石田 純一 病状。 石田純一なぜ非難?内容は?その後の容体判明!どうなった?新型コロナ|話題の口コミ福めぐり

コロナ感染の石田純一、病状悪化…関係者「集中治療室の一歩手前」

石田 純一 病状

石田さんは同番組で木曜日のコメンテーターを担当しており、濃厚接触の疑いがある番組キャスターの斉藤一美さん、サブキャスターの永野景子さんは自宅待機となった。 電話インタビューに答えた石田さんは、担当医などに感謝を述べた上で、 「普段から野菜とか食べ物には気をつけて、お肉も食べて、運動してと思ってましたけど、それでも... すみません。 ご迷惑をおかけすることになってしまいました」と謝罪。 「こればかりはどうなるかわかりませんが、先生は絶対治してみせるからと仰ってくださいまして、ありがたいです」とコメントした。 番組リスナーや、ネット上には、石田さんの回復を願う声が寄せられている。 石田さんの電話インタビューの内容は以下の通り。 (熱は)高めで、今は38. 8度とか、そんな感じです。 あとでお医者さんの説明を受けまして、残念ながら陽性だということで、これは大変なことだぞと...。 我々が思った以上に、自分では元気だと思っても、一旦風邪とかウイルスにかかると、やっぱり歳なんですよね。 だからあっという間にボロが出てきちゃうような。 普段から野菜とか食べ物には気をつけて、お肉も食べて、運動してと思ってましたけど、それでも... すみません。 ご迷惑をおかけすることになってしまいました。 急に悪化することもあると言われているので、こればかりはどうなるかわかりませんが、先生は絶対治してみせるからと仰ってくださいまして、ありがたいです。 みなさん、どうぞ油断せずに...。 油断してかかるとかそういうものではないですけど、やっぱり気をつけて、気をつけて。 それでもなおかつ、もう一回気をつけて。 一緒に乗り切れたらいいなと思います。 またお会いできたらいいなと思います。

次の

石田純一のコロナ感染経路や病状は?入院先病院と沖縄宿泊ホテルも!

石田 純一 病状

石田さんは同番組で木曜日のコメンテーターを担当しており、濃厚接触の疑いがある番組キャスターの斉藤一美さん、サブキャスターの永野景子さんは自宅待機となった。 電話インタビューに答えた石田さんは、担当医などに感謝を述べた上で、 「普段から野菜とか食べ物には気をつけて、お肉も食べて、運動してと思ってましたけど、それでも... すみません。 ご迷惑をおかけすることになってしまいました」と謝罪。 「こればかりはどうなるかわかりませんが、先生は絶対治してみせるからと仰ってくださいまして、ありがたいです」とコメントした。 番組リスナーや、ネット上には、石田さんの回復を願う声が寄せられている。 石田さんの電話インタビューの内容は以下の通り。 (熱は)高めで、今は38. 8度とか、そんな感じです。 あとでお医者さんの説明を受けまして、残念ながら陽性だということで、これは大変なことだぞと...。 我々が思った以上に、自分では元気だと思っても、一旦風邪とかウイルスにかかると、やっぱり歳なんですよね。 だからあっという間にボロが出てきちゃうような。 普段から野菜とか食べ物には気をつけて、お肉も食べて、運動してと思ってましたけど、それでも... すみません。 ご迷惑をおかけすることになってしまいました。 急に悪化することもあると言われているので、こればかりはどうなるかわかりませんが、先生は絶対治してみせるからと仰ってくださいまして、ありがたいです。 みなさん、どうぞ油断せずに...。 油断してかかるとかそういうものではないですけど、やっぱり気をつけて、気をつけて。 それでもなおかつ、もう一回気をつけて。 一緒に乗り切れたらいいなと思います。 またお会いできたらいいなと思います。

次の

石田純一が病状語る、ラジオ出演で沖縄出張を謝罪

石田 純一 病状

新型コロナウイルスに感染し、入院中の俳優・石田純一(66)が23日、木曜レギュラーを務める文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜、後3・30)に出演。 入院中である都内の病院から現在の病状を語った。 この日流された音声は22日に病室で録音されたもの。 16日放送に続いて2週連続で録音出演した。 石田は治療にアビガンを使用したことを一部メディアに語っていたが「一刻の猶予もない」状態だったことを明かした。 石田は番組のチーフプロデューサーの電話に答える形でコメント。 体調について、今は平熱に戻ったものの、肺炎の状態は続いていることから入院しているとした。 治療で使用したのが、脚本家の宮藤官九郎氏も使ったというアビガン。 「実は沖縄から帰ってきた次の日の朝に初めて平熱を超えた。 これはまずいってことで、4月15日には完全にこりゃだめだと。 8度8分とかになりまして即入院」という状態に。 検査をしたところ陽性反応がでたことから「一刻の猶予もないので、アビガンでという話をいただきまして、1回2回は大量投与だったんですね。 呼吸も弱くなってきたもんですから、いろんな意味で猶予ないということで」と大量のアビガンを服用したことも明かした。 アビガン投与のかいもあり「おかげさまでアビガン効いて。 その後、本当に悪くなることもなく、急激に、劇的に回復はしてませんが、悪くなることもなく小康状態、4日間ぐらいで平熱ぐらいまで来ました」と語った。 熱も下がり、目立った症状はないというが、肺炎の症状がまだ残っていることから、声はまだまだ弱々しかった。

次の