ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜。 ピアノ協奏曲 第2番 Op.18 ハ短調/Concerto for piano and orchestra No.2 c

「ピアノ協奏曲第2番第1楽章 / ラフマニノフ」の楽譜一覧

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

同じ曲の へ飛ぶ 曲の由来 ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフが作曲した2番目のピアノ協奏曲です。 演奏時間は約35分。 作曲時期は、1900年秋から1901年4月。 第2楽章と第3楽章が1900年12月2日に初演された後、全曲初演は1901年11月9日 ユリウス暦 10月27日 に、ソリストに再び作曲者を、指揮者には従兄アレクサンドル・ジロティを迎えて行われました。 その屈指の美しさによって、協奏曲作家としての名声を打ち立てたラフマニノフの出世作です。 発表以来、あらゆる時代を通じて常に最も人気のあるピアノ協奏曲のひとつであり、ロシアのロマン派音楽を代表する曲の一つに数えられています。 多くのラフマニノフのピアノ曲と同じく、ピアノの難曲として知られ、きわめて高度な演奏技巧が要求されます。 たとえば第一楽章冒頭の和音の連打部分において、ピアニストは一度に10度の間隔に手を広げることが要求されており、手の小さいピアニストの場合はこの和音塊をアルペッジョにして弾くことが通例となっています。 この曲を聴くきっかけは、トミードーシー楽団をバックにフランクシナトラが歌う『I think of you』という曲の中に印象的に使われていたからです。 この曲は相当古い曲ですが、原曲のほうは、難曲ということのようです。 ピアノについては知らないので、何とも言えませんが、是非この曲のこの部分を吹きたいと思ったもので楽譜にしました。 トミードーシーのソロの部分もいい感じです。 すでに上げていたものと思っていましたが、忘れていたのか、もうすでに上げているのか定かではありませんが、ダブっていたら、ごめんなさい。 演奏例.

