アサヒ ゴールド ラベル。 アサヒ ゴールドラベル [オリンピック開催1年前に発売された限定醸造ビール]

東京2020大会を盛り上げる!限定醸造「アサヒ ゴールドラベル」発売

アサヒ ゴールド ラベル

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、開催まで約1年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の機運醸成を目的に、特別限定醸造の生ビール『アサヒ ゴールドラベル』を7月2日(火)より期間限定商品として発売します。 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会観戦チケットが当たる!」キャンペーンパックも7月2日(火)から発売します。 『アサヒ ゴールドラベル』は、東京2020大会1年前を記念し、発売する特別限定醸造の生ビールです。 原材料には、厳選した麦芽とファインアロマホップを一部使用し、華やかな香りとしっかりとした飲みごたえを実現しました。 パッケージには、「GO for 2020」や東京2020エンブレムを正面に配置することで、東京2020大会開催への期待感を訴求するデザインとしています。 東京2020大会オフィシャルビールの『アサヒ スーパードライ』を始めたとした10ブランドを対象とし、東京2020大会の観戦ペアチケットが抽選で総計100組200名様に当たるキャンペーンです。 これらの対象商品は、既に販売計画の2. 5倍に迫る約80万ケースの注文を頂いており、市場からの関心の高さがうかがえます。 東京2020オリンピック開催1年前の7月24日(水)からは、新ジャンルの基幹ブランド『クリアアサヒ』において、「東京2020オリンピック・パラリンピック応援」キャンペーンを実施します。 『クリアアサヒ』缶500ml・缶350mlに貼付されているシールを、ご希望の賞品の必要枚数分集めて応募いただくと、抽選で総計10、000名様に、東京2020大会のオフィシャルパートナーの賞品などが当たります。 これまで、料飲店などの業務用市場では、47都道府県ごとにラベルのデザインが異なる『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 都道府県限定ラベル』(中びん500ml・全47種類)の発売や、「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック・パラリンピック555mlジョッキ」を展開してきました。 スーパーやコンビニなどの家庭用市場では、『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 エリア限定パック』(缶350ml、缶500ml・全11種類)を発売しました。 今後も東京2020大会開催に向けて、様々なプロモーションを展開し、東京2020大会の機運醸成を図っていきます。 ・キャンペーンカートン(『アサヒ ゴールドラベル』のみ) 対象商品のカートンの底面に掲載の応募券(4口分)を市販のはがきに貼り付け、住所・氏名など必要事項をご記入のうえ、切手を貼付してご投函いただき、抽選で当たります。 当選の発表は、「ご当選案内 通知状」の発送をもって代えさせていただきます。 C賞:キャンペーン応募締切後、厳正なる抽選を実施の上、当選された方を決定します。 当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 なお、2020年1月上旬頃の発送を予定しております。

