ダイワ ジギング ロッド。 【楽天市場】【ダイワ】ヴァデル [ VADEL ] 59HS [大型便]ジギング ロッド ダイワ ダイワ 釣り フィッシング 釣具 釣り用品:フィッシングマックス楽天市場店

ベテランも迷わせる!おすすめジギングロッドを山盛り紹介するサイト

ダイワ ジギング ロッド

ロッドの長さから選ぶ• 水深からロッドを選ぶ• ジグウエイトからロッドを選ぶ ロッドの長さから選ぶ ロッドの長さについては、あなたがジグにどんな動きを出していきたいかで決めてみましょう。 短いロッドほどジグの初速スピードが速くなり、切れのあるアクションを演出することができます。 長いロッドほどジグに大きなアクションを出すことができ、ロングフォールの幅も長くなります。 切れのあるジグのアクションを演出したいのであれば、短めのロッドを。 魚の活性が低くフォール主体で食わせたいのであれば、長めのロッドを準備しましょう。 ちなみに、スロージギングロッドの長さは6ft~7ft後半くらいのものが、一般的に多く販売されています。 初心者は中間の6.5ft~7ftくらいのロッドが扱いやすくてオススメです。 水深からロッドを選ぶ ロッドの長さを選択する際には、水深から選択してみてもいいでしょう。 結論から言うと、水深が深いほど長いロッドを選ぶべきです。 なぜなら、スロージギングで使用するPEラインには伸びるという性質があるから。 瞬間的な強い負荷で3~5パーセントほど伸びるとされています。 水深50mなら1.5~2.5m程度、水深100mなら3~5mも伸びることになります。 まあ、ジグをしゃくる程度の負荷であれば、これほど伸びるわけではありませんが。 そんな場合は、ロッドを長くしてジグの移動距離を少しでも稼ぐことが大事になります。 私の経験則からの話ですが、水深100m以上であれば7.3ft以上のロッドが使いやすいですよ。 ジグウエイトからロッドを選ぶ ロッドスペックの表記を見て、ジグのウエイトに合ったロッドを選んでください。 近年のスロージギングでは、非常にヘビーなジグが使われています。 水深50mなら200g、100mを超えるなら300g以上のジグを使うことが多いです。 しかし、スロージギングではジグのウエイトオーバーのロッドを使用することも可能です。 例えば、250gや300gのジグに対して、ジグウエイトがMAX200gと表記されているロッドを使ってみる。 ロッドの曲がりがよりバット側に深くなり、ジグがより大きくゆっくりとしたテンポのアクションになります。 そこで疑問になるのが、「ジグのウエイトオーバーはロッドの故障につながるのではないか?」という問題。 スロージギングロッドは10kgを超える大型魚にも対応しています。 ロッドが折れる事故の8割は、根掛かりや大型魚とのファイトで、船べりにロッドが絞り込まれたときに発生します。 その他は、船上で不意に踏んずけてしまったりなど。 ファイト中にロッドを曲げることは極力NGですが、ジグの50g~100gくらいのウエイトオーバーであれば特に問題ありません。 しかし、極端にロッドの反発力が使われていないと感じれば、軽くした方がいいので臨機応変に合わせてきましょう。

次の

タチウオジギングにタイラバタックルを流用してみよう!オススメのロッドとリールの紹介も。|マイボ!

ダイワ ジギング ロッド

100mくらいまでの水深で自分の意図したとおりにジグを動かすことができます。 ターゲットとなる魚種はハマチやサバ、カツオなどの小型~中型の青物や回遊魚で、魚の急な走りにもしっかりと対応できる粘りあるロッドです。 ジグのトラブル回避において注目できるロッドです。 ジグを跳ねさせるようにショートジャークを入れていると、必要以上にジグが跳ねて、ラインやフックに絡んでトラブルとなることがありますが、そういったトラブルを回避するため、ジグが跳ねにくいように粘りある設計となっているようです。 ジギングを始めると言っても、どんなポイントに行くか分からない、今後やりたいジギングが変わっていくかもしれない、そんな方にはオススメのロッドです。 使えるジグの幅が広いので、使える水深も幅広くカバーできます。 60~120mくらいまでの水深ならどこでもいけるかもしれませんね。 ターゲットとなる魚種はハマチ~メジロクラスまで幅広く対応可能です。 ロッドに粘りがあるので急な走りにもしっかりと対応できるのでブリクラスでも何とかなると思います。 大抵150gまでのジグが使えるロッドとなると1日も使うとかなり疲れるのですが、比較的疲れにくいロッドだと思います。 価格の割りに軽量化もされていて、多彩なジグをスピーディーに動かせると思います。 100gのジグを使えるロッドで30gのジグも使えるロッドはあまりないと思います。 ジグのサイズが幅広いので80mくらいの水深以下ならどこでも扱えます。 ライトジギング専用と言っても良いくらいのロッドですので、ターゲットとなる魚種はハマチ(イナダ)、サバ、カツオ、マダイ、タチウオとなります。 特に喰い渋りの状況下でに実力を発揮するロッドです。 ややジギングロッドとしては長めのロッドですが、そのおかげで喰い渋りの状況下で 色々なシャクりをしてもジグをきちんとしっかりと動かすことができます。 また、30gのジグも扱えるので、喰い渋り状況でジグサイズを極限まで落としたいときにも使えます。 また、本格的にライトジギングをしたいという方にもおすすめの1本です。

次の

ベテランも迷わせる!おすすめジギングロッドを山盛り紹介するサイト

ダイワ ジギング ロッド

主に遊魚船かボートで楽しんでいる方が多いと思います。 水深と海流によって使用するメタルジグの重さが変わるので メインとなるメタルジグのウェイトを確認しロッドを選択しましょう。 ゆっくり沈む大きなメタルジグほどアピール力が高くなりますが、 円形に近いジグは引き抵抗も大きいので釣り人のパワーも必要になり、 水の抵抗が大きくウェイトが軽くなるので沈まなくなります。 極端な選択はテンポが悪くなるので避けましょう。 水深が深いほど糸は斜めに入るので、同行者と同じ角度になるよう 近いウェイトを選択するのがベターです。 目安は20+水深、40mには60g、100mで120gです。 最近ではワンランク上の重いメタルジグを使うのが主流です。 細長いタイプのジグは引き抵抗が少ないので重いジグでも疲れにくく、 海流の強い地域では目安を大幅に超えるウェイトが必要になる場合もあります。 初めての船宿では問い合わせ時にメタルジグのウェイトを確認すると間違いがなく安心です。 ラインやリーダーもジグの重さによって変化します。 ターゲットによってもメタルジグの選び方が変化しますが、 こちらも船長に確認するのが一番です。 どちらのリールにも対応したモデルがあるので選び方を紹介します。 主流はスピニングモデルです。 製品の進化による素晴らしいドラグ性能と一回転あたりの巻き取り量、 キャスティングの操作性でどんな状況でも使いやすい対応力が支持されています。 ベイトキャスティングモデルにもメリットが多く、 糸の放出をコントロールしやすいため底取りやフォール中のアタリが取りやすい事、 構造上の耐久性とパワーが上げられます。 キャストが必要、流す釣りやハイピッチで巻き取り量が必要な場合はスピニングを、 直下に落としスローなアクション、重いジグや大型魚とのやりとりに パワーが必要な場合にはベイトキャスティングを選択しましょう。 海流や釣り方は地域性が強いので、 こちらも船長に確認するとベストな選択が出来ます。 フィールドをある程度限定して選択しましょう。

次の