アフラック 給付 金。 白内障の日帰り手術での保険給付金はどうなるのでしょうか?

給付金・保険金のご請求|保険・生命保険はアフラック

アフラック 給付 金

知っている人はさっと再確認下さいね! アフラック・生きるためのがん保険Days1は、がんの診断から入院、抗がん剤などの通院治療までカバーする、 終身タイプのがん保険です。 主契約の、がん入院とがん通院に、診断や再発など、色々な特約を付けることができ、 2018年4月の商品改定では今までになかった、 ・保険料払込免除特約や、 ・緩和療養特約、 ・外見ケア特約、 といった、いくつかの保障が追加され、手厚くすることが可能になりました。 それぞれ1回限り。 上皮内の時は診断給付金の10% ・入院給付金: がん、上皮内新生物の治療で入院したとき、日額で給付される。 ・通院給付金: がん、上皮内新生物の治療で、所定の通院をしたとき、日額で給付される。 特約 ・特定診断給付金特約: がんと診断されてから2年以内に、がん入院とがんの所定の通院の合計が30日以上になったとき もしくは、がんと診断されてから2年後に、がんで入院または、所定の通院をしたとき。 1回限り。 ・手術、放射線治療特約2018: がん、上皮内新生物の手術や放射線治療をうけたとき、回数制限なし。 ・抗がん剤、ホルモン剤治療特約2018: がん治療のための抗がん剤、ホルモン剤治療をうけたとき、月ごとに給付。 ・診断給付金複数回支払特約2018: がんと診断されてから もしくは、前回受け取ってから 2年後に、がん入院か、所定のがん通院をしたとき、2年を1回に回数無制限。 ・女性がん特約2018: がん治療で乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術をうけたとき、20万円。 乳房再建術をうけたとき、50万円 ・外見ケア特約: がん治療で、顔または頭、手足指などの、摘出や切除手術をしたとき、20万円。 がん治療で頭髪が脱毛したとき、10万円 ・緩和療養特約: がんの痛みを和らげる治療や緩和ケアの入院や在宅療養をうけたとき、月額で給付される、24回が限度。 ・特定保険料払込免除特約: がんと診断されてから2年以内に、がん入院とがんの所定の通院の合計が30日以上になったとき もしくは、がんと診断されてから2年後に、がんで入院または、所定の通院をしたとき、以後の保険料の払込が免除される。 取扱範囲等 ・契約可能年齢: 0才~85才 解約払戻金ありタイプは70才まで ・保険期間: 終身(特約の一部は所定の期間まで) ・保険料払込期間: 終身払い、2年・5年・10年・60才・65才払済、60才・65才半額タイプ ・払込方法: 月払い、半年払い、年払い、口座振替、クレジットカード その他 ・非喫煙者割引: なし。 ・配当金: なし。 ・貯蓄性: 掛け捨てタイプ、解約返戻金ありタイプ、選べる。 ・告知書のみで医師の診査は不要。 4月時点の情報です それでは、解説をしていきますね! アフラック・生きるためのがん保険Days1は、 今までの商品(がん保険Days)の内容を、基本的に残しつつ、特約のバリエーションが新しく追加された形 になっています。 これから医学が発達してくると、ガンの診断も早くなったり、治療内容も、治療の期間もさまざまになってきます。 このような時代の流れをうけて、Days1では、 ・症状が軽い時には給付金は少なく、 ・症状が重たくなってきたら、給付金も多くでる、 といった商品コンセプトになっているようです。 特に今回、追加された、「特定診断給付金特約2018」の給付要件や、「特定保険料保険料払込免除特約」の内容を見てみると、そのスタンスがかなり表れていて、 ざっくりいうと、入院と通院の合計日数が30日以上になったときに初めて適用になる ある程度の治療をする段階になってから給付します、といった内容になっていることからもそれが伺えます。 また、QOL(クオリティオブライフ=生活の質)も、意識していて、 がん緩和療養特約の給付要件にかんしては、かなりやさしくて幅広かったり、 外見ケア特約が新設されたり、医療相談ができるプレミアサポートや、生活情報サービスなども付いていたりします。 