三重 県 コロナ 最新 情報。 【三重コロナ】三重県明和町で新型コロナウイルス感染者が確認される

【三重コロナ】三重県明和町で新型コロナウイルス感染者が確認される

三重 県 コロナ 最新 情報

1 基本的な考え方 4月16日、全都道府県を対象に「緊急事態宣言」が発出され、本県においても、新型コロナウイルス感染症への対応は、これまでと異なるフェーズに突入しています。 本県では、4月21日時点において、41名の感染が確認されており、今まで発生していなかった地域へも拡大しています。 また、新型コロナウイルス感染症の影響により、さまざまな業種で売上や受注の急減、生産活動の停滞、雇用の維持などの課題が拡大しています。 県ではこれまで県内経済への影響を最小限とするため、3月13日に緊急経済対策を取りまとめ、県内事業者や県民の皆様の不安解消に向けた対応を迅速に実施してきたところです。 今般、一層、緊迫度を増す情勢の変化を踏まえ、直面する危機を乗り越えるための対策等をとりまとめた「新型コロナウイルス感染症に関する三重県緊急総合対策」を策定しました。 県民の皆様、市町、関係機関の皆様と一丸になり、「オール三重」で一致団結して、スピード感をもって各施策を実行していきます。 2 対策の主な内容(抜粋) 【休業要請に対する協力金】 感染症の拡大を阻止するため、県が行う緊急事態措置による休業要請や依頼に全面協力いただける中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)に対して、県と市町が協調して協力金を交付します。 (雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課:059-224-2335) 【新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる宿泊予約延期協力金】 ゴールデンウィーク期間中の宿泊予約者に予約の延期を依頼するなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に協力いただく宿泊事業者に対して協力金を交付します。 (雇用経済部観光局 観光政策課:059-224-2520) 【中小企業金融対策事業による支援策】 詳細は県HP「新型コロナウイルス感染症に係る中小企業・小規模企業を対象とした支援策について」をご確認ください。 【マスク・消毒液等の確保】 依然としてマスクや消毒液の需給が逼迫する状態が続いているため、感染の予防・拡大防止に向け、引き続き、国からの優先供給の活用や県独自での調達のほか、広く寄附を呼びかけるなど、マスクや消毒液の安定的な確保に取り組みます。 (医療保健部 薬務感染症対策課:059-224-2352) 【マスク・消毒液等の生産設備投資への補助】 マスクや消毒液等の入手が困難な状況を解消し、県内の事業者が異業種からでもこうした感染予防品等の製造に参入し、県民の安心・安全の確保に資するよう、新たにマスクや消毒液等の製造設備の投資等への補助を行います。 (雇用経済部 企業誘致推進課:059-224-2819) 【PCR検査体制の強化等】 今後、さらに検査数が増加した場合でも確実にPCR検査を実施するため、検査機器の追加配備や検査に用いる試薬の確保のほか、検査を行う人員を増員し、検査体制の充実を図ります。 また、民間検査機関や県内医療機関でも検査を実施することが可能となったことから、民間検査機関の活用を進めるとともに、三重大学医学部附属病院等における検査機器の増設に対して支援を行うなど、さらなる検査体制の強化に取り組みます。 (医療保健部 薬務感染症対策課:059-224-2352) 【感染拡大に備えた病床の確保】 感染の拡大による患者の増加に備えて、地域性もふまえ、速やかな受け入れが可能となるよう、感染症病床(24床)に加え、一般病床を約100床確保したところであり、空床確保に要する経費の支援を行います。 一方で、新型コロナウイルス感染症以外の病気への対応も重要であるため、そのバランスも考慮しながら、さらなる病床の確保に向け医療機関等との調整を進めていきます。 (医療保健部 薬務感染症対策課:059-224-2352) 【利子補給】 農業者や漁業者の事業継続を支援し、経営改善や経営安定を図るため、農業経営近代化資金の融資枠を12億円から22億円に、漁業経営維持安定資金の融資枠を1億円から10億円に拡大するほか、国・県が利子・保証料を負担することで当初5年間の無利子化・保証料の無償化を行い、農林漁業者の負担を軽減します。 (農林水産部 担い手支援課:059-224-2354) (農林水産部 水産振興課:059-224-2606) 【ECサイト等を活用した事業者支援】 観光客の減少による土産物・加工品の販売不振、外食需要の減退、催事・展示会の中止など、県産農林水産物や加工品、地場産品の売り上げが急激に落ち込むなど県内事業者は危機的な状況に直面しています。 そこで、過剰となった在庫を消費につなげるとともに、落ち込んだ売り上げを回復するため、広く県内外への情報発信による、直接販売が可能なポータルサイトを開設し、県内事業者の新たな販路開拓を支援するとともに、官民一体型県産品購入促進キャンペーンを実施することで消費喚起につなげます。 (農林水産部 フードイノベーション課:059-224-2395) (雇用経済部 三重県営業本部担当課:059-224-2386) 【児童生徒の学びを保障するためのICT環境整備】 県立学校と家庭をインターネットでつなぎ、臨時休業時に児童生徒が家庭で授業を受講することができるよう、オンライン教育を実施する環境整備を進めます。 (教育委員会事務局 高校教育課:059-224-3002) 【県立学校の登下校時の混雑回避のためのバスの運行】 県立高等学校・特別支援学校において、登下校時における「3つの密」を回避するため、新たにバスの運行やスクールバスの増便を行います。 新型コロナウイルス感染症に関する三重県緊急総合対策 1MB 関連リンク•

