日立 ヘルス ケア 売却。 日立ヘルスケアシステムズ|医療システムソリューションを提供

日立、ヘルスケア事業を再編

日立 ヘルス ケア 売却

【関連記事】• 富士フイルムは日立の子会社だった旧日立メディコなどが手掛ける磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)、超音波診断装置を中心とした画像診断機器事業を買収する。 対象事業の売上高は1432億円で2020年7月の手続き完了を目指す。 富士フイルムはCTなどで撮影した診断画像を管理するシステム(PACS)で、世界シェア首位に立つ。 システムと装置を一体で開発することで機器の価値も高める。 例えばCTで撮影した画像をAIで解析し、病巣の場所や形を特定して見落としを防ぐ。 また撮影時に患者の体位などをAIで自動認識し、画像認識技術で異物など見たいものを強調するなど作業者の負荷を軽減する。 日立の幹部は「画像診断機器は地域ごとに営業担当者や技術者を配置する必要があり、規模がないと利益を出せない」と話す。 ただ、現実は厳しい。 調査会社の英エバリュエートによると、富士フイルムの18年の画像診断分野での世界シェアは5. また、日本市場では医療機関へのCTやMRIの導入が一巡し、競合他社との価格競争で収益が悪化している。 海外では中国企業がCTに参入し始め、高額の医療機器もコモディティー化する懸念もある。 富士フイルムが手掛ける事務機器やデジタルカメラの市場は縮小傾向が続く。 古森CEOは20年代半ばに医療機器や再生医療などのヘルスケア事業の売上高を20年3月期見通しの約2倍にあたる1兆円に伸ばす方針を掲げる。 富士フイルムホールディングスへの画像診断機器事業、への上場子会社、の譲渡に加え、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)に絡む損失負担を巡り、側と和解も成立した。 日立は保有するMHPSの全株式を売却し、事実上、火力発電機器事業から撤退。 今後は発電所の保守サービスなどを手掛ける。 「可能な限り、今年中に懸案を片付けてほしい」。 11月、日立の東原敏昭社長は事業担当幹部が集まる場でこう発破をかけた。 最大の懸案は三菱重工との間で続く、損失負担を巡る争いだった。 日立は15年3月期に約1千億円を引き当てていたが、紛争の長期化懸念が株価の重荷となった。 和解するとの報道によって株価は一時、1年10カ月ぶりの高値をつけた。 和解が成立し、同社は18日、20年3月期の連結純利益を従来予想の3600億円から1700億円に下方修正すると発表した。 18年度の営業利益率で基準以下だった火力発電システムやヘルスケアだけでなく、5. 日立化成を巡っては、当初はなどの財閥系総合化学メーカーが買い手候補だった。 だがいずれも投資ファンドと組み、買収後に高機能材料など必要な事業以外を切り離すとし、日立側が難色を示した。 画像診断機器事業の売却では、16年に旧東芝メディカルシステムズの買収でに競り負けた富士フイルムHDのこだわりが強いと判断。 日立の言い値に近い1790億円での売却が決まった。 日立は機器とIoTを組み合わせたサービス事業にかじを切る。 次の売却候補はIoTとの関連性が低いなどの上場子会社とされる。

