マ スティック 口臭。 【楽天市場】ゼネル薬工伊都 マスティック樹脂 口臭予防 歯周病を撃退 マスティクリア ゼネル薬品

マスティックおよびフルボ酸配合歯磨剤の歯周病症状に対する効果に関するランダム化比較対照試験

マ スティック 口臭

『ニオイが気になる時、どんな相手なら指摘しますか?』 DIMSDRIVEが行ったアンケートでは、次のような結果になりました。 友人:9.1% 同僚:3.2% 部下:2.7% 誰でも指摘しない: 27.8% 例え友人であっても、10人中9人は臭っていることを教えてはくれません。 人間の嗅覚は 「慣れ」ます。 自分の臭いには、自分では中々気づけないもの。 知らず知らずのうちに 「あの人臭い…」と思われていたら…? 年齢を重ねるほど、お口のアンチエイジングも必要になりますよね。 それは単に口臭の問題だけではなく、 歯周病、虫歯という重大な心配もあります。 将来、入れ歯になりたくなければ、何歳になっても美味しい食事を食べたいのであれば、歯周病対策は念入りにしておくに越したことはありません。 まず基本となるのは、毎日の歯磨き。 可能であれば、歯磨きは毎食後に行うべきと言われています。 しかし、普段から歯ブラシを持ち歩いて、食事の度にブラッシングするというのは中々大変なもの。 そこで、最近注目を集めているのが 『マスティック』という成分です。 このマスティックは、歯周病菌や虫歯菌への殺菌効果が非常に高く、食後にマスティックサプリを噛んでおくだけで、これらの菌の繁殖を強力に抑制し、虫歯、歯周病、口臭を予防できるとされています。 この『マスティック』の効果について、また人気のマスティックサプリである についてご紹介していきます! マスティックとは? マスティックは、ウルシ科に属する常緑樹で、この科目は多くの品種が存在しますが、中でもギリシャのキオス島に自生するマスティックには固有の治療特性が備わっています。 マスティックの幹に傷をつけると、その傷口から濃厚な樹液が溢れ出し、傷を塞いで癒やしていきます。 この樹液は「マスティックガム」とも呼ばれ、ガムのように噛めるほど濃厚なもの。 古代より、ギリシャでは食後にマスティックガムを噛む習慣があり、この地域の住人は世界的に見ても異常なほど虫歯や消化器系の疾患が少ない事が注目されていました。 1998年 英国の医学雑誌「New England Journal of Medicine」に掲載された論文により、 マスティックには胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因となる「ピロリ菌」に対して非常に強い殺菌作用があることが発見されました。 また、ピロリ菌は虫歯や歯周病の原因菌と特性が似ているため、 日本の研究でマスティックが虫歯や歯周病、それに伴う口臭に対しても高い予防効果がある事がわかったのです。 実験では、歯周病の原因となる「ジンジバリス菌」、虫歯の原因となる「ミュータンス菌」に対して、マスティックを投与すると、菌数がほぼ0に減少することが確認されています。 わずか5分でこれらの菌を全滅させるほど、マスティックは強力な殺菌作用を持っているのです。 出典: このため、口腔内の悪玉菌が生み出す口臭の予防にも、マスティックは効果的とされています。 マスティックは副作用の心配が少ない 強力な殺菌作用で歯周病や虫歯、口臭を予防するマスティックですが、そこまで殺菌作用が強いと副作用も心配になります。 そもそも口の中には 「口腔内フローラ」とも呼ばれる細菌が多数生息しており、これらは腸内フローラと同じように善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分かれています。 腸内細菌や皮膚常在菌と同じように、口腔内も善玉菌の存在によって健康が保たれており、抗生物質などで悪玉菌を殺菌しようとすると、善玉菌まで殺してしまい、却って菌バランスが崩れて症状が悪化する場合もあります。 しかし、マスティックの殺菌作用は口腔内の善玉菌には作用しないことが明らかになっています。 マスティックは、ジンジバリス菌やミュータンス菌のような悪玉菌のみを排除し、善玉菌を増殖させてくれるのです。 このため、5000年以上前からギリシャ人の口や胃腸の健康を守ってきたのです。 