探偵 ナイトスクープ ビニール 紐。 探偵ナイトスクープ「謎のビニール紐」

【探偵ナイトスクープ】の「謎のビニール紐」ってやつがありますよね?…で、結局...

探偵 ナイトスクープ ビニール 紐

本エントリーは怖い話を扱っております。 ご注意ください。 幣ブログでは過去にテレビ番組 『探偵!ナイトスクープ』で紹介されたインコの発言が怖いという旨の記事を掲載いたしました。 実はこの他にも『探偵!ナイトスクープ』には伝説的に怖い回があったといいます。 その回では、 町中のいたるところに 謎のビニール紐が括り付けられている という謎を解明しようとするのですが、結果を申し上げますと結局原因はわからず迷宮入りに。 さらに、番組はこの謎に対する情報を受け付けないと言うのです。 当時の視聴者は『探偵!ナイトスクープ』らしからぬ 捜査打ち切り、さらに、放り出されてしまった感から、この「謎のビニール紐」に恐怖を覚えたといいます。 今回は『探偵!ナイトスクープ』から「謎のビニール紐」をご紹介したく存じます。 1992年3月20日『探偵!ナイトスクープ』 前エントリーでもご紹介いたしましたが、『探偵!ナイトスクープ』は視聴者から寄せられた悩みや疑問、を、テレビの力で解決・解明していこうというバラエティ番組です。 現在はMCとして俳優の西田敏行氏が出演なさっておりますが、「謎のビニール紐」が紹介された当時は上岡龍太郎氏がMCをお努めなさっておりました。 他、多数のお笑い芸人達が番組を盛り上げるので、たまに不気味なお便りがあったとしても、 基本的に賑やかな雰囲気で番組が進行して行きます。 問題の「謎のビニール紐」が登場する回は、1992年3月20日に放送されたものですが、この回も番組は賑やかなムードで進行していきました。 何しろこの謎のビニール紐を調査したのは、お笑い芸人のトミーズ雅氏。 普通に考えたら、怖い回になるはずはなかったのです。 依頼内容 以下が1992年3月20日の『探偵!ナイトスクープ』で紹介された「謎のビニール紐」に関する調査依頼です。 私は東大阪市で衣料品販売店を営んでおります。 早急にお調べいただきたいことがあり、お便りいたしました。 実は数週間ほど前から当店の前の電柱に 黄色い紐のようなものが括られているのに気がつきました。 最初は気にも留めていなかったのですが、毎朝毎朝見るたびにその紐が増えていくのです。 最初は店の前だけと思っていた紐も、よく見るとあらゆるところに括ってあるのです。 それに当店の前が特にひどいのです。 気になって仕方ありません。 誰が何のためにこの紐をくくっているのか調べてください。 「謎のビニール紐」調査概要 依頼人からのお便りを受けて、トミーズ雅氏が大阪府東大阪市鴻池新田(こうのいけしんでん)に向かいました。 依頼人の店舗 まずトミーズ雅氏が向かったのは、「謎のビニール紐」に関するお便りを送ってきた依頼人の店である「SAURUS(ざうるす)」という衣料品店。 実際に依頼人に話を伺い、ビニール紐を見てみることに。 警察官: おちゃらけちゃいます? 次々と住人が集まり、周囲は大騒ぎに。 ひとまずトミーズ雅氏はその場を離れました。 謎のビニール紐は人の家の物干しの支柱にも括りつけられており、鴻池新田の駅周辺ではほぼ全域にわたってビニール紐を確認することができたそうです。 役所もお手上げ トミーズ雅氏は公園の鉄棒の支柱に結び付けられていた黄色い謎のビニール紐を試しに取ってみることにしました。 すると、結び方が 「カタカタ結び」になっていることが判明しました。 「カタカタ結び」とは詳しくは不明ですが、固結びを2回やっているということでしょうか。 トミーズ雅氏は謎のビニール紐を足で追いましたが、その 規則性はなく、ただランダムに結び付けられているようにしか思えないとのこと。 警察の他に更に助力を得ようと、今度は東大阪市役所に電話をしたトミーズ雅氏。 調査打ち切り! 本件に関する情報は 今後一切、取り扱いません ご諒承下さい。 というメッセージが。 これにてVTRは終了です。 考えられる説 番組の放送から既に20年以上も経っている現在でも謎の多いこの『探偵ナイトスクープ』の「謎のビニール紐」。 インターネット上でも様々な説が飛び交っており、実際にどれが真実なのかわからない状態です。 看板を止めていた紐がそのまま残っただけ説 発見された謎のビニール紐はかつては看板を止めていた紐であって、放送当時の段階で看板のみが取り外され紐だけが残ってしまったという説がございます。 たしかにモデルルームなどの広告の看板を電柱に設置する際にビニール紐で括りつける場合はございますね。 しかし、• ガソリンスタンドのビニール紐• ビニール紐は比較的低い場所に集中している ことから、看板設置という説の真実味は薄いのではないかと存じます。 地上絵・魔方陣説 これは放送当時、『探偵!ナイトスクープ』スタジオの上岡龍太郎氏からも指摘されたのですが、 この謎のビニール紐を 上から見ると、絵になっているのではないか という説がございます。 さらにその説から派生してインターネットでは、 謎のビニール紐は 何らかの結界なのではないか とも… もはやスピリチュアルの世界。 しかし、トミーズ雅氏はスタッフと共に夜中まで車で町中のビニール紐を確認し、地図に記録していたのです。 謎のビニール紐が何らかの図形を示していたのなら、何となく気づくのではないでしょうか。 スタジオでの上岡龍太郎氏の問いかけに対しても、肯定しておりませんでしたし。 放送できない人が犯人だった説 仮に犯人が真面目にビニール紐を括っていて、明らかに気が触れている方であったら、たとえ『探偵!ナイトスクープ』でも放送できないでしょう。 番組は 犯人を突き止めた結果、放送することを断念した という説が囁かれております。 確かにVTRの最後に表示された、.

