メルペイ チャージ 方法。 メルペイのチャージはどこでできる?手順から注意点まで初心者向けに解説!

メルペイからSuicaへチャージする方法!手順やメリット、注意点を徹底解説

メルペイ チャージ 方法

目次 メルペイにチャージするなら銀行口座を登録しよう 早速結論ですが、メルペイの残高へとチャージして決済していくなら、 メルペイに対応した「銀行口座」を登録しましょう! メルペイは手数料無料でチャージでき、指定の銀行口座へチャージする際も、 支払いの際も手数料は一切かかりません。 なお、メルペイに支払い用の銀行口座を登録すれば、メルカリで得た売上金の振込申請期限 180日間 がなくなる上、売上金をポイントに交換する必要も無くなります。 メルペイは銀行以外の現金やクレジットカードでのチャージに対応していない 「じゃあ、銀行口座以外にチャージする方法はないの…?」 と疑問に思ってしまったかもしれませんが、結論メルペイは銀行口座以外でのチャージはできず、 コンビニでの現金を使ったチャージや、クレジットカードを登録してのチャージはできません。 そもそもQRコードを使ったスマホ決済サービスは、その支払いにクレジットカードを登録すれば「ポイントの二重取りができる」といったメリットがありましたが、 メルペイではそれが実現不可能です。 ただ、メルペイはメルカリで得た売上金を使ってそのまま決済できるメリットがあるので、 普段から頻繁にメルカリを使っていたような方には魅力的でしょう。 メルペイに対応している銀行口座は? 2019年11月現在、メルペイに対応している銀行口座は以下の一覧表の通りです。 三菱UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 岩手銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 イオン銀行 SBJ銀行 愛知銀行 青森銀行 秋田銀行 愛媛銀行 足利銀行 阿波銀行 池田泉州銀行 大垣共立銀行 伊予銀行 沖縄銀行 香川銀行 北九州銀行 北日本銀行 きらやか銀行 紀陽銀行 熊本銀行 京都銀行 群馬銀行 京葉銀行 高知銀行 滋賀銀行 佐賀銀行 七十七銀行 四国銀行 静岡銀行 清水銀行 十六銀行 じぶん銀行 ジャパンネット銀行 常陽銀行 親和銀行 仙台銀行 荘内銀行 大光銀行 第三銀行 第四銀行 大東銀行 筑邦銀行 千葉銀行 千葉興業銀行 中京銀行 中国銀行 筑波銀行 東邦銀行 東和銀行 徳島銀行 栃木銀行 鳥取銀行 トマト銀行 富山銀行 長野銀行 西日本シティ銀行 八十二銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福井銀行 福島銀行 福邦銀行 北陸銀行 北都銀行 北洋銀行 北海道銀行 三重銀行 みちのく銀行 武蔵野銀行 もみじ銀行 山口銀行 山形銀行 山梨中央銀行 もみじ銀行 横浜銀行 銀行口座からのチャージの単位は? 銀行口座からメルペイへとチャージする際の単位ですが、 1,000円〜200,000円の間で自由に設定可能です。 実際にチャージをしようとすると、以下のように「3,000円、5,000円、10,000円」といった単位で表示されますが、「金額を自由に入力する」をタップすれば、 設定可能な範囲内で自由にチャージできます。 メルペイを継続的に使っていくならジャパンネット銀行がおすすめ! 今後メルペイにお金をチャージして使っていくなら、銀行口座へ登録しておくのがおすすめです! 銀行口座を登録すれば、自動的に本人確認が完了します。 メルペイを使うには残高へチャージしておく必要がありますが、メルペイではクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのが。 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも手数料無料となります! はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、 まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。 メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! 銀行口座をメルペイに登録してチャージする方法 まずはメルペイに銀行口座を登録する まずはメルカリのアプリを開き、「メルペイ」を選択して「お支払い銀行口座を登録する」をタップし、「銀行口座を登録する」を押してください。 次に自身の登録したい銀行を選択すると、各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、指示に従いながら記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。 メルペイに銀行口座を使ってチャージする メルペイに銀行口座を登録した後、メルペイ画面から「チャージ 入金 」をタップして次の画面でチャージ金額を選択してください。 金額を入力した後に「チャージする」をタップすれば完了です。 メルペイでチャージした残高は手数料200円で戻すことができる 「メルペイにチャージした残高って出金できるの…?」 と疑問に思う方も多いですが、一度メルペイへとチャージした残高でも、 「振込申請」を行えば自身の登録した銀行口座へ出金できます。 振込申請の方法ですが、メルペイの画面下部にある「振込申請」をタップし、振込先口座を指定しましょう。 なお、残高を再び登録先の銀行口座へ出金する場合は、 申請金額に関わらず一律で200円の出金手数料がかかるので、注意しておきましょう。 まとめ:メルペイは銀行口座を使って便利にチャージしていこう!.

