アンソニー ファ ウチ。 アンソニー・ファウチ博士、自身を演じたブラッド・ピットを「素晴らしい」と絶賛

アンソニー・ファウチとは

アンソニー ファ ウチ

就任 1984年11月2日 大統領 前任者 リチャード・クラウス () 個人情報 生誕 Anthony Stephen Fauci 1940-12-24 (79歳) 配偶者 クリスティン・グレイディ m. 1985 子供 3人 教育 受賞 Maxwell Finland Award 1989 Ernst Jung Prize 1995 2007 2008 ゴールドメダル, 2013 科学者経歴 研究分野 研究機関 , テンプレートを表示 アンソニー・スティーヴン・ファウチ(Anthony Stephen Fauci; 発音: 、 - )は、の医師、免疫学者。 1984年から(NIAID)所長。 HIV の研究で金メダル(2013年)受賞。 アメリカ合衆国の政権6代に渡ってに関係の助言をし 、 大統領エイズ救済緊急計画 ()の策定において中心的役割を果たした。 2020年1月からは、に対処するホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーの一人として活躍している。 (NIH)の医師として、50年以上にわたり様々な立場から公衆衛生に貢献してきた。 科学者として、またNIHのNIAIDの責任者として、研究やその他免疫不全の研究に貢献してきた。 ニューヨーク・タイムズ紙はファウチを「感染症に関する米国の第一人者」と呼んだ。 アンソニー・ファウシ 、 アンソニー・フォーシ とも。 グレタ・ヴァン・サステレン によるファウチのインタビュー動画(38分18秒)。 2018年。 1940年12月24日、で、薬局を営むスティーブン・A・ファウチ Stephen・A・Fauci とユージニア・A・ファウチ Eugenia・A・Fauci の間に生まれた。 父親はで、母と妹はレジ係、ファウチは処方箋の配達をしていた。 父方の祖父母、アントニーノ Antonino Fauci とカロジェラ Calogera Guardino は、イタリア・島の出身である。 母方の祖母、ラファエラ・トレマテラ Raffaella Trematerra は生まれの仕立屋、母方の祖父、ジョヴァンニ・アビス Giovanni Abys はスイス生まれの芸術家で、風景画や肖像画、雑誌の挿絵(イタリア)、オリーブオイル缶などの商業ラベルデザインをしていた。 ファウチの祖父母・曾祖父母らは19世紀後半にアメリカに移住した移民であり、ファウチはカトリック教徒の家庭で育てられた。 1958年にニューヨークのレジス高校 を卒業後、ホーリークロス大学 () に入学し、1962年にの学士号を取得した。 その後、医学部(現)に進学し、1966年に首席で医学博士号を取得して卒業した。 その後、ニューヨーク・ホスピタル・コーネル・メディカル・医療センターでインターンとレジデント研修を修了した。 経歴 [編集 ] 職歴についてのインタビュー動画(4分)。 2020年。 1968年、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)・臨床調査研究所(LCI)の臨床アソシエイトとして国立衛生研究所に入所した。 1974年にLCI臨床生理学課長に就任し、1980年に免疫調節研究所長に就任。 1984年にはNIAIDの所長に就任し、以後2020年現在も同職を務め 、感染症および免疫介在性疾患に関する基礎研究および応用研究の広範な研究ポートフォリオを担当している 上位組織である国立衛生研究所(NIH)の幹部となるオファーを断てNIAIDに留まり、HIV、、、、、 SARS-CoV-2 等、ウイルス性疾患に対処するために米国の最前線にあり続けている。 2000年代初め、米大統領エイズ救済緊急計画()の策定に重要な役割を果たした。 また後のバイオテロ防御薬とワクチンの開発を推進した。 ファウチは、ヒトの免疫応答制御の理解に貢献する重要な科学的観察を行い、が免疫応答に適応するメカニズムを明らかにしたことで知られ、、、 リンパ腫様肉芽腫症 ()など、かつては致命的とされた疾患の治療法を開発した。 1985年Stanford University Arthritis Center Survey of the American Rheumatism Associationのメンバーは、ファウチの結節性多発性動脈炎および多発血管炎性肉芽腫症の治療に関する研究を、過去20年間の患者管理における最大の成果のひとつと評価した。 オバマ大統領と挨拶を交わすファウチ(2014年6月) ファウチの研究は、(HIV)がどのようにして生体防御を破壊し、その症状が(AIDS)にまで進行するかの解明に貢献するもので、内因性によるHIVの発現誘導のメカニズムを概説している。 また、HIV感染を予防するだけでなく、患者の治療と免疫の再構築のための戦略開発にも取り組んできた。 