初盆 お布施 相場。 初盆と一周忌はどちらが大事?同時にする時のお布施や香典は?

初盆・新盆】服装・香典・お布施・金額・迎え方・お供え・見舞い・浄土真宗

初盆 お布施 相場

東京・大阪の通夜、葬儀・告別式のお布施目安 東京近郊のお布施:およそ20万円~35万円 大阪近郊のお布施:およそ20万円前後 お布施の費用は、約15万円~50万円といった範囲が多いようです。 参考に聞けばいいでしょう。 ただし、お布施は地域や各お寺の考え方、お寺との付き合いの深さによっても変わるものです。 お布施の価値は人それぞれ異なるため、自分が包める金額で相談してみるといいでしょう。 もっと調べる: 戒名の位とお布施の金額 昨今の葬儀 通夜・告別式 で僧侶に包むお布施には戒名を授けていただくことも含まれていることが多いです。 戒名は生前、長きに渡ってお寺や地域に貢献した故人に、包まれる費用関係なく授けられるのならわしでしたが、現在では、葬儀社または僧侶自ら用意した「お布施の目安表」といったものが出回り、位の高い戒名を高額な金銭と引き換えに授けていただける状態になってしまっています。 戒名には位があり、宗派によって微妙に異なります。 下記で宗派別で位が高い順に表記します。 尚、は宗派の考え方が他宗派と異なるため、戒名ではなく ほうみょう と言います。 浄土宗、真言宗、天台宗、曹洞宗、臨済宗の戒名の位 法要のお布施目安 法要のお布施:5,000円~1万円程度 四十九日法要のお布施:3万円~5万円程度 一周忌法要のお布施 :3万円~5万円程度 三回忌以降のお布施 :1万円~5万円程度 では僧侶に読経をあげてもらい、供養してもらったお礼も込めてお布施を渡すことが多いです。 四十九日法要や一周忌など、特に重要とされている法事法要のお布施は、祥月命日の法要などのお布施よりも気持ち多めにを包むことがあります。 また、お寺の本堂ではなく、法要のために式場や自宅にお寺を呼ぶ場合、お布施とは別に、お車代 5,000円~1万円 を渡すこともあります。 もっと調べる: 納骨時のお布施の金額とは やにをする、 納骨法要・納骨式のときには、お布施は1万円~5万円くらいといわれています。 お墓や納骨堂にお骨を納骨する時には、僧侶に読経をしてもらい、供養します。 また、 魂入れ と合わせてをすることが多いです。 詳しく調べる: お墓を改葬する時のお布施の相場とは 2014. 18 2019. 29 2013. 5 2019. 9 2014. 28 2017. クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 敬食ライター ライター・レポーター• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

初盆のお布施の金額相場と渡し方

初盆 お布施 相場

葬儀でのお布施金額相場 全国平均 47万円 北海道 33万円 東北 60万円 関東A(千葉・群馬・茨城・栃木) 54万円 関東B(東京・神奈川・埼玉) 50万円 中部A(新潟・富山・石川・福井) 42万円 中部B(愛知・静岡・岐阜・長野・山梨) 65万円 近畿 46万円 中国 42万円 四国 39万円 九州 29万円 最も安くて九州の29万円、最も高くて中部Bの65万円で、地域によって2倍以上の差があります。 お布施の相場は明確に決まっておらず、地域や寺院によっても相場が異なります。 判断に困った場合は、ご親戚や葬儀担当者へ相談するのも良いでしょう。 また、仏教では亡くなったあとに名前を付けてもらい、これを戒名 かいみょう といいます。 戒名料や戒名のランクについての詳しい記事がありますのでご覧ください。 ご不安がある方に知っていただきたい、お布施金額を大幅に抑えられる方法があります。 「小さなお葬式」では、定額のお布施で僧侶を手配する、葬儀の「寺院手配」サービスを、日本全国でご提供しております。 