次の

メルペイからSuicaへチャージする方法!手順やメリット、注意点を徹底解説

メルペイ チャージ 方法

メルペイ利用メリット• メルカリの売上金を出金する必要がなくなった• チャージも決済手数料もすべて無料• 全国約130万カ所で利用可能• 最大70%ポイント還元のキャンペーンが開催• メルペイ決済で使えるお得なクーポン配布• 加えて、お得なクーポンの配布や高還元のキャンペーンが不定期におこなわれるので、メルカリ自体を使っていないユーザーにとっても、利用する価値は十分にあるサービスだといえます。 メルペイの利用に必要な初期設定(登録) 前述のように、メルペイはメルカリに登録していることが前提のサービス。 そのため、メルカリを使ったことがない人は、まずインストールと会員登録が必要です。 iD対応の端末とOS• iOS端末:日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上• Android端末:Android 5. 0以降がインストールされている「おサイフケータイ」(Felica搭載)対応の端末 メルペイでiD決済するためには、iOSユーザーはApple Pay(アップルペイ)、Androidユーザーはおサイフケータイと連携させる必要があります。 iDが連携されていない場合はiDの下に「未設定」と記載されています。 ここをタップして案内に従って連携させましょう。 Androidスマホ、iPhoneともに作業自体はかんたんで、3分ほどで済みます。 左:おサイフケータイ 右:Apple Pay 最後に、iOSはApple Pay、Androidスマホはおサイフケータイアプリを開いてそれぞれメルペイiD決済のICカードが追加されているか確認しましょう。 銀行口座の連携もしくは本人確認をする メルカリの「売上金」がないユーザーは、銀行口座を登録しなければチャージができないのでこれは必須の作業となります(登録方法は後述)。 一方、メルカリの売上金があるユーザーは、銀行口座の登録や本人確認をしなくても売上金でポイントを購入すればメルペイとして実店舗で使うことができます。 ただどちらにせよ、銀行口座の連携もしくは本人確認のどちらかを済ませておくのがおすすめです。 というのも、ほとんどのキャンペーンでは、このどちらかを済ませていることが参加条件(ポイント付与の条件)となっているからです。 また、メルペイの後払い機能を利用できるようになるなど、使い方の幅も広がります。 メルペイでセブン銀行ATMから現金チャージする手順• メルカリアプリを開き、[メルペイ]タブを選択• セブン銀行ATMの画面で[スマートフォンでの取引]をタッチ• ATMの画面に表示されているQRコードをメルカリアプリのカメラで読み取り、[次へ]をタッチ• スマホ画面に表示されている企業番号をATM画面に入力し、[確認]をタッチ• 現金を投入してチャージ完了 最低チャージ金額は1000円、1日のチャージ限度額は9万9000円となっています。 硬貨でのチャージはできないほか、投入された金額は全額チャージされ、釣り銭も出ません。 銀行口座からチャージする メルペイに銀行口座を登録すると、売上金は自動でメルペイ残高にチャージされ、口座からチャージしたお金と合わせて実店舗での決済に利用できます。 銀行口座を登録する メルペイ画面を下にスクロールし、「お支払い用銀行口座の登録」をタップします。 チュートリアルが表示されるので読み進み、一番下の[銀行口座を登録する]をタップ。 登録可能な銀行の一覧が表示されたら、任意の銀行を選択します。 なお、連携できる銀行は今後順次拡大されるようです。 案内に従って支店/口座番号や暗証番号などを入力していき、最後に登録完了画面が表示されれば口座の登録は完了です。 口座の登録前は「売上金」と「ポイント」に分かれていたのが、売上金とチャージ額の合計で表記される「メルペイ残高」に変わりました。 右上には、友達紹介やキャンペーンで得られる「ポイント」が表記されます。 銀行口座からメルペイ残高にチャージする メルペイ画面で[チャージ(入金)]をタップし、[チャージ金額]を選択します。 初期設定では3000円となっていますが、最低チャージ金額1000円〜1日のチャージ限度額20万円の間であれば、1円単位でチャージ金額を決められます。 金額を入力したら、[チャージする]ボタンをタップして端末のパスコードを入力。 これでチャージは完了です。 メルカリの売上金でメルペイ残高にチャージする 「銀行口座を登録したくない」「メルペイ残高には売上金のみをチャージできればいい」という人もいるでしょう。 その場合、免許証などの本人確認書類を登録する「アプリでかんたん本人確認」をおこなうことで、口座登録をしなくても売上金をメルペイ残高にチャージできます。 この場合、180日間の売上金の振込申請の制限も、口座登録をした場合と同様に外されます。 メルカリの売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録や本人確認をしなくても、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円として支払いに利用できます。 