モグワン サイズ。 モグワンは成長期の子犬に与えても大丈夫?食材や注意点を徹底分析!|モグワンと私

モグワンドッグフードを1袋正規品サイズで半額購入!限定入り口はこちら

モグワン サイズ

健康的なドッグフードである「モグワン」。 特に愛犬の食いつきが良く、健康的なドッグフードに手をつけなかった場合などに適しています。 しかし、比較的高価なドッグフードなので、購入する前にメリットとデメリットを押さえておくのが大切です。 ここからは、モグワンドッグフードの材料や値段、メリット・デメリットを解説します。 モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 【この記事をまとめると…】 ・「モグワン」は添加物が入っていないので、自然由来のドッグフード! ・モグワンの長所は、「穀物のアレルギーや消化の心配がない」「小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心」といった点。 ・モグワンの注意点は「店舗販売はなく通販のみでしか購入できない」などの点。 ・結論からお伝えすると、モグワンは、添加物を与えたくない飼い主さんや、健康系のドッグフードが苦手なワンちゃんにおすすめ。 キャンペーン中の今なら、本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください!• 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 「健康的なドッグフードを試しても食べてくれない」「添加物が多いドッグフードも気が引ける」そんな飼い主の方はモグワンドッグフードが最適!実際に 90%以上のワンちゃんが食べてくれた実績があり、有名メディアCREAにも紹介されるほど。。。 人気の理由は ヒューマングレードを使用した原材料を使用しており、動物性タンパク質も50%以上と栄養満点!また、工夫次第でトッピングもできる柔軟性がある。 この3つの特徴が人気の理由です! ワンちゃんの健康は毎日の食事が重要となっているので、愛犬家の皆様は一度「モグワンドッグフード」を検討しましょう! 本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください! 基本情報 商品名 モグワン 会社名 株式会社レティシアン ドッグフードの分類 ドライフード 味 チキン&サーモン 対象ライフステージ 4ヶ月〜シニア犬 容量 1. 8kg 価格 3,960円 特徴 穀物不使用(グレインフリー) 着色料・香料不使用 モグワンドッグフードは愛犬の健康に配慮したドッグフードです。 健康系のドッグフードは数多くありますが、高価なものを購入したとしても愛犬が食べるとは限りません。 特に健康的なフードは愛犬の食いつきが悪いものが多く、困ってしまうことも多いでしょう。 反対に食いつきの良いドッグフードは添加物が多い傾向にあります。 モグワンは健康に良いドッグフードであるだけでなく、食いつきの良さを追求しており満足感が高いです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードのメリット モグワンは高価なドッグフードなので、しっかりとメリットを押さえておくことが大切です。 では、モグワンにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。 人間が食べても問題ないヒューマングレードを使っている モグワンのドッグフードには穀物が使用されておらず、動物性タンパク質が多い高タンパクで栄養価が高いです。 一般的なドッグフードには小麦やトウモロコシなどの穀物が入っていますが、犬はもともと穀類を食べる動物ではありません。 つまり、穀類が入っていると犬は消化しづらく、アレルギーを持つ犬もいます。 消化不良や穀物のアレルギーに不安がある人にモグワンのドッグフードはおすすめです。 小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心 モグワンのドッグフードは小粒タイプなので、口が小さい小型犬やアゴの力が弱くなっているシニア犬でも食べやすいです。 また、先程の説明の通り、モグワンの原材料は消化に優しいので、消化機能が衰えたシニア犬にも適しています。 公式サイトでは定期配送も選べる モグワンは公式サイトでのみ定期配送するコースを選ぶことができます。 市販のドッグフードは足りなくなったら購入しなければなりません。 また、一般的な通販サイトでも定期配送は行っていないため、公式サイト限定になりますが、一定の割引があり購入しやすい価格で健康的なドッグフードを続けることができます。 モグワンドッグフードのデメリット モグワンにはメリットだけでなく、デメリットもあるので注意してください。 購入してから後悔しないようにどのようなデメリットがあるのか押さえておきましょう。 ここからは、モグワンのデメリットを紹介していきます。 店舗販売はなく通販のみでしか購入できない モグワンは通販限定で販売しています。 