葬儀のお布施相場は全国平均47万円とお伝えしましたが、 6万円~お勤めいただけます。 さらに、このお布施金額には、一般的な戒名である「信士、信女、釋、釋尼」の戒名授与料も含まれています。 お付き合いのある菩提寺がない方は、 定額・低価格のお布施でお勤めいただける「寺院手配」をご検討ください。 「小さなお葬式」でお勤めいただく僧侶は、全員が僧侶の資格である僧籍簿(そうせきぼ)の登録がある方ですので、安心してご依頼いただけます。 読経料 経を読んでもらうことに対する僧侶への謝礼です。 お布施は謝礼であるため、実際にはこの言葉は使いません。 これは戒名料についても同じです。 葬儀では基本的に通夜式から火葬まで同じ僧侶が読経を行うので、一連の読経のお礼として包みます。 戒名料 戒名を授けてもらったことに対する謝礼です。 宗派やランク、依頼する寺院によって金額が異なります。 お車代 僧侶が移動するのにかかった交通費です。 電車やタクシーを利用した場合は実費が支払われることもあります。 遠方から招いて宿泊が必要であれば、宿泊費も含める場合もあります。 御膳料 僧侶が会食に参加しない場合に渡す食事代です。 僧侶が会食に参加する場合は必要ありません。 上記記事でご紹介した小さなお葬式の「寺院手配」サービスのお布施には、 お布施にかかわるすべての費用が含まれているため、個別にお布施をご用意いただく必要はありません。 定額で安心して利用できると多くの方に選ばれています。 法事・法要のお布施は3万~5万円程度 法事・法要でのお布施の相場は、3万~5万円程度で、それとは別にお車代を5千~1万円程度お渡しするのが一般的です。 地域差はあまりなく、金額は寺院との付き合いによって変わってきます。 納骨のお布施は1~5万円程度 遺骨をお墓に納骨する納骨式でも、僧侶に読経を依頼するため、お布施が必要になります。 このとき、仏式の場合の相場は3~5万円程度です。 しかしこれは一般例で、檀家になっているなどお寺との関係によっては、それ以上に支払う場合もあります。 また新しくお墓を建てる開眼法要、回忌法要を一緒に行う場合にも、別途お布施が必要です。 このとき別に支払うお布施の相場は2~3万円ほどとなっています。 宗教による違いもありますが、神式の場合は仏式と変わりません。 キリスト教の場合は相場が1~5万円ほどになります。 いずれも不安な場合、お寺などに直接訪ねておくと良いでしょう。 そう頻繁にある機会でもないので、わからないと正直に伝えるのも恥ずかしいことではありません。 失礼のないように入念に準備しておくことこそ、先方と良い関係を築く上で大切なことです。 お布施を渡す際のマナー お布施は、 僧侶にお勤めをしていただいた感謝を表したものです。 適切な金額さえ渡していれば良いということはなく、渡す際にもマナーがあります。 お布施の意義をしっかり念頭に置き、ここでも先方に対して失礼のない振る舞いを心掛けましょう。 以下より詳しく解説していきます。 不祝儀袋の選び方 お布施は香典などとは違い不祝儀ではないので、 不祝儀袋を使わなければいけない決まりはありません。 用意できない場合は、無地の白封筒でも問題ないでしょう。 ただし、このとき郵便番号欄が印刷されているものは使わないようにしましょう。 「間に合わせで用意したんだな」と相手に伝わってしまってはいけません。 あらかじめ「お布施」と印刷されたものも市販されているので、そういったものを使えば間違いはありません。 また、蓮の模様が入った不祝儀袋は仏式だけのものなので注意してください。 そしてキリスト教の場合、不祝儀袋は使わず、無地の白封筒が一般的になります。 お布施の包み方 お布施は半紙で中包みをし、その上から奉書紙で上包みをするのが、最も上品な包み方とされています。 丁寧さが伝わるため、感謝の気持ちが込められたお布施の意味をよくとらえた包み方といえます。 