ただ、売上金をポイントに変えてしまうと、銀行出金ができなくなってしまうので注意しましょう。 ポイント購入は、メルペイ画面で[ポイント購入]ボタンをタップし、売上金の中から購入したいポイント数を指定して[ポイントを購入する]をタップすれば完了です。 残高チャージはせずメルペイスマート払い(旧あと払い)で支払う メルペイスマート払いは、実店舗でのiD、コード払い、メルカリ内での支払いなどの代金を翌月にまとめて精算できる機能です。 手元にお金がなくても欲しい物を購入でき、メルペイ残額をチャージする手間も不要となります。 ただ、年齢制限や利用上限額、手数料、支払い方法など、後払い独自のルールも存在するので注意が必要となります。 詳しくは下記の記事を参照してください。 メルペイの使い道• iDによる決済 メルペイは、NTTドコモが展開している非接触決済サービス「iD」による決済に対応しています。 上の「iD」ロゴが加盟店の目印です。 iD決済は数ある電子マネーの中でも普及率が高く、2019年8月現在では全国約90万店舗で利用可能。 iOSユーザーはApple Pay、Androidユーザーはおサイフケータイを通じて、店の端末にスマホをかざすだけでスピーディーに支払いができます。 iDでの決済は、Suicaなどの交通系マネーと同じく、支払い時に店員へ「iD(アイディ)で」と伝えたうえ、レジの専用端末にかざすだけです。 決済前には必ずメルペイ残高、もしくはポイントが購入金額分あるか確認しておきましょう。 詳しい手順は下記記事を参照してください。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、バーコード・QRコードを生成して店舗レジで読み取って決済をおこなう方法です。 上のロゴマークがある加盟店で利用できます。 加盟店数はiDほどではありませんが「LINE Pay(ラインペイ)」との業務提携により、使える場所は増加しています。 使う時はメルペイ画面から[コード払い]をタップし、パスコードやFace IDで本人確認をしてコードを表示します。 支払い時に、表示したQRコードを店員に読み取ってもらえば支払い完了です。 Suicaへチャージする(iOS版のみ) 現状iOSのみの機能となりますが、メルペイ残高またはポイントから、Apple Payを通してモバイルSuicaへチャージが可能です。 iD決済が利用できる店舗に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにも活用できることになります。 チャージ手順はいたってシンプル。 まずApple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣の[チャージ]ボタンをタップして、チャージしたい金額を入力します。 なお、チャージ金額は1円単位で指定可能。 右上の[チャージ]ボタンをタップすると支払画面が表示されるので、メルペイ電子マネーを選択。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージができます。 メルカリ内での買い物に使う もちろん、メルカリ内の買い物にもメルペイ残高は使用できます。 使用方法は、支払い時に「メルペイ残高を使用する」にチェックを入れるだけです。 ポイントとの併用も可能です。 売上金を銀行口座へ出金する メルカリの売上金と口座からのチャージ額の合計であるメルペイ残高は、振込申請(201円以上から)をすれば銀行口座への出金ができます。 また、前述したように支払い用銀行口座を登録して売上金をメルペイ残高に変えてしまえば、通常180日間と定められている振込申請期限が無期限に。 さらに、入金までにかかる日も大幅に短縮されます(ゆうちょ銀行以外)。 ただ、銀行出金は、 一律200円(お急ぎ振込では400円)の手数料がかかってしまうため、メルペイのまま実店舗で使う方がお得でしょう。 メルペイのポイントを活用する方法 ポイント還元キャンペーンで獲得したポイント、また売上金で購入したポイントは、前述のメルペイ残高と同じように、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。 ポイントを使って決済したい場合、特別なに設定やチャージは必要ありません。 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費される仕組みになっています。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」ではありません。 ポイントとメルペイ残高の相違点を表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• 売上金で購入する(1P=1円)• キャンペーンでGETする• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間 なし ポイントとメルペイ残高の大きな違いは、「有効期限の有無」と「銀行口座への出金の可否」です。 有効期限を過ぎてしまうとポイントは失効するので、特に注意が必要です。