マスティックは古くから植物療法として使用されてきた歴史もあり、現在に至るまで副作用の報告はされていません。 ですが、サプリメントなどで摂取する際には必ず記載されている量を守ること大切です。 体質にあわない場合や、過剰摂取した際に考えられている副作用としては、 「消化不良、頭痛、吐き気、胃痛、下痢」などがあります。 また、植物成分であるため、「花粉過敏症」の方は摂取を控えるか、少量から試すことをお勧めします。 マスティックに対するアレルギー反応を起こすことも考えられます。 人気のマスティックサプリ『マスティックホワイト』 マスティックのサプリとして、日本サプリメントフーズが開発している という商品をご紹介します。 こちらは、現在マスティックサプリとして一番オススメできるサプリです。 歯周病・虫歯・口臭予防のためにマスティックを取り入れる場合、マスティック配合の「歯磨き粉」を探す方が非常に多いです。 確かに、毎日使う歯磨き粉にマスティックが入っていれば、歯周病や虫歯や口臭の予防には効果的でしょう。 しかし、筆者としてはマスティックの「サプリ」をオススメしています。 その理由は、、 ・歯磨きしなくてもサプリを噛むだけでケアできる ・歯ブラシが届かないスキマまで浸透する ・毎食後に歯磨きを出来なくてもサプリを噛むだけならできる これらのメリットがあるからです。 確かに、毎食後に歯磨きをできるなら文句なしです。 しかし、それは中々難しいという方も多いですよね。 それに、歯磨きでは、歯ブラシが届かない歯の隙間などがブラッシングできません。 そういったスキマにこそ、虫歯菌や歯周病菌が潜んでいるのです。 その点、マスティックサプリの『マスティックホワイト』は、カプセル内にマスティック樹脂が封入されており、そのカプセルを噛むことでマスティックのジェルが口全体に広がります。 このマスティックジェルが歯ブラシの届かない歯の隙間まで入り込み、そこに潜んでいる虫歯菌や歯周病菌を殺菌してくれるのです。 歯磨きが出来なくても、サプリを噛むだけならいつでも出来ますよね。 さらにこの『マスティックホワイト』には、虫歯菌の繁殖を防ぐ成分として代表的な 「キシリトール」 それに加えて、食後に気になる臭いを抑える 「ペパーミント」を合わせて配合しています。 爽やかなミントの香りで食事の臭いを消すだけでなく、殺菌効果によって口腔や胃腸の菌バランスを整え、そもそもの臭いの原因を抑える効果が期待できます。 口臭・歯周病・虫歯の予防に、毎食後の 『マスティックホワイト』は、本当におすすめできる対策法なんです! マスティックホワイトは一袋に120粒入りとなっています。 一日4粒で30日分。 朝食後・昼食後・夕食後・就寝前に一粒づつ噛めば、口腔ケアはバッチリですね。 夕食後から就寝前までの時間が短い場合は、寝起きすぐに一粒噛むのもオススメ。 ペパーミントの香りで眠気が覚めるので、快適な朝を迎えられますよ! マスティックホワイトのお得な買い方 マスティックホワイトを販売する日本サプリメントフーズは、健康食品などのオンライン販売で業績を伸ばしてきた会社です。 このため、マスティックホワイトについても店頭で売っているところはあまりなく、通販での購入が基本です。 この日本サプリメントフーズは楽天市場には出店していません。 よってマスティックホワイトは楽天市場では買えません。 Amazonでは販売していますが、マスティックホワイトは 単品価格7,884円という高額なサプリメントです。 2袋・3袋のまとめ買いなら一袋あたりは安くなりますが、それでもこの値段はキツいですよね。 Amazonではなく日本サプリメントフーズのオンラインショップでは、 お得な定期コースで購入することが出来ます。 公式の定期購入であれば、 一袋一か月分が4,900円という価格! 単品価格より2400円も安くなるので、かなりお得ですね。 「いきなり定期コースはハードルが高い」と思われるかも知れませんが、マスティックホワイトの 定期購入はいつでも解約可能です。 他の商品では「最低3回継続が条件」などの回数縛りがありますが、マスティックホワイトは回数縛りがないため、一回で解約しても大丈夫です。 このため「まずはお試し」のつもりでも、 Amazonで買うと2400円損になります。 