そのため、なくなればいつでも購入できる市販のドッグフードと違い、ネットが使えない状態になってしまえば、購入することができないので注意してください。 モグワンは原材料にこだわっているので、原価が市販のドッグフードよりも高いです。 少しでも原価を低くするために、無駄な生産を防ぐために通販限定となっています。 実際に市販のドッグフードよりも通販限定のドッグフードの方が、大量生産をする必要がないので、在庫管理がしやすく小ロットで生産しているので、品質とともに値段も高くなっています。 大型犬には不向き 小粒なので丸飲みしてしまう可能性もある モグワンは全犬種に対応していますが、口が大きい大型犬には向いていません。 これは、モグワンが小粒仕様なので、丸飲みしてしまう可能性があるからです。 丸飲みしてしまえば、喉を詰まらせる危険性や消化不良を起こすリスクもあるので注意が必要です。 また、1つのサイズしかないため、大型犬のようにたくさん食べる愛犬にとっても不向きといえるでしょう。 他のサイズ展開している健康的なドッグフードよりも割高になるかもしれません。 多くの犬が食べるが、食べない犬もいる モグワンは多くの犬の食いつきが良いですが、必ず食べるわけではないので注意してください。 実際にせっかく注文したのに食べなかった、という口コミは少なくありません。 他のドッグフードと違い、原材料の魚のニオイが濃いため、魚のニオイが苦手な愛犬は食いつかないケースが多いです。 モグワンドッグフードの注意点 モグワンドッグフードを購入するときには注意したいポイントがいくつかあります。 最後にモグワンドッグフードの注意点も見ていきましょう。 2018年8月10日にモグワンの異物混入が発表された 残念なことですが、2018年8月に異物混入が発表されました。 混入した異物というのは、大型格納容器である「バルクビン」の内側の塗料です。 その塗料が一部のドッグフードに付着していることが、4月に発生しました。 実際に内側の塗料が混入したドッグフードを食べても健康に害がある程度ではありませんでしたが、安全性・信頼性が損なわれる事件であったといえるでしょう。 また4月に発生した異物混入が8月に発表されたことも不信感にも繋がっています。 モグワンドッグフードは開封後1ヵ月以内に食べきった方が良い モグワンの賞味期限は1年以上ありますが、開封してからは品質が低下するのは早いので注意してください。 これは、保存料などの添加物が使われていないからであり、目安は1ヶ月ほどです。 小型犬など食が細い犬の場合、1ヶ月で食べきれない可能性もあるので注意してください。 モグワンの袋にはチャックがついていますが、なるべく空気に触れないように工夫して保管するのがおすすめです。 モグワンを与えても涙やけが改善するわけではない モグワンは涙やけに効果がありますが、これも必ず改善するわけではありません。 これは涙やけにはいくつか原因が考えられるからです。 例えば、老廃物で鼻涙管が詰まることで涙やけを起こすことが多いです。 確かにドッグフードに含まれる添加物が涙点を詰まらせ、涙やけになるという説が有力です。 このように食事が原因で涙やけが起きている場合であれば、モグワンによって改善される可能性は高いです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• まとめ モグワンは健康的なドッグフードであり、1kgの単価で考えると比較的高価な部類です。 食品添加物や消化が悪い穀類などを使っていないので、愛犬の胃腸に優しいです。 人が食べられる材料で製造していることもあり、品質や安全性は高いため安心して与えられるでしょう。 また、愛犬の食いつきも良く安心できるのも大きなメリットです。 健康的なドッグフードを愛犬に与えたいときは、モグワンを候補の1つにするのがおすすめです。 株式会社レティシアン• プレミアムドッグフードモグワン• モグワンは試食会で90%以上のワンちゃんが「食べた・継続したい」と実績あるドッグフードであり、獣医師さんもおすすめしている愛犬家が選ぶドッグフードNo. 1商品!• モグワンドッグフードは 全犬種・ライフステージに対応した万能ドッグフードであることから愛犬家の方から人気の高いドッグフードです。 「健康的なドッグフードを試しても食べてくれない」「添加物が多いドッグフードも気が引ける」そんな飼い主の方はモグワンドッグフードが最適!実際に 90%以上のワンちゃんが食べてくれた実績があり、有名メディアCREAにも紹介されるほど。。。 人気の理由は ヒューマングレードを使用した原材料を使用しており、動物性タンパク質も50%以上と栄養満点!また、工夫次第でトッピングもできる柔軟性がある。 この3つの特徴が人気の理由です! ワンちゃんの健康は毎日の食事が重要となっているので、愛犬家の皆様は一度「モグワンドッグフード」を検討しましょう! 本記事からのお申し込みで人気のモグワンドッグフードが最大20%オフになるキャンペーンの対象になることができるので、ぜひお得なキャンペーンを活用して愛犬の健康とモグワンを手に入れてください!.

