沖 ドキ ひかり 方。 美ら沖(ちゅらおき) スロット 天井 設定判別 打ち方 解析

沖ドキ トロピカル 光り方・テンパイ音・モード・やめ時・光り方動画

沖 ドキ ひかり 方

沖ドキはボーナス(内部的にはATとなります)のみで出玉を獲得していく、シンプルなゲーム性でありながら、1ゲーム連や早いゲーム数での連チャンにも期待が持て、ホールの稼働状況もとてもいいです。 沖ドキのボーナスは70ゲーム継続のBIG(平均210枚)と、30ゲーム継続のREG(平均90枚)の2種類あります。 いずれも1ゲームあたりの純増は約3. 0枚で、当選時はハイビスカスランプの点滅で告知されます。 この沖ドキボーナスへは、通常時の毎ゲーム抽選と、特定小役成立時の一部で突入します。 当選時は押し順ナビに従うだけでボーナス絵柄が揃うので、目押しが苦手な方でも気軽に楽しめます。 沖ドキボーナス中は、特定小役成立時などで1ゲーム連の抽選が行われ、リール右側にある「カナちゃんランプ」点灯でBIGが1ゲーム連チャンしたりします。 さらに、「カナちゃんランプ」の上に位置する「ドキドキランプ」が点灯した場合は、高モード滞在濃厚で、早いゲーム数での連チャンが期待できます。 なお、沖ドキのハイビスカスランプの光り方には数多くのパターンが存在し、その種類によって高モードなどを示唆する役割があります。 いつもと違う告知パターンの光り方に期待しよう。 上記のように、沖ドキはハイビスカスの光り方や7のテンパイ音でモードを示唆しています。 沖ドキ 光り方 モード示唆演出 モード別・沖ドキのハイビスカス光り方点灯パターン振り分け解析 ・青文字:ヤメ時注意点灯パターン ・ピンク文字:辞めてはいけない点灯パターン ・赤字文字:32G以内の連チャン確定 沖ドキ 光り方 点灯パターン 通常A 通常B 天国 通常点滅 93. 特に沖ドキの光り方で注意すべき点灯パターン「スロー点灯」「高速点灯」「同時点滅系」です。 沖ドキ 光り方 スロー点滅・高速点滅 沖ドキの光り方でこのパターンが出たら連チャンまで打ち切りです。 また、例外や考察は以下の通りとなています。 通常Aでこの沖ドキの光り方の点灯パターンは0. 引き戻しモードへは連チャン後しか移行しないので、前回のボーナスが32ゲーム以内の当たりで無い場合はほぼ通常Bという事になります。 引き戻しモードの天井が200ゲームですので、200ゲームを越えた場合も通常Bがほぼ確定となります。 沖ドキの通常Bは、どのゲーム数からから打っても3000円ほどの期待値がありますので、ここで辞めることはありません。 ですが、若干通常Aの可能性があるのと、高速点滅でも徐々に高速になるパターンは、この限りでは無いので注意するようにして下さい。 沖ドキ 光り方 同時点滅系 この沖ドキ光り方の場合は、通常B以上が確定です。 基本的には連チャンまで打ち切っても大丈夫ですが、上記と同様に引き戻しモードに注意が必要です。 沖ドキ 光り方 天国モード抜け時の沖ドキの光り方 ご存知の通り沖ドキは光り方でモード判別しています。 この沖ドキの光り方の判別は天国モードの時にも必須です。 特に、天国モードの最終のボーナスが、「三三七拍子」「高速」「スロー」「同時」「通常から同時」の場合は、引き戻しや通常Bの可能性があります。 