現在は、HIV感染の免疫原性メカニズムの性質とHIVに対する身体の免疫応答の範囲特定に取り組んでいる。 2003年、(Institute for Scientific Information)によって、1983年から2002年までの間、「科学雑誌に論文を発表した全世界・全分野の250万人から300万人の著者の中で、ファウチは13番目に多く引用された科学者であった」と紹介された。 エボラ出血熱に関する議会公聴会 [編集 ] 「」も参照 2014年10月16日、に関する米国議会の公聴会に国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長として出席したファウチは、数週間の間を行うことの重要性を訴えた上で 、NIAIDが試験を広範囲に行うために十分な量の治療薬やワクチンを生産するような状況に至るにはまだ距離があると証言した。 具体的には、ファウチは「NIAIDは、西アフリカで発生している公衆衛生上の緊急事態に対処するための世界的な取り組みに積極的に参加しているが、エボラウイルスへの感染をどのように治療し、予防することができるかを理解するには、まだ初期の段階にあることを認識することが重要である」と述べている。 ファウチはさらに公聴会で「安全性と有効性を高水準で保ちながら研究を加速させていくにあたり、過去エボラウイルスの発生を封じ込めるのに効果があった公衆衛生対策の実施や、水分や電解質の補給などの治療戦略の実施が、追加感染を防ぎ、すでに感染している人を治療し、医療従事者を保護し、最終的にこの流行を終わらせるために不可欠である」と述べた。 COVID-19 タスクフォース [編集 ] 2020年3月、ホワイトハウスでについて記者会見を行うファウチ ファウチは2020年1月下旬に新型コロナウイルスのパンデミックに対処するため大統領の下に設立された「ホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォース ()」のメンバーで 、新型コロナウイルス感染者の最終的なは、(WHO)が当初推定した2%よりも1%に近づく可能性が高く、季節性インフルエンザにおける率0. 1%の10倍程になると述べている。 米国の新型コロナウイルス・パンデミックにおいて、ホワイトハウスの「事実上の」公衆衛生であり 、「社会的距離(social distancing)」対策を強く提唱した。 また政府が当初発表した15日間の自粛指針を、少なくとも2020年4月末まで延長することを主張した 会員協会 [編集 ] 、、、 米国哲学協会 ()、 デンマーク王立科学・文学アカデミー ()の会員であるほか、米国臨床試験学会 ()、 米国感染症学会 ()、米国免疫学会など多数の専門学会の会員でもある。 また多くの科学雑誌において編集委員会のメンバーを務める他、『』をはじめ1,000以上の科学出版物の著者、共著者、編集者でもある。 家族 [編集 ] 患者の治療中に出会ったNIHの看護師クリスティン・グレイディ Christine Grady と1985年に結婚。 グレディはアメリカ国立衛生研究所臨床センター ()の生命倫理部門主任を務めている。 ジェニファー、ミーガン、アリソンの3人の娘がいる ]。 受賞歴 [編集 ] ホワイトハウスで大統領自由勲章を授与される(左)とファウチ。 2008年6月19日• 1979: Arthur S. Flemming Award• 1995: Ernst Jung Prize(Samuel A. Wells, Jr. との共同受賞)• 1996: Honorary Doctor of Science, (ヒト免疫応答の先駆的観察とエイズワクチン研究に対して)• 1999: Honorary Doctor of Public Service Degree, シッペンスバーグ大学 (). 2002:• 2003: American Academy of Achievement's Golden Plate Award• 2005:• 2005: American Association of Immunologists Lifetime Achievement Award• 2007:• 2008:• 2010:• 2013: ゴールドメダル• 2013: Prince Mahidol Award• 2016: ファウチは多くの医療センターで客員教授を務め、これまでに米国内外の大学から計30の名誉博士号を授与されている 主要論文 [編集 ]• Ann. Intern. Med. 84 3 : 304—15. March 1976. Ann. Intern. Med. 89 5 Pt 1 : 660—76. November 1978. Ann. Intern. Med. 98 1 : 76—85. January 1983. Fauci AS; Macher AM; Longo DL; et al. January 1984. Ann. Intern. Med. 100 1 : 92—106. Fauci AS February 1988. Science 239 4840 : 617—22. N Engl J Med 328 5 : 327—35. Feb 1993. Nature 384 6609 : 529-534. 