好きな人がいること キャスト。 好きな人がいること、キャスト・あらすじ・主題歌!【スキコト】

好きな人がいることのキャスト相関図!あらすじや最終回ネタバレ!

好きな人がいること キャスト

桐谷美玲が出演するフジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」の最終回(第10話)のあらすじと結末ネタバレです。 第9話のあらすじとネタバレは「」をご覧ください。 しかし、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、櫻井美咲(桐谷美玲)と次男・柴崎夏向(山崎賢人)の絆を感じとり、身を引いて櫻井美咲(桐谷美玲)を応援した。 その日の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に交際をOKを告げたが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に「俺はもう、お前の事が好きじゃ無くなった」と言われてしまった。 翌日、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はコラボイベント「ダイニングアウト」を成功させたことから、雑誌の取材を受ける事になる。 さに、有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」に来ることになった。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「私何か気に障ることをした?理由を聞かせてくれないかな?」と尋ねるが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「気が変わった。 忙しいんだ、仕事に集中さえてくれ」と言って立ち去った。 その日の夜、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は櫻井美咲(桐谷美玲)から振られた事を打ち明けられる。 すると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)の元を訪れ、「美咲(桐谷美玲)から聞いた。 俺に気を遣ってるのなら…」と言ったが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「そんなんじゃない」と会話を打ち切った。 翌日、次男・柴崎夏向(山崎賢人)が雑誌の取材を受けていると、櫻井美咲(桐谷美玲)の電話が鳴った。 コラボイベント「ダイニングアウト」を担当していた敏腕プロデューサー大橋尚美(池端レイナ)からの電話だった。 櫻井美咲(桐谷美玲)は大橋尚美(池端レイナ)に呼び出されて会いに行くと、大橋尚美(池端レイナ)からと言われ、ニューヨークの老舗パテスリーで働かないかと持ちかけられた。 大橋尚美(池端レイナ)は、コラボイベント「ダイニングアウト」で櫻井美咲(桐谷美玲)のデザートを認めたのだ。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「これからもSea Sonsで働く」と断ったが、大橋は「今後のキャリアになる」と言い、考えるように告げた。 その後、櫻井美咲(桐谷美玲)がレストラン「Sea Sons」に戻ると、パテシエの面接に来たという女性が居た。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は新しいパテシエを雇うのだといい、女性の面接を始めたため、櫻井美咲(桐谷美玲)はショックを受ける。 長男・柴崎千秋(三浦翔平)は何も聞いていないと驚くが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)の意思は堅そうだった。 その後、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は大橋尚美(池端レイナ)から、櫻井美咲(桐谷美玲)にニューヨーク行きを勧めたが、「これからもSea Sonsで働きたい」と断られた事を教えられる。 そして、大橋尚美(池端レイナ)は長男・柴崎千秋(三浦翔平)に「櫻井さん(桐谷美玲)の成長を考えると良い機会だと思うんです。 夏向さん(山崎賢人)に相談したら賛成してくれました。 あと、新しいパテシエを紹介して欲しいと頼まれました」と話した。 一方、櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に「ちゃんと説明して。 新しいパテシエのこと。 仕事のことと恋愛は別でしょ。 仕事に感情を持ち込まないで」と詰め寄るが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「勘違いするな。 店のために優秀なパテシエを雇っただけだ」と言われてしまう。