ですので、引き戻しを確認して、引き戻しはないと判断したら即ヤメするのが、沖ドキの立ち回りとしてはベターな方法です。 ちなみに、引き戻しモードは天井が200ゲームですので、天井ゲーム数まで消化するのですが、履歴を確認して奇数設定の可能性が高いと予測できた場合は、100ゲームを基準としてヤメるか、32ゲームでヤメるのも、沖ドキの立ち回りとしてはベターなやり方です。 予断ですが、天国モード中での三三七拍子は、他の沖ドキの光り方よりも次回モードが天国ではない可能性が高いので注意が必要です。 考え方としては、通常Aの可能性は低くて、通常Bと引き戻しは若干引き戻しの比率が高いといった感じです。 ですので、通常Aに比べ、通常Bと引き戻しの可能性が高いです。 この場合の沖ドキの立ち回りとしては、200ゲーム以内に当たった場合は天国モードを否定して即ヤメし、200ゲームを超えた場合は天国モードに突入するまで打ち切ります。 謎のベールに包まれた究極打法 沖ドキ 強制天井到達打法 沖ドキがついに丸裸に!! 「1ゲーム連で先にカナランがつくのと後でカナランがつく事の違いを教えて下さい。 」 「レア役で転落抽選はありますか? 」 「連荘ゾーンを教えてください」 「遅れによる当選無しは通常B滞在という事なのでしょうか? 」 さらには、「ボーナスも、めぼしい確定役も入っていないのに、大連荘! ありえないんですが?? 」 「こないださりげなく両手を器用に使って打ってた人がいた! なんで???? 」 などなど。 これまで、沖ドキについて色々と質問を頂いたにも関わらず、中には明確な回答を避けることがあったと思います。 その理由は、沖ドキには必ず大儲け出来る超攻略法があると知っていたからです。 ごめんなさい。 勝利のカギは強制天井到達打法 強制天井到達打法を仕込むだけで、内部でゲーム数をカウントする信号バグを発動させ、強制的に天井に到達。 あとは、そのまま打つだけで自動的にボーナスが直撃する。 しかも、強制天井到達打法の手順は初心者でも簡単に対応できるレベルなので、しっかりと覚えて実践じてください。 あの難攻不落といわれた沖ドキが、強制的に天井が確定すると言えるまさに奇跡の攻略法!! 出玉が削られ、液晶の派手さだけで客を繋ぎ止めているパチスロ業界。 そんな暗黒の時代に、沖ドキの強制天井到達打法一筋の光が差し込みます。 強制的に天井に到達させてボーナスが直撃できるので、入手された方は慎重に稼ぐようにして下さい。 沖ドキ 光り方 感想 今日沖ドキの光り方で特殊点滅で、レギュラーがきて、ドキドキの光り方だなと思って消化し、次のボーナス中にベルだったのでカナちゃんが光り1ゲーム連やと思ってボーナス終了後レバー叩いたらフリーズでした! かなり打ちこんだのですが、この沖ドキの光り方でフリーズは初めてでびっくりしました!! 沖ドキの光り方で常灯BBからで32ゲームスルーした場合はAよりBの可能性が高いです。 ですので余裕があるなら追うのも有り~徹底するなら同時以外は追わないほうがいいのです。 たとえ沖ドキの光り方で同時でも…奇数ならBループありえますから次で上がる保証はどこにもないのです。