しかし前述したように、白封筒でも問題はありません。 ただし、 袋が二重になっている封筒を使うのは避けてください。 封筒を二重にすることは「不幸が重なる」という意味になるとされ、 縁起が悪いのです。 しかし、奉書紙を使って上包みをする、正式な場合の中袋の使用は問題ありません。 また、お布施は香典などとは異なるので、基本的には水引きは使いません。 ただし、地域差のある部分なので、その地域の風習を事前に確認しておく必要があります。 水引きを用いる場合、関東では白黒か双銀、関西では白と黄色のものを使うことが多いです。 お布施の表書きの書き方 表書きは「お布施」・「御礼」などが一般的です。 「読経料」などとしても良いですが、お勤めへの感謝を表すことを考えると、前者のほうが適切だといえます。 書き終えたら、下半分に施主の名前を書いてください。 神式やキリスト教では、「お布施」とはいわないので、「御礼」としておくのが無難でしょう。 牧師や神父ではなく、教会にお布施を宛てる場合は「献金」・「ミサ御礼」などとなります。 また、香典は薄墨で書くのがマナーとされていますが、お布施は宗教に関係なく、黒い墨で表書きをします。 薄墨で書くのが不幸を悼む気持ちを表していることを考えれば、お布施には当てはまらないこともわかるでしょう。 渡すタイミングや渡し方 お布施を渡すタイミングは、僧侶が法要の後の会食に参加されるかどうかでも変わってきます。 会食に参加される場合は、会食の席にて「お車代」と合わせてお渡しします。 会食を辞退されるようであれば、法要が終わったときに「お車代」「お布施」に「御膳料」を添えてお渡ししてください。 なお、このとき返礼品なども一緒に渡しましょう。 渡し方は、お盆に載せて僧侶の側まで運び、改めて持ち直して手渡すのがマナーです。 このとき 袋を直接持っていき手渡すのは、失礼に当たります。 お盆が用意できない場合は、袱紗(ふくさ)に包んで僧侶の側までお持ちするようにしましょう。 側までお持ちしたら袱紗から取り出し、一度袱紗の上に置いてください。 そして右回りで表書きが僧侶の正面になるように回してからお渡しするのがマナーです。 葬儀費用やお布施に詳しくなる方法 葬儀費用は項目が細分化され、お布施の相場が分かりにくい面があります。 そのため、全体を把握しようとすると混乱してしまう方もいるのではないでしょうか。 葬儀には死亡通知から通夜、通夜振る舞い、告別式、出棺、火葬、精進落としといった過程ごとに費用がかかるため、葬儀後の法要まで考えるとなにかとお金が必要です。 そこで、ここでは複雑な葬儀費用やお布施に関して詳しくなれる方法を紹介します。 葬儀に関する本 葬儀費用やお布施について理解を深めるには、 葬儀に関して詳しくまとめた本を読んで勉強することが大事です。 ウェブの記事は部分的な説明が多い傾向にあり、ピンポイントの情報収集としてはよくても、全体の把握に不安が残るかもしれません。 その点、書籍では一般論としてのルールやマナーだけではなく、なかなか公にされることがない葬儀社や僧侶の立場から見た葬儀やお布施のあり方を学ぶことができます。 YouTubeでアップされている動画 YouTubeで公開されている 葬儀に関する動画から、お布施について勉強する方法もあります。 映像と音声を交えて説明を受けることで、文章だけでは判断しにくいディテールを、短時間で把握できるところがメリットです。 特に、お布施を渡す際の挨拶やマナーは、文章より動画の方が分かりやすいという人も多いでしょう。 実際に当事者となったときのことをイメージして、動画を真似て練習することもできます。 参考: Yahoo! 知恵袋 Yahoo! 知恵袋で葬儀に関するさまざまなケースを読んだり、自分で質問して疑問を解決したりするのもひとつの選択肢です。 