次の

【探偵ナイトスクープ】の「謎のビニール紐」ってやつがありますよね?…で、結局...

探偵 ナイトスクープ ビニール 紐

あちこち結ばれている場所を辿って切っていってたのですが、行けども行けどもテープだらけ。 そして夜になり、少しだけ引き返すとさっきはテープが無かった場所にテープが!(スタジオ騒然) 最後は、スタッフのクルマを給油しに行った時にスタンドの従業員にテープを見せて何か知ってるかと 聞くと、「原因は知らないがうちの裏にいっぱいくくってる」 見てみると、スタンド裏の設備のところ 一面に数え切れない程の青いテープの結び目があった・・・(スタジオ奇声) それを見て探偵トミーズ雅もスタッフも、これは何か触れてはいけない物事なのではと考え捜査打ち切りにした。 -------------------------------------------------------------- 民間信仰の一種か、個人的な狂気によるものか。 この番組中唯一の捜査打ち切りとなり、以後再放送もされていません。 どういった原因で行われていたのか、目的は何か、今も見つけられているのか。 どんな事でも結構ですのでご存知の方は教えて下さい。 宜しくお願い致します。 YouTubeよりお借りしました。 スマホで再生出来ない方はに動画がありましたので、どうぞ。 場所含め、詳細おしえてください。 オカルト的でない話でも構いません。 ビニール紐の数が異常だった。 しかも誰の目にも触れないような、 ガソリンスタンドの裏の排水溝みたいなところのパイプ が一番酷く、あまりの数の多さに 客席から悲鳴があがってたほどだった。 よっぽどの強い意志がなかったら あんな汚い場所にあれだけの数の紐をくくりつける ことはできないよ。 しかもそのガススタの店員ですら、 誰がやったか目撃していない。 ということは夜中にやったってことだし、 それを想像すると、気味が悪くて鳥肌が立った。 おそらくキティの仕業だろう。 ガススタの店員しか目にしないような場所に 一番多く括り付けられてたんだし ヤクザやビラよけではないことは確か。 大阪の鴻池新田界隈の ガードレールや電柱に、梱包用の硬いビニールひもが多数 くくりつけてあるという。 一体誰が何の意味でやってるのか 全く不明。 この不思議な事件(事件というほどのもんでもないが) の依頼を受け、「探偵ナイトスクープ」が動いた。 (ちな みに放送日は1992年3月20日) この事件の探偵はトミーズ雅で、彼は早速現地に飛んだ。 現地では確かにビニールひもがかなりいろいろな場所にくく られており、かなり張り込んで朝まで調査したものの、ひもは 増え続けたらしい。 ものの10分前に通った時には何にもなかった とこにひもが現れたりするなど、普段の依頼と違う不気味さにスタ ジオの空気も変わってきたそうだ。 そして、最後はとあるガ ソリンスタンドの裏に数百本のひもがくくられているのが見 つかり、スタジオは悲鳴・・・。 放送当時、うわさとしては立て看板をしばるためのひもで はないかという意見が多かったそうだが、この近所の人が 言うには、「うちの前の電信柱にも硬質のひもがくくられてた が、今まで一度もこの電信柱には立て看板がかかったこと はない。 」・・・との意見もある・・・。 また、ナイトスクープ に出ているタレントが自分のラジオ番組内で、「ああいう結界 の張り方があるらしい」と話していたといううわさもある。 また、放送の後、役所の人がそこにあった何百ものヒモを全部 回収したそうです。 結局、誰が何の為にやったのかはまだ不明。 …実際は、くくりつけている人が判明したそうです。 「どうして、ビニールひもでくくるの?」 「なんのためにこんなことするの?」 と聞かれても 「わからへん、、、、でも、くくらなあかんねん、、、、」 て答えるような奴だったそうな。 「心の病気の人の仕業やったんです」とね。 オレの記憶では、ガソリンスタンドの人とかは、ヒモのこときかれても、 「ま、ええんとちゃいますか」みたいなそらぞらしい反応だった。 推測だけどGSも含め町の人たちの一部は真相を知ってたんじゃないかな。 番組スタッフも当然収録中に気づいたと思う。 こんなの普通なら放映中止だろうけど、あえて流したナイトスクープ、 いい番組だと思う。 大体の内容は探偵ナイトスクープの話しを見て下さい。 調査が打ち切りになったんですが本当は最後まで調査したんです! そしてテレビ局に帰り一応編集したそうです。 そして編集中におかしい物が映っていたそうです。 それはガソリンスタンドの裏で見つけた何百というひもの所のシーンです。 映っていたのはそのひもが髪の毛でその下には生首がぶら下がっていたそうです…。 これは直接テレビ関係者の友人から聞いた話です…。