次の

富士フイルム、AI×医療機器に活路 日立の事業買収 :日本経済新聞

日立 ヘルス ケア 売却

日立製作所が主要子会社の一つである日立化成の売却を検討していることが25日、分かった。 IoT(モノのインターネット)関連事業に注力する中、半導体材料などを手がける日立化成の事業は相乗効果が見込みにくいと判断した。 複数の事業会社や投資ファンドと交渉していると見られ、早ければ2020年3月期中に売却に踏み切る見通しだ。 日立は日立化成株の51%を保有している。 日立化成は半導体材料などで高いシェアを持つ。 ただ長年にわたり、検査データ改ざんなどの不正をしていたことが18年に発覚。 信頼回復が課題となっている。 日立化成の丸山寿社長は25日の会見で「決定した事実はない」とした上で、「スピンオフ(分離)されても、自分の足で立てる事業基盤を目指してきた」と説明した。 「株を所有している会社が決めることだが、もしそういう情報をいただければ『私たちはこういうシナリオで、グローバル(市場)で大きくなりたい』と情報交換する機会を持つことになるだろう」と話した。 日立はこれまで、中核であるIoTとシナジーの薄い事業や営業利益率の低い事業の切り離しを進めてきた。 日立化成の売却となれば、「御三家」も例外にあらずという市場に対する強烈なメッセージになる。 日立化成は日立金属と、13年に日立金属と合併した日立電線とともに「御三家」と呼ばれてきた。 多くの日立子会社の中でも独立心旺盛な上場子会社で、長らく「治外法権に近い状態」(金融関係者)だった。 日立は08年のリーマン・ショックで巨額赤字を計上し、構造改革に着手。 御三家の幹部を日立本体の役員に迎えるなど、歴代の日立の経営者は掌握に腐心してきた。 それだけに今回の売却は日立の「本気度」がうかがえる。 日立は900社あるグループ会社を数年で500社程度まで集約する方針を打ち出している。 17年に日立国際電気、18年にクラリオンなど子会社の中で知名度が高い企業も相次いで売却している。 日立は営業利益率10%を目標に掲げている。 利益率が絞り込みの一つの指標だが、日立化成の19年3月期の調整後営業利益率は7・1%にとどまっている。 数字のみでの判断は難しいが、日立が中核に据えるIoTと日立化成の電池材料などのシナジーは決して高くない。 18年に品質不正が発覚したこともあり、売却に一気にかじを切った可能性が高い。 <関連記事> 前3月期、営業益21%減 日立化成が25日発表した2019年3月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前期比21・3%減の363億円だった。 18年に発覚した検査不正の関連費用がかさんだ。 スマートフォン向け製品の業績不振も響いた。 同日発表した22年3月期までの中期経営計画はガバナンス強化と高収益基盤の確立を掲げた。 調整後営業利益率10%以上を目指す。 19年3月期は7・1%と低迷した点について、会見した丸山寿社長は「深刻に捉えている」と話し、利益率が高い情報通信分野に重点的に投資する考えを示した。

次の

日立製作所の事業売却の動きが加速中 M&Aに向けPEファンド・戦略コンサルの話題の中心に

日立 ヘルス ケア 売却

日立製作所が主要子会社の一つである日立化成の売却を検討していることが25日、分かった。 IoT(モノのインターネット)関連事業に注力する中、半導体材料などを手がける日立化成の事業は相乗効果が見込みにくいと判断した。 複数の事業会社や投資ファンドと交渉していると見られ、早ければ2020年3月期中に売却に踏み切る見通しだ。 日立は日立化成株の51%を保有している。 日立化成は半導体材料などで高いシェアを持つ。 ただ長年にわたり、検査データ改ざんなどの不正をしていたことが18年に発覚。 信頼回復が課題となっている。 日立化成の丸山寿社長は25日の会見で「決定した事実はない」とした上で、「スピンオフ(分離)されても、自分の足で立てる事業基盤を目指してきた」と説明した。 「株を所有している会社が決めることだが、もしそういう情報をいただければ『私たちはこういうシナリオで、グローバル(市場)で大きくなりたい』と情報交換する機会を持つことになるだろう」と話した。 日立はこれまで、中核であるIoTとシナジーの薄い事業や営業利益率の低い事業の切り離しを進めてきた。 日立化成の売却となれば、「御三家」も例外にあらずという市場に対する強烈なメッセージになる。 日立化成は日立金属と、13年に日立金属と合併した日立電線とともに「御三家」と呼ばれてきた。 多くの日立子会社の中でも独立心旺盛な上場子会社で、長らく「治外法権に近い状態」(金融関係者)だった。 日立は08年のリーマン・ショックで巨額赤字を計上し、構造改革に着手。 御三家の幹部を日立本体の役員に迎えるなど、歴代の日立の経営者は掌握に腐心してきた。 それだけに今回の売却は日立の「本気度」がうかがえる。 日立は900社あるグループ会社を数年で500社程度まで集約する方針を打ち出している。 17年に日立国際電気、18年にクラリオンなど子会社の中で知名度が高い企業も相次いで売却している。 日立は営業利益率10%を目標に掲げている。 利益率が絞り込みの一つの指標だが、日立化成の19年3月期の調整後営業利益率は7・1%にとどまっている。 数字のみでの判断は難しいが、日立が中核に据えるIoTと日立化成の電池材料などのシナジーは決して高くない。 18年に品質不正が発覚したこともあり、売却に一気にかじを切った可能性が高い。 <関連記事> 前3月期、営業益21%減 日立化成が25日発表した2019年3月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前期比21・3%減の363億円だった。 18年に発覚した検査不正の関連費用がかさんだ。 スマートフォン向け製品の業績不振も響いた。 同日発表した22年3月期までの中期経営計画はガバナンス強化と高収益基盤の確立を掲げた。 調整後営業利益率10%以上を目指す。 19年3月期は7・1%と低迷した点について、会見した丸山寿社長は「深刻に捉えている」と話し、利益率が高い情報通信分野に重点的に投資する考えを示した。

次の