カジ サック ホリエモン。 ホリエモンも注目の人!YouTuberとして大成功したカジサックと対談

キンコン梶原、家賃20万アップの理由→カジサックで相当儲けてるからな

カジ サック ホリエモン

Contents• キンコン梶原 サンシャイン池崎の家「公衆便所」発言を謝罪 言い訳が痛々しいにも程がある。 自分の子供がプレゼントしてくれた家を公衆便所呼ばわりされたらどう思うの?カジサック。 キンコン梶原 サンシャイン池崎の家「公衆便所」発言を謝罪 言い訳が痛々しいにも程がある。 自分の子供がプレゼントしてくれた家を公衆便所呼ばわりされたらどう思うの?カジサック。 — 未知との遭遇 michisogu カジサック が公衆便所ってイジった サンシャイン 池崎の実家、思った以上に普通の家だしむしろシンプルで良い家だった。 親に家買うとか中々出来ない親孝行だし池崎ほんま立派だと思う。 カジサック は地獄に落ちろ 炎上に対しカジサックさんは謝罪ツイートをしています。 このような騒ぎになると、学ばせてもらいました。 とはいえ、僕は番組に使ってもらっている側。 番組の力になりたいと思う気持ちは変わりません。 使ってもらっているうちは、答え合わせは続きます。 改めて、池崎君のご両親、視聴者さん、申し訳ございませんでした。 — キングコング梶原 kinkonkajiwara これに対しサンシャイン池崎さんもフォローし終息しています。 梶原さーーーーん! えらい事なってるじゃないですか! 全然!むしろ、いじってくれて現場も盛り上がって楽しかったのに、ネット記事こわいっすね! 友達同士でお前の母ちゃんデベソって言い合うぐらいポップなボケだったのに。 とりあえずyoutubeのオファー待ってまーーーす! ジャーーースティスッ! 梶原さーーーーん! えらい事なってるじゃないですか! 全然!むしろ、いじってくれて現場も盛り上がって楽しかったのに、ネット記事こわいっすね! 友達同士でお前の母ちゃんデベソって言い合うぐらいポップなボケだったのに。 オリラジ中田さんがYouTuberカジサックさんについて言及• その発言ネットニュースで曲がって伝わり更に「上から目線」だったことにカジサックさんの琴線に触れTwitter上で反応• カジサックさんの反応にネット上で批判殺到• 中田さんとカジサックさんがLIVE配信で和解して終息 ことの発端はラジオでの中田さんの発言。 「俺らよりもYoutuberとかの方が映像の編集とかうまいんですよ。 多分、同じ世代の若い芸人とYoutuberだったら、コンテンツを作る頻度も速度もクオリティもYoutuberに勝てないと思ったね。 それはもちろん俺らもよ。 なんでかって言うと、TVっていうメディアに慣れすぎてTVにフィットするように俺たちは生きてきたわけよ。 そこで勝ってきたわけじゃないですか。 オリラジとかTVで食えてるわけじゃないですか。 だからこそ、Youtubeで勝てないね。 映像を自分で編集して企画を自分で立てて毎日コンテンツを作るっていう世界にはなかなか乗り切れないんですよ。 キングコングの梶原さんとか頑張ってるよ。 だけどあれはそういう企画にしてるし、端から下から入っているのがすごいよね」 (オリエンタルラジオ中田のオールナイトニッポンより) そしてその内容がネットニュースになったタイミングでカジサックさんが反応。 カジサック名義のTwitterアカウントで12月23日に「オリラジの中田さんが何か、僕の事を言ってたみたいですが、、ごめんなさい、、興味ないです」とツイート。 この発言に対してリプ欄では「誤解です」「ネットニュースをうのみにしないで」と反応が続き、エスカレートして「中田に謝れ」「中田にいつ謝るのか」とまで言われたそうです。 この一連の出来事について、キングコングのチャンネルでブチギレていたカジサックこと梶原さん。 あらぶってますね・・・笑 この動画が良くなかったようで、炎上はさらにエスカレート。 そして、緊急対談として中田さんとカジサックさんのYouTubeLIVE配信がセッティングされました。 対談の中で中田さんは「ネットニュースの文化を学んだ」「こんな展開になってしまって申し訳ない」と話し、カジサックさんも「西野との動画の件はほんますいません」「でも13年前二人で話した思い出がずっと残っていて心配してた」と募っていた思いを打ち明けていましたね。 YouTubeLIVEはカジサックさんと中田さんの対談、最後は「ローション相撲」でケリをつけるというテレビっぽい展開で終りました。 ホリエモン万博の「チャンバラ大運動会」内でカジサックさんが評論家で「PLANETS」編集長の宇野常寛さんとチームをイジった• その絡みが「失礼」とし宇野さんは途中退場• その後宇野さんが自身のTwitterで退場理由を発信• ネットニュースになり炎上• ホリエモン万博運営も「趣旨の説明や企画変更について説明が不十分だった」と謝罪 昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った。 形式的な謝罪はあったけど「みんなが面白くなるためにした」と自己弁護を繰り返していた。 彼の「みんな」に僕らはなぜか入らないようだった。 お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた。 — 宇野常寛 wakusei2nd 端的にせっかくテレビ的から離脱してネットにステージを移したはずなのに、やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました。 彼には注目してたんですが、がっかりです。 炎上した動画がドッキリ企画「激レアスニーカーをスニッカーズにしたら」という企画でした。 カメラマンの ヤスタケさんが大切にしているコレクションのスニーカーを激レアスニーカーを全てスニッカーズに変えてヤスタケさんの反応を楽しんでいる動画でした。 ヤスタケさんもリアルに怒っていますし、コメント欄でも 「人が大切にしているものを弄るのは最低な行為」「これは面白くないやつ」と炎上していました。 実は この動画の配信もヤスタケさんと話し合って公開している動画なのですが、見た人を不快にした、ヤスタケさんも怒らせてしまったとして 急遽当日深夜に謝罪動画をLIVE配信しています。 昨夜のカジサックのYouTube緊急生配信が、 今回の吉本興業の騒動で視聴者を釣った「匂わせ配信」という評価を受け、大炎上しているそうです。 カジサックが炎上すると、「こんなカジサックと違って西野は…」と何故かシーソー的に僕の評価が上がる仕組みになっているので、できれば、もっと燃え上がっていただきたいと思っています。 視聴者の皆様からの反応が悪いと判断するやいなや、 すかさず動画のタイトルを『【緊急生配信】すべてお話しします』から『夢を語ります!』に変更したカジサック。 動画は今回の吉本の騒動に触れた後に、カジサックの今後の夢を語る構成になっているのですが、視聴者が 「それならば、どんな夢を語ってくれるのか?」と期待したところ、 「あの頃のテレビに戻って欲しい。 誰かお願いします」 という 凄まじい他力本願を披露したカジサック。 当然、コメント欄は大荒れ。 またもや炎上しておられます。 html この炎上に対しカジサックさんはTwitterで投稿。 生配信見て下さった方々ありがとうございました。 そして、皆様が想像していなかったであろう夢ですみません。 叩かれるのは承知でお話させて頂きました。 これからもカジサックチャンネルは変わらず配信していきます。 どうか宜しくお願いします。