次の

5月8日更新【三重県】コロナウイルスの感染者状況やマスクなどの情報まとめ

三重 県 コロナ 最新 情報

18日発表の県内33~35例目についてです。 33例目は松阪市在住の診療所(浜田内科胃腸科)で放射線技師をされている方、34例目は26例目(四日市市、会社員、死亡)の職場の同僚の方、35例目は23例目(菰野町在住のホテル花水木寿司職人)のご家族です。 感染経路が推定されるものがほとんどであるものの、この3日間で15例確認されていることから、明日20日から開始する緊急事態措置を踏まえ、県民の皆様には移動自粛等へのご協力を強くお願い申し上げます。 【33例目】 30代、男性(日本籍)、松阪市在住の住職で放射線技師・超音波技師として浜田内科胃腸科(松阪市久保町)に勤務されている方です。 感染経路の可能性として一定の情報があり、急ぎ確認を行っています。 マスクを着用していましたが、発症後に合計20名程の患者と接触があったことから、18日からクラスター対策グループを投入し、対応しているところです。 浜田内科胃腸科は4月18日から5月6日まで臨時休診とのことです。 なお、発症後に住職としての仕事はされていませんし、仕事以外の外出はされてません。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm 【34例目】 60代、男性(日本籍)、四日市市在住の会社員の方です。 26例目 四日市市、死亡 の職場の同僚の方です。 12日に症状が出現してからは医療機関以外は外出しておらず、医療機関受診時はマスクを着用していました。 その他については現在、保健所の設置市である四日市市において調査が行われますので、県としても連携を密にして、県民の皆様の不安解消に努めていきます。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm 【35例目】 50代、女性(日本籍)、菰野町在住の会社員で、県内23例目(菰野町在住でホテル花水木の舟寿司に勤務されている調理師の方)の配偶者です。 現在、症状はありませんが、県内の医療機関に入院調整中です。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm.

次の

三重県|感染症:新型コロナウイルス感染症の発生状況

三重 県 コロナ 最新 情報

18日発表の県内33~35例目についてです。 33例目は松阪市在住の診療所(浜田内科胃腸科)で放射線技師をされている方、34例目は26例目(四日市市、会社員、死亡)の職場の同僚の方、35例目は23例目(菰野町在住のホテル花水木寿司職人)のご家族です。 感染経路が推定されるものがほとんどであるものの、この3日間で15例確認されていることから、明日20日から開始する緊急事態措置を踏まえ、県民の皆様には移動自粛等へのご協力を強くお願い申し上げます。 【33例目】 30代、男性(日本籍)、松阪市在住の住職で放射線技師・超音波技師として浜田内科胃腸科(松阪市久保町)に勤務されている方です。 感染経路の可能性として一定の情報があり、急ぎ確認を行っています。 マスクを着用していましたが、発症後に合計20名程の患者と接触があったことから、18日からクラスター対策グループを投入し、対応しているところです。 浜田内科胃腸科は4月18日から5月6日まで臨時休診とのことです。 なお、発症後に住職としての仕事はされていませんし、仕事以外の外出はされてません。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm 【34例目】 60代、男性(日本籍)、四日市市在住の会社員の方です。 26例目 四日市市、死亡 の職場の同僚の方です。 12日に症状が出現してからは医療機関以外は外出しておらず、医療機関受診時はマスクを着用していました。 その他については現在、保健所の設置市である四日市市において調査が行われますので、県としても連携を密にして、県民の皆様の不安解消に努めていきます。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm 【35例目】 50代、女性(日本籍)、菰野町在住の会社員で、県内23例目(菰野町在住でホテル花水木の舟寿司に勤務されている調理師の方)の配偶者です。 現在、症状はありませんが、県内の医療機関に入院調整中です。 詳細は下記リンクご覧下さい。 pref. mie. htm.

次の