九星気学 芸能人。 引越しで運気をつかむ! 吉方位の調べ方[九星気学占い]

【九紫火星】「九星気学」で分かる性格と相性|ニフティニュース

九星気学 芸能人

松田龍平さん、結婚してたんですね。 俳優・松田龍平(33才)が妻であるモデルで女優の太田莉菜(29)と別居中という記事が週刊誌にのったみたい。 太田莉菜さんて、どんな人? 1988年1月11日生まれの29歳 日 月 年 乙 癸 丁 空亡 戌亥 丑 丑 卯 九星 三碧木星 衰 乙丑(きのとうし)の日、水辺に咲く花がイメージです。 寒い季節の花ですから、温室で守られて咲きたいかな? お花が咲いているのをみたら、きれいだね、かわいいなって、思わず言ってしまいますが、特にこの誕生日は、こまめに声をかけてほしい、寂しんぼうみたい。 松田龍平さんは、やさしそうな雰囲気ではあるけれど、あまり女性にマメな雰囲気ではなく、どちらかといえば、引きこもり型?で自分のテリトリーを大事にしたいタイプ。 08 18 28 38 48 癸 甲 乙 丙 丁 丑 寅 卯 辰 巳 大運が28歳まで、乙卯・比肩・建禄。 こどもがいるとは言え、家に引っ込んでいるのは無理、丁の食神を年干にもっていることもあって、自分の存在を認めてほしい、自分らしく生きたい。 松田龍平さんの誕生日は、人づきあいが下手でどちらかといえば、自分のテリトリーを大切にしたい人なので、優しい人ですが、妻の太田莉奈さんへの配慮も上手に伝えることができなかったのでは? 29歳から丙辰・傷官がめぐります。 2016年、丙申・傷官 三碧木星は、乾宮に在箔して、自己主張が強くでる。 松田龍平と太田莉菜が結婚したのは2009年1月、できちゃった婚で同年7月に長女が誕生しています。 莉菜さんも、子供が幼稚園に入って、子育てが一段落したということもあってか、女優という仕事にのめり込んでいきました。 松田龍平さんも、仕事のおもしろさを知っているだけに、仕事優先になっていく莉菜さんを止められなかったんでしょう」 (龍平を知る関係者) 出典:週刊誌 女優として活動するにあたり、強い表現欲求が芽生えたのは、出産や子育てによる休業の間だったことや、夫である松田龍平など周囲の俳優の存在が大きかったという。 Contents• 太田莉菜さんプロフィール 父親が日本人で母親がロシア人のハーフ。 1988年1月11日生まれ 幼少期に2年間モスクワで過ごす。 喋れる言語は日本語、ロシア語、英語(現在も母親との会話はロシア語)。 趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、テニス。 歌手のステファニーとは友人関係にある。 太田莉菜さん経歴 2001年、(13歳)雑誌『ニコラ』の第4回読者モデルオーディションで新垣結衣らとともにグランプリを獲得[4]。 その後同誌のモデル(ニコモ)として活動する一方、他の雑誌などにも多く登場。 モデル参加以外の出版物には、ファッションブランド『POU DOU DOU』とコラボレートし、初の編集長を務めた『hotikiss』、写真集形式のファッションブックとして『hotikiss2』(ともにprevision)がある。 資生堂、ソニー、アヲハタ(キユーピー)など多くのCMにも出演。 高橋マリ子に代わり、江崎グリコ「ウォーターリングキスミントガム」のCMに起用された。 2004年公開の映画『69 sixty nine』でヒロインを演じ、女優としても活動を開始した。 また同年、NHKの語学番組『ロシア語会話』の2004年4月 — 9月期を担当した。 2010年3月に所属事務所をOKAZAKI MODELSからアノレに移籍。 2009年1月に松田龍平と結婚し、同年7月に第1子となる長女を出産[3]。 最近の投稿• Views• - 41,691 views• - 33,681 views• - 32,978 views• - 32,314 views• - 31,081 views• - 25,524 views• - 24,949 views• - 23,808 views• - 22,962 views• - 21,151 views• - 21,092 views• - 21,078 views• - 17,607 views• - 16,601 views• - 15,495 views• - 14,373 views• - 13,043 views• - 12,251 views• - 8,665 views• - 7,818 views カテゴリー• 最近のコメント• に a より• に 米田 千明 より.

