クリフ カイロス対策。 【ポケモンGO】アルロの対策!勝つためのコツやパーティー(7月版)

【ポケモンGOQ&A】ロケットリーダー倒せてますか?[No266560]

クリフ カイロス対策

ラプラスは耐久が高いポケモンですので、どうしても長期戦になってしまいます。 火力の高い「ふぶき」や「ハイドロポンプ」に対してはシールドを使い、でんきタイプやかくとうタイプで弱点を突いて攻略しましょう。 アブソル戦で攻撃を上げた後にラプラスと対面すると、より効率的にダメージを稼ぐことが可能です。 攻撃種族値が非常に高いため、被弾を抑えつつ手早くパルシェンを倒せる点も魅力です。 ナッシーは非常に火力が高いポケモンですので、むしタイプの技で2重弱点を突いて速攻で倒す攻略法がおすすめです。 特にハッサムは、ナッシーの技すべてに耐性があるため、最もおすすめの1体になります。 技の回転も速いため、育っている個体であればシールドを温存しながらナッシーを倒せます。 ナッシーのくさ技に2重耐性があるため、防御面も安定します。 防御面にやや不安はありますが、育成コストを考慮すると初心者の方におすすめの1体になります。 ラプラス タイプ1 タイプ2 通常わざ スペシャル技 サメハダーは攻撃種族値が非常に高いですが、打たれ弱いポケモンのため速攻で倒してしまう戦法がおすすめです。 攻撃種族値が突出して高く、通常技のカウンターでもゴリゴリとサメハダーのHPを削ることができます。 合計種族値が高く覚える技も優秀なため、安定してサメハダーを倒すことができます。 DPSの高いハードプラントを使えるため、効率よくサメハダーにダメージを与えられます。 3匹目にシエラが出すポケモンの対策 ダーテング タイプ1 タイプ2 通常わざ スペシャル技 ダーテングは秀でた種族値はないポケモンですが、エネルギーを貯めやすい「バークアウト」とダメージ効率の良い「リーフブレード」の組み合わせには注意が必要です。 最低でもくさ技を半減できるポケモンを採用し、被ダメージを抑えましょう。 防御を下げることができるアシッドボムも強力で、長期戦になっても打ち勝つことができます。 技の回転率も高いため、手早くダーテングの処理が可能です。 種族値が高く、CPが高いノクタスでも安定した立ち回りができます。 ヘルガーは攻撃種族値が高いため、あく技とほのお技に耐性があるポケモンを選出しないと簡単に倒されてしまいます。 しかし、HPと防御は低いため高火力のかくとうタイプやじめんタイプで攻撃すれば打ち勝つことが可能です。 あく技を半減できませんが、技の組み合わせが優秀なのでヘルガーに打ち勝てます。 攻撃種族値も高いため、防御の低いヘルガーを手早く倒すことができます。 合計種族値が高いため、最も安定してヘルガーと戦えるポケモンであると言えます。 フーディン タイプ 通常わざ スペシャル技 フーディンの対策には、あくタイプのポケモンがおすすめです。 フーディンは耐久が貧弱なポケモンですので、高い火力を出せるあくタイプであれば手こずらずに倒すことができるでしょう。 スペシャル技はタイプ一致のあくのはどうよりも、不一致のシャドーボールの方が火力が出ます。 耐久も高いため、安定してフーディンを倒すことができます。 フーディンのスペシャル技に対して、れいとうパンチ以外に耐性がある点も評価できます。 関連リンク ロケット団の関連記事 シエラ対策 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の

