プロテインダイエット 方法。 プロテインダイエット基本知識|プロテインの選び方・効果的なダイエット方法とは|トレンドコード

プロテインダイエット

プロテインダイエット 方法

「プロテイン」と聞くと、マッチョ御用達というイメージを抱く方が多いかと思います。 しかし、プロテインが筋肉増量だけでなく、ダイエットにも効果があることをご存知でしたか? 本記事では、プロテインダイエットのメリットと方法、そしてダイエットにおすすめのプロテインをご紹介します。 一流の経営者は外見も内面も美しい! プロテインダイエットの驚きの3つの効果 プロテインダイエットは目的が伴った人が正しい方法で行うととても大きな効果を得ることができます。 まずは前提として、プロテインダイエットの概要と特徴をチェックしましょう。 プロテインダイエットとは プロテインダイエットとは、「食事の一部をプロテインの入ったサプリメントやプロテイン食品等に置き換えて行うダイエット法」です。 プロテインとは英語で「タンパク質」という意味です。 プロテインダイエットには様々なメリットがあります。 以下、ご紹介します。 タンパク質を手軽に摂取できる タンパク質は、人間が生きていくのに必要な 3大栄養素の1つであり、体の元となるさまざまな部分を作ってくれます。 体の筋肉や臓器、髪や爪などはたんぱく質で出来ています。 しかし、肉や魚、卵など食品でタンパク質を摂取しようとするとかなりの量を食べる必要があり、余分なカロリーを摂らずに綺麗を目指しダイエットをしようとすると、普通の食事だけでは難しい点があります。 その点、プロテインは体内に必要なタンパク質を手軽に多く摂取することが出来ます。 体に必要な栄養素であるたんぱく質が十分に摂れるため、今ある筋肉量を減らすことなくダイエットを進められます。 その他不足がちな栄養素も摂取可能 プロテインダイエットでは、外食はもちろん、毎日の三度の普通の食事でも不足しがちなビタミンやミネラルなども十分に摂取できます。 筋肉を落とさず正しくダイエットできる 綺麗を目指すダイエットの基本として、 筋肉量を減らさずというルールがあります。 プロテインダイエットでは、食事を置き換えて全体のカロリーを下げる代わりに、たんぱく質、ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養素を豊富に含み摂取することができます。 プロテインにはタンパク質が豊富に含まれているので、体に必要な筋肉量を減らさずに進めることができます。 筋肉量が少ないと体の新陳代謝が滞り、基礎代謝が低下して太りやすくなってしまいます。 食事制限だけのダイエットだと、体の皮膚を支えている筋肉が落ちるため見た目にも肌のハリが失われます。 せっかく体重が落ちたとしても顔やバスト、ヒップのハリがなく潤いがない状態だとやつれただけに見えてしまいますよね。 食事内容のプロテインを調節して適度な筋肉をつけ、ほどよく運動して脂肪を燃焼できるプロテインダイエットは、ボディラインという年齢によってもたるみがちな部分を重要視しながら美しい体を目指すことが出来ます。 急激な脂肪蓄積や筋肉量の減少がないので、暴飲暴食に走らない限り、そう簡単にリバウンドをしにくいとされています。 プロテインダイエットの方法と効果的な飲み方 飲むだけという商品で人気のプロテインダイエットですが、プロテインダイエットの実際のやり方やコツはあるのでしょうか?以下、ご紹介します。 基本は置き換えダイエット よく聞く呼び名ですが、食事をプロテインに置き換えて行うダイエット方法のことです。 1日に何回かをプロテイン飲みに変えて食事をすることで低カロリー、ヘルシーな食事になります。 どの程度痩せたいか、それぞれの目標によって回数を増減する調節が可能なので、自分の目標とする痩せ具合を明確にしていることが大切です。 効果的なプロテインの飲み方と飲むタイミング では、ダイエットに効果的なプロテインの飲み方ってあるのでしょうか? プロテインの効果を高めるには ・プロテインの効果的な飲み方…スポーツドリンク、水や牛乳で溶かして飲む。 ・置き換えダイエット…体内の吸収スピードが緩やかな水や牛乳に溶かして飲むのが良いでしょう。 飲むタイミング• 1日3食のなかで、1食だけプロテインのみに置き換える• 1日3食の食前にプロテイン、その後食事 量を調節して減量する• 3食の合間にプロテインを飲む。 プロテインのみで置き換えて飲む方が、余分なカロリーが抑えられますが、どんなプロテインを選ぶかによっても変わります。 置き換えをする時は、比較的満腹感があるプロテインを選んだ方が成功しやすいでしょう。 食事は炭水化物をいつもより減らしたメニューにしましょう。 間食としてプロテインを飲む方法は、カロリーの少ないものを選びましょう。 食事も3食栄養バランスに富んだ和食中心がおススメです。 