次の

沖ドキ 3連チェリー 中段チェリー フリーズの確率と恩恵

沖 ドキ ひかり 方

沖ドキデータのみでの考察。 -264000円。 1台あたり-169枚、3384円のマイナスを叩いていることになる。 結果、沖ドキ今までで自己最低の下ブレ-23万円を突破してきた。 しかもまだ現在進行形で更新していく可能性もかなりあるマイナスだ。 沖ドキのみ機種収支で、5月から9月の今まで5か月連続マイナス中。 ちなみに5月はGW後沖ドキの全リセ環境が終わったというタイミングでもある。 そこに凱旋リセットも割って入って来ていたのでかなりのバブル環境だった。 環境悪化判断後そこから4か月で沖ドキは50台しか打ってなく、メインから外れているのは自己判断でそこに不満はない。 その前の4か月はメイン機種として約5倍の250台ほど消化してる。 不調になったのか、平均設定が落ちたのか、立ち回り精度が下がったのか。 もしくはその全てか。 頻度を減らしたのがいけないのか、もしくはそれが成功しているのか。 凱旋やエヴァ槍が忙しくて台数は打ててないけど打つ場合は結構選んでいるつもりでこの結果。 ついにはゴッド凱旋に今年の機種別総収支を抜かされてしまった。 沖ドキ2015年機種別収支首位陥落。 そして迫るエヴァ槍。 上位三つ巴の2015年結果はどうなる? ちなみに4位以降はハナビ、金太郎、バジリスク絆、鉄拳3と続く。 どれも2015年僕の稼動のメインを一時張っていた機種達だ。 2015年の話なのに結構昔に感じるもんだね。 で、肝心な今後の方針だけど、「変更なし」で行く。 今までと変わらず打ちたい、打てると判断した台を躊躇なく打っていく。 前は沖ドキ-23万円で最低収支更新って書いたらフリーズして一撃最高の8000枚出たから今度は一撃万枚出ちゃうかな(どんだけポジティブー) カナちゃんそろそろ振り向いてよね。 僕レベルの立ち回りだとこれくらい負けて、これ位展開荒れるってのの参考にどうぞ。 沖ドキのモードB狙い約1か月半ぶりのデータ報告。 現在完全メインではなく、ハナビやゴッド凱旋、今ではゴッドイーターなどとの併用メイン扱いでの立ち回りとなっている。 ほぼただ働きレベルだがその紆余曲折はなかなか。 そこから現在までで-7431枚の大幅マイナス。 やはり安定とはほど遠い機種だと言える。 連続単発記録、日をまたいで8に更新。 連チャン突入率はあまり動かない感じになってきているが、平均獲得枚数はまだまだ結構動く印象。 安定感の無さと試行回数の少なさを物語る。 わっちょー、とりこぼし・・・じゃないな。 確定役リーチ目2リール確定ラッキー。 中リールオレンジチェリーハサミは沖ドキ絵柄の中でもかなり強い出目。 ギリシャで荒れ相場になっていい波来るので相場やる予定。 自分に合わないとかなって暇だなーってなったらスロ行くかも。 くれぐれも「台風でちょっとオラの船見に行ってくる」みたいな危険な行為をしないようリスク許容度の中で楽しくやるのを意識して。 常に冷静にのんびり自分の乗れる波を見極めてくが吉。 前記事微妙に修正したりしたので相場関連気になる人は一応見ておいて。 土曜沖ドキは3台中2台天国で内1台ドキドキモード。 最近ドキドキモードフラグが軽くて嬉しい。 しょぼく終わっても3連、ありがたい限り。 他はミリゴ凱旋1台単発と金太郎設定変更台4台消化。 凱旋の天国つえーなぁ。 ミリゴ凱旋の止め時を32回転から29回転目安に若干修正。 当たる時は大抵3G以上の派手な前兆が絡むため。 本前兆スタートの時はいまんとこ初っ端から液晶ざわつきまくり。 ここからどこまで短くできるのか?今はまだ慎重に取りこぼさないように検証段階。 1回の初当たりの価値が大きいから慎重。 土曜はサラリーマン金太郎に時間とられて他はあまり打てず。 祭りっつっても2回だけど。 パチスロ勝ち。 さて、これで僕の今の立ち回りでの希望している数字とほぼリンクする状態にまで到達。 スロマガ解析値シミュレート設定1モードB0回転スタートの期待値とほぼ同じレベル。 打ってるのは全部モードBじゃないのにこれと同等の結果が出ているのはなぜか?答えはハマりからの天井到達だったり平均設定だったり。 今後平均設定が落ちてきたらまた落ちていくかもしれないな、と覚悟はしているけれど立ち回り精度もっとあげたりや、数字をなるべく維持更なる上昇ができるようレバー抽選頑張って行きたいと思う(レバー抽選は自分が介入できない頑張りようがない箇所やで 時給については原稿の方で書くことにしているので割愛。 計算できる人は大体予想できる数字は全て出してるのでご自由にどうぞ。 1台ごとで天国連チャンしなければほぼ捨てる今の立ち回りだと1台あたりの消化平均に1時間なんてかからないので今の結果で計算すると時給3k以上は確定、になるよね。 設定がありそうだと思ってる時だとやたらすごいことになってる。 これは新台入れ替えの打ち初めと同じ感覚。 そういえば今回のきっかけも沖ドキ増台からだった。 レア役解除とか増えてるからだとは思うけどここまで体感できるもんなのかは疑問。 でも考えたとおりに出やすそうだなと思ってる時に出るのは気分がいいね。 沖ドキはGW前までがエサまき期間で旬になるけど(現場で環境持つかは不明)稼動が飛んできたミリゴ凱旋、へたしたらGWこそかきいれどきに、なんてなったりしてね。 ありそうで困る。

