小田急 線 情報。 小田急線 台風に関するリアルタイム情報|ナウティス

小田急小田原線の路線図

小田急 線 情報

小田原線(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜小田原)• 多摩線(新百合ヶ丘〜唐木田)• 箱根登山線(小田原〜箱根湯本)に片乗り入れ(特急・各停)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜綾瀬)に相互乗り入れ(多摩急行・急行・準急)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜北千住)に特急を片乗り入れ• 箱根登山線(小田原〜箱根湯本)に片乗り入れ(特急・各停)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜綾瀬)に相互乗り入れ(多摩急行・急行・準急)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜北千住)と東京地下鉄有楽町線(〜新木場)に特急を片乗り入れ• JR東海 御殿場線(松田〜御殿場〜沼津)に特急あさぎり号相互乗り入れ 特急(ロマンスカー)の愛称と運転区間、停車駅(2002年3月のダイヤ改正後)• スーパーはこね(新宿〜小田原〜箱根湯本)• はこね(新宿〜町田〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜町田〜本厚木〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜向ヶ丘遊園〜町田〜本厚木〜新松田〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜本厚木〜秦野〜小田原〜箱根湯本)• えのしま(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜大和〜藤沢〜片瀬江ノ島)• あさぎり(新宿〜町田〜本厚木〜松田〜(駿河小山)〜御殿場〜裾野〜沼津)• (JR東海371系が定期点検で使用できない時、小田急20000形を1編成貸し出す。 経堂〜喜多見の複々線化がほぼ完成しました。 成城学園前駅下り2番ホームの使用を開始しました。 成城学園前駅上り3番ホームの使用を開始しました。 (臨時特急は多摩線〜片瀬江ノ島などが有った)• 千代田線直通の定期急行も初めてです。 (臨時の直通急行は たまにあった) 東京9号線である、多摩線〜小田原線〜千代田線直通運転も初めてです。 <小田原線急行>• 相模大野・海老名・秦野〜小田原間、10両急行本数増(また増えました) 今迄の小田原発着10両急行同様、増える急行も、新松田〜小田原間の途中駅は通過になります。 小田原〜箱根登山線箱根湯本間、乗り入れ急行本数増 30分に1本から、30分に2本になります。 今迄の乗り入れ急行同様、増える急行も、新松田〜小田原間の途中駅は通過になります。 <江ノ島線急行>• 江ノ島線急行、湘南台停車 前回のダイヤ改正以後に、相模鉄道いずみ野線と横浜市営地下鉄1号線が 湘南台に乗り入れてきたので、乗り換えを便利にする為 急行が止まるようになります。 <小田原線準急>• 新宿発着していた30分毎の8両準急が、新宿を通らずに千代田線直通の10両準急に。 千代田線方面にお出かけする人の便を図ります。 経堂駅下り準急列車停車本数増加、下り準急全て停車に。 (上りは朝ラッシュ通過) 今迄経堂駅下り線には8両編成までしか停車できませんでした。 現在工事中の 連続立体交差・複々線化事業で 下りホームを高架化した際、 仮設ホームの長さを10両迄停車できるよう伸ばしました。 (千代田線直通準急を含む) <小田原線各駅停車>• 新松田〜小田原間、各駅停車 区間運転本数増 同区間急行通過が増える分、各駅停車が止まります。 (参考:小田急線の駅の張り紙) 1999年7月17日 ダイヤ改正の概要• 特急ロマンスカー愛称変更 今迄「あしがら号」「さがみ号」と称していた特急列車は、観光から、通勤・ショッピングに、 利用目的が変化してきている。 その為、「あしがら号」「さがみ号」を「サポート号」に、 18時以降の下り特急を「ホームウェイ」に、それぞれ愛称を変更した。 町田駅・本厚木駅・秦野駅、特急停車本数増• 相模大野・海老名〜小田原間、10両急行本数増• 相武台前駅に一部の急行が停車していたが、今回それを中止した。 経堂駅上り準急列車停車本数増加 今迄経堂駅には8両編成までしか停車できなかった。 現在工事中の 連続立体交差・複々線化事業で 上りホームを高架化した際、 ホームの長さを10両迄停車できるよう伸ばした。 (千代田線直通準急を含む)• 新宿始発の多摩線唐木田行各駅停車を新設。 今迄平日朝ラッシュ時上りのみ、多摩線から小田原線新宿まで直通運転をしていたが、 今回、平日下りも、夕方に2本、小田原線新宿から多摩線に乗り入れる列車を設定した。 (参考:小田急時刻表 '99ダイヤ改正号(小田急電鉄発行)) Copyright C にこ 1999-2004,2011-2013,2018 にこの許可無く画像等を転載することを禁じる。

次の

小田急線 台風に関するリアルタイム情報|ナウティス

小田急 線 情報

停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線.