次の

宇野常寛が梶原(カジサック)に激怒!退場したイベント名や学歴・嫁・経歴などについて

カジ サック ホリエモン

宇野氏はこの日の朝、18回に渡ってツイッターに連投。 騒動の発端となったイベントから4日が経過し「本当はもう終わりにしたかった」というが、被害を受けている現状に鑑み、改めて詳しく当日の経緯も明かした。 「カジサック」のツイッターから 「僕にとっても不愉快な記憶を掘り起こすことだけど」 「朝からごめんなさい。 これから、あまり気持ちのよくない話題を連投します」と前置きした宇野氏は、 「僕の告発を根にもったカジサックとそのファンが、昨晩イベント当日の動画を自分たちに有利なように編集して拡散をはじめました」 と投稿。 動画は前後が切り取られているといい、同氏も梶原さんの言動を楽しんでいたように「印象操作」するのが狙いではないかとしている。 宇野氏が指しているとみられる45秒の動画は、発端となった2日のイベント「ホリエモン万博」での「チャンバラ合戦大運動会」中の一幕のようだ。 2チームに分かれ、参加者に囲まれた宇野氏と梶原さんが軽妙なやり取りをしている。 まくし立てる梶原さんに、宇野氏が微笑むようなシーンもある。 これを受け、宇野氏は「本当はもう終わりにしたかったし、僕にとっても不愉快な記憶を掘り起こすことだけど当日のことをある程度詳しく書くことにしました」として連投を続けた。 その説明は次のようなものだ。 イベント冒頭から梶原さんは宇野氏をバカにする言動を繰り返した。 宇野氏は当初「少しでも楽しもうと、梶原のノリに合わせようとした」といい、上記の動画はその部分を切り取ったものだという。 「運動会」の縄跳びで宇野氏がミスをすると、「梶原はここぞとばかりに僕をバカにしてきた」。 「一線超えたな」と思った宇野氏は、梶原さんの振る舞いを嫌悪していると指摘すると、梶原さんは「慌てて形式的に謝罪した」のだが、「すぐに『みんなが面白くなるために(宇野にイジリを)した』と開き直った」。 ここで怒りが頂点に達した宇野氏は「もうこれは直らない。 帰るしかないなと思った」という。 そんなわけはない、と思った」「『芸人』なら、バラエティならイジメが許されるなんて間違ってる」と梶原さんを糾弾。 イベントを途中降板したことについては、ギャラの全額返金と、自身を目当てに来場したファンにも返金することで対応するとしている。 その上で改めて、 「いま、僕は告発を根に持ったカジサックとそのファンから、執拗な攻撃を受けている。 梶原に都合よい箇所だけを切り取った動画をアップされ、当日の経緯も脚色された上に嬉々として『縄跳びくらいできるようになれ』と罵倒を受けている。 やり方が、本当に汚いと思う」 と現在の被害について訴えた。 宇野氏はイベント翌日の3日にも「芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」として梶原さんを批判していたが、今回「梶原サイドからの攻撃が加速してきたので、改めて経緯を記しました」と連投の理由を説明。 「朝からお目汚ししました」と結んでいるが、その後も今回の騒動に関する投稿を継続している。 梶原さんは6日昼までに、宇野氏との件に関してYouTubeやツイッターで特段の言及をしていないが、事態を受けて宇野氏に何らかの対応をする予定はあるか。 梶原さんが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの広報担当者は6日、J-CASTニュースの取材に「本件については堀江貴文さんプロデュースのイベントで起きた出来事です。 私どもはイベントにゲストで呼ばれた立場ですので、こちらからコメントすることはありません」と話している。 1 16位 BUMP OF CHICKEN 70万 17位 Mr. Children 70万 18位 perfume 70万 19位 Aimer 63万 20位 デカキン 63万.