次ページ:プロテインを選ぶ時の4つの基準とおすすめのプロテイン3選 プロテインを選ぶ時の4つの基準 プロテインを選ぶときの4つの基準 プロテインが良いということが分かりましたが、ではダイエットにはどのようなプロテインが良いのでしょうか?ここではプロテインを選ぶ上での基準とおすすめのプロテインをご紹介します。 ご自身が最も重視するものを基準に選んでみてください。 種類で選ぶ プロテインには 動物性タンパク質由来のものと 植物性タンパク質由来のものの2種類があります。 動物性タンパク質由来のプロテイン 主に牛乳や卵からできています。 体内に吸収される速度が速いため筋肉に変化しやすく、アスリートによく好まれています。 筋肉を発達させたい人にはピッタリですが、普段運動をしない人が飲めば体内に余分に吸収されるので過剰摂取分が脂肪に変わるため要注意です。 ダイエット中にはあまりおススメしません。 植物性タンパク質由来のプロテイン 主に豆類からできています。 動物性のものとは逆で、吸収が遅く筋肉に変化しにくいという性質があります。 ダイエット中にはこの植物性がおススメです。 大豆に含まれているサポニンによって代謝を上げ、食物繊維が便秘解消を促し腸の動きをスムーズにしてくれます。 配合栄養素で選ぶ プロテインの主な成分は、もちろん タンパク質ですが、その他の様々な栄養素も含んでいます。 ダイエット中は食事量がどうしても少なくなりがちなため、栄養素不足が気になるところです。 しかし、プロテインには様々な種類があり、それぞれに含まれている栄養素は千差万別です。 自身に足りない栄養素を豊富に含むプロテインを選ぶことで栄養素不足を解消することができます。 値段で選ぶ さっそくダイエットしてみたい!と思っているあなた。 ですが、良いものと分かっていても、継続的に購入できなければ現実問題としてダイエットは出来ないですよね。 市場に出回っているプロテインは安いものから割りと高めのものまで様々です。 高ければ高いほど効果的というものではなく、それぞれに得意とする効能が違ってくるので、自分の好みに合う商品を選ぶことが大切です。 味で選ぶ ひと口にプロテインと言っても 商品によって味はそれぞれ違います。 人工甘味料など添加物が多く含まれていると、あまり美味しくないと感じるようです。 食事と同様、美味しくないと続かないものです。 また、いつも同じ味だと飽きてしまいます。 できるだけ添加物が含まれていないものや、色々な味を日替わりで試せるものをチョイスするのが続けられる秘訣になってきます。 おすすめのプロテイン3選 さまざまなプロテインが販売されていますが、沢山あり過ぎてどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。 ではおすすめのプロテインを見ていきましょう。 美容液ダイエットシェイク 利用者の声 ・自然な甘味で非常に美味しかった。 ・味、腹持ちともに満足で、続けられそう。 ・朝や昼に置き換えをしてみると、次の食事まで持った。 ・添加物が少ないので安心。 など腹持ちが良く、味も美味しいという意見があり、続けやすいことが分かります。 値段はそこまで安くはないものの、お試しや割引があるのでお徳感があります。 美容液ダイエットシェイク 2. DHC プロテインダイエット 利用者の声 ・人工甘味料など添加物が多いため、シェイクが甘く薬のような味がする。 ・水350mlでシェイクするため飲んだ後は満腹感があるが、少しするとお腹が空いてくる。 値段はそんなに高くはありませんが、味や飲んでからの経過の満腹感が今一つなため、1食置き換えとして続けることが難しい意見があるため、食事と合わせての使用が最適なドリンクでしょう。 DHC プロテインダイエット 3. オルビス プチシェイク 利用者の声 ・牛乳で混ぜて飲むタイプなので、味は美味しい。 ・腹持ちが悪い ・1食に必要な栄養素がカバーできていないため、続けるには食事で栄養面を考えないといけなくなる。 元々牛乳と割って飲むタイプなので栄養の面でも不十分なところがあるようですが、味は美味しいので牛乳好きには良いでしょう。 置き換えとしては不十分ということですが、こちらも食事と合わせていくと続けることが可能でしょう。 また、比較的安価なため、気軽にお試しにやってみよう!という気を起こさせてくれるので初プロテインの人におススメです。 オルビス プチシェイク まとめ ダイエットって人に合ったやり方があるものです。 女性にピッタリのプロテインダイエット、ぜひチャレンジしてみませんか? 本当に色々な商品が出ていて選ぶのも楽しいですし、自分に合った無理のない方法が見つかるはずです。 プロテインダイエットで、食事制限だけ、運動だけのダイエットでは得ることが出来ない、美しさを手に入れましょう! 一流の経営者は外見も内面も美しい!.