12 December 1996. Nature 430 6996 : 242—49. Jul 2004. N Engl J Med 359 9 : 888—90. Aug 2008. Fauci AS, Braunwald E, Kasper DL, Hauser SL, Longo DL, Jameson JL, Loscalzo J, eds. New York: McGraw-Hill Medical, 2008. 978-0-07-159991-7 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• Bloomberg. com. 2020年4月2日閲覧。 時事通信 2020年3月28日• www. niaid. nih. gov. 2020年4月2日閲覧。 www. robert-koch-stiftung. 2020年4月2日閲覧。 www. jsvetsci. 2020年4月2日閲覧。 MITテクノロジーレビュー. 2020年4月2日閲覧。 www. afpbb. com. 2020年4月2日閲覧。 現代外国人名録2016. コトバンク. 2020年4月2日閲覧。 1 October 2007. Journal of Clinical Investigation 117 10 : 3131—3135. NIH 1989年3月7日. 2016年4月9日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 history. nih. gov. 2020年4月3日閲覧。 NIAID. 2007年10月30日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 HHS News 1984年11月2日. 2020年3月13日閲覧。 Grady, Denise 2020年3月8日. The New York Times New York: New York Times Company. Varmus, Harold 1 December 2013. Bernard Wysocki Jr for The Wall Street Journal. December 6, 2005• Holy Cross Magazine Retrieved on May 30, 2007• American Association for Clinical Chemistry. 2018年1月2日時点のよりアーカイブ。 2020年3月30日閲覧。 Associated Press. 6 October 2014. Retrieved 16 October 2014. — Ebola crisis live updates. The Guardian. Retrieved 16 October 2014. Santucci, Jeanine 2020年2月27日. USA Today. 2020年3月15日閲覧。 Cohen, Jon 2020年3月22日. Science Magazine. 2020年3月22日閲覧。 Higgins-Dunn, Noah; Lovelace, Berkely, Jr. , , , March 11, 2020. McCormack, John, , National Review, March 14, 2020. The New York Times 2020年3月23日. 2020年3月24日閲覧。 Smith, Virginia K.. MarketWatch. 2020年3月30日閲覧。 Time. 2020年3月30日閲覧。 Retrieved May 30, 2007• Laviola, Erin 2020年3月13日. Heavy. com. 2020年3月13日閲覧。 Jung Foundation for Science and Research. 2016年11月4日閲覧。 2020年4月3日閲覧。 achievement. org. American Academy of Achievement. 2020年4月3日閲覧。 The American Association of Immunologists. 2018年9月19日閲覧。 Altman, Lawrence K. 2007年9月16日. The New York Times. 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 Nicholas, Peter, , The Atlantic, 22 March 2020. Interview with Fauci. listed on.