葬儀費用やお布施に関する一般的な疑問は既出であることが多いため、まずは 質問内容に類似したものを探してみることをおすすめします。 ただし、回答者は葬儀の専門家とは限らないため、ベストアンサーに選出された回答は、 素人の経験則や類推による可能性があることも留意しましょう。 お布施に関するセミナー 終活や相続をテーマとしたセミナーに参加し、お布施を含めて葬儀に関して勉強するのもひとつの選択肢です。 終活セミナーではお布施のほかにも資産整理や相続財産など、お金にまつわるさまざまな話題が講演されているため、 気になるポイントは専門家に直接質問できます。 一般的な講演型のセミナーのほかに、葬儀を疑似体験できる体験型イベントを盛り込んだセミナーもあるので、 葬儀を総合的に学ぶにはうってつけです。 弁護士や司法書士に相談 葬儀には遺産相続や税金の問題などが絡み、法律に則った専門的な知識と判断も必要となります。 そのため、 葬儀に詳しい弁護士や司法書士に相談することが大事です。 弁護士は遺言や遺産相続のトラブルを含め、裁判まで見越した法律行為全般を一任できます。 一方、司法書士は法律が絡む書類作成や法務手続きのプロです。 相続人間で揉め事がなく、仲裁や調停を必要としないなら、司法書士に相談して手続きを進めていけば十分でしょう。 信頼できる葬儀業者に相談 弁護士や司法書士は法律のプロではあっても、全員が葬儀関係の手続きが得意とは限りません。 この点、葬儀社は葬儀全般についてのノウハウを蓄積した葬儀のプロであり、相談しても費用を別途請求されることはありません。 葬儀を執り行うには、数ある葬儀社のなかから一社を選ぶことになります。 ここで、 親身になって対応してくれる信頼できる葬儀社を見つけることが重要です。 『』は日本全国の遺族に選ばれ、業界No. 1の実績を誇ります。 多くの葬儀を手掛け、遺族との信頼関係を築いてきたからこそ、さまざまな面でアドバイスやサポートを受けられる体制が整っています。 葬儀費用やお布施を払う上で知っておきたい領収書 葬儀にかかる費用は、葬儀社に支払う 葬儀料金と僧侶に支払う お布施が大部分を占めます。 このような負担を少しでも軽減したいと考える方もいるのではないでしょうか。 一般的な葬儀は2日間行います。 葬儀を執り行うために必要な諸経費は、『相続税の控除対象』と認められます。 ただし、国税庁の審査を通すためには、控除の基準を満たしていることを証明する領収書が必要です。 お布施の内容をメモ書きすることも大事 僧侶が領収書を渡してくれない場合は、そもそもお金のやり取りにおける意識の違いがあるのかもしれません。 領収書の発行をお願いすることに対して気が引けるなら、 領収書に代わるメモ書きを残しておくことで、税法上は領収書と同様の扱いを受けることができます。 メモ書きに記載する必要事項は以下の通りです。 その理由は、 支払い情報を確認できるお布施は相続税についての控除対象になるからです。 この<葬式費用>には、葬式の経費として考えられるさまざまな費用が含まれます。 お布施もこの一部です。 お布施として支払った全額は相続税の控除対象となるため、 葬式費用に計上することで相続税額を抑えることができます。 葬儀費用の控除を受けるには葬儀費用を支払うことが必要 葬儀費用が控除対象として認められるには、主に3つの条件があります。 故人の遺産を継ぐ相続人のうち、 葬式費用と認められる支払いを行った者だけが葬式費用控除を受けることができるということを覚えておくとよいでしょう。 ただ、お布施に関しては、葬式費用にあたらない葬式後の法会は対象外となります。 確定申告できない点に注意 給与収入以外の収入源がある人や所得が非常に多い人は確定申告を行います。 これは所得税額を確定するための手続きです。 お布施は<相続税額>に関わる控除対象であるため、 確定申告とは無関係です。 つまり、白色申告でも青色申告でも控除の項目に葬式費用を含められません。 