【ポケモンGO】アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

クリフ カイロス対策

クリフ・対策は? 幹部クリフ、シエラ、アルロの使うが2月から更新していました。 依然と違ったを使ってくるようですが、どれほどのものか? 実際にクリフ・に対戦してやってみました。 実際クリフ戦やってきましたがその結果は?? 1体目が更新後は、等皆さんの反応では、結構強いとのことですが、実際に対戦してどれほど強くなっているかやってみました。 まだ未対戦の方のご参考になるでしょうか?• クリフ更新後のは? クリフ更新後は、1戦目が固定!2戦目は・ガラガラ・・のランダム!3戦目は変更なしの・・のランダムに更新されています。 実はこれ更新以前の編成をそのまま使っています。 適当!結構力任せですねぇ^^: また、更新前もこの編成でやってました。 のゲージ技「ばかぢから」にゲージを使わされてしまいました。 使って無かったら、即死だった? 狙い通りクリフの2枚目のシールドを使わすことができたので結果オーライってところでしょうか? 2番目 に対して2番目に! 事前リサーチせずでしたが、何とかでおしきることができましたが、最後のシールドを使わされ3番目のに対してはお互いノーガードで戦うことになりました。 ごり押し編成ですから、仕方ない! これで負けたら、再挑戦です! 3番目 クリフの3番目は こちらはメルメタルですが、地面に耐性が無い! ちょっと心配でしたが、発動が速いゲージ技「」の発動が速い! 効果抜群が取れなくても、数多く打ち込み力業でねじ伏せ勝利しました。 今回のクリフ・戦は力任せのごり押し戦法でしたので、参考になりませんのでご了承^^: お勧めの編成 1番目 1番目メルメタン 1番目は相手のシールドを使い切らすことを第一に考え手数を多く出せ尚且つ相手攻撃に耐えきれるメルメタンをお勧めします。 「でんきショック・」ゲージ技の発動が速く相手のシールドを使い切らすのにおすすめ。 技構成: でんきショック・ 2番目 の二重弱点を突くことができる草タイプで対策を取ろう。 くさタイプ技で最強クラスのを覚える「」がおすすめ。 技構成: つるのむち・ 3番目 の二重弱点であるこおりタイプで対策を取ろう。 こおりタイプ最強のがおすすめ。 「こなゆき」はエネルギー獲得効率(EPT)がよく、ゲージ技の「ゆきなだれ」を撃ちやすく、攻撃力も高いため、等倍以上にダメージを与えることができるでます。 技構成: こなゆき・ゆきなだれ スポンサーリンク ランキングに参加しています。 お手数ですが応援していただければ幸いです。 sin-jack-in-a-box.

次の

【ポケモンGO】アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

クリフ カイロス対策

クリフが1匹目に出してくる「ベトベター」は、どくタイプなので じめん技やエスパー技を駆使して弱点を突けば倒せます。 ベトベター戦でクリフにシールドを2回使わせると、2匹目と3匹目が戦いやすくなるため、 スペシャル技の回転率が高いポケモンを1匹目に出すのがおすすめです。 ベトベターのどく技を半減できるため、安定して攻略できます。 技の耐性も多く、2戦目、3戦目も戦い抜けるスペックを誇ります。 わざの回転率も高いため、ガブリアスとドリュウズの育成が終わっていない方におすすめです。 クリフが2匹目に出してくる「カイリキー」は、かくとうタイプなので ひこう、エスパー、フェアリー技で弱点を突くことができます。 ひこうタイプのポケモンを採用すれば、被ダメージを抑えられるため、育成済みのひこうポケモンがいる場合は優先して編成しましょう。 しかし、カイリキーがはがね技を使ってくる場合は使用を控えましょう。 カイリキーがはがね技を使ってくる場合は採用をしないように注意してください。 さらに、かくとう技に耐性を持っているので、被ダメージを減らすこともできます。 編成できるポケモンの幅が広いため、自分が育成したくさタイプのポケモンで挑みましょう。 レイドバトルでも活躍可能です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 ロズレイドやフシギバナを育成できない方はリーフィアを強化しましょう。 エレキブル タイプ 通常わざ スペシャルわざ クリフが2匹目に出してくる「エレキブル」は、でんきタイプなので、でんき技で弱点を突けます。 でんき技を無効にできるじめんタイプのポケモンを中心に採用することで、安定してエレキブルを倒すことができます。 高い攻撃種族値を生かして、じめん技でゴリ押しが可能です。 優秀な「マッドショット」を覚えるため、育成済みの方はぜひ編成してください。 弱点になるタイプは多いものの、 攻防一体のバンギラスは非常に厄介なので、かくとう技で一気に押し切るのがおすすめです。 育成済みのルカリオがいる場合は優先して編成しましょう。 アメの入手難易度は高いものの、育成して損をすることはないので、最低1匹は用意しておきましょう。 育成コストも低く、PvP用に1匹は育てておきたいポケモンの1匹です。 ラグラージの通常技が「マッドショット」の場合、スペシャル技が発動するまでの回転率が高くなるため、こちらはくさ技で一気にHPを削りきる方法が無難です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 フシギバナの方がPvP向きなので、育成優先度は低めになります。 フシギバナとジュカインはレガシー技持ちですが、リーフィアは恒常技しかないのも魅力と言えます。 ドダイトスは攻撃種族値が高くないため、耐性持ちのポケモンを採用することで安定して勝つことができます。 育成済みのヒードランであれば問題なく倒しきれます。 ほのお技でゴリ押しが可能なので、 最低1匹は育成して損はないポケモンです。 タイプ一致でこおり技を出せる希少なポケモンなので、余裕があれば育成しておきましょう。 関連記事 ロケット団の関連記事 クリフ対策.

次の