かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ。 かくれんぼ(韓国ドラマ)キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

デュエル【韓国ドラマ】キャスト・あらすじ・視聴率・最終回感想!

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

韓国ドラマ かくれんぼ キャスト 相関図 最高視聴率15. 最高視聴率15. 悪女役といったらこの人、イ・ユリの圧巻の演技が話題を集めた愛憎サスペンス! かくれんぼのあらすじ 大手化粧品会社で後継者として活躍するチェリン(イ・ユリ)。 若くして成功し、一見華やかな生活を送っているかに見えたが、会社の実権は祖母ヘグム(チョン・ ヘソン)が握っていた。 実は祖母の孫娘スアは幼い頃に誘拐され、チェリンは孫娘の身代わりとして過ごしてきたのだ。 祖母に虐げられつつ、心身ともにスアとして成長したチェリン。 さらにヘグムは会社の経営のため、チェリンに財閥の御曹司、ジェサン(キム・ヨンミン)との政略結婚を迫る。 反発するチェリンだったが、祖母により無理やり結婚させられてしまう。 一方その頃、ジェサンの秘書を務めるウニョク(ソン・チャンウィ)はある事情からジェサンの動向を監視していた。 そんな中、心を病むチェリンの養母ヘラン(チョ・ミリョン)は、偶然に出会ったヨンジュ(オム・ヒョ ンギョン)に愛娘スアの面影を感じてしまう。 迷惑がるヨンジュだったが、恋人のウニョクの心が次第にチェリンに向かっていることを知り…。

次の

韓国ドラマ「かくれんぼ 숨바꼭질」あらすじ 登場人物 イ・ユリ ソン・チャンイ オム・ヒョンギョン キム・ヨンミン 出演

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

2020. 若くして成功し、一見華やかな生活を送っているかに見えたが、会社の実権は祖母ヘグム(チョン・ ヘソン)が握っていた。 実は祖母の孫娘スアは幼い頃に誘拐され、チェリンは孫娘の身代わりとして過ごしてきたのだ。 祖母に虐げられつつ、心身ともにスアとして成長したチェリン。 さらにヘグムは会社の経営のため、チェリンに財閥の御曹司、ジェサン(キム・ヨンミン)との政略結婚を迫る。 反発するチェリンだったが、祖母により無理やり結婚させられてしまう。 一方その頃、ジェサンの秘書を務めるウニョク(ソン・チャンウィ)はある事情からジェサンの動向を監視していた。 そんな中、心を病むチェリンの養母ヘラン(チョ・ミリョン)は、偶然に出会ったヨンジュ(オム・ヒョ ンギョン)に愛娘スアの面影を感じてしまう。 迷惑がるヨンジュだったが、恋人のウニョクの心が次第にチェリンに向かっていることを知り…。 相関図 あらすじ・相関図出典: キャスト 主要人物 イ・ユリ ミン・チェリン (28歳)メイクパシフィック専務、児童養護施設出身のミン家の養女 ソン・チャンウィ チャ・ウニョク(31歳) テサングループ会長秘書兼運転手 ジュサンの監視役 オム・ヒョンギョン ハ・ヨンジュ ミン・スア (28歳)メイクパシフィック訪問販売員 ウニョクの恋人、実は20年前に誘拐されたナ会長の孫娘で本名はスア。 キム・ヨンミン ムン・ジェサン(30代) チェリンの夫、テサングループの後継者 バツ2でチェリンとは3回目の結婚。 チェリンの周辺人物 チョ・ミリョン パク・ヘラン (50代。 30代)チェリンの養母 表面的には、エレガントで上品な財閥奥様が、心の病を抱えて生きていく。 愛娘スアを無くして20年。 チョン・ヘソン ナ会長 ナ・ヘグム 70代。 50代。 ヘランの母、メイクパシフィック会長 チェリンを虐待。 イ・ジョンウォン ミン・ジュンシク50代。 30代。 メイクパシフィック2代目社長 チェリンの養父、情に厚くチェリンを唯一家族として認めている。 ユン・ダギョン キム室長 ナ会長の執事 ハ・ヨンジュの家族 ソ・ジュヒ ト・ヒョンスク 50代。 ヨンジュの母、食堂運営 キム・ヘジ ハ・グムジュ 26歳。 ヨンジュの妹、心臓病を患って今薬を服用中。 チェ・ヒジン ハ・ドンジュ 24歳。 ヨンジュの妹 その他の人物 ユン・ジュサン ムン・テサン 70代。 ジェサンの父、テサングループ会長 イ・ウォンジョン チョ・ピルドゥ 50代。 30代。 幼いスアの誘拐の実行犯 アン・ボヒョン ペク・ドフン 31歳。 弁護士兼メイクパシフィック法務チーム イ・ヨンニョ チェ菩薩 60代。 占いの菩薩。 しかし、このかくれんぼの内容だけ見ていたら、イ・ユリさんは悪女役なのだろうなと思っていたのですが、今回は「悪女役ではありません」でした。 しかし、あくどい手口を使っているのは使っているので、悪女といえば悪女なのですが「さすが、イ・ユリさんだな」と感じほどの、引き込まれる演技をしています。 かくれんぼは復讐を主軸にしたストーリーなのですが、感想としては「思いもしないことがこれでもかというほど、湧き上がってきます」。 会長の秘書のキム室長が思わぬ爆弾を持っていたことには、一番驚きました。 復讐もののドラマの中でも、1話目からドロドロした感じがあり、2話目以降も小さいジャブを小出しにしていきながら、ストーリーが進んでいくので、全24話を観ていても飽きることはえりませんでした。 話の端々で、「面白い」と思ってしまうところもありましたが、あまり話の内容に関係がないので、細かなことを気にせずに、観ていった方がいいと感じました。 面白いところあり、ほろっとするところもあり、とてもいい作品になっていると思います。 女性たちの周囲にいる人たちの欲望と秘密を兼ね備えたドロドロ系の韓国ドラマが好きな人にはおすすめの作品です。 自分のかくれんぼでのおすすめの役者は、秘書役の「ソン・チャンウィ」さんです。 ミュージカルやドラマで活躍しているのですが、スーツを着こなしている姿は、カッコよくて素敵に映りました。 役どころもどこか影がある役をしているので、このかくれんぼの中心人物でもあります。 どちらかというと、序盤よりは終盤の方が面白くなってきています。 最終回に向かうにつれて隠された真実がわかってくるので、序盤は何気なしに観て、終盤に集中して観た方がいいと感じました。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