葬式費用は、相続に関わる故人の葬儀における<必要経費>として相続税の課税金額から控除される、と覚えておきましょう。 お布施以外にチェックしておきたい葬儀費用 葬儀費用の大部分は、 葬儀社に支払う葬儀料金と僧侶に支払うお布施です。 これらだけでも100万円を超えることも稀ではありません。 葬儀料金とお布施以外にも雑費がかかることがあります。 葬儀を行うために必要な交通費や宿泊費、また喪服代も葬式費用に計上できる場合があるため、きっちりと計算して領収書も取っておきましょう。 交通費 葬儀や法事に参加する際は、ガソリン代やタクシー代といった交通費がかかります。 これらも葬式費用として認められることがあるため、しっかりとチェックしておきましょう。 遠方から家族や親族を呼び寄せる場合の交通費や、僧侶に支払うお車代も計算に入れておくことが重要です。 親族の参加人数が多いほど、交通費を考慮しない場合のロスが大きくなるため注意しましょう。 宿泊費 葬儀や法事が自宅から遠方で執り行われることもあります。 この場合、 式場やお寺の近くに宿泊施設があるかどうか、宿泊費はいくらなのかチェックしておくことが大事です。 家族や親族を呼び寄せる場合、交通費とあわせて宿泊費を負担することも考えられます。 葬儀は2日間とはいえ、参列者の寝床の確保は必要です。 通夜を行う式場で寝泊まりするのか、宿泊施設を用意する必要があるのか、予算と照らして検討しましょう。 喪服代 予期しないタイミングで葬儀が執り行われることもあります。 参列に必要な喪服や数珠を持っていない場合、購入かレンタルか判断し、費用もチェックする必要があるでしょう。 これは自分用だけではなく、喪服を持たず急ぎで駆けつけてくれた親族がいた場合の配慮としても重要です。 いざというときに焦らないためにも、 喪服や数珠はあらかじめ一式揃え、近場の喪服レンタル店の情報をチェックしておくことをおすすめします。 まとめ お布施のマナーについて、袋の選び方から渡し方まで多岐に渡って触れてきました。 お布施の相場を把握しておくことはもちろん、失礼のないように、お布施のマナーについて理解しておくことも重要です。 お布施はあくまでも僧侶への感謝を伝えるためのもの考えておけば、それぞれのマナーも理解できるはずです。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

新盆・初盆【お布施の相場】浄土真宗、真言宗。書き方は?

初盆 お布施 相場

では、初盆におけるお布施の相場とはいったいどのようになっているのでしょうか。 実は、お布施の相場というものは、 明確には設定されていないのです。 お布施とは感謝の気持ちや故人の冥福を祈る気持ちを伝えるものですから、金額にすることが難しいのです。 そして、気持ちというあいまいなものが基準となっているため、お布施の相場は 地域やその場所の慣例によって異なります。 同じ宗派であっても、住んでいる場所によってお布施の金額が変動するのは、そのような理由があるからです。 そうはいっても、ある程度の目安となる相場が分からないと、気持ちを金額にしてお渡しすることができなくなってしまいます。 そこで「終活ねっと」では、初盆におけるお布施の参考相場を 宗派別にご紹介いたします。 ちなみに、お付き合いのあるお寺がある場合は、直接お布施の金額について尋ねたほうが確実でしょう。 僧侶の方々も答えにくい場合があるかも知れませんが、最近では明確に定義している寺院もあるようです。 曹洞宗 曹洞宗のお布施は 約1万円が相場です。 曹洞宗におけるお布施とは、亡くなった仏様のためにお経をあげて頂いた 僧侶に対するお礼という認識になります。 真言宗 真言宗では 約3万円~5万円が相場となっています。 真言宗におけるお布施とは、菩提寺の ご本尊へのお供え物という認識になります。 