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「今まで一緒にやってきたのに、なんで」と驚くと、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「仕事に個人的な感情を持ち込むなっていったのはお前だろ」と答えて立ち去った。 ショックを受けた櫻井美咲(桐谷美玲)は翌日、長男・柴崎千秋(三浦翔平)に「大橋さんからニューヨーク行きを勧められてるんです。 夏が終わってからもシーンズで働きたかったんですが、力不足だと言われたんです。 だから、目の前にチャンスがあるなら、挑戦してみたいんです」と言い、退職を願い出た。 その後、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に会いに行き、「本当に不器用だな。 お前らしいけど。 行かせていいのか?」と告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は素っ気なく「別にいいだろ」と答えた。 事情を知った三男・柴崎冬真(野村周平)は「行かせていいのか?」と憤慨するが、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「誰かのために、必死に自分の気持ちを我慢してる夏向(山崎賢人)なんて見た事無い。 尊重してやるべきだ」と話した。 こうして、櫻井美咲(桐谷美玲)はニューヨーク行きを決意し、手続きをした。 ある日、レストラン「Sea Sons」に東村了(吉田鋼太郎)が現れ、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に、「櫻井美咲(桐谷美玲)が明日、ニューヨークに発つそうですね。 実は君の料理と彼女のデザートに魅了されましてね。 この店だけじゃ無く、君達2人も欲しくなりましてね、今、彼女に居なくなられると困ってしまう。 君が成長できたのは彼女のおかげ。 君にとっても大きな損失になる。 今すぐ引き留めろ。 失ってから公開しても遅いんですよ」と告げた。 その日の夜、柴崎家で櫻井美咲(桐谷美玲)の送別会を行う。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は盛り上げようとするが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は何も言わずにジュースを飲んでいた。 三男・柴崎冬真(野村周平)は「顔に思いっきり寂しいって書いてあるよ。 美咲ちゃん(桐谷美玲)に言いたいことはないの?」と促すが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「明日の仕込みがある」と言い、レストラン「Sea Sons」へ行ってしまった。 有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」に来ることになっており、次男・柴崎夏向(山崎賢人)にとっても明日は大事な日だった。 このため、櫻井美咲(桐谷美玲)は笑顔で次男・柴崎夏向(山崎賢人)を送り出したが、送別会が終わって部屋で1人になると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)と一緒に撮った思い出の写真を見て、次男・柴崎夏向(山崎賢人)と過ごした楽しい日々のことを思い出した。 翌日の早朝、櫻井美咲(桐谷美玲)は何も言わずに出て行こうとしたが、長男・柴崎千秋(三浦翔平)と三男・柴崎冬真(野村周平)が見送りに来てくれた。 三男・柴崎冬真(野村周平)が「夏向(山崎賢人)は?」と尋ねると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「部屋を見たけど居なかった」と教えた。 そのころ、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はサーフボードを抱えて浜辺を歩いており、浜辺で写真を撮影してる女性見て、初めて櫻井美咲(桐谷美玲)と出会った時の事を思い出していた。 さて、櫻井美咲(桐谷美玲)は最後にレストラン「Sea Sons」へ行き、厨房で次男・柴崎夏向(山崎賢人)のことを思い出した後、空港へと向かっていると、サーフィンを終えた次男・柴崎夏向(山崎賢人)と出会う。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「サーフィンしてたんだ。 元気でね」と別れを告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ああ」と答えた。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「ああ、しか言えないの?私、ニューヨークへ行くんだよ。 もう一生会えないかもしれないんだよ。 贈る言葉的なのはないの?」と呆れると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「別に無い」と答えた。 