次の

プロテインダイエットの驚きの3つの効果とその方法に迫る!

プロテインダイエット 方法

プロテインを摂るタイミングを間違えると、もしかしたら逆効果になってしまっている!なんてことにもなりかねません。 食事でしっかりタンパク質が摂れているのに、さらにプロテインでタンパク質を補給する必要はありません! タンパク質分のカロリーが単純に加算され、結果的にカロリーオーバーになってしまう…なんてことも。 1日に何回もたくさんプロテインを摂っている プロテインって、多ければ多いほどいいんでしょ?と、1回にたくさん、1日に何回もプロテインを摂っている方も… 要注意!!! 実は、タンパク質は人それぞれ1日に摂るべき量が決まっています。 特にハードな運動をしない人の場合、理想は体重1kgに対して約1g。 つまり、体重が60kgの人で約60g!! これを超えて摂っても、単純にエネルギーとして体に吸収されたり、尿として出されたりするので、意味ナシっ! 太る原因にもなってしまいます。 じゃあ…プロテインはいつ摂ったらいいのおおおお!? 適当に摂るだけじゃ効果が無いとなると… じゃあいつ摂るのがいいの!? いつ摂ったら効果的に痩せられるの!? と騒ぐことなかれ!! 大丈夫。 難しいことはありません! 逆に、摂るタイミングさえ正しければ、プロテインは最強のダイエットの味方なんです!! そう、プロテインは摂るタイミングが命! プロテインで痩せるも太るも、摂るタイミング次第です。 おすすめは…1食プロテインに置き換えること!! やり方は簡単。 簡単でしょ…? 1食置き換えタイミング。 効果的なのはいつ? ご飯やおやつを1食置き換える、プロテインダイエット。 置き換えるならいつでもOKなのですが…さらにもっと効果を高めたい!という方に。 とっておきのプロテイン置き換えタイミングをご紹介! 一番お腹が空いているとき 空腹のときは、入ってきた食べ物の栄養を一番吸収しやすくなっています。 特に、 夜ご飯は日中のストレスから解放される反動で、たくさん食べてしまいがち! そんなときに頼れるのがプロテイン!! タンパク質は、食欲を抑制してくれる作用がある優れもの。 プロテインでタンパク質を摂れば、その分食欲が安定し、食べたい気持ちを抑えられます。 しかも、もちろん摂取カロリーも抑えられるので、満腹感を感じながらカロリー制限もできちゃいます! 間食 仕事の合間に、3時のおやつに、ついついお菓子に手が伸びてしまっている方… そこが、絶好のプロテイン置き換えタイミング!! チョコレートやケーキ、スナック菓子など、おやつでは余分なカロリーを多く摂取してしまいがち。 そこでぐぐっと留まって、プロテインに変えてみましょう。 そこでタンパク質を摂れば、筋肉がしっかり作られるんです!! 筋肉にとってのプロテイン黄金タイミングを逃さないように、運動後はすぐプロテインを摂取しましょう。 夜中のプロテイン…摂っても太らない? 帰りが遅くなって、夜ご飯を食べるのが夜遅くなってしまう… すぐ寝ることになるけど、プロテインって摂ってもいいの?逆に太らない!? なんて状況に悩んでいるあなた。 大丈夫! タンパク質は、脂肪になりにくい ご存知のとおり、プロテイン=タンパク質のこと。 そしてこのタンパク質、三大栄養素「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の中で、 一番脂肪になりにくいんです!! なので、夜食で他のご飯を食べるのと、プロテインを摂るのとでは話は別。 ついつい夜食を食べちゃう! 