次の

ラフマニノフのピアノ協奏曲を紹介するよ!【第2番はのだめや映画でも有名】|クラシックなひと時

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

前回のフォローアップです。 曲にはおなじみという方にお薦めしたいCDです。 世評の高いリヒテル、ルービンシュタインは好みでなくコメントは世の中にいくらも出ているので控えます。 今後も良いと思ったものは日々追加してコメントしていきます。 また、過去に書いた他のすべての曲についても同様でCDリストはだんだん長くなっていきますので、僕のブログページの右下の方にある 「カテゴリー」から検索して適時ご覧ください。 1929年、僕にとっては2年通った思い出のアカデミー・オブ・ミュージックでの録音です。 このテンポの速さはSPの収録時間かあの残響のないホールトーンと関係があるかもしれません。 和音のつかみには手の大きさを感じますし、指の回りと打鍵の強さからは大変なヴィルトゥオーゾだったことがわかります。 彼のピアノのフレージングは音が高く登ってまた降りてくる場面で、登りはだんだん遅くなり下りはだんだん加速するという傾向があり面白いですね。 重力加速度のイメージです。 こういうことは楽譜に書けないのでこの録音は非常に貴重です。 この曲にひととき身をゆだねたい人に強くお薦めします。 雄大な起伏で盛り上がった頂点から崩れ落ちてくるかのような第1楽章展開部はカタストロフィー寸前のものすごさ。 終楽章第2主題の登場にいたるリタルダンドと一瞬の静寂の間など、これはもうマーラーの世界です。 それでいて第2楽章中間部の叙情、細かいパッセージの切れ味とも一級品。 これがライブだったら! 第1楽章です。 ピアノのスルタノフはウズベキスタン生まれで89年にヴァン・クライバーン・コンクール優勝、95年にショパン・コンクールで1位なしの2位、オリンピックなら2大会で金メダルという人でしたが2005年にくも膜下出血のため35歳で亡くなりました。 これは19歳の演奏で若々しい詩情とデリカシーに満ちており、ショスタコーヴィチの息子マキシムの指揮も貴重で大きな流れを作って感動的です。 55年録音のこの演奏は独自の緩急とアクセントのあるピアニズムで弾きとおした個性的な演奏です。 作曲者自身がショパンの楽譜を自由に解釈して演奏していますから自作に対してもこういう解釈であれ何の問題もなく許容していたと僕は思っています。 これぞ19世紀のピアノ演奏であり、自演盤よりずっと録音のいいこの演奏はラフマニノフ存命の時代の空気を濃厚に感じることのできるタイムマシンです。 弾きながら歌う声が聞こえますが、恐らくこの人は実演でもミスタッチをするイメージのまったくないピアニストでしょう。 本当にうまい。 野球でいえば井端や宮本の守備のようなもので、あまりにうまいので難しいゴロをさばいても一般の人にはファインプレーに見えず、野球をやった人は鳥肌が立つという。 幸いこれは音楽だから心して聴けば誰にもわかります。 スラットキンの指揮もサイモンの呼吸にぴったりと合ってシンフォニックなメリハリが最高です。 僕は愛聴しています。 今年まだ78歳ですが残念なことに病気で引退され、後進の指導や世界のコンクールの審査員をされているようです。 僕は彼女のフランス物を愛聴していますが、ブラームスの2番を弾いてグランプリを受賞するほどの剛腕でもある。 この2番の男勝りのタッチでばりばり入るバスの効いた第1楽章、いいですねえ。 僕は第1主題の伴奏ピアノが聞こえる方が好きです。 第2楽章も速めでさらさら流れ、ラテン的感性でいっさい粘りません。 同じフランス人のグリモーも以前はこんな風だったかもしれません。 終楽章はラトルの指揮がやや僕の感性とは合いませんがメリハリは充分で、ウーセのピアノを聴いているだけでなぜか気持ちがいいのです。 スイス勤務時代に車に入れて毎日聴いていたほど気にいっています。 ポーランドのピアニスト、ブルメンタール(1908-91)はLP時代に廉価盤の常連で、レパートリーは広いがその程度のピアニストと思ってました。 しかし彼女はシマノフスキーの作曲の弟子で、ヴィラ・ロボスにはピアノ協奏曲第5番を献呈された20世紀前半の需要なピアニストである。 このラフマニノフ、ギーレンの硬派の解釈と曲をやり慣れてないお仕事風情満載のウィーン・フィルの伴奏が実に面白く、ピアノは弾けてしまって流してる感じの所もあるが、最後は帳尻があっていい音楽を聞いた充実感を残してくれる。 曲ができたころの息吹があり、演奏者がつまらん小技など弄さなくても偉大なものを聴いたと感動できる。 ラフマニノフの作曲能力の高さがおのずと語る演奏であり、彼の自演がまさにその見本であり、合成甘味料フリー。 マニア的視点からは完璧主義でないスタジオ録音というのが希少品で、最近のいたずらなお上手主義で大仰にプレゼンされた、実は何の主張もない「大演奏」に飽き飽きしているのでこれは高級なお茶漬けの味であり、時々聴いてます。 i-tunesで600円です。 Categories:, 最近の投稿• 来た、見た、うれしかった!•