次の

1973年(昭和48年)生まれの年齢/干支/星座/九星気学/誕生石/入学/卒業/厄年/長寿の祝い/早見表

九星気学 芸能人

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。 「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。 あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。 今回は、本命星【一白水星】について詳しくお伝えします。 古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。 それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。 現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。 九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。 九星気学で分かること 九星気学では、自分の生まれた年から本命星を導き出すことで、性格・運勢・相性・方位の吉凶などが分かります。 基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。 好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。 また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。 Check! 良いことも悪いことも時間を掛けて考え抜き、自分なりに納得いく答えを探します。 また、凝り性なところがあるので、興味のある分野であればトコトン追究します。 その結果、誰にも負けない特技を持っていたり、趣味の分野でプロ並みの知識や技術を身に付けたりすることもあるでしょう。 また、クリエイティブな能力も高いので、新しい企画を考えたり、自分で物を作ったりするのも得意です。 何かを追求し始めると自分の世界に没頭するので、一人で過ごすことが多そう。 ただ、基本的に人当りが良いので、周囲から孤立することはありません。 人に合わせるのも上手なので、好感度は高いでしょう。 一方、用心深くて口が堅いところがあり、なかなか自分の本音を明かしません。 同時に、人から聞いた話も口外せず、必ず秘密を守るので、信頼されることが多いでしょう。 営業・販売業・飲食業など、お客様と会話をする機会の多い職業で活躍できるでしょう。 また、秘書・介護・看護など、人をサポートする仕事も向いています。 守秘義務を厳守するので、重要なデータを取り扱ったり、個人情報を管理したりする職種にも適性があります。 自分からアプローチするよりも、相手から言い寄られることの方が多いでしょう。 ロマンティックで大好きな相手にはたっぷり尽くしますが、愛情表現が不器用で空回りしてしまうことも。 お節介だと思われてしまったり、相手に合わせ過ぎて疲れてしまうこともありそうです。 恋愛中でも無理をせず、自分の心地良いペースを意識するといいでしょう。 その一方、真面目で堅実、コツコツ頑張る努力家です。 ただ、お互いに無いものを補い合うといいコンビネーションが生まれそう。 一緒にいると寂しくなってしまいそう。 好奇心旺盛で流行に敏感です。 正反対なタイプのようですが、お互いを尊重し合えるいい相性が生まれるでしょう。 ただ、頑張ってテンションを合わせると疲れてしまいそう。 気配り上手で面倒見が良く、人から慕われるタイプです。 スムーズにコミュニケーションを取りながら、着々と仕事を進めることができるでしょう。 いいカップルになれそうです。 誰にでも優しい四緑木星の言動に、一白水星がヤキモキすることもありそう。 責任感が強くて頼れるタイプで、強力なリーダーシップを発揮します。 強引なやり方に付いて行けず、困ってしまうことも。 適度な距離感をキープしましょう。 簡単に妥協しない完璧主義で、自分に厳しいタイプです。 お互いを信頼してスムーズに仕事を進めることができるでしょう。 ベストパートナーとしていいお付き合いができそう。 トーク上手でみんなに好かれる人気者です。 アイデアを出し合いながら、テンポよく仕事を進めることができそう。 恋に落ちると二人だけの世界に浸って、とびきり甘い時間を過ごせるでしょう。 一度決めたことは最後までやり遂げる根性の持ち主です。 タイムオーバーにならないよう気を付けて。 友達から恋人に発展することもあるでしょう。 プライドが高く、人と群れるのが苦手な一匹狼タイプです。 仕事のスタイルが違うので、お互いに歩み寄ることが必要です。 ただ、恋人にするには軽薄な感じがして、敬遠することもあるでしょう。 九星気学を「幸せな毎日」を送るためのヒントにしよう 九星気学で重要なポイントは、本命星が表す性格・相性・運勢などを短絡的に判断しないことです。 「私(あの人)はこういう性格」と決め付けるのではなく、それぞれの長所を伸ばし、足りない部分をカバーするために活用しましょう。 また、「運勢がいい」と調子に乗ったり、「運勢が悪い」と落ち込んだりすることもありません。 九星気学のメッセージを最大限に活用して、幸せな毎日を送るためのヒントにしましょう。

次の

【一白水星】「九星気学」で分かる性格と相性

九星気学 芸能人

それほど、九星気学の歴史は古く、昔から当たると信用されてきたため、今でも信頼がかなり高いです。 九星気学には9つの運命星があり、自分がどの運命星を持っているかで運勢を占います。 今回はその9つの本命星の中の「九紫火星」に焦点を当てて、詳しくご紹介していこうと思います。 九紫火星の方や身近に九紫火星の方がいらっしゃる人は気になっている人も多いのではないでしょうか? 九紫火星の性格の特徴や、他の運命星との相性、恋愛などについてご紹介していこうと思いますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。 冒頭でもお伝えしました通り、九紫火星とは九星気学にある本命星のひとつです。 九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つの本命星があり、自分がどの本命星に当てはまるかで、運勢や性格、恋愛などを占うことができます。 <九紫火星の調べ方> 生まれ年が下記の方は九紫火星に当てはまります。 1955年(昭和30年) 1964年(昭和39年) 1973年(昭和48年) 1982年(昭和57年) 1991年(平成3年) 2000年(平成12年) 2009年(平成21年) 2018年(平成30年) 九紫火星の方は、とても才覚にあふれた方が多く、名前に入っているように火を意味するものに強いパワーと示します。 <九紫火星の象意> 名誉、先見、華美、燃焼、明かり、精神など 九紫火星は九星気学の方位軸の中でも南をさす「離(り)」という位置に存在している本命星です。 男性、女性どちらの場合であってもこの「離(り)」の位置として方位の吉方位を占います。 九紫火星にとって東はやる気をアップさせたり、自分の能力を向上させることができる方角です。 旅行にいっても効果を得られますが、とてもいい方角なので思い切って住まいの新築や転職・就職などの方位などに選んでみてもいいでしょう。 今悩みがある人に非常におすすめの方角で、東南に移動すると不思議と悩みが解消されることがありそうです。 地道な努力が実る方角でもありますので、試験などを受ける際に旅行にいってみるものいいかもしれません。 協調性が生まれ人間関係悪化の改善も図ることが出来るので、人間関係に悩まされている人にはイチオシの吉方位です。 また忍耐力などもアップさせることができますので、仕事で頑張りたい方などにもおすすめの方角です。 この方角は家族愛が深まる方角なので、新婚の方にとてもおすすめです。 家庭内の経済も安定させてくれるので貯金がしたい方は南のほうにお引越しするといいでしょう。

次の