次の

ファウチ氏警告、尚早な活動再開は事態「後退」させる-上院証言

アンソニー ファ ウチ

感染症の専門家として国際的に高い評価を得ているファウチ氏は、12日の米上院公聴会で、性急なロックダウン解除は「非常に深刻な」結果をもたらしかねないと証言。 「制御不可能な流行を引き起こす真のリスクがある」と警告していた。 しかし、この発言についてトランプ氏は「受け入れられない」とホワイトハウスで記者団に明言。 「われわれは封鎖を解除していく。 国民も解除を求めている。 学校は再開される」と述べた。 トランプ氏はさらに、14日放送予定のビジネスニュース専門局フォックス・ビジネス()のインタビューで、「アンソニーは良い人間だ。 とても良い人間だが、彼に賛同はできない」「学校は再開しなければならないと思う」と語っている。 「われわれは米国を再開しなければならない。 安全に再開したいが、同時にできるだけ早く再開したい。 このような状況を継続するわけにはいかない。 街中ではすでに大混乱が起きている」とトランプ氏は主張。 「学校に関しては、彼(ファウチ氏)に全く同意しない」と付け加えた。 c AFP.

次の

www.realshoppee.com : 米感染症研究の第一人者、トランプ氏の誤認発言「防げず」

アンソニー ファ ウチ

(英語版権エージェント) 「アメリカ本音通信」 【まとめ】 ・ NIAIDファウチ医師はその正確な発言と風体で人気。 ・ファウチ医師はトランプ大統領の発言を一蹴することも。 ・トランプ氏はファウチ氏を 下院議会には出席させず。 1984年以来、 米アレルギー・感染症研究所( NIAID )の所長を務めてきたアンソニー・ファウチ医師は、7年前にエイズを発症させるHIVの研究の功労者としてコッホ賞を受賞したりと、6代にわたって大統領政権に感染症関連の助言をしてきた科学者だが、新型コロナウィルス発生以前はアメリカで一般市民に知られているような存在ではなかった。 その親しみのある穏やかな口調ながら、 難解なウィルス感染の科学的見解から、医療現場の厳しい状況まで、包み隠さす正確に伝えてくれる気の優しい親戚のおじいちゃん、という風体で今やすっかりアメリカのお茶の間でもファンが多い人物だ。 特に、感染者数・死者数が全米最悪となったニューヨークでは、ブルックリンで生まれ育ったファウチは人気がある。 最初はドナルド・トランプ大統領も「私にはこんなに疫病学に精通したスタッフがいるんだ」とばかりに自慢げに記者会見でファウチ所長を傍らに侍らせ、自由に発言させていた。 だが、ソーシャル・ディスタンシング政策が発令され、再選に向けて支持者を大勢集めたラリーができなくなったトランプは毎日のように行われる記者会見でもスタッフからまず賛辞を贈られ、自分がいちばんの人気者VIPでないとガマンがならないようだ。 ファウチは一貫して、全米で PCR 検査数をもっと本格的に増やさなければいけない、まだまだ足りていないと言ってきた。 これに対しトランプは、アメリカでは世界のどこよりもテスト数が多い(うそ)だの、検査を受けたい者は誰でも受けることができる(うそ)だの、あるいはそんなにテストは必要ないと、コロコロと発言を変えてきた。 トランプが3月末に記者会見の壇上でお得意の陰謀論に言及し、 国務省のことを「」と呼んだときは、さすがにそれを横で聞いていたファウチも笑いをこらえ、手で顔を覆い隠すようにした映像がインターネットで話題になったが、ファウチは4月半ばまでは対策チームの一員として、毎日のようにトランプとともに記者会見に臨んでいた。 時には記者からの質疑応答内容が、数分前にトランプが発言した内容と異なることさえあった。 さらにトランプが自らの無知を晒したのが、媒介物に付着したCovid-19は消毒液や日光ではやく殺菌できると聞いた後で、「じゃあ漂白剤や紫外線の体内照射で治療できるんじゃないか?そういう研究はやっているのか?」とスタッフに話題を振ったが、このあまりにも頓珍漢な治療法についてのアイディアを振られたのは、科学的根拠のない事柄に関してははっきりトランプにもそういうファウチではなく、ペンス副大統領直属のデボラ・バークス調整官だった。 彼女はようやく「治療法ではなく…」と答えるのがせいいっぱいだった。 この直後に全米の医療機関や薬品メーカー、フォックス局以外のマスコミが一斉に「危険なので消毒液を飲まないように」と国民に呼びかけたのは言うまでもない。 トランプは後に「あれは皮肉だった」と言い繕っているが。 現在、 米国会ではコロナ感染対策の現状を把握し、さらなる経済対策を講じるためにも疫病対策の専門家を呼んで意見を聞く諮問委員会を開く予定になっている。 もちろん、ホワイトハウスの対コロナウィルス感染タスクフォースのメンバーは全員、召喚リストに入っている。 だがトランプはファウチを、上院議会(与党の共和党が過半数)で1回だけ証言させるのはOKだが、下院議会(野党の民主党が過半数、実際の立法に関する議論はここでなされる)には出させない、と主張している。 自分に都合の悪い科学的な事実を喋られると困るからだろう。 一旦解散させたタスクフォースも、それが批判されると即座に翻して再結成させている。 トップ写真:アンソニー・ファウチ医師 出典:.

次の