次の

「ピアノ協奏曲第2番第1楽章 / ラフマニノフ」の楽譜一覧

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

概要 [ ] 作曲時期は、秋から4月。 第2楽章と第3楽章がに初演された後、全曲初演は ユリウス暦 10月27日 に、ソリストに再び作曲者を、指揮者には従兄を迎えて行われた。 その屈指の美しさによって、協奏曲作家としての名声を打ち立てたラフマニノフの出世作である。 発表以来、あらゆる時代を通じて常に最も人気のあるのひとつであり、のを代表する曲の一つに数えられている。 多くのラフマニノフのピアノ曲と同じく、ピアノの難曲として知られ、きわめて高度な演奏技巧が要求される。 たとえば第一楽章冒頭の和音の連打部分において、は一度に10度の間隔に手を広げることが要求されており、手の小さいピアニストの場合はこの和音塊をにして弾くことが通例となっている。 作曲の経緯 [ ] ラフマニノフ、1900年代初頭 ラフマニノフの《》は、今でこそ重要な業績と看做されているが、1897年の初演時には批評家の酷評に遭った。 私生活における問題も相俟って、ラフマニノフは鬱傾向と自信喪失に陥り、創作不能の状態となる。 1899年にの招きでイギリスに渡ったラフマニノフは、ここでの作曲依頼を受け創作を開始するが、再び強度の精神衰弱におそわれる。 しかし、に友人のすすめで博士のを受け始めると快方に向かい、同年夏には第2、第3楽章をほぼ完成させた。 最大の難関として立ちはだかった第1楽章も同年12月頃に書き始め、1901年春には全曲を完成させた。 初演は大成功に終わり、その後も広く演奏されて圧倒的な人気を得た。 本作品の成功は、ラフマニノフがそれまでの数年間にわたるとを抜け出す糸口となった。 作品は、ラフマニノフの自信回復のためにあらゆる手を尽くした博士に献呈された。 楽器編成 [ ] 伝統的な2管編成。 演奏時間は約35分。 ・その他• 、(第3楽章のみ)、(第3楽章のみ)、独奏• 第1、第2ヴァイオリン、、、 楽曲構成 [ ] 弦楽器より呈示される第1楽章第1主題 音楽・音声外部リンク 全曲を試聴する - ()、指揮による演奏。 hr交響楽団公式YouTube。 - (P)、指揮による演奏。 EuroArts()公式YouTube。 - (P)、マーティン・パンテレーエフ(Martin Panteleev)指揮による演奏。 公式YouTube。 - Lim Hyun-Jung(林鉉靜、HJ Lim;P)、指揮による演奏。 当該ソリスト自身の公式YouTube。 伝統的な3構成である。 第1楽章 [ ] Moderato ハ短調 2分の2拍子 自由な 主題呈示部に先駆けて、独奏がのを模した、ゆっくりとした和音連打を、し続けながら打ち鳴らす。 導入部がついに最高潮に達したところで主部となる。 主部の最初で、のがロシア的な性格の旋律を歌い上げるが、その間ピアノはの伴奏音型を直向きに奏でるにすぎない。 この長い第1主題の呈示が終わると、急速な音型の移行句が続き、それからの第2主題が現れる。 第1主題がオーケストラに現れるのに対し、より抒情的な第2主題は、まずピアノに登場する。 (ちなみにピアノ独奏は、第1主題の伴奏音型から移行句まで、急速な装飾音型を奏で続ける。 これらの音型は、しばしばと誤解されやすいが、の小さな鐘を模している)。 劇的で目まぐるしい展開部は、楽器法や調性を変えながら両方の主題の音型を利用しており、この間に新たな楽想がゆっくりと形成される。 展開部で壮大なクライマックスを迎えると、恰も作品を最初から繰り返しそうになるが、再現部 Maestoso はかなり違った趣きとなる。 ピアノの伴奏音型を変えて第1主題の前半部分が行進曲調で再現された後、後半部分はピアノによって再現される。 そして第2主題は移行句なしで再現され、入念にを準備する。 第1楽章においてピアノ独奏は特異なことに、第1主題の主旋律の進行を、完全にオーケストラ、特に弦楽合奏に委ねている。 ピアノの演奏至難なパッセージの多くが、音楽的・情緒的な必要性から使われており、しかも伴奏として表立って目立たないこともあり、聴き手にピアノの超絶技巧の存在を感付かせない。 ピアノはオーケストラのオブリガート的な役割に徹することで、時には室内楽的な、時には交響的な印象を生み出すのに役立っている。 第2楽章 [ ] Adagio sostenuto 4分の4拍子 序奏付きの ピアノ独奏の上にフルートが入る第2楽章の第1主題冒頭 盛り上がった第1楽章が終わると、それと好対照をなす緩徐楽章が弦楽合奏のppで神秘的な始まりを告げる。 弦楽合奏の序奏は、ハ短調の主和音から、クレシェンドしながら4小節でホ長調へ転調しピアノ独奏を呼び入れる。 このピアノによるは1891年に作曲された六手のピアノのための「ロマンス」の序奏から採られている。 この部分はピアノの右手が1小節に三連符4個の塊が3つで組まれている。 