイですよね。 「Merry Christmas」の筆記体の書き方を紹介している動画がありました。 2つの動画を紹介します。 メッセージカードなどに筆記体で書く時の参考にしてみてください。 メリークリスマスの意味は? メリークリスマスは「楽しいクリスマスを!」や「良いクリスマスを!」という意味になります。 このメリークリスマスの「メリー Merry 」ですが、意味は 「楽しい・陽気な」と言う意味です。 「Merry」は「Happy」と意味が似ていますが、「Happy」は自分1人で楽しんだり、喜んだりする意味があり、 「Merry」は愉快に仲間と一緒に笑ったり話したりすることを意味します。 日本では、誰にでも気にせず「メリークリスマス」と言いますが、海外に行った時は注意しないといけないようです。 海外では「メリークリスマス」はあくまでもキリスト教の方にしか言いません。 相手の宗教が分からない場合は「メリークリスマス」とは言わないようにしたほうがいいとのことです。 クリスマスが日本に広まったきっかけは? クリスマスはそもそもキリストの誕生日を祝う日です。 元々は日本にない文化ですが、日本にクリスマスが広まったきっかけがあります。 それは、 明治37年に銀座へ「明治屋」が進出したことがきっかけだと言われています。 明治屋創業者の磯野計さんは、ロンドン留学中にクリスマスを経験しています。 その経験を元に、自ら創業した明治屋でクリスマスセールを始めたり、店頭にクリスマスツリーを飾ったり、イルミネーションで華やかなにしたりなどしました。 それを他の店も真似て現在に至っているようです。 メリークリスマスはいつ言うの?イブ? 「メリークリスマスはいつ言うの?イブ?クリスマス当日?」と疑問に思う人が多いと思いますが、 「Merry Christmas」は「I wish you a merry Christmas」 楽しいクリスマスでありますように の省略形です。 ですので、 海外では11月末頃からクリスマス当日の12月25日まであいさつ代わりに使われています。 日本では一般的に12月25日の当日に言うのが多いようです。 楽しいクリスマスが送れるようにとの願いを込めた言葉「メリークリスマス」。

次の

メリークリスマスのメリーってどんな意味!?つづりや語源は!?

メリークリスマス つづり

ちょっと注意してみてみると、カタカナ表記のクリスマスもふくめて、複数のつづりが存在しています。 一体なぜなんでしょうか・・・? 本来クリスマスを表す英単語は一つのはずなのに、実際には• Christmas• メリークリスマスのつづり・スペルを紹介! それでは紹介していきます。 そこを踏まえた上で、Merry Christmasを• Merry• Christmas に分解して、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。 Merryの意味について それでは、まずがMerryから見ていきましょう。 この単語には、• 陽気な• 笑いさざめく• 愉快な• おもしろい• 笑い楽しむ• 笑いと楽しみを誘うような• お祭り気分の• ほろ酔い機嫌で といった意味があります。 この「mas」 の意味がわかれば、真相に近づきそうです。 で、いきなり回答となりますが、 mas はミサ、という意味です。 ミサは少し聞きなれないのですが、キリスト教の儀式のことを指しています。 もっと日本語っぽくするならば、• 素敵なクリスマスを• Christmas• Xmas の2つがありますよね。 どちらも同じくらい良く見かけます。 先程、正しいのはMerry Christmasだと解説しましたが、じゃあ Xmasという言葉は、一体何故生まれ、そして使われているのでしょうか? 次は、 2つあるクリスマスのつづりの意味に迫りたいと思います! Christmasの意味や由来について Xmasは、本当に間違っているのでしょうか? 実は、 これはこれで正解なんです。 なぜかといいますと、Xというのは、 十字架の意味をもっているのです。 そして Xという文字は、キリストを示すという一般認識が作られたそうです。 そこからイエス・キリストの生誕祭=Xmasという表記が生まれていったというわけですね。 ですので、• Christmas• クリスマスのつづりの使い分け方 Christmas、Xmas。 どちらも正しいつづりで、意味も同じです。 なので結論をいいますと、特に使い分けをする必要はありません(笑) ただし、一点注意していただきたいことがあります。 これはアポストロフィーと呼ばれるのですが、なにかを省略するための記号です。 X =キリスト mas=ミサ が先ほど紹介したXmasを構成する単語それぞれの意味でした。 つまり、この時点でもう何も省略するものがないんです。 英語の表現に飽きたわ、というチャレンジ精神旺盛な方がいらっしゃいましたら、これらの単語をオススメします! 今年のクリスマスカードや飾り付けに、英語以外の表現をつかってみるのも新鮮で話題を狙えるかもしれません  ̄ー ̄ ちなみに、 メリークリスマス というこの表現は、とても キリスト教に関係の深い表現となります。 英語圏の人たちでも、もちろんキリスト教以外の宗教の人や、特定の宗教をもたない人たちはたくさんいます。 そういった人たちは、Merry Christmas の代わりに、 Happy Christmasという表現も、わりとよく使われています。 日本では宗教に関係なく、冬のイベントとして楽しまれているクリスマス。 街がクリスマスムード一色になるこのシーズンに、 Merry Christmasの意味をご紹介しました。

次の

メリークリスマスのスペル(綴り)や意味は?いつ言うの?イブ?

メリークリスマス つづり

クリスマスの英語のつづりの由来は? クリスマスを 英語で書くときは2種類の綴り方があります。 Christmas• Xmas この二つです。 アメリカでは、 X-masと書くこともありますね。 Christは、キリストの事ですが、イエス・キリストは、英語で Jesus Christ と書きます。 『X』は十字架の意味を持ちます。 これ自体がキリストを表すものとして認識されているわけです。 そして、Xがキリストを示すようになった元はと言えば、ギリシャ語の表記です。 キリストは、ギリシャ語で救世主を示す 『クリストス』からきています。 この頭文字のXをとって、 X=キリストとなるんですね。 そして、 「mas」はミサという意味になります。 ミサは『感謝の祭儀』とも呼ばれています。 最後の晩餐を模して、小さなパンとぶどう酒・ブドウジュースを頂く儀式ですね。 Christはキリスト。 masはミサ。 ChristmasはこのChristとmasの2つの言葉を合わせて、『キリストの誕生祭』という意味になるというわけです。 クリスマスって、ちょっと言葉の経緯が複雑かもしれませんね。 ですが、これは本来間違いなんです。 Christmas という表記を略したものが、Xmasだと思われたのが原因だと考えられますね。 英語では、アポストロフィーは、何かを縮めた時に使われるんです。 例えば、• しかし、上で説明したように、『X』自体がキリストを示します。 なので、 実際はアポストロフィーは入りません。 でも、これは本来英語では間違いなんですね。 ちなみに、 Christmas・Xmas・X-masの3つの違いは特にありません。 実際はどれも正しいつづりと言えます。 正しいつづりを覚えて使おう 【関連記事】• 広告やサイン、CMなどいろいろなところで見かける英単語。 私たちは意外と沢山の英単語に囲まれていますよね。 クリスマスの英語のつづりも、何となくその場の雰囲気で使ってる方が多いんじゃないでしょうか? でもどうせなら、できるだけ正しいつづりを覚えて使いたいもの。 あなたもこの機会に、正しいクリスマスの正しい綴りを覚えてくださいね!.

次の