かくれんぼ(韓国ドラマ)キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

深夜、彼氏と携帯で話しながら、酔った浮浪者がうろつく港の倉庫街を抜け、古いアパートに帰ってきたウネは、エレベーターに後から乗り込んできた黒いフルフェイスのヘルメットに黒いジャンパーの男に眉を顰めます。 彼は無言で彼女が3階を押すのを待ち、目の前を歩いて隣室へと入ります。 ウネは部屋に入るなり厳重にカギをかけ、電話の続きを始めます。 男は隣人でこれまでも玄関前で何度か出くわし、カギを無くして修理屋に開けさせた時もじっと見ていたと。 その時、カーディガンに付いた髪の毛に気づいた彼女は、隣家のドアを叩いて警察を呼ぶから!と怒鳴りますが応答はなく、室内を映していたウェブカメラの録画を確認します。 が、扉がノックされ廊下に出ると眼帯をした少女がいただけで、戻った彼女は録画で男が侵入した事を知り凍りつきますが、振り向きざま血塗れの鉄棒で襲われます。 「いつからかこの町には変な噂が流れ始めた。 人の家にこっそり入り込み、身を隠して暮らす人たちの話だった」… カフェの経営者で、高級マンションで暮らす実業家ペク・ソンスは、美しい妻ミンジと幼い息子ホセと娘スアと共に幸せな毎日を送っていました。 が、彼は極度の潔癖症で、カフェの前の路上に住みついた不潔な浮浪者や、我が子が食事中食べ物をこぼすことにも不快感を覚え、始終カフェや自宅の什器の位置や向きを神経質に直し磨き続けています。 ミンジはそんな彼を案じてきちんと薬を飲むよう声を掛けています。 ある晩、彼に兄ソンチョルのアパートの管理人から、彼が行方不明になり数ヶ月が経つため荷物を引き取って欲しいと言う電話があります。 ソンチョルは、従兄からは一家の恥と言われ両親の墓参りにすら来られない一族の鼻つまみ者でした。 最後のメールは、幸せに暮らす彼を思い、母が死んで誰とも連絡がつかなくなって寂しい、今の家にもいられない、聞きたいことがあるから連絡が欲しいと乞うものでしたが返事はせず、古い家族写真も兄だけを隠してあり、ミンジにすらその存在を隠していたのです。 家族で両親の墓参りに行き従兄と会ったソンスは、帰り道、無言で兄のアパートへと向かい、車に妻子を残して兄の部屋に向かいます。

次の