次の

アサヒ「ゴールドラベル」飲んでみました!^^(レビュー)|呑み助調理師のおいしいビールの話

アサヒ ゴールド ラベル

ショーも御多分にもれず、針の穴ほどのチケット争奪戦に参戦! 結果… すべて落選しました!! それなりにマイナーなスポーツを入れといたんですけど、土日開催の2020円チケットの競技ばかりを狙っていたので落選したのかもしれません。 そんなオリンピック観戦ドリームの前に敗れたエンジェルたちに朗報です!! 東京オリンピックの公式スポンサーのアサヒビールでは、 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会観戦チケットが当たる!」キャンペーンパックを発売しました。 同時に、東京2020大会1年前を記念しした特別限定醸造の生ビールとして アサヒ ゴールドラベルが発売されました。 すでにスーパードライなどのオリンピックデザイン缶は発売されていますが、 東京オリンピックをテーマにしたビールはこちらが初めてです。 アサヒビールのイメージカラーといえば スーパードライの銀色が頭に浮かびますが、やはりオリンピックだからか、パッケージは金メダルをあしらったデザインになっています。 メッセージを盛り込んでいて素敵ですね。 プレスリリースによると、 厳選した麦芽とファインアロマホップを一部使用し、華やかな香りとしっかりとした飲みごたえを実現しました。 これを読む限りだと、ビールのこれといった特徴はリリースされていませんでしたので、飲むまでワクワクしていました。 いざ乾杯! ゴールドラベルと名乗るだけあって、 ビールの色はまさにゴールド。 アサヒさんにしては若干濃いような印象かな。 まず鼻を近づけると、 スーパードライにあるようなスッキリしたホップの香りがします。 さて乾杯。 おぉ、 これは 甘い! 麦芽由来の甘みが強く出ていて、ビール原料の麦汁っぽい感じがします。 もともと麦芽の糖度が高かったのか、アルコール分解を控えたのか、いずれにせよ麦芽の甘みです。 淡色ですが、カラメルっぽさも顔を出します。 口当たりの良さに加えてライトボディなのでスイスイ飲めます。 いわゆるアサヒっぽいキレはなく、甘みがずっと継続。 飲み終えた後に時折、 甘さの裏からキリッとした苦みが出てきます。 こういうアクセント、悪くないよね。 香りの強さ 苦味の強さ 酸味の強さ 甘みの強さ のどごしの良さ.

次の

アサヒ ゴールドラベル [オリンピック開催1年前に発売された限定醸造ビール]

アサヒ ゴールド ラベル

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、開催まで約1年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の機運醸成を目的に、特別限定醸造の生ビール『アサヒ ゴールドラベル』を7月2日(火)より期間限定商品として発売します。 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会観戦チケットが当たる!」キャンペーンパックも7月2日(火)から発売します。 『アサヒ ゴールドラベル』は、東京2020大会1年前を記念し、発売する特別限定醸造の生ビールです。 原材料には、厳選した麦芽とファインアロマホップを一部使用し、華やかな香りとしっかりとした飲みごたえを実現しました。 パッケージには、「GO for 2020」や東京2020エンブレムを正面に配置することで、東京2020大会開催への期待感を訴求するデザインとしています。 東京2020大会オフィシャルビールの『アサヒ スーパードライ』を始めたとした10ブランドを対象とし、東京2020大会の観戦ペアチケットが抽選で総計100組200名様に当たるキャンペーンです。 これらの対象商品は、既に販売計画の2. 5倍に迫る約80万ケースの注文を頂いており、市場からの関心の高さがうかがえます。 東京2020オリンピック開催1年前の7月24日(水)からは、新ジャンルの基幹ブランド『クリアアサヒ』において、「東京2020オリンピック・パラリンピック応援」キャンペーンを実施します。 『クリアアサヒ』缶500ml・缶350mlに貼付されているシールを、ご希望の賞品の必要枚数分集めて応募いただくと、抽選で総計10、000名様に、東京2020大会のオフィシャルパートナーの賞品などが当たります。 これまで、料飲店などの業務用市場では、47都道府県ごとにラベルのデザインが異なる『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 都道府県限定ラベル』(中びん500ml・全47種類)の発売や、「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック・パラリンピック555mlジョッキ」を展開してきました。 スーパーやコンビニなどの家庭用市場では、『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 エリア限定パック』(缶350ml、缶500ml・全11種類)を発売しました。 今後も東京2020大会開催に向けて、様々なプロモーションを展開し、東京2020大会の機運醸成を図っていきます。 ・キャンペーンカートン(『アサヒ ゴールドラベル』のみ) 対象商品のカートンの底面に掲載の応募券(4口分)を市販のはがきに貼り付け、住所・氏名など必要事項をご記入のうえ、切手を貼付してご投函いただき、抽選で当たります。 当選の発表は、「ご当選案内 通知状」の発送をもって代えさせていただきます。 C賞:キャンペーン応募締切後、厳正なる抽選を実施の上、当選された方を決定します。 当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 なお、2020年1月上旬頃の発送を予定しております。

次の