次の

モグワン100円モニターのお試し内容とおすすめしない3つの理由!

モグワン サイズ

このページの概要(各項目へ移動できます)• モグワンVSこのこのごはん比較!日本の犬のためには モグワンは日本のワンちゃんのために作られたの? モグワンは日本のペットフード輸入業者レティシアンが、イギリスのペットフードメーカー「カナガン」と共同開発したドッグフードです。 その目的は「日本のワンちゃんのために」身体に良くって「食いつきが良い」! 日本の狭い活動範囲で充分に健康でいられる! しかも、ワンちゃんが喜んで食べてくれる。 そんなコンセプトで開発されました。 発売したモグワンドッグフードは日本のワンちゃんに大好評で、あっという間に通販専用ドッグフードのナンバーワンになりました。 日本では異例のテレビCMまで放送されていました。 恐らく現在最も通販で販売されている数が多いドッグフードではないでしょうか。 「このこのごはん」は日本のワンちゃんのために作られた 【このこのごはん】は日本で多く飼育されている「小型犬」専用に開発された純国産のドッグフードです。 意外とありそうで無かったコンセプトのドッグフードですね。 犬種専用というフードはあっても、小型犬専用は無かったはず。 それはほとんどのドッグフードが海外品なので、小型犬ばかり多いのは日本独特だからでしょうか。 犬種別登録数ベスト10 2018年) 1 トイプードル 2 チワワ 3 ダックスフンド 4 ポメラニアン 5 柴犬 6 ミニチュア・シュナウザー 7 ヨークシャー・テリア 8 フレンチ・ブルドッグ 9 シー・ズー 10 マルチーズ そして完成した「このこのごはん」は毎日食べられる「食いつきの良さ」、そして小型犬の3大悩みにアプローチしたフードです。 涙やけ 身体に悪いものを排除するだけでなく、それら悩みに特化する専用の原材料を配合しています。 その効果が認められ人気が出てきた、今、旬なドッグフードです。 たんぱく質が豊富な割に他のプレミアムフードと比べると脂肪が少な目なので、しっかり栄養を補給できることとヘルシーさを兼ね備えています。 チキンは高級な平飼いの高品質な物で、サーモンは北欧の有名な高級素材を使用しています。 モグワンに含まれるサーモン・ココナツオイル・リンゴには肥満対策や高齢犬でも元気を維持する安心な成分が多く含まれています。 人工添加物が不使用• 穀物不使用のグレインフリー• 人間が食べられる品質のヒューマングレード モグワンは欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準を満たしたイギリスの工場で生産されています。 「このこのごはん」の原材料の特長 「このこのごはん」は主原料に九州産の鶏肉「ささみ・レバー」を使用しています。 その他に大麦・玄米・かつお節・鹿肉・マグロ肉など穀物と肉類を豊富に使用。 グレインフリーではありませんが、アレルギーになり易く、血糖値を上昇させる小麦やトウモロコシなど悪影響のある物は使用していません。 このこのごはんには以下の特殊な機能を持つ原材料を使用しています。 乳酸菌:腸内を活発にして臭いの原因にアプローチ!臭いが気にならない体質を維持します。 モリンガ:涙管の詰まりにアプローチして涙やけの見られないスッキリ顔を維持します。 青パパイヤ:たんぱく質の分解吸収を助け、いつまでも若々しさを維持できます。 危険な人工添加物が不使用で全材料が人間が食べられる品質のヒューマングレードです。 このこのごはんは九州にある人間の食品と同レベルで管理されている食品加工工場で生産。 GMP認定工場で、有機JAS認証、ISO22005認証、HACCP認証と無農薬で高い品質の認証を受けた工場なのです。 