次の

【沖ドキ】「沖ひかり」襲名プロジェクト#10

沖 ドキ ひかり 方

沖ドキデータのみでの考察。 -264000円。 1台あたり-169枚、3384円のマイナスを叩いていることになる。 結果、沖ドキ今までで自己最低の下ブレ-23万円を突破してきた。 しかもまだ現在進行形で更新していく可能性もかなりあるマイナスだ。 沖ドキのみ機種収支で、5月から9月の今まで5か月連続マイナス中。 ちなみに5月はGW後沖ドキの全リセ環境が終わったというタイミングでもある。 そこに凱旋リセットも割って入って来ていたのでかなりのバブル環境だった。 環境悪化判断後そこから4か月で沖ドキは50台しか打ってなく、メインから外れているのは自己判断でそこに不満はない。 その前の4か月はメイン機種として約5倍の250台ほど消化してる。 不調になったのか、平均設定が落ちたのか、立ち回り精度が下がったのか。 もしくはその全てか。 頻度を減らしたのがいけないのか、もしくはそれが成功しているのか。 凱旋やエヴァ槍が忙しくて台数は打ててないけど打つ場合は結構選んでいるつもりでこの結果。 ついにはゴッド凱旋に今年の機種別総収支を抜かされてしまった。 沖ドキ2015年機種別収支首位陥落。 そして迫るエヴァ槍。 上位三つ巴の2015年結果はどうなる? ちなみに4位以降はハナビ、金太郎、バジリスク絆、鉄拳3と続く。 どれも2015年僕の稼動のメインを一時張っていた機種達だ。 2015年の話なのに結構昔に感じるもんだね。 で、肝心な今後の方針だけど、「変更なし」で行く。 今までと変わらず打ちたい、打てると判断した台を躊躇なく打っていく。 前は沖ドキ-23万円で最低収支更新って書いたらフリーズして一撃最高の8000枚出たから今度は一撃万枚出ちゃうかな(どんだけポジティブー) カナちゃんそろそろ振り向いてよね。 僕レベルの立ち回りだとこれくらい負けて、これ位展開荒れるってのの参考にどうぞ。 沖ドキのモードB狙い約1か月半ぶりのデータ報告。 現在完全メインではなく、ハナビやゴッド凱旋、今ではゴッドイーターなどとの併用メイン扱いでの立ち回りとなっている。 ほぼただ働きレベルだがその紆余曲折はなかなか。 そこから現在までで-7431枚の大幅マイナス。 やはり安定とはほど遠い機種だと言える。 連続単発記録、日をまたいで8に更新。 連チャン突入率はあまり動かない感じになってきているが、平均獲得枚数はまだまだ結構動く印象。 安定感の無さと試行回数の少なさを物語る。 わっちょー、とりこぼし・・・じゃないな。 確定役リーチ目2リール確定ラッキー。 中リールオレンジチェリーハサミは沖ドキ絵柄の中でもかなり強い出目。 ギリシャで荒れ相場になっていい波来るので相場やる予定。 自分に合わないとかなって暇だなーってなったらスロ行くかも。 くれぐれも「台風でちょっとオラの船見に行ってくる」みたいな危険な行為をしないようリスク許容度の中で楽しくやるのを意識して。 常に冷静にのんびり自分の乗れる波を見極めてくが吉。 前記事微妙に修正したりしたので相場関連気になる人は一応見ておいて。 土曜沖ドキは3台中2台天国で内1台ドキドキモード。 最近ドキドキモードフラグが軽くて嬉しい。 しょぼく終わっても3連、ありがたい限り。 他はミリゴ凱旋1台単発と金太郎設定変更台4台消化。 凱旋の天国つえーなぁ。 ミリゴ凱旋の止め時を32回転から29回転目安に若干修正。 当たる時は大抵3G以上の派手な前兆が絡むため。 本前兆スタートの時はいまんとこ初っ端から液晶ざわつきまくり。 ここからどこまで短くできるのか?今はまだ慎重に取りこぼさないように検証段階。 1回の初当たりの価値が大きいから慎重。 土曜はサラリーマン金太郎に時間とられて他はあまり打てず。 祭りっつっても2回だけど。 パチスロ勝ち。 さて、これで僕の今の立ち回りでの希望している数字とほぼリンクする状態にまで到達。 スロマガ解析値シミュレート設定1モードB0回転スタートの期待値とほぼ同じレベル。 打ってるのは全部モードBじゃないのにこれと同等の結果が出ているのはなぜか?答えはハマりからの天井到達だったり平均設定だったり。 今後平均設定が落ちてきたらまた落ちていくかもしれないな、と覚悟はしているけれど立ち回り精度もっとあげたりや、数字をなるべく維持更なる上昇ができるようレバー抽選頑張って行きたいと思う(レバー抽選は自分が介入できない頑張りようがない箇所やで 時給については原稿の方で書くことにしているので割愛。 計算できる人は大体予想できる数字は全て出してるのでご自由にどうぞ。 1台ごとで天国連チャンしなければほぼ捨てる今の立ち回りだと1台あたりの消化平均に1時間なんてかからないので今の結果で計算すると時給3k以上は確定、になるよね。 設定がありそうだと思ってる時だとやたらすごいことになってる。 これは新台入れ替えの打ち初めと同じ感覚。 そういえば今回のきっかけも沖ドキ増台からだった。 レア役解除とか増えてるからだとは思うけどここまで体感できるもんなのかは疑問。 でも考えたとおりに出やすそうだなと思ってる時に出るのは気分がいいね。 沖ドキはGW前までがエサまき期間で旬になるけど(現場で環境持つかは不明)稼動が飛んできたミリゴ凱旋、へたしたらGWこそかきいれどきに、なんてなったりしてね。 ありそうで困る。

次の