次の

カジサックの年収が意外すぎた!名前の由来や嫁サック(子供)、評判などまとめや

カジ サック ホリエモン

宇野氏はこの日の朝、18回に渡ってツイッターに連投。 騒動の発端となったイベントから4日が経過し「本当はもう終わりにしたかった」というが、被害を受けている現状に鑑み、改めて詳しく当日の経緯も明かした。 「カジサック」のツイッターから 「僕にとっても不愉快な記憶を掘り起こすことだけど」 「朝からごめんなさい。 これから、あまり気持ちのよくない話題を連投します」と前置きした宇野氏は、 「僕の告発を根にもったカジサックとそのファンが、昨晩イベント当日の動画を自分たちに有利なように編集して拡散をはじめました」 と投稿。 動画は前後が切り取られているといい、同氏も梶原さんの言動を楽しんでいたように「印象操作」するのが狙いではないかとしている。 宇野氏が指しているとみられる45秒の動画は、発端となった2日のイベント「ホリエモン万博」での「チャンバラ合戦大運動会」中の一幕のようだ。 2チームに分かれ、参加者に囲まれた宇野氏と梶原さんが軽妙なやり取りをしている。 まくし立てる梶原さんに、宇野氏が微笑むようなシーンもある。 これを受け、宇野氏は「本当はもう終わりにしたかったし、僕にとっても不愉快な記憶を掘り起こすことだけど当日のことをある程度詳しく書くことにしました」として連投を続けた。 その説明は次のようなものだ。 イベント冒頭から梶原さんは宇野氏をバカにする言動を繰り返した。 宇野氏は当初「少しでも楽しもうと、梶原のノリに合わせようとした」といい、上記の動画はその部分を切り取ったものだという。 「運動会」の縄跳びで宇野氏がミスをすると、「梶原はここぞとばかりに僕をバカにしてきた」。 「一線超えたな」と思った宇野氏は、梶原さんの振る舞いを嫌悪していると指摘すると、梶原さんは「慌てて形式的に謝罪した」のだが、「すぐに『みんなが面白くなるために(宇野にイジリを)した』と開き直った」。 ここで怒りが頂点に達した宇野氏は「もうこれは直らない。 帰るしかないなと思った」という。 そんなわけはない、と思った」「『芸人』なら、バラエティならイジメが許されるなんて間違ってる」と梶原さんを糾弾。 イベントを途中降板したことについては、ギャラの全額返金と、自身を目当てに来場したファンにも返金することで対応するとしている。 その上で改めて、 「いま、僕は告発を根に持ったカジサックとそのファンから、執拗な攻撃を受けている。 梶原に都合よい箇所だけを切り取った動画をアップされ、当日の経緯も脚色された上に嬉々として『縄跳びくらいできるようになれ』と罵倒を受けている。 やり方が、本当に汚いと思う」 と現在の被害について訴えた。 宇野氏はイベント翌日の3日にも「芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」として梶原さんを批判していたが、今回「梶原サイドからの攻撃が加速してきたので、改めて経緯を記しました」と連投の理由を説明。 「朝からお目汚ししました」と結んでいるが、その後も今回の騒動に関する投稿を継続している。 梶原さんは6日昼までに、宇野氏との件に関してYouTubeやツイッターで特段の言及をしていないが、事態を受けて宇野氏に何らかの対応をする予定はあるか。 梶原さんが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの広報担当者は6日、J-CASTニュースの取材に「本件については堀江貴文さんプロデュースのイベントで起きた出来事です。 私どもはイベントにゲストで呼ばれた立場ですので、こちらからコメントすることはありません」と話している。 1 16位 BUMP OF CHICKEN 70万 17位 Mr. Children 70万 18位 perfume 70万 19位 Aimer 63万 20位 デカキン 63万.

次の