次の

大阪ビニール紐事件の謎!: ASKAの事件簿

探偵 ナイトスクープ ビニール 紐

探偵!ナイトスコープと言う番組で放送された事件について少し考えてみる。 概要は 1992年3月20放送の話で、事件の依頼は東大阪市の鴻池付近で、電柱や歩道の柵などのあちこちに色のついたビニール紐が括り付けられているので原因をしらべて欲しいというものでした。 あちこち結ばれている場所を辿って紐を切っていってたのですが、行けども行けども紐だらけ。 そして夜になり、少しだけ引き返してみると、さっきは紐が無かった場所に紐あった!(スタジオ騒然) 最後は、スタッフのクルマを給油しに行った時にスタンドの従業員に紐を見せて何か知ってるかと 聞くと、「原因は知らないがうちの裏にいっぱいくくってる」と言われた。 見てみると、スタンド裏の汚い排水口のところ一面に数え切れない程の青い紐の結び目があった・・・(スタジオ奇声) それを見て探偵トミーズ雅もスタッフも、これは何か触れてはいけない物事なのではと考え捜査打ち切りにした。 と言う事件です。 記事本文は10年前の記事で考察自体には影響が無いと思いますので、文章自体はそのままの状態を継続します。 ネットで検索して、この事件の理由や続報を探ると 1)ビニール紐は障害者学級の生徒が行っていた。 2)放送の後、役所の人が何百ものヒモを全部回収したらしい。 3)紐は捨て看板止めた紐で。 看板回収して紐だけが残った。 4)電柱とかポストとかガードレールとかビニールの紐がくくれそうなところにはほとんどくくってあった。 5)以前北野誠がラジオで言ってたよ。 「心の病気の人の仕業やったんです」 6)くくりつけている人が判明したそうです。 「どうして、ビニールひもでくくるの?」 「なんのためにこんなことするの?」 と聞かれても 「わからへん、、、、でも、くくらなあかんねん、、、、」 と答えていたらしい。 とこのあたりの情報しか出てこない。 どの情報もネットの掲示板やブログの中で個人が発信している物でしかない。 ネットを検索していて感じたのだが、大元の情報源は一つでネットの中で水平に伝播したような印象だね。 公式に報道された情報などがあれば、もう少し色々考える手がかりになるのだが・・・・ そこで、東大阪市や警察と苦情、トラブルなどをキーワードに加えて検索してみたが、関連する情報は出てこなかった。 もし、住民の方が迷惑に思っているのであれば、担当する東大阪市役所や警察に苦情などが出ていたと考えたわけです。 ところが、それらしい情報はネットには無いようですね。 ・・・・さて、放送されたテレビ番組には大量のビニール紐が映っていたのは間違いないね。 しかし、それについて付近の住民は公式に苦情を出してはいないようだね。 この点を考えると付近の住民は誰が行っているのか知っていたのではないか? そして住民同士の話し合いで問題が解決されているとすれば、公式な動きが無い事は矛盾しないかな。 あるいは、これだけ大量に結んでいるのであれば、当然、周辺住民が目撃している可能性が高いわけで、それでも誰も見ていないと話すのは、この件に触れるを故意に避けているのかもしれない。 それは同情といった感情かもしれないし、触らぬ神に祟りなしと言う理由かもしれない。 ビニール紐を結ぶ行為については、理由や目的があると思うが、しかしそれが論理的に説明ができる物かは分からないけどね。 あの、白い宗教団体がいたる所に渦巻きのカードを張って電波を防ぐと話しているでしょ。 我々には理解できない事も当の本人は大まじめなんだよな。 