櫻井美咲(桐谷美玲)は「あんたって最後の最後まで冷たい人だね。 これまで、何度も口の中にガビョウを入れてやろうかと思った」と呆れたが、最後は「でも、アンタのおかげで、ありえないくらい楽しい夏だった。 こんな夏はさ、もう2度と過ごせないよね、きっと。 バイバイ」と言って笑顔で立ち去った。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は、ただ、無言で立ち去る櫻井美咲(桐谷美玲)を見送った。 その日、有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」にやってきた。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は店の威信を背負い、オムバーガーを作り始めた。 そのとき、次男・柴崎夏向(山崎賢人)が皿を取ると、皿の下から、「ありがとう。 直接、言えなくてゴメン」と書いたメモとレストラン「Sea Sons」の鍵で出て来た。 櫻井美咲(桐谷美玲)が残していったメモだ。 長男・柴崎千秋(三浦翔平)が異変に気づき、「どうした?」と尋ねると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「兄貴、ゴメン。 俺…」と告げた。 全てを察した長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に1枚の紙を差し出し、「急げば間に合うんじゃない?後のことは心配するな。 後は任せろ。 いいから行け。 」と笑顔で告げた。 紙には櫻井美咲(桐谷美玲)が乗る飛行機の便が書いてあり、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ゴメン」と謝ると、店を飛び出した。 三男・柴崎冬真(野村周平)が「で、どうするの?兄ちゃんのことだから、何か考えがるんでしょ?」と尋ねると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「ノープラン」と言って笑った。 その頃、櫻井美咲(桐谷美玲)は空港のラウンジで、次男・柴崎夏向(山崎賢人)を取材した雑誌の記事を見ていたが、時間が来たため、搭乗ゲートに向かおうとしていた。 さて、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はタクシーに飛び乗って空港に駆けつけるとが、櫻井美咲(桐谷美玲)の姿は見当たらなかった。 走って、走って走り回っていると、櫻井美咲(桐谷美玲)を発見する。 櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)を見て「今日は大事な日なのに、なんでここに居るの?馬鹿じゃないのアンタ?」と驚くと、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「馬鹿はお前だ。 なんだ、その服は」と言って呆れた。 櫻井美咲(桐谷美玲)は、搭乗ゲートに向かっていたが、ソフトクリームをもった子供がぶつかってきて、ソフトクリームで服が汚れたため、いったんロビーの方に引き返していたのだ。 しかし、そのとき、飛行機の搭乗検査締め切りのアナウンスが流れ、櫻井美咲(桐谷美玲)は未練を感じながらも、「私、行かなきゃ」と言い、搭乗ゲートへと向かおうとした。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は櫻井美咲(桐谷美玲)を抱きしめ「お前が好きだ。 俺がずっと側に居てやる」と告げた。 櫻井美咲(桐谷美玲)が「でも、私、今からニューヨークに…」と告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はキスで口を塞ぎ、「お前がどこに居ようと関係無い。 俺が側に居てやるって言ってるんだ。 だから、お前もずっと側に居ろ」と言って再び抱きしめた。 すると、櫻井美咲(桐谷美玲)は「側に居る。 ずっと側に居る」と言って次男・柴崎夏向(山崎賢人)を抱き返した。 次男・柴崎夏向(山崎賢人)は再び、櫻井美咲(桐谷美玲)にキスをして抱きしめた。 その年のクリスマス、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はニューヨークに居る櫻井美咲(桐谷美玲)に会いに行く。 櫻井美咲(桐谷美玲)が「店は上手くいってる?」と尋ねると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ああ」と答えた。 櫻井美咲(桐谷美玲)が「久しぶりに会ったんだから、なんか話すことがあるんでしょ?」と呆れると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は櫻井美咲(桐谷美玲)の手を取り、「つべこべ言わずに付いてこい」と言って歩き出したのであった。