次の

小田急線 遅延に関するリアルタイム情報|ナウティス

小田急 線 情報

小田原線(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜小田原)• 多摩線(新百合ヶ丘〜唐木田)• 箱根登山線(小田原〜箱根湯本)に片乗り入れ(特急・各停)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜綾瀬)に相互乗り入れ(多摩急行・急行・準急)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜北千住)に特急を片乗り入れ• 箱根登山線(小田原〜箱根湯本)に片乗り入れ(特急・各停)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜綾瀬)に相互乗り入れ(多摩急行・急行・準急)• 東京地下鉄千代田線(代々木上原〜北千住)と東京地下鉄有楽町線(〜新木場)に特急を片乗り入れ• JR東海 御殿場線(松田〜御殿場〜沼津)に特急あさぎり号相互乗り入れ 特急(ロマンスカー)の愛称と運転区間、停車駅(2002年3月のダイヤ改正後)• スーパーはこね(新宿〜小田原〜箱根湯本)• はこね(新宿〜町田〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜町田〜本厚木〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜向ヶ丘遊園〜町田〜本厚木〜新松田〜小田原〜箱根湯本)• サポート(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜本厚木〜秦野〜小田原〜箱根湯本)• えのしま(新宿〜新百合ヶ丘〜相模大野〜大和〜藤沢〜片瀬江ノ島)• あさぎり(新宿〜町田〜本厚木〜松田〜(駿河小山)〜御殿場〜裾野〜沼津)• (JR東海371系が定期点検で使用できない時、小田急20000形を1編成貸し出す。 経堂〜喜多見の複々線化がほぼ完成しました。 成城学園前駅下り2番ホームの使用を開始しました。 成城学園前駅上り3番ホームの使用を開始しました。 (臨時特急は多摩線〜片瀬江ノ島などが有った)• 千代田線直通の定期急行も初めてです。 (臨時の直通急行は たまにあった) 東京9号線である、多摩線〜小田原線〜千代田線直通運転も初めてです。 <小田原線急行>• 相模大野・海老名・秦野〜小田原間、10両急行本数増(また増えました) 今迄の小田原発着10両急行同様、増える急行も、新松田〜小田原間の途中駅は通過になります。 小田原〜箱根登山線箱根湯本間、乗り入れ急行本数増 30分に1本から、30分に2本になります。 今迄の乗り入れ急行同様、増える急行も、新松田〜小田原間の途中駅は通過になります。 <江ノ島線急行>• 江ノ島線急行、湘南台停車 前回のダイヤ改正以後に、相模鉄道いずみ野線と横浜市営地下鉄1号線が 湘南台に乗り入れてきたので、乗り換えを便利にする為 急行が止まるようになります。 <小田原線準急>• 新宿発着していた30分毎の8両準急が、新宿を通らずに千代田線直通の10両準急に。 千代田線方面にお出かけする人の便を図ります。 経堂駅下り準急列車停車本数増加、下り準急全て停車に。 (上りは朝ラッシュ通過) 今迄経堂駅下り線には8両編成までしか停車できませんでした。 現在工事中の 連続立体交差・複々線化事業で 下りホームを高架化した際、 仮設ホームの長さを10両迄停車できるよう伸ばしました。 (千代田線直通準急を含む) <小田原線各駅停車>• 新松田〜小田原間、各駅停車 区間運転本数増 同区間急行通過が増える分、各駅停車が止まります。 (参考:小田急線の駅の張り紙) 1999年7月17日 ダイヤ改正の概要• 特急ロマンスカー愛称変更 今迄「あしがら号」「さがみ号」と称していた特急列車は、観光から、通勤・ショッピングに、 利用目的が変化してきている。 その為、「あしがら号」「さがみ号」を「サポート号」に、 18時以降の下り特急を「ホームウェイ」に、それぞれ愛称を変更した。 町田駅・本厚木駅・秦野駅、特急停車本数増• 相模大野・海老名〜小田原間、10両急行本数増• 相武台前駅に一部の急行が停車していたが、今回それを中止した。 経堂駅上り準急列車停車本数増加 今迄経堂駅には8両編成までしか停車できなかった。 現在工事中の 連続立体交差・複々線化事業で 上りホームを高架化した際、 ホームの長さを10両迄停車できるよう伸ばした。 (千代田線直通準急を含む)• 新宿始発の多摩線唐木田行各駅停車を新設。 今迄平日朝ラッシュ時上りのみ、多摩線から小田原線新宿まで直通運転をしていたが、 今回、平日下りも、夕方に2本、小田原線新宿から多摩線に乗り入れる列車を設定した。 (参考:小田急時刻表 '99ダイヤ改正号(小田急電鉄発行)) Copyright C にこ 1999-2004,2011-2013,2018 にこの許可無く画像等を転載することを禁じる。

次の