ざっとお伝えすると、このような内容です。 この記事では書ききれないですが、 ・手術や放射線、診断給付金の金額を細かく決められなかったり、 ・入院より通院日額を大きくできない、など、制約が多いです。 とくに最近のがん治療では、入院が短いから通院のほうを手厚くしたい、と思っても、入院日額と同額までしか通院の金額を設定できないなど、いろいろと制約が多いのです。 上皮内新生物 要はステージ0期のガン)のときは、大きな治療費がかからないから、という理由なのですが、他社が上皮内新生物でも同額で保障します、という商品が多いので、どうしても物足りなく感じてしまいます。 契約年齢 男性 女性 20才 2,534円 2,534円 30才 3,394円 3,485円 40才 5,025円 5,159円 50才 8,128円 6,831円 60才 13,693円 8,521円 70才 20,940円 10,392円 2018. また、 10年更新の特約もいくつかあるので、将来的に保険料がアップしていくのも気になるところです。 具体的な保険料は、公式HP で試算できます。 がん先進医療特約、抗がん剤、ホルモン剤治療特約、女性がん特約、外見ケア特約は、10年更新なので、保険料が更新のたびにアップしていってしまうことです。 この特約は安いのですが、認定の要件はかなり厳しめです。 他社では、『がんと診断されたときには以後の保険料は免除になる』というものが多いのですが、アフラックの場合、診断されてから2年以内に、入院と通院の合計が30日以上になるか、2年経過時点で入院か所定の通院治療をしていないと、該当しないので、条件は厳しいです。 以上が、デメリットや注意点になります。 将来、見直して解約したときに、積立金が戻ってくるので、掛け捨て感を軽くすることができます。 しかし、新しいDays1の、診断給付金複数回支払い特約の要件は、 入院がなくても2年経過後にがんで継続して所定の通院をすれば適用されるように、要件がやさしくなりました。 一般的な、がん保険料払込免除特約に比べると、適用条件は厳しいですが、その分、この特約の保険料は安いので、治療が長くなったときには、保険料が免除になる安心感をもつことができます。 この特約は、モルヒネなどの医療用麻薬といった疼痛緩和(とうつうかんわ)の治療から、在宅療養、神経ブロックを使用した入院や通院も対象にしていて、現状のがん保険の「緩和療養特約」のなかでは、おそらく一番手厚いと思います。 この特約は数百円もしないので、Days1を検討するときはぜひチェックしておいてほしいと思います。 給付は1回のみですが、こちらも保険料はかなり安いです。 特別保険料率になると、支払う保険料は、通常の人に比べて3倍近くにはなりますが、どうしても加入したい人にとっては、ありがたい制度であるといえます。 プレミアサポートと呼ばれていて、かなり専門性の高い相談を受けることができます。 いざ、困った状況になって情報が欲しい時には助かるのではないでしょうか。 さいごに いかがでしたか? アフラックは、ガン保険からスタートした会社で、がん保険で最も契約者数が多いというネームバリューや安心感は、ありますが 生きるためのがん保険Days1は、給付要件が厳しかったり、保険料が高いなど、デメリットや注意点もありました。 検討する時は、他社のがん保険の、 ・ ・ ・ なども一緒に、比べられたらよいと思いますよ! 特に、富士生命は、がん保険で一番人気だったものの保険料の値上げで一時期、商品力が下がっていましたが、 2018年4月~は、商品内容はそのままで、保険料が2割ほど安くなってリニューアルしたので、検討の価値が大いにある商品ですよ。 けれども保険は難しく、できるなら私が皆さんに直接コンサルすればよいのですが、そうもいきませんし、記事では伝えきれない所もあるので、 対面での各社比較サービスをおススメしています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 下におすすめ記事を載せていますので、ぜひ一緒にご覧くださいね!.

