ポケモン go ハブネーク。 【ポケモンGO】ハブネークの色違いとおすすめ技&弱点

【ポケモンGO】ハブネークの種族値と覚える技

ポケモン go ハブネーク

基礎データ 図鑑 No. 336 英語名 Seviper 分類 キバへびポケモン タイプ 高さ 2. 7m 重さ 52. 体の紫色の部分はザングースとの戦いで付いた傷らしい。 尻尾の先端は刀のような形状をしており、斬りつけると同時に毒が染み出る仕組みになっている。 戦いの前に岩などで尻尾の刃を研ぎ、刃毀れを落とす。 ところがどっこい、その割に相手を切り裂く技はしばらく覚えられなかったりする。 現在ではやを覚える。 当初は専用技でアニメでもよく使っていた「」が象徴的。 肉食性で茂みに身を潜めて牙でトドメをさして獲物を捕食する。 性能 攻撃・特攻共に高めで、覚えられる技も多くなかなか器用。 の「」は悪くはないのだが、鈍足で低耐久のため厳しい。 は「」。 解禁当時はあまり注目されなかったが、にて貫通の効果が付属されてからは少しながら注目されるようになった。 第7世代で新たに「」を習得。 しかし積んでいる暇はあまり無いか。 との関係 ザングースとライバルである理由は、退治の為にが移入された出来事に由来する。 現実にはハブよりも固有種の小動物を狙ってしまい生態系を破壊していることが問題になっているが、ポケモンでは普通に因縁のライバルとなっているようだ。 ルビー(オメガルビー)限定のザングースに対してこちらはサファイア(アルファサファイア)にしか出現しない。 では濃い色の草むらからザングースと同時出現してダブルバトルになる場合があるが、仲間割れを起こす様子は無い。 においてはでザングースと共に出現する事があるが、トレーナーそっちのけでザングースと乱闘を始めるので捕獲は非常に困難。 ノーマルタイプのなどで一気に蹴散らしたい。 地味にXYのみを確定で所持している。 主な使用トレーナー CV: 8話から登場。 髪の毛を食いちぎられたことで激怒したが、 素手で倒してゲットした。 彼女の地方での最初のポケモンである。 アーボに変わるロケット団の蛇ポケポジションを勤めていたが、ハブネークを最後に蛇ポケポジションは登場しなくなった。 基本的にはやられ役だが、不意打ちとはいえ一度はのを負かすなど、その実力は決して低くない。 ポケモンコンテストにおいても、のとタッグを組んで大活躍している。 一方で、宿敵であるの群れに反応し、ムサシの言うことも聞かずに モンスターボールに戻されても 勝手に飛び出して 本能のままに乱闘をしたこともある。 AG編序盤からラストまで長期に渡って在籍しており、のポケモンとしては、に次いで登場期間が長かったが、でレギュラーを外れて以降、再登場はない。 使用技は「」「」「」「」。 では に実装された、第3世代最初の50種の中の1種としてデビューを果たした。 天候が曇りの時には出現率が急上昇するが、それ以外の天気の時にはほとんど出現しないという極端な出現パターンを持つ。 当初は、・地域限定のポケモンとなっていたが、にザングースと入れ替わる形で地域へと移動してしまい、 現在ではを含むアジア・欧州地域では入手ができなくなってしまった。 今後、再び戻ってくるかどうかは今のところ未定。 無進化ポケモンということもあり、肝心の性能は何とも中途半端なものとなっており、攻撃のが若干高い程度。 最大CPも1900台で止まってしまう。 一応、通常技・ゲージ技共にどく技を揃えられるが、現状どくタイプの技が弱点を付けるタイプが少ないこともあってジムの防衛・攻略のいずれにおいてもお呼びがかかることはまずない。 出現地域が限られていることもあり、現状ではコレクション用のキャラクターとしての側面の方が強いと言えるだろう。 関連イラスト.