マスティックホワイトの解約はメールか電話一本で簡単に出来ますので、購入は公式オンラインショップが絶対オススメですよ。 本当は怖い・歯周病の全身への影響 歯周病は、人間が自分の歯を失う原因のダントツトップとなる病気です。 口の中には善玉菌・悪玉菌がいることは上でご紹介しましたが、その悪玉菌の代表格が、歯周病の原因となるジンジバリス菌。 ジンジバリス菌は、は糖やタンパクなどをエサに増えつづけ、やがて歯肉などの組織を破壊して炎症をおこします。 炎症で出血すると、その血液を栄養にしてさらに増殖します。 するとメタンや硫化水素を排出して、肉が腐ったような悪臭を放ちます。 歯周病の症状がひどくなると、歯が歯肉から抜け落ちてしまうのです。 しかし、このような悪玉菌の増殖の影響は、歯だけに留まりません。 実は、口内フローラが悪玉菌優勢になると、 脳卒中や心筋梗塞、糖尿病、認知症、早産、肺炎といった全身病を引き起こすことがあります。 何故なら、歯周病菌が増殖すると歯の根の近くから血管に入り込み、全身の血管や臓器に到達して炎症を引き起こすからです。 口腔内の悪玉菌による肺炎 口から飲み込んだものは、通常であれば食道を通って胃に向かいます。 胃の中では胃酸によってほとんどの菌は死滅するため、口腔内の悪玉菌も同様に駆除されます。 しかし、何かの間違いで食道を外れて気管支に入ってしまう場合もあります。 口腔内で繁殖した悪玉菌が、気管支を通って肺に向かい、そこで繁殖する事で 「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」が発症します。 この誤嚥性肺炎は、日本人の肺炎の原因の第一位と言われています。 特に睡眠中は、唾液の分泌が極端に減るために雑菌が繁殖しやすいため、朝起きた時には口の中がネバネバしますよね。 こういうときは、つばを飲み込んだりはせず、うがいをしてから食事を摂るようにしましょう。 朝起きたタイミングで、マスティックホワイトを一粒噛むのも大変効果的ですね。 歯周病菌による心筋梗塞・脳卒中 歯周病菌が血管内で炎症を引き起こすと、免疫反応が起こります。 すると、血管内に歯周病や免疫細胞の死骸がたまってプラーク(粥腫)というコブができます。 このプラークがはがれて血栓(血液の塊)ができ、太い動脈がつまると脳卒中や心筋梗塞が起こる可能性があります。 またジンジバリス菌は、インスリンの働きを妨げる働きがあるため、インスリン感受性の低下により糖尿病を引き起こすこともあります。 これも脳卒中や心筋梗塞を招く一因といえるでしょう。 歯周病菌による早産 妊娠中の女性の場合、歯周病菌の影響で血液中の炎症性物質が増加すると、子宮の異常な収縮が起こって早産を招くと考えられています。 お腹に赤ちゃんがいる場合は、自分のお口のケアも特に念入りに行うべきですね。 マスティックホワイトは胃腸の病気予防にも! マスティックホワイトは、歯周病・虫歯・口臭の予防のために有効な成分「マスティック」を気軽に、効果的に取り入れられるサプリです。 マスティックには口腔内のケアだけでなく、その抗菌・殺菌作用は胃痛・胃腸障害にも効果的だと考えられています。 1984年のイラクの臨床試験では、十二指腸潰瘍が改善されたという報告があります。 38名の患者に対し、1日2000mgのマスティックを2週間与えたところ、患者の80%の症状が軽減し、70%は十二指腸潰瘍が治癒したというものです。 参考文献: なお、現在でも 「胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の鎮痛、胃ガンの予防・治療」など、多くの疾患に対してマスティックが使用されています。 また、体調不良によって胃が痛む時だけでなく、ストレスや緊張を感じて胃が痛む時にも効果的だと言われています。 日常生活でそのような症状が表れる方は、マスティックサプリメントを使用するのもいいでしょう。 口臭の原因は口腔内だけでなく、胃腸から来ている場合もあります。 消化不良などで胃腸の調子が悪くなり、食べ物が胃腸に残ったまま腐敗することで発生する腐敗臭も、強烈な口臭となります。 口腔内と胃腸の口臭原因に働きかけてくれるマスティックやペパーミントを配合したマスティックホワイトは、オーラルケアサプリとしてベストパートナーになってくれるはずです!.