次の

アフラックのがん保険は診断給付金が一度しか支払われないけど、大丈夫?

アフラック 給付 金

このページではアフラックのがん保険「21世紀がん保険」の保障内容や具体的な見直し方法について解説していきます。 21世紀がん保険は2000年12月から発売開始され2009年3月まで取り扱われていたアフラックの主力がん保険になります。 それまでの同社のがん保険では 悪性新生物のみを対象として上皮内新生物が保障対象外となっていましたが、 21世紀がん保険からは共に保障対象。 現行で各保険会社より発売されているがん保険により近いがん保険であるとも言えます。 とはいえ、それぞれの保障内容単位では見直しに繋がるポイントなども存在しますので、詳細を解説していきます。 21世紀がん保険に契約中の方で保障内容の確認や見直しを検討している方は是非ご確認ください。 アフラック「21世紀がん保険」契約内容 21世紀がん保険は冒頭でも説明したように2000年12月から2009年3月まで発売されたがん保険になります。 保障期間は終身。 保険料払込期間も終身となる為、掛け金を支払い続ける限り保障が一生涯続く仕組みになります。 保障内容はそれまでのがん保険同様に1口、2口と口数単位で保障内容が予め決まっている仕組みになります。 微妙に保障内容が異なる形で21世紀がん保険 〇〇プラン と言う風に名称が異なるものが複数存在します。 当サイトでは 「21世紀がん保険」の中でも代表的なスペシャルプランを元に解説してきます。 ご本人 ご家族 販売開始 2000年12月 2000年12月 販売停止 2009年3月 2009年3月 保険期間 終身 終身 保険料払込期間 終身 終身 診断給付金 100万円 上皮内新生物10万円 60万円 上皮内新生物6万円 入院給付金 1万円 6千円 通院給付金 1万円 6千円 特定治療通院給付金 5千円 3千円 手術給付金 20万円 12万円 がん高度先進医療給付金 6~140万円 3. 年齢による保障減額無し• 先進医療に保障額の上限有り• 死亡保険金はごく僅か• 解約時の返戻金も少ない と言った点が上げられます。 それまでの新がん保険やスーパーがん保険では65歳以上で保障額が半減するような仕組みがありましたが、21世紀がん保険からは年齢による保障内容の変更がありません。 また現行の先進医療特約では自己負担した技術料と同額が保障される事が一般的ですが21世紀がん保険の場合は最大でも140万円と上限が設けられています。 解約返戻金もそれ以前のタイプがある程度まとまった返戻金を受け取れましたが21世紀がん保険からは死亡保険金も少ない事から解約返戻金があってもごく僅かとなります。 アフラック「21世紀がん保険」の保障内容の詳細 各保障内容に関しては個別に解説していきます。 それまでのアフラックのがん保険やではがん 悪性新生物 のみが対象で上皮内新生物は対象外でしたが21世紀がん保険から上皮内新生物も保障対象となりました。 なお支払回数がそれぞれ1回ずつなので、最初は上皮内新生物が見つかり診断給付金10万円を受け取った後に2、3年後に悪性新生物が見つかった場合は100万円を受け取る事が可能です。 診断給付金額の最大合計は110万円となります。 がん 悪性新生物 のみ対象。 上皮内新生物は対象外。 放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法が対象。 経口投与による抗がん剤治療の通院は対象外。 手術の為の通院は対象外。 通院給付金と特定治療通院給付金は併用されずどちらかが適応。 手術給付金について 手術給付金はがん、上皮内新生物を対象として約款で定める所定の手術を対象に支払い回数無制限で一連の手術は14日間に一回となります。 また一連の手術とは最初に「A手術」を行い、 その続きとして「B手術」を行う場合は連続する一連の手術とみなし、14日間以内では1回となります。 21世紀がん保険は放射線治療給付金が、手術給付金の中に含まれており悪性新生物根治放射線治療として50グレイ以上の照射を対象に60日に1回の間隔で回数無制限で保障されます。 定期的に放射線治療を実施する場合は約2か月に一回のペースで手術給付金から給付金を受け取れる仕組みになります。 がん、上皮内新生物共に保険適応となる手術が対象。 14日間以内に連続する手術は1回と判断。 連続する手術でも14日以上空く場合はそれぞれ1回とカウント。 14日以内で複数回行う手術も内容が異なる場合はそれぞれカウント。 放射線治療は50グレイ以上の照射を対象に60日に1回。 回数無制限で保障。 がん高度先進医療給付金について がん高度先進医療給付金は保険適応外の先進医療を受けた場合に先進医療の技術料に応じて本人 6万円~140万円。 ご家族 3. 6万円~84万円 の範囲で給付金が支払われる仕組みになります。 通算の金額上限はなく、1年に5回までの支払い回数上限となります。 先進医療特約との違い 昨今の一般的な医療保険やがん保険の「先進医療特約」では 自己負担した先進医療の技術料の全額が先進医療特約から支払われるケースがほとんどで通算2000万円まで保障という仕組みになります。 またアフラック内では先進医療特約の重複契約ができませんが、21世紀がん保険の「がん高度先進医療給付金」は新たに医療保険やがん保険に「先進医療特約」を追加しても重複扱いにはなりません。 