我慢してお腹が空きすぎて寝れない! って人は、プロテインを摂ったほうがむしろダイエットにいいかも!! でも、だからといってプロテインならなんでもいいってわけではありません。 夜遅くに摂るなら、糖質や脂質が低いものを選ぶのがとっても大切。 タンパク質を多く摂っても、その他の余分なカロリーが多いと意味がないので気をつけてくださいね。 それは、つまり筋肉量が多いカラダということ! タンパク質が不足すると筋肉量が落ちる原因になるので、常に体の中にタンパク質を絶やさないことが大切。 タンパク質は摂り溜めができないので、1回にたくさん摂っても意味ナシ。 こまめに摂ることが大事なんです! ちなみに、ボディビルダーの人は3時間おきにプロテインを摂るそう! ですが、ガチガチのマッチョを目指しているわけでなければ、そこまで気にする必要はありません。 運動の後などのタイミングを上手に利用して、こまめに摂ってみては? どんなプロテインでも一緒なの?どんなのがいいの!? 正しいタイミングで摂るプロテインが、ダイエットに有効ってことは分かった。 でも、プロテインならなんでもいいの? いろんな種類があって分からない!!! どうやって選んだらいいのおおお?? とプロテイン迷子になっている方へ。 ダイエットに使うプロテインを選ぶときに、気をつけるポイントは3つ! 低糖質・低脂質であること いくらタンパク質がしっかり摂れても、一緒に糖質や脂質もたくさんとってしまっては本末転倒。 プロテインダイエットをしているのに、痩せない…という事態に陥りかねません。 余分なカロリーを摂らないためにも、ダイエットに利用するプロテインは、低糖質・低脂質のものを選ぶのが鉄則です!! タンパク質が多く入っていること 1回のプロテインで必要なタンパク質量が摂れれば、余分なカロリーを摂る必要もなし。 なので、なるべくタンパク質量が多いものを選ぶのがおすすめ! 1回に体が吸収できるタンパク質が約20gと言われているので、1回のプロテインで20g摂れるものを選ぶのがベストです。 満腹感のあるもの どんなダイエットも、我慢をするのでは長続きしません。 ストレスが溜まり、反動でリバウンドしてしまうということも…。 それを避けるために、プロテインは満腹感のあるものを選びましょう! 1食置き換えのプロテインダイエットを行う場合などは特に、空腹にならないというのも大事。 ダイエットにおすすめのプロテインは…「SIXPACK プロテインバー」!! そんな条件を全て備えているおすすめのプロテインが… 「SIXPACK プロテインバー」!! このSIXPACK プロテインバー、ダイエットに活用するプロテインとしてとっても優秀なんです! まず、なんといっても低糖質・低脂質。 余分な糖質と脂質を極限まで落としていて、その数字はなんと、糖質5g・脂質4g クランベリー味。 他のプロテインバーと比べても格段に低いんです!! しかも、タンパク質含有量が非常に多い!! これ1本でタンパク質20gが摂れちゃうんです。 これは、他のバーの1. 5~2倍! カロリーを抑えながら多くのタンパク質が摂れるのでとても効率が良く、ダイエットにピッタリ!! 最強のプロテインバーなんです。 買ってみたい!!けど、安く買えないの…? そんなにいいなら、SIXPACK プロテインバーを使ってみたい!! でも、どうせ買うならできるだけ安く買いたい。 どうやって買うのがいいの? と悩んでいるあなたに! SIXPACK プロテインバーが安く買えるとっておきの方法を伝授。 正しく摂って、素敵なボディを手に入れましょう!.