次の

【使わなきゃ損】メルペイとは何?使い方とチャージの仕方

メルペイ チャージ 方法

iD対応のお店• セブンイレブン• ファミリーマート• ローソン• ミニストップ• マクドナルド• イオン• 上島珈琲店• かっぱ寿司• ガスト• Kirindo• クスリのアオキ• GooDay• しゃぶしゃぶ温野菜• すき家• セイコーマート• ポプラ etc… メルペイはiDに対応している店舗でも使えるので、上記の他に色々なお店で使えます。 iDが使える場所は、2018年時点でなんと全国90万か所以上もあるようです。 2019年内に、iD決済とメルペイコード決済合わせて200万か所以上で使えるようにする計画で進んでいるとのことですから、 メルペイはスマホ決済の中でも使えるお店が特に多いのではないでしょうか。 メルペイのメリット メルペイはメルカリの売上金をリアル店舗で使えるようにしたサービスだから、メルカリ自体を使わない人にはメリットがないんだ… メルペイはメルカリユーザーのためのスマホ決済アプリです。 ただ単にスマホ決済アプリを使いたいのであれば、メルペイよりも楽天PayやPayPay、d払いの方が良いと思います。 メルペイにはクレジットカードが登録できない メルペイにはクレジットカードが登録できません。 スマホのQRコード決済の中には、クレジットカードを登録してクレカのポイントが貰えるようになっているものがあります。 コード決済の中で最も使われているのは楽天Payです。 楽天Payには、各社のクレジットカードが登録できます。 楽天Payは、ポイント還元があることとクレジットカードが登録できることで、ポイント2重取りができてお得です。 買い物するお店によっては、ポイントの3重取りもできます。 例えば、ローソンで楽天Pay払いすると、 ポイントの3重取りで2. 5%も還元されます。 メルペイ、楽天Pay、PayPay、LINE Pay、d払い等など、今は様々なスマホ決済の手段があります。 () キャッシュレス決済の種類は、スマホのコード払いだけでなくクレジットカードもありますし、Suica、楽天Edy、iD、QUICPay、WAONなどの電子マネーもあります。 色々な決済方法の中で、自分が使いやすいものを選びましょう。

次の