グレインフリーに大きな考え方の違いあり モグワンと「このこのごはん」の原材料で最も大きな違いは「グレインフリー」であるか、ないかの違いですね。 穀物を一切取らない方が健康に良い! 犬は祖先が肉食だから穀物は不要! という「モグワン」。 対して犬も人間と生活するようになり雑食である。 必要な栄養素は穀物から摂取したほうが適している。 という「このこのごはん」。 様々な学説があり、どちらが正しいという事も無いようなので、愛犬との相性で判断するしか無いようですね。 モグワンも他のフードと比較すると充分ヘルシーなのですが、「このこのごはん」は更にその上を行くヘルシーさです。 「このこのごはん」はここまでたんぱく質や脂質が低くて大丈夫なのか? 素人の方が判断すると栄養不足を指摘されそうですが、たんぱく質、脂質など全ての栄養成分は「ペットフード公正取引協議会が定める総合栄養食基準」を満たしています。 モグワンと「このこのごはん」の価格を比較 ブランド モグワン このこの ごはん 外観 内容量 1. 8kg 2kg 通常購入 3,960円 7,000円 定期 コース 3,564円 5,960円 体重3kg犬 1日給餌量 平均値 49. 5g 73g 体重3kg犬 1日餌代 平均値 98円 220円 体重3kg犬 1か月 餌代 2,940円 6,600円 表の通り体重3kgのワンちゃんの場合では 月額約3,660円ほどモグワンの方がコスパが優れています。 小型犬なら許容の範囲かも知れませんが、中・大型犬ならかなり大きな金額差になります。 小型犬用の「このこのごはん」を中・大型犬に与えることは無いと思いますが、中・大型犬ならモグワンをお勧めします。 モグワンと「このこのごはん」の粒サイズを比較 「このこのごはん」はサイズが7~8ミリと非常に小さな粒が特長です。 モグワンはサイズが約1センチありますが、中心に穴が開いた噛み砕きやすいドーナツ型。 なのでチワワなど超小型犬でも問題なく与えられます。 そのため、どちらの粒でも全く問題ありません。 モグワンと「このこのごはん」の食いつきの違い モグワンと「このこのごはん」は両方とも愛犬に与えていたので分かりますが、どちらも「食いつき」に関しては最強ともいえる良さを持っています。 口コミでは販売数が多い「モグワン」の場合、どうしても犬の性質上で合わない場合があったり、お肉が多い食事に慣れないなどの影響で「食べない」という口コミがあります。 「このこのごはん」はまだ売り出して間もないという事と、価格が高めなので「フードに対する意識が高い飼い主さん」が多いためか、あまり食べなかったという口コミみは見られませんでした。 なので、あとは愛犬の好みではないでしょうか。 ササミ+鹿肉+マグロと鰹節の風味のさっぱり系が好みなら「このこのごはん」。 モグワンと「このこのごはん」のおすすめ モグワンをおすすめする人• 身体に良くてコスパも良いフードを探している• 愛犬が小型犬~大型犬• グレインフリーにこだわりたい• 愛犬は肉系が好み モグワンのデメリット 肉食が強すぎて小麦中心のフードから切り替えに若干時間が掛る 「このこのごはん」をおすすめする人• 超小型犬なのでなるべく粒が小さいフードを探している• 愛犬がモグワン・カナガンなど肉系が好みで無かった• 理想的な体型の維持をしたい• 体臭を気にしない身体を維持したい このこのごはんのデメリット 価格が高めになる モグワン・「このこのごはん」どちらもお勧めの人• アレルギーにアプローチするフードが良い• 食いつきの良いフードを探している• 毛艶を健康的に維持したい• 涙やけをスッキリしたい• 愛犬をいつまでも健康でいられるようにしたい.