日蓮宗 日蓮宗の場合、 約1万円~3万円が相場になります。 日蓮宗におけるお布施とは、「お布施の大きさ=お経の功徳の大きさ」ではなく、「気持ちよく供養できた」という 心持ちが大切であると考えられています。 臨済宗 約1万円が相場です。 臨済宗におけるお布施とは、葬儀や法事法要の時に 僧侶へ渡す謝礼という認識になります。 浄土宗 約1万円~約3万円が相場となります。 浄土宗におけるお布施とは、「喜捨(きしゃ)」ともいわれ、お経をあげてもらったことに対して支払う料金ではなく、 亡くなった仏様への捧げものという認識になります。 また、亡くなった方への徳を積む機会とも考えられているようです。 浄土真宗 浄土真宗では 約3万円が相場になります。 浄土真宗におけるお布施は、 寺院や僧侶への報酬やお礼の意味を持っていないそうです。 相場のまとめ 一般的には約1万円~3万円の範囲で考えていれば良いでしょう。 大切なのは「僧侶への感謝の気持ち」や、「故人への等身大の気持ち」をお布施で表現しているということです。 お布施をお渡しする際にこの気持ちを忘れてはいけません。 お布施の書き方 さて、金額についてある程度の目安が分かりました。 続いては、お布施を渡すための準備に移ります。 お布施に用いるのし袋ですが、文房具店やコンビニエンスストアで売っている無地の白い封筒を使用しましょう。 前述のとおり、僧侶への感謝の気持ちを伝えるものなので、派手な封筒を用意する必要はありません。 封筒にお金を入れる際にも注意が必要です。 お札は表側を向けて、福沢諭吉が手前に来るように入れましょう。 正しい入れ方をすると封筒から取り出した時、すぐに福沢諭吉が見えるようになっています。 また、「不幸が重ならないように」という意味合いを込めて、 一重の封筒が好ましいとされています。 では、そのほか お布施の書き方について見ていきましょう。 表書き 表書きは 「お布施」や「御布施」で大丈夫です。 店によっては、すでに書かれているものも売っています。 正式なマナーからは外れますが、何も書かない無地のままの状態でお渡ししても問題ありません。 お布施の表書きについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。 名前の書き方は? 封筒の 裏面の左側に住所・施主の氏名をフルネームで書きます。 また、裏面の右側には金額を記入しますが、その際、金額の頭に「金」と書きましょう。 この時、 漢数字は旧字体を使用することが正式なマナーとされています。 例えば、3万円をお渡しする場合は「金参萬圓也」という書き方になります。 薄墨で書くの? 弔辞の場合は薄墨を使用しますが、 お布施の場合は普通の濃い墨を使用してください。 もしくは、市販されている筆ペンでも構いません。 なぜ薄墨を使わないのかというと、薄墨には突然の訃報で涙を流し「墨が涙で薄くなった」という逸話があるからです。 このことから、送り主から渡し手に 弔意を伝えたいときに薄墨を使用するといわれています。 お布施は謝礼の気持ちですので、薄墨は使用しないようにしましょう。 初盆のお布施の渡し方• 合同法要の場合 お寺で行われる合同法要の場合、入り口に受付が用意されています。 ですので、お寺に入る際にお布施を受付の方に渡しましょう。 法要が始まる前 自宅に僧侶を呼んで法要を行う場合は、法要が始まる前に僧侶に挨拶をすることと思います。 その際に、感謝の気持ちを言葉で伝えるとともに、お布施をお渡ししましょう。 法要を終えた後 自宅での法要の場合、法要前は慌ただしいことも多く、ゆっくり挨拶できないこともあるでしょう。 そのような時は法要を終えた後、お礼の挨拶とともにお布施を差し出すと良いでしょう。 お盆に乗せる お布施の渡し方ですが、直接手渡しをするのはマナー違反となります。 黒いお盆にのせて渡すのが一般的な作法とされています。 