そのリズム上に2拍目からフルートの甘美で息の長いメロディーが入ってくる。 その後4分の4拍子と2分の3拍子が混じりつつ、最初フルートで奏でられたメロディーがクラリネット、ピアノ、ヴァイオリンへと受け継がれていく。 テンポが上がり、ピアノが第2主題を思い悩むかのように短調で奏でる。 ファゴットや低弦、更にフルートとオーボエなどと絡み、ピアノがメロディーを奏でて2回盛り上がる。 その後ピアノソロになりテンポも上がり華やかな分散和音の後オーケストラと絡んで、ピアノのカデンツァへと進む。 その後、美しく短い終結部に入る。 ここではピアノの右手が和音を波のように揺れて奏で、最後はピアノだけで2楽章を優しく静かにまとめる。 第3楽章 [ ] Allegro scherzando ハ短調〜 2分の2拍子 最初に聞こえるの旋律は、によって第1楽章から引き出されている。 その後の主たる楽想は明確な2つの対照的な主題を持ちながらも、前楽章で用いられたモチーフを断片的に使ったり、2つの主題を融合するなど、既存の形式にこだわらない自由な書法で書かれている。 副主題をもつ、あるいは変則的なとも解釈することが出来る。 的な気まぐれな性格が認められる第1主題と、より抒情的な第2主題が交互に現れ、最後のピアノのカデンツァの後にハ長調で全合奏 Maestoso で二つの主題が融合されて盛り上がるシーンは圧巻で、高い演奏効果をもたらす。 伴奏音楽としての利用例 [ ]• イギリス映画『』(1945年)や、主演のアメリカ映画『』に利用されて有名になった。 この演奏を担当したのはに絶賛されたである。 前者では、大人の純愛のムード醸成手段として、後者では、浮気男のをかき立てる小道具として利用されている。 近年では、映画『』にも利用された。 『』では、ハリーの部屋に流れている。 フィギュアスケートではが本作品のフィナーレと「」を編集して、のフリープログラム用の音楽に用いた(銀メダル)。 最近では女子シングルのや(4位)、男子シングルの(2位)が本作品第1、第2楽章のダイジェストを、シーズンのが第1楽章のダイジェストを競技に使用している。 『』において、ユージェニーがこの協奏曲を弾いている。 『』において、物語の重要な転換点で主人公のがこの曲のピアノを演奏している。 『』 第12話で用いられている。 では「ピアニスト大国ロシア」を題材にしたアトラクションで、によって第1楽章が演奏された(ラフマニノフ自身がロシアを代表するピアニスト)。 『』()において、安東はな()と村岡英治()の逢い引きの場面で第1楽章が使用されている。 に当時のが制作した「」のテレビで、第3楽章の終結部の旋律がとして使用された。 ただし、後半部の演奏構成や旋律の一部が30秒尺に収まるよう改変されている。 ポピュラー音楽での利用 [ ]• が歌った"I Think of You"は第1楽章の第2主題が原曲である(のアルバム""に収録)。 が、第2楽章の主題を全米2位のバラード「」の原曲に使っている。 また後には、ラフマニノフの《》第3楽章を原曲にして「」をヒットさせた。 のが、ライブにおいて彼自身のドラムソロで使用している。 は第1楽章を基にして、"Space Dementia"および"Megalomania"(アルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』所収)、更に第3楽章を基にして"Butterflies and Hurricanes"(アルバム『アブソルーション』)などを発表している。 ヴォーカルグループのがこの曲の第三楽章のメロディーをモチーフにした「」を発売した。 の自作アルバムの「バルセロナ(Barcelona)」ではスペインのソプラノ歌手、と、第1楽章をモチーフを用いた"THE FALLEN PRIEST(Rachmaninov's Revenge)"を作曲して歌っている。 脚注 [ ]• Harrison, Max 2006. Rachmaninoff: Life, Works, Recordings. 92—99. Norris, Geoffrey 1993. 113-115. Steinberg, Michael 1998. The Concerto. Oxford University Press. 357. Steinberg, Michael 1998. The Concerto. Oxford University Press. 358. 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 - 『』より• 『Free-scores. com』より• - オリジナル(管弦楽伴奏)• - 2台ピアノ編曲版• - 『AllMusic』より《一覧有り》• 『Magazzini Sonori』より (イタリア語)• - 2013年1月ににて収録された演奏音源(指揮)を掲載• - 2007年5月にボローニャにて収録された演奏音源(指揮)を掲載.

次の