次の

DHCプロテインダイエットで痩せる効果を得る3つの方法と7つのポイント

プロテインダイエット 方法

本日はプロテインで痩せることができるのか?ダイエットに効果的な飲み方などを解説したいと思います。 ダイエットは本当にいろいろなものがありどれを実践すればよいのか?わからない。。。 という人も多いことでしょう。 正直、どれでもダイエット効果はあると思いますし、何よりも自分に合っているものを実践すればそれでよいのです。 しかし、ダイエットの基本を理解していないとおそらくどんなダイエットに取り組んでも痩せることはできないでしょうね。 たとえば、「何かを食べて痩せるダイエット方法」など食品系のダイエット。 もし、これを実践するのであれば知っておかないといけないことがあります。 それは…「食べたからと言って痩せるものではない。 」ということです。 確かに、カプサイシンなど脂肪燃焼効果の高い成分が含まれているから食べれば痩せるというのはある意味理論的です。 ただ、その成分で燃焼できるエネルギーには限界があります。 ジム通いをされている人ならプロテインを飲んでいる人も多いでしょう。 そこで、今回はプロテインダイエットに焦点を当ててみたいと思います。 【基本】ダイエットを成功させるにはどうすればよいのか? これについては、以前もお話ししたことがありますが、記事を読んでいない方のために復習をします。 このことさえ理解できていればそう簡単に太ることもないでしょうし、現在太っている人はある程度まではダイエットを成功させられるはずです。 実際、私は8年間体脂肪率は10%以下を維持していますので、一過性な方法ではなく長期的に使える方法です。 1.有酸素運動は大きな効果はない エネルギーの消費を行うものは何をご想像されますか?「有酸素運動?」「筋トレ?」…まあ、確かに有酸素運動を行うと体中が熱くなり汗もだらだら流れますのでそれだけ脂肪が燃焼されているようにも思えます。 ところが、実際のところ大して燃焼できていないのです。 もし、有酸素運動をされている人は自分の運動のカロリー計算を行ってみてください。 計算が面倒ならジムでランニングマシンやエアロバイクの消費カロリーを確認してみてください。 1時間頑張っても600~700キロカロリーがいいところかと思います。 これってランチ1回食べただけでオーバーしてしまうレベルなので、有酸素運動を行うのは良いですが、大して重要ではなく補助的な効果しかないことを認識してください。 2.一番エネルギー消費が高いのは基礎代謝 一番消費カロリーの比重が大きいのは基礎代謝です。 これに勝るモノはありません。 もちろん、プロアスリートなど1日中トレーニングを行っている人たちであれば運動で消費できるエネルギーは基礎代謝の数倍ぐらいになりますが、普通の人が真似することは難しいです。 そのような時間もなければ、体力、筋力もないです。 なので、ダイエットを成功させたいなら基礎代謝を利用しましょう。 基礎代謝と日常生活で消費するエネルギーを合わせれば、成人男性2500kcal、成人女性2000kcalです。 普段、ジムなどでトレーニングを行っているならこれに500kcalほどは追加してもよいでしょう。 3.消費エネルギーと摂取エネルギーのバランス 基礎代謝と運動代謝による消費カロリーが大体どれぐらいなのか判断で来たら、カロリーや糖質のコントロールを行います。 糖質に関しては1日ご飯二膳程度にしておけばそこまで太ることは考えにくいです。 もちろん、夜遅くに食べるとかイレギュラーなことはなしとした場合です。 これが食事制限の基本です。 まあ、実際問題、糖質のほうが、脂質、タンパク質よりも太りやすいので気を付ける必要があります。 