次の

モグワンドッグフードを1袋正規品サイズで半額購入!限定入り口はこちら

モグワン サイズ

このページの概要(各項目へ移動できます)• モグワンVSこのこのごはん比較!日本の犬のためには モグワンは日本のワンちゃんのために作られたの? モグワンは日本のペットフード輸入業者レティシアンが、イギリスのペットフードメーカー「カナガン」と共同開発したドッグフードです。 その目的は「日本のワンちゃんのために」身体に良くって「食いつきが良い」! 日本の狭い活動範囲で充分に健康でいられる! しかも、ワンちゃんが喜んで食べてくれる。 そんなコンセプトで開発されました。 発売したモグワンドッグフードは日本のワンちゃんに大好評で、あっという間に通販専用ドッグフードのナンバーワンになりました。 日本では異例のテレビCMまで放送されていました。 恐らく現在最も通販で販売されている数が多いドッグフードではないでしょうか。 「このこのごはん」は日本のワンちゃんのために作られた 【このこのごはん】は日本で多く飼育されている「小型犬」専用に開発された純国産のドッグフードです。 意外とありそうで無かったコンセプトのドッグフードですね。 犬種専用というフードはあっても、小型犬専用は無かったはず。 それはほとんどのドッグフードが海外品なので、小型犬ばかり多いのは日本独特だからでしょうか。 犬種別登録数ベスト10 2018年) 1 トイプードル 2 チワワ 3 ダックスフンド 4 ポメラニアン 5 柴犬 6 ミニチュア・シュナウザー 7 ヨークシャー・テリア 8 フレンチ・ブルドッグ 9 シー・ズー 10 マルチーズ そして完成した「このこのごはん」は毎日食べられる「食いつきの良さ」、そして小型犬の3大悩みにアプローチしたフードです。 涙やけ 身体に悪いものを排除するだけでなく、それら悩みに特化する専用の原材料を配合しています。 その効果が認められ人気が出てきた、今、旬なドッグフードです。 たんぱく質が豊富な割に他のプレミアムフードと比べると脂肪が少な目なので、しっかり栄養を補給できることとヘルシーさを兼ね備えています。 チキンは高級な平飼いの高品質な物で、サーモンは北欧の有名な高級素材を使用しています。 モグワンに含まれるサーモン・ココナツオイル・リンゴには肥満対策や高齢犬でも元気を維持する安心な成分が多く含まれています。 人工添加物が不使用• 穀物不使用のグレインフリー• 人間が食べられる品質のヒューマングレード モグワンは欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準を満たしたイギリスの工場で生産されています。 「このこのごはん」の原材料の特長 「このこのごはん」は主原料に九州産の鶏肉「ささみ・レバー」を使用しています。 その他に大麦・玄米・かつお節・鹿肉・マグロ肉など穀物と肉類を豊富に使用。 グレインフリーではありませんが、アレルギーになり易く、血糖値を上昇させる小麦やトウモロコシなど悪影響のある物は使用していません。 このこのごはんには以下の特殊な機能を持つ原材料を使用しています。 乳酸菌:腸内を活発にして臭いの原因にアプローチ!臭いが気にならない体質を維持します。 モリンガ:涙管の詰まりにアプローチして涙やけの見られないスッキリ顔を維持します。 青パパイヤ:たんぱく質の分解吸収を助け、いつまでも若々しさを維持できます。 危険な人工添加物が不使用で全材料が人間が食べられる品質のヒューマングレードです。 このこのごはんは九州にある人間の食品と同レベルで管理されている食品加工工場で生産。 GMP認定工場で、有機JAS認証、ISO22005認証、HACCP認証と無農薬で高い品質の認証を受けた工場なのです。 