次の

桐谷美玲×三浦翔平「好きな人がいること」キャスト/あらすじ/ロケ地を紹介

好きな人がいること キャスト

櫻井美咲… 桐谷美玲 柴崎千秋… 三浦翔平 柴崎夏向… 山﨑賢人 柴崎冬真… 野村周平 高月楓… 菜々緒 日村信之… 浜野謙太 奥田実果子… 佐野ひなこ 西島愛海… 大原櫻子 二宮風花… 飯豊まりえ 東村了… 主人公:櫻井美咲 主人公。 パティシエとして勤務していたが、その店が「パン専門店にリニューアルする」という理由でクビになってしまう。 次の就職先がなかなか見つからずに困っていたところ、再会した初恋の相手・千秋に彼が経営するレストラン「Sea sons」の住み込みパティシエとして雇ってもらうことに。 後輩からの助言もあり、「この夏は恋をする!」と意気込んでいる。 美咲の初恋の人で柴崎家長男:柴崎千秋 レストラン「Sea sons」の経営者で柴崎家長男。 長男らしい、責任感の強い性格。 美咲の初恋の相手であり、何かと優しく接する。 外食チェーンに買収を迫られているが、断る。 柴崎家の次男:柴崎夏向 柴崎家の次男で、レストラン「Sea sons」のシェフ。 プロ意識が強く、美咲には厳しく接している。 料理の腕は確かで、店の繁盛にも一役買っている。 柴崎家の三男:柴崎冬真 柴崎家三男。 調理師学校に通っているものの、サボりがち。 女性好きで軽い性格。 彼女がいるものの、「別に好きじゃなくてもキスできる」と言う冷めた一面もある。 千秋の元カノ:高月楓 千秋の元カノで、ボストンに留学中のピアニスト。 優しい性格で容姿端麗、非の打ちどころがない女性だが、 わざと美咲の前で千秋にキスをするなど強かな部分も。 サーフショップ店長:日村信之 サーフショップ「LEG END」の店長。 柴崎兄弟の良き相談相手で、何かと世話を焼いている。 一回り違う彼女の奥田は、同僚でもある。 日村の恋人:奥田実果子 夏向の同級生で、日村の彼女。 同じ職場のため、 日村とは常にラブラブである。 謎の少女:西島愛海 突然現れた、謎の少女。 柴崎家のことを調べている。 冬真の彼女:二宮風花 冬真と同じ調理学校に通う学生で、冬真の彼女。 学校そっちのけで、仲間と遊んでばかりいる冬真を心配している。 外食チェーン経営者:東村了 全国に出店している外食チェーン店の経営者。 かなり、やり手である。 「Sea sons」を買収する計画を立てているが、断られる。 あらすじ 櫻井美咲は、パティシエとして働く27歳。 将来は独立したいと思っているため、仕事にまい進中で毎日ひたむきに頑張っていた。 ただ、そのせいもあって恋愛はご無沙汰気味。 それはキスの仕方も忘れるほどだった…。 ある日、勤めていたお店が「パン専門店にリニューアルする」という理由で、美咲はクビになってしまう。 転職活動を始めるもうまくいかず、なかなか内定をもらえず途方に暮れる美咲だったが、そんな折に高校時代の初恋の人・柴崎千秋と再会。 ひょんなことから、彼が経営するレストランでの、住み込みバイトを勧められ、共同生活を始めることに…。 憧れの千秋と一つ屋根の下で暮らすことになった美咲。 ドキドキが隠せない美咲だったが、指定された家に到着すると見知らぬ男性2人が…。 レストランを支える、優秀だが他人に厳しい次男の夏向と、お調子者でプレイボーイの三男、冬真。 三者三様の兄弟たちと、ひと夏をすごすことになった美咲。 果たして、美咲の「好きな人」になるのは誰なのか…? 夏に観るのにピッタリな、キラキラしたラブストーリー。 テラスからの展望がとてもよく抜群のロケーションを誇っています。 実はこのレストラン、実在するんです! 鎌倉市にある和食ダイニング「海菜寺(うなじ)」がロケ地。 なかでも、この弁天橋は見晴らしもよく、晴れた日に通るととても気持ちいいです。 都会にありながらバリのリゾートを彷彿とさせる店内には、水や緑が品よく取り入れられており、落ち着ける雰囲気です。 「好きな人がいること」をご紹介してきました。 鎌倉・湘南を舞台とした、キラキラ感満載の本作。

次の

好きな人がいることのキャスト相関図!あらすじや最終回ネタバレ!

好きな人がいること キャスト

櫻井美咲(桐谷美玲)は、キスの仕方も忘れるほどスッカリ恋愛にご無沙汰だった。 というのも将来は独立したいという夢に向け、日々パティシエの仕事に邁進(まいしん)してきたため。 だがある日、心のよりどころとしていた仕事をクビになり、転職活動もうまくいかないという大ピンチに・・・。 そんなおり、高校時代の初恋の人・柴崎千秋(三浦翔平)と再会する。 そしてなんと千秋に誘われ、彼が経営する海辺のレストランで住み込みのバイトを始めるという奇跡の展開に・・・。 憧れの千秋と一つ屋根の下で暮らすことになった美咲。 だが、そこにはほかにも兄弟たちがいた。 シェフを目指して学校に通う三男の柴崎冬真(野村周平)は面食らうほどのお調子者のプレーボーイ。 そして、レストランを支える天才シェフ、次男の柴崎夏向(山﨑賢人)は最低最悪の超ムカつく男だった!美咲のことをパティシエとは認めず、パシリ扱いしかしない夏向。 こんな最低男と暮らす羽目になるなんて!こうして、三者三様の三兄弟とひと夏をすごすことになった美咲。 果たして、いつも優しい理想の王子様・千秋、お調子者のプレーボーイ・冬真、そして嫌みや皮肉ばかりの天敵・夏向のうち、恋愛弱者・櫻井美咲の重い心の扉を開けるのは誰か・・・!? キャスト.

次の