ブロード リーフ 優待。 【株主優待制度を変更】ブロードリーフ(3673)

ブロードリーフ|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:3673)

ブロード リーフ 優待

株主優待 ブロードリーフ 3673 の株主優待は『オリジナル Visa ギフトカード』、優待利回りは1. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ブロードリーフからVISAギフトカード40,000円分の株主優待が届きました!

ブロード リーフ 優待

ブロードリーフは自動車アフター市場向け業務アプリなどを展開する企業。 の株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、保有株式数に応じて『QUOカード』と自社運営ECサイト(自動車補修部品インターネットショッピングサイト)で利用できる『優待券』を贈呈」というものだった。 具体的には、「500株以上の株主を対象に、保有株数に応じて『QUOカード』5000~10万円分を贈呈」となる。 なお、従来贈呈されていた、自社運営ECサイトの優待券は廃止される。 今回の変更によって、500株未満(分割前250株未満)の株主にとっては株主優待がもらえなくなるものの、500株以上の全株主は優待品がQUOカードに統一されて利便性がアップする。 さらに1000株以上~2000株未満、1万株以上の株主は株主優待利回りがアップ、2000株以上~1万株未満の株主にとっては株主優待利回りは変更はない。 この株主優待の変更は、2018年12月末時点の株主に適用される。 44% の株主優待は、個人 投資家に人気の「QUOカード」。 前回までは、 同社運営の自動車補修部品ECサイト「部品MAX」で利用できる株主優待券も贈呈されていたが、QUOカードに統一されたことで利便性はアップしたと言えるだろう。 しかも、1000株以上~1999株以下(分割前の500株以上~999株以下)を保有する株主と、1万株(分割前の5000株)以上を保有する株主にとっては、優待品の額面が増額されて株主優待利回りがアップするので「拡充」となった。 ただし、株主優待の権利を獲得できる最低単位が従来の200株(分割前100株)から500株(分割前250株)に変更されたので、新規に株主優待の権利を獲得するハードルは上がってしまったのは「改悪」と言えそうだ。 は、主にカー用品や整備などのアフターマーケットを中心とする自動車業界向けに自社開発のソフトウエアやITソリューションを提供する会社。 2018年12月期の連結業績予想は、8月3日に上方修正を発表しており、すべて前期比で売上収益16. 5%増、営業利益29. 5%増、税引前利益29. 8%増、当期純利益は29. 4%増。 連結業績予想の上方修正と同時に増配も発表している。 73% 【2020年5月27日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ編集部(2020. 28)• ザイ編集部(2020. 28)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ポイ探ニュース(2020. 28).

次の

3673ブロードリーフが優待変更。私は・・・売りました

ブロード リーフ 優待

・500株保有 … 5,000円相当のクオカード ・1,000株保有 … 10,000円相当のクオカード ・2,000株保有 … 20,000円相当のクオカード ・10,000株保有 … 100,000円相当のクオカード ご覧のとおり、大量のクオカードが貰える優待となっています。 今後、優待条件、内容が変更される可能性がありますので、今後のニュースを注視しましょう。 換価できる優待としては、 最も高額な優待といえると思います。 多くの人の狙いは、 10,000株保有時に貰える「10万円クオカード」になることでしょう。 2.10万円のクオカードを取得するのにはどうすればよいか? 10万円のクオカードを優待で取得するには、ブロードリーフ株を10,000株保有していなければなりません。 しかし、ただ保有するだけだと値下がりのリスクがあります。 そこで、以前紹介した「優待クロス取引」で取得するのが賢明です。 信用売りには、「制度信用」と「一般信用」の2種類があるのですが、制度信用を選んでしまうと「逆日歩」と呼ばれる思わぬコストが掛かることがあります。 ですから、まずは、「 一般信用売り」をしなければなりません。 ところが、この 一般信用売りをできる株数には限りがあり、在庫が尽きてしまうと、そもそも信用売り取引ができなくなってしまいます(つまり、クロス取引ができなくなる)。 ブロードリーフのクロス取引は大人気ですので、 一般信用売りの在庫は、 例年9月中旬になくなってしまいます。 ですから、今年で言えば、9月16日くらいにはクロス取引を仕掛けておく必要があります。 4.ブロードリーフの優待クロス取引にかかる費用 クロス取引をするのにかかる費用は、 「信用売り手数料」「貸株料」「現物買い手数料」の3つです。 ここでは、カブドットコム証券でクロス取引をした場合の費用を算出してみたいと思います。 クロスする日は、2019年9月16日(月)とします。 現在、ブロードリーフの株価は、約550円ですから、10,000株を信用売りするとなると、取引金額は550万円です。 カブドットコムので確認すると、550万円の信用取引で発生する手数料は、 1,296円となります。 また、貸株料は、 年率1. 5%とされております。 550万円の年率1. また、550万円分の株を購入する手数料は、 3,690円です(参照)。 よって、全体としてかかるコストは、1296+23,280+3,690= 28,226円となります。 したがって、 10万円のクオカードが約3万円で手に入るという計算になります。 5.コスパはいいけど拘束される資金が大きい 総費用3万円で10万円分のクオカードをゲットできるのであれば、コスパ最強なので、やらない手はありませんね。 しかし、このクロス取引には、1つだけ大きな問題があります。 それは、 拘束される資金が大きいということです。 クロス取引をする場合、実際に「信用売り」と「現物買い」の状態を権利付き最終日まで継続させる必要があります。 103日間、その取引のために資金が使えなくなると、他のIPOなどの投資にお金を回せなくなってしまいます。 どれくらい資金が拘束されるか概算してみましょう。 ただ、成り行き注文をするので、 250万円くらいの資金が必要となるでしょう。 一方、 「買い」取引をするのに必要な資金は、実際の現物価格である550万円がかかります。 こちらも成り行きで注文するので、 実際には700万円くらいの資金が必要となるでしょう。 こう考えると、このクロス取引を行うにあたり、250万円+700万円= 950万円の資金が必要となることが分かります。 9月~12月は、株主優待やIPOが盛んになる時期ですから、その間、950万円もの資金を拘束されると、結構キツイです。 この優待を取得するかどうかは、IPO分の資金を考慮して検討しなければなりませんね。 6.優待内容のレベルを下げたら拘束資金はどれくらいになるか? 10万円のクオカードを取得するには、950万円という大量の資金が必要となることがわかりました。 そこで、もう少し 少額のクオカードを狙うようにしたらどうなるか考えてみます。 2万円のクオカード、1万円のクオカードを狙うとした場合のコストと必要資金は以下の通りとなりました。

次の