それでも、可能性をいくつか考えると A 遊びや、マーキングなど B 嫌がらせ C 呪術的な「まじない」、「魔よけ」など ネットには捨て看板のあとの紐と言う説もあったが、ガソリンスタンドの裏の排水口には看板はつけないだろうから、この可能性は低いだろうな。 A は落書きのような、自分のテリトリーなどを主張するマーキングの一種のようにも思えるが、これも汚い排水溝などにはつけないだろうから可能性は低いと思う。 B の場合は、住民が苦情を出しそうだから、その動きが何も無いのはおかしいよね。 住民同士で解決している可能性はあるけどな。 最後に残るのがC だね。 この場合は本人に聞いてみないと分からない、さっきの渦巻きの話もあるし、本人にしか分からない理由があるかもしれません。 この事件については、情報が少なすぎてこれ以上の調査は難しいと言うのが印象だね。 一つ興味があるのは、現在はどうなのか?と言う所だ。 現在もこのような状況なのかな?ネットにそれらしい情報は無かったので、その後は発生していないと思うのだが・・・・ 参考リンク 似たような(?)話で。 全国的に見られた「怪現象」として、 ガードレールに刺さった、三角形の金属片が、ありましたね。 あれは車の接触事故の残骸でした。 「捨て看板のあと」説は この「類推」と思われますが。 捨て看ドメは針金じゃないの? ビニールヒモは、大阪市の鴻池地区「だけ」のようですから、 意図されたものでしょう。 この手のもので、普通にあるのは 「測量のあと」です。 測量ポイントの目印として色分けする。 (ただ番組を見ていないので、ヒモの密度が分かりませんが、 もし測量だったら、そんなにポイント密度は濃くないはず。 >スタンド裏の汚い排水口のところ一面に数え切れない程の >青い紐の結び目があった・・・というのが「疑問」です) 都市計画(道・排水溝幅)や防災計画(避難・洪水対策)を 策定する「資料」を作っていたなら、苦情は出るわけはない。 放送中(もし、まだ資料作成中だったら、新たなポイントに) 新しいヒモが結ばれていたのも、まだ作業中と理解できます。 もし「役所の仕事」で測量して、目印の回収がまだだったら。 慌てて回収したかもしれないし。 仕事が終わって回収しても、 2)役所のヒトが放送後回収した という情報がでてきます。 偏執狂、宗教などの理由なら、今は「もうない」というのは、 ちょっとないと思われます。 白装束はいつまでも白装束です。 タイトルもオリジナルはコロンボだけで刑事はない。 管理人談) 年末の忙しい時期に、軽犯罪になるかどうかも不透明ですが、この掲示板で一番小規模の事件をとりあげてもらえまして、くまのみは猛烈に感動しています。 ガードレールの鉄器の報道の際もうやむやにされましたが、ガードレールのところに着ける鉄片もそうですが、全国かはどうかはわかりませんが、大阪の郊外や山間部の曲がりくねった道路のガードレールにありました。 消防団の点検や巡回の際も認知しており、地元住民に迷惑がかかると思ったのか口をつぐんでいました。 ビニールをくくりつける行為は、少なくとも大阪府や奈良県の生駒山系につけているビニールの目印が起源であると思われます。 昔は、赤ペンキで、通称関電道などの脇道等の目印につけられていましたが、10年か15年くらい前から、世界遺産の熊野古道等の赤ペンキが問題となり、ビニールのひもや、ビニールテープがハイキング道の目印でつけられる風習になりました(それ以前にはあまりなかったように記憶している)、2000を回ってからのように記憶している。 オリエンテーリングや周辺のキャンプ施設の夜間の道しるべなどで目印につけることが、下界までおりてきたというのが感想です。 すでに2002年前後には生駒山系にはビニールのひもやビニールテープがありました。

次の