次の

口臭サプリ「マスティックホワイト」の効果を実際に使って検証!

マ スティック 口臭

マスティック&アロマで口臭・腫れ・出血をSTOP! 歯茎の老化は口臭や口の中のネバネバの原因になります。 9種類のハーブが歯と歯茎をケアして歯茎がキュッ! マスティック&アロマはさわやかな息を長続きさせます。 きれいなピンク色の歯茎って健康そうで憧れますよね。 若く見える人に歯茎がきれいな人が多いっていうのもうなずけます。 最近は若い世代でも歯茎の腫れや口臭が気になる人が増えてきているみたいですが、 笑った時に見えるきれいな歯茎は若さの象徴です。 歯周病にも関係が深い歯茎の健康は、 体の健康のためにも美しさのためにもケアが必要です。 私たちの口の中には数億のバクテリアがいると言われています。 その中で良い細菌と悪い細菌がバランスを保ちながらいるのですが、 ストレスや疲労、不規則な生活や栄養バランスの乱れ、 加齢などによって免疫力が低下してしまうと、 悪い細菌が増えて口臭などの口内環境を乱す原因になります。 9種類の天然ハーブを配合したマスティック&アロマは、 歯周病予防効果が証明されたマスティックが配合されていて、 さらに他のハーブ成分が歯茎から浸透して、 引き締まったピンク色の歯茎をサポートします。 歯周病予防に効果があるマスティックは、 ギリシャに群生するウルシ科の樹木で、 その樹液には歯を丈夫にし甘い香りの息になると珍重されてきました。 ジェルタイプのマスティック&アロマは、 ゆっくり丁寧にブラッシングができるように泡立ちを抑えていて、 歯を磨く以外にも歯茎のマッサージ用にも使える 薬用デンタルマッサージジェルです。

次の

マスティックホワイトは歯周病・口臭に効果あるの?効果の真実や悪い口コミ等、実際に使ってみました

マ スティック 口臭

外出時にマスクをつけることが多くなって、自分が吐く息のニオイが気になります。 口臭は、ワキガや体臭よりも強烈ですから、職場でもスメハラの原因に。 マスクをつけっぱなしにしていることで、他人へのハラスメントにも気付かされます。 マスクを入手しにくい状況で、2日、3日連続で使用することもあると思いますが、マスクとしての効果は別として、ニオイはなんとかしたいところです。 そもそもニオイの原因って、口の中の雑菌が作り出しているわけですから、口腔内の清潔度のバロメーターとも言えます。 マスク内にこもったニオイの強さで、口の中の衛生状態もわかるというわけです。 最近、口腔ケア アイテムとして、マスティックという成分を配合した商品が話題になっています。 中東では、宗教的な儀式や、衣服に焚き込めて香りを楽しむだけでなく、チューインガムのように噛んで口臭を消したりするようです。 また、乳香を噛むことで、虫歯の予防や治療,気管支炎,また腹痛や頭痛にも効果があるとされ、さまざまな用途で日常生活に浸透していることがわかります。 漢方としての歴史も古く、『本草綱目』では「薫陸香」として記され、中国医学では、活血、止血、鎮痛、消炎薬としても使われています。 乳香は、日本では江戸時代に樹脂の形で入ってきたために、採取元の植物については、ウルシ科とカンラン科、両説あったようですが、現在では中国と同様にカンラン科の植物の樹脂と統一されているようです。 健康食品の素材を製造している三生医薬株式会社のHPによれば、地中海沿岸では、5000年も前から植物療法の素材として利用されてきたそうで、次のように説明しています。 マスティック樹脂を乾燥したものをガムのように噛む習慣があり、その習慣を持つ地方の人々は消化器系疾患が極めて少ないことが知られていた。 マスティック樹脂を乾燥したものは、マスティック・ガムと呼ばれ、地域の人々の健康に役立ってきたことがわかります。 ギリシャ大使館の説明では、ソクラテスも利用し、強い殺菌力があるので、消毒薬、傷薬、ミイラの保存などにも用いられていたそうです。 欧米では、現在でも歯周病用歯磨き剤、手術用の糸や軟膏などに応用されています。 日本では、乳香として高級化粧品にも配合される成分ですが、口腔ケアのアイテムとしてもマスティックが配合されるようになりました。 海外での用途を知れば、口腔ケアとして最適の素材であることがわかります。 も、そんな口腔ケアアイテムの一つ。 日本では、まだ馴染みが薄いマスティックですが、ギリシャのヒオス島だけに生息する国立マスティック栽培協会認定の素材を使用しているとのこと。 噛んで食べられる新感覚のかプセルなので、飲み込んでしまうサプリメントとは違った独特の使用感が病みつきになりそう。 食後、仕事や家事の合間など、さらにペパーミントが配合されているので眠気をもよおしたときなどにも使えます。 歯周病が、カラダのさまざまな病気の原因になることがわかってきました。 マスティックは、日本では漢方として配合され、歯周病予防としても開発研究がおこなわれています。 普段の生活のなかで、口腔ケアの意識を高めるためにも、は試す価値のあるアイテムと言えるでしょう。

次の