逆に、脂質、タンパク質であればそこまで太らないのでどうしてもカロリー制限ができないなら糖質を最小限に抑えれば何とかなります。 これらを踏まえたうえでプロテインダイエットについて解説していきたいと思います。 プロテインの特徴を理解しておく プロテインでダイエットを実践する前にプロテインを飲むことでどのような効果があり、どのような特徴があるのか理解しておくと、プロテインダイエットもより成功させやすくなるのではないかと思います。 1.プロテインを飲んでも痩せない 厳密にいえばプロテインに脂肪燃焼効果はないこともないです。 細胞の新陳代謝を促すため多少はカロリーを消費させます。 ただ、劇的な効果があるかというとそれはないので飲んだからといって痩せるものでもありません。 2.腹持ちが良い プロテインの種類にもよります。 ホエイプロテインの場合は吸収スピードが速いので、腹持ちは良くはありません。 しかし、同じ動物性でもカゼインプロテイン、植物性のソイプロテインなどは吸収の速度が遅いため腹持ちもよくなります。 3.栄養価が高い プロテインといえばタンパク質を粉末にしたものです。 そのため、プロテインを飲むだけでタンパク質の摂取量を満たすことができるのです。 特に食事を制限するダイエットを行っているとタンパク質を消費。 筋肉が分解されやすくなる場合もありますのでプロテインを活用することはおすすめです。 プロテインダイエットの実践法 1.置き換えダイエット プロテインダイエットの一番簡単な方法は置き換えダイエットに活用することです。 例えば、いつも夜ご飯が遅くなるならプロテインを飲んで終えるとか。 しっかりと食べるのは二食にして一食はプロテインだけにします。 例えば私の場合は朝はプロテイン、サプリメント、フルーツだけですが1食まともに食べません。 このように一食をプロテインにするだけでもエネルギーの摂取はかなり抑えられます。 これに関してはスプーン二匙のプロテインを一度に飲めばかなり摂取できるでしょう。 もちろん、体重にもよりますが、1匙10g~15g程度なので、1回20~30gとして、3回飲めば60~90gとなります。 体重60kgの方ならこれで充分です。 プロテインの摂取量が欠乏してしまいますと、筋肉が消費される可能性が高いので、基本となる摂取量は満たしておくべきです。 3.空腹時にプロテインを飲む お腹が減ると何か食べたくなりますよね?お昼を過ぎて夕飯前に何かを食べる。 ここで甘いケーキやお菓子を食べてしまいますとなかなか痩せられません。 そこで、プロテインを一杯飲んでおくのです。 プロテインを一杯飲むだけでも。 特にソイプロテインやカゼインプロテインであれば数時間は空腹を抑えられるので夕飯とのタイミングを計って飲むとよいかと思います。 また、空腹を抑えるということは筋肉の分解も避けることができるため代謝を落とさない効果も期待できるのです。 プロテインダイエットまとめ いかがでしょうか?本日はプロテインダイエットについて私が思ったことについて書いてみました。 要するに、プロテイン自体には大きな脂肪燃焼効果は期待できません。 ただし、プロテインを糖質の代わりに飲む。 朝ご飯パンを食べているならそれをカットするためにプロテインやサプリメントなどにするだけでもお腹は満たされますし、血糖値上昇からの脂肪蓄積を避けることもできます。 このようにプロテインはどのように活用するか?これがダイエットを成功させる秘訣なのです。 失敗例としてはプロテインがダイエット効果が高いと思って高カロリー、高糖質の食事を摂取するということです。 このようなエネルギー摂取の仕方をしていると痩せるものも痩せなくなりますので注意しましょう。

次の