しかし、現代のご家庭で黒いお盆を用意できるかというと難しいでしょう。 お盆がない場合は、葬儀社さんに相談すると用意してくれることもあります。 ちなみに「切手盆」という、お布施を乗せるための専用のお盆もあります。 正確には、ご祝儀やお布施などをお渡しするときに使う、冠婚葬祭用の小さなお盆のことをいいます。 用意できるのであれば、 切手盆を使用するのが望ましいでしょう。 袱紗に包む お盆を用意するのが難しい場合は袱紗を使用しましょう。 袱紗の色は種類が多いですが、 紫色の袱紗を1つ用意しておけば、慶弔どちらにも使えるのでおすすめです。 また、最近の袱紗はケースタイプが主流となっているため、包み方で悩む必要のないケースタイプを用意するのが良いでしょう。 お布施の渡し方で注意したいことがもう1つあります。 それは、お布施を渡す時は僧侶から見て正面になるよう、 上下逆向きでお渡しすることです。 お盆に乗せる・袱紗に包むのどちらにもいえることですので気をつけましょう。 袱紗については以下の用語集にて詳しく解説しておりますので、合わせてお読みください。 お布施の他にも、初盆の際には僧侶にお渡しするものがあります。 それが お車代と御膳料です。 初盆法要の内容によっては、お渡しする必要がない場合もありますので、その意味合いをしっかりと理解しましょう。 お車代 初盆法要を寺院ではなく自宅で行った際に、 僧侶の交通費としてお渡しするものです。 寺院からの距離や移動手段によっても変わりますが、 5千円から2万円が相場といえるでしょう。 御膳料 初盆では、僧侶にお経を読んでもらった後、参列者と会食を行います。 しかし、僧侶の都合によっては会食に参加しないこともあります。 その際にお渡しするのが御膳料です。 簡単に言えば お食事代です。 こちらも会食の内容によって変動がありますが、相場は 5千円から1万円とされているようです。 お車代や御膳料の包み方 初盆法要のお車代や御膳料も、 白い封筒に包んでお渡しします。 表書きも濃い墨で、封筒の上段に「お車代」や「御膳料」と書いてください。 お布施と異なる部分は、住所や氏名、金額を書く必要がない点です。 どうしても書きたい場合は、裏面にお布施と同じように書きましょう。 金額は旧字体を使うことを忘れないように注意してください。 また、お車代と御膳料は2つとも支払うことが多いです。 その場合、表書きにお車代と御膳料を連記して 同じ封筒にまとめて入れても構いません。 御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 お布施とは、僧侶にお経をあげて頂いた感謝の気持ちとして金品を渡すこという お経をあげてもらった対価という意味ではないので注意する。 お布施の相場というものは、明確には設定されていない 宗派や地域によって考え方が異なるため多少の違いはあるが、一般的には約1万円~3万円の範囲となっている。 お布施は白い無地の封筒を使う 書く際は薄墨ではなく、濃い墨を使用する。 お布施を渡すタイミングは3つ 受付で渡すか、法要前後の挨拶のときに渡す。 お布施以外に、お車代と御膳料がある 僧侶がいらしたときと、会食を振る舞えなかったときにお渡しする。 初盆におけるお布施の相場は、金額としては明確な答えがないというのが現実です。 ですが、「心をこめて感謝の気持ちを伝える」ということはどんな宗派であれ重んじられ、大切にされていることです。 つまり、お布施に大切なのは、相場を見てからの金額ではなく、心が通じるかということです。 故人が亡くなってから初めての里帰り。 みなさんの初盆の一助としていただければ幸いです。 また、「終活ねっと」では法事法要に関する記事をこの他にも多数掲載しております。 初盆の法要での挨拶について知りたい方は、以下の記事をお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の