次の

【ポケモンGO】ハブネークのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ポケモン go ハブネーク

基礎データ 図鑑 No. 336 英語名 Seviper 分類 キバへびポケモン タイプ 高さ 2. 7m 重さ 52. 体の紫色の部分はザングースとの戦いで付いた傷らしい。 尻尾の先端は刀のような形状をしており、斬りつけると同時に毒が染み出る仕組みになっている。 戦いの前に岩などで尻尾の刃を研ぎ、刃毀れを落とす。 ところがどっこい、その割に相手を切り裂く技はしばらく覚えられなかったりする。 現在ではやを覚える。 当初は専用技でアニメでもよく使っていた「」が象徴的。 肉食性で茂みに身を潜めて牙でトドメをさして獲物を捕食する。 性能 攻撃・特攻共に高めで、覚えられる技も多くなかなか器用。 の「」は悪くはないのだが、鈍足で低耐久のため厳しい。 は「」。 解禁当時はあまり注目されなかったが、にて貫通の効果が付属されてからは少しながら注目されるようになった。 第7世代で新たに「」を習得。 しかし積んでいる暇はあまり無いか。 との関係 ザングースとライバルである理由は、退治の為にが移入された出来事に由来する。 現実にはハブよりも固有種の小動物を狙ってしまい生態系を破壊していることが問題になっているが、ポケモンでは普通に因縁のライバルとなっているようだ。 ルビー(オメガルビー)限定のザングースに対してこちらはサファイア(アルファサファイア)にしか出現しない。 では濃い色の草むらからザングースと同時出現してダブルバトルになる場合があるが、仲間割れを起こす様子は無い。 においてはでザングースと共に出現する事があるが、トレーナーそっちのけでザングースと乱闘を始めるので捕獲は非常に困難。 ノーマルタイプのなどで一気に蹴散らしたい。 地味にXYのみを確定で所持している。 主な使用トレーナー CV: 8話から登場。 髪の毛を食いちぎられたことで激怒したが、 素手で倒してゲットした。 彼女の地方での最初のポケモンである。 アーボに変わるロケット団の蛇ポケポジションを勤めていたが、ハブネークを最後に蛇ポケポジションは登場しなくなった。 基本的にはやられ役だが、不意打ちとはいえ一度はのを負かすなど、その実力は決して低くない。 ポケモンコンテストにおいても、のとタッグを組んで大活躍している。 一方で、宿敵であるの群れに反応し、ムサシの言うことも聞かずに モンスターボールに戻されても 勝手に飛び出して 本能のままに乱闘をしたこともある。 AG編序盤からラストまで長期に渡って在籍しており、のポケモンとしては、に次いで登場期間が長かったが、でレギュラーを外れて以降、再登場はない。 使用技は「」「」「」「」。 では に実装された、第3世代最初の50種の中の1種としてデビューを果たした。 天候が曇りの時には出現率が急上昇するが、それ以外の天気の時にはほとんど出現しないという極端な出現パターンを持つ。 当初は、・地域限定のポケモンとなっていたが、にザングースと入れ替わる形で地域へと移動してしまい、 現在ではを含むアジア・欧州地域では入手ができなくなってしまった。 今後、再び戻ってくるかどうかは今のところ未定。 無進化ポケモンということもあり、肝心の性能は何とも中途半端なものとなっており、攻撃のが若干高い程度。 最大CPも1900台で止まってしまう。 一応、通常技・ゲージ技共にどく技を揃えられるが、現状どくタイプの技が弱点を付けるタイプが少ないこともあってジムの防衛・攻略のいずれにおいてもお呼びがかかることはまずない。 出現地域が限られていることもあり、現状ではコレクション用のキャラクターとしての側面の方が強いと言えるだろう。 関連イラスト.

次の

ハブネーク|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン go ハブネーク

第6世代は命中率:90 Lv. 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『でんき』タイプには無効。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。 ただし、『バトルスイッチ』『ばけのかわ』などフォルムに関わる特性や、一部の固有の特性などには効かない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 通常攻撃。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ただし、『バトルスイッチ』『ばけのかわ』などフォルムに関わる特性や、一部の固有の特性などには効かない。 USUM New! 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の