グレインフリーに大きな考え方の違いあり モグワンと「このこのごはん」の原材料で最も大きな違いは「グレインフリー」であるか、ないかの違いですね。 穀物を一切取らない方が健康に良い! 犬は祖先が肉食だから穀物は不要! という「モグワン」。 対して犬も人間と生活するようになり雑食である。 必要な栄養素は穀物から摂取したほうが適している。 という「このこのごはん」。 様々な学説があり、どちらが正しいという事も無いようなので、愛犬との相性で判断するしか無いようですね。 モグワンも他のフードと比較すると充分ヘルシーなのですが、「このこのごはん」は更にその上を行くヘルシーさです。 「このこのごはん」はここまでたんぱく質や脂質が低くて大丈夫なのか? 素人の方が判断すると栄養不足を指摘されそうですが、たんぱく質、脂質など全ての栄養成分は「ペットフード公正取引協議会が定める総合栄養食基準」を満たしています。 モグワンと「このこのごはん」の価格を比較 ブランド モグワン このこの ごはん 外観 内容量 1. 8kg 2kg 通常購入 3,960円 7,000円 定期 コース 3,564円 5,960円 体重3kg犬 1日給餌量 平均値 49. 5g 73g 体重3kg犬 1日餌代 平均値 98円 220円 体重3kg犬 1か月 餌代 2,940円 6,600円 表の通り体重3kgのワンちゃんの場合では 月額約3,660円ほどモグワンの方がコスパが優れています。 小型犬なら許容の範囲かも知れませんが、中・大型犬ならかなり大きな金額差になります。 小型犬用の「このこのごはん」を中・大型犬に与えることは無いと思いますが、中・大型犬ならモグワンをお勧めします。 モグワンと「このこのごはん」の粒サイズを比較 「このこのごはん」はサイズが7~8ミリと非常に小さな粒が特長です。 モグワンはサイズが約1センチありますが、中心に穴が開いた噛み砕きやすいドーナツ型。 なのでチワワなど超小型犬でも問題なく与えられます。 そのため、どちらの粒でも全く問題ありません。 モグワンと「このこのごはん」の食いつきの違い モグワンと「このこのごはん」は両方とも愛犬に与えていたので分かりますが、どちらも「食いつき」に関しては最強ともいえる良さを持っています。 口コミでは販売数が多い「モグワン」の場合、どうしても犬の性質上で合わない場合があったり、お肉が多い食事に慣れないなどの影響で「食べない」という口コミがあります。 「このこのごはん」はまだ売り出して間もないという事と、価格が高めなので「フードに対する意識が高い飼い主さん」が多いためか、あまり食べなかったという口コミみは見られませんでした。 なので、あとは愛犬の好みではないでしょうか。 ササミ+鹿肉+マグロと鰹節の風味のさっぱり系が好みなら「このこのごはん」。 モグワンと「このこのごはん」のおすすめ モグワンをおすすめする人• 身体に良くてコスパも良いフードを探している• 愛犬が小型犬~大型犬• グレインフリーにこだわりたい• 愛犬は肉系が好み モグワンのデメリット 肉食が強すぎて小麦中心のフードから切り替えに若干時間が掛る 「このこのごはん」をおすすめする人• 超小型犬なのでなるべく粒が小さいフードを探している• 愛犬がモグワン・カナガンなど肉系が好みで無かった• 理想的な体型の維持をしたい• 体臭を気にしない身体を維持したい このこのごはんのデメリット 価格が高めになる モグワン・「このこのごはん」どちらもお勧めの人• アレルギーにアプローチするフードが良い• 食いつきの良いフードを探している• 毛艶を健康的に維持したい• 涙やけをスッキリしたい• 愛犬をいつまでも健康でいられるようにしたい.

次の