通院治療を強化• 抗がん剤治療を強化• 先進医療を強化 通院治療を強化 21世紀がん保険は通常の通院給付金に特定治療通院給付金が組み込まれ、それまでのアフラックのがん保険に比べると通院保障が強化されています。 ただし支払の条件や日数に制限があります。 通院給付金 特定治療通院給付金 条件 連続5日以上の入院後の通院 放射線、抗がん剤、ホルモン療法の為の通院 日数 1通院 最大30日間まで 通算700日 通算120日まで 例えば、入院が3日で終了した場合は以後の通院に対して「通院給付金」は対象外となります。 また長期間に渡る通院治療を行う場合は上限日数をオーバーしてしまう可能性も考えられます。 昨今のがん保険では通院保障がより重要視されている傾向があります。 抗がん剤治療を強化 がんの代表的な治療として三大治療 手術、放射線、抗がん剤 が上げられ、がんを経験されている方の多くが三大治療を受けられていると言われています。 その為、昨今のがん保険では抗がん剤治療 ホルモン療法含む のみに特化した保障を用意しているケースがあります。 21世紀がん保険でも特定治療通院給付金では「抗がん剤、ホルモン療法」による通院をサポートしています。 ただし 「経口投与による抗がん剤の為の通院は除く」とあるため、 口から投与する飲み薬は対象外となります。 抗がん剤、ホルモン療法に関しては必ずしも点滴等の「非経口投与」だけとも限りません。 がん保険における抗がん剤に関しては以下でも解説しています。 先進医療を強化 先述しているように21世紀がん保険のがん高度先進医療給付金は技術料に応じて上限 本人~140万円。 ご家族~84万円。 があります。 必ずしもがん治療で全員が先進医療を行うとも限りませんが、がんの先進医療は「重粒子治療」など自己負担が高額 ~300万円など になるものが存在します。 これらの部分の保障を強化するという事に関してアフラックでは過去のがん保険の契約中の方を対象としたオプション的ながん保険を販売しています。 プランも3パターンくらいに分かれ、現在契約中のがん保険やご要望に合わせた保障の強化が可能です。 現在のアフラックのがん保険を契約したまま、保障を強化する場合は是非ご確認ください。 21世紀がん保険から新たながん保険への乗り換えする場合 アフラックのがん保険に契約中の方は必ずしも同社内で見直しをしないといけないわけではありません。 がん保険は現在、各保険会社より多種多様なプランが用意されています。 当サイトでは 独自の評価基準を元におすすめのがん保険をランキング形式にて紹介していますので良ければ是非ご確認ください。 複数契約の口数変更 上記の保障内容の強化や他社のがん保険への乗り換えと併せて考えられるのが21世紀がん保険を複数契約している場合です。 例えば、2口契約している場合などは口数削減で2口から1口へ変更する事で保障内容と保険料を半額にする事が可能です。 これによりアフラックの新たながん保険の追加や他社のがん保険の追加契約など柔軟な見直しも可能です。 家族型から個人型への変更 同様に21世紀がん保険を家族型で契約している場合は本人を残し、ご家族は契約から抜ける事が可能です。 家族型から個人型に変更する事で保険料の減額に繋がります。 家族型で契約中、ご主人が先立たれ奥様一人になった場合でも家族型の保険料に変更はありません。 という事からもこの見直しを前もって行う事も有効です。 特約MAX21の解約 状況にもよりますが、主契約であるがん保障部分は残して医療保障である特約MAX21のみを特約解約する事も可能です。 例えば、医療保険は別に準備出来ている場合や、三大疾病保障を強化する為に最新の医療保険への加入を希望する場合などは有効です。 21世紀がん保険の解約について 最終的に21世紀がん保険を解約する事になった場合にいくつか抑えておくべきポイントがあります。 21世紀がん保険の解約返戻金について 21世紀がん保険は似たような名称のプランが複数存在する為、一律で案内する事が難しいのですが大きく「解約返戻金ありタイプ」と「解約返戻金なしタイプ」が存在します。 解約返戻金ありタイプの場合は解約時に解約返戻金が戻ってくるケースがありますが、これは「死亡保険金」部分の積立がそれに当たります。 死亡保険金は本人10万円。 ご家族6万円と少額なので解約返戻金もそこまで大きな金額にはなり得ません。 同社の「新がん保険」や「スーパーがん保険」は死亡保険金の額が本人100万円や150万円 65歳まで と高額な為、ある程度解約返戻金の貯まりが考えられます。 同じアフラックの昔のがん保険でも21世紀がん保険はそこまで解約返戻金がない事が一般的。 21世紀保険を解約する時の注意点 21世紀がん保険を解約する場合もいくつか注意点があります。 21世紀がん保険に特約MAXを契約している場合 まず先述しているように医療保障として「特約MAX」が付加された契約をしてる場合、主契約である21世紀がん保険を解約すれば当然医療保障も無くなります。 医療保障のみを残しておきたいという事はできませんので、再度医療保険が必要という場合は新たな医療保険をご検討ください。 がん保険の保証開始日 責任開始日 について 解約して新たながん保険 がん保障 に乗り換える場合ですが解約は解約請求書類を保険会社が受取った時点で保障が無くなります。 ただ新たながん保険は加入手続きから保障が開始されるまでの待ち期間が約3カ月 90日 あります。 医療保険などのがん保障特約や三大疾病保険も同様です。 解約と契約手続きを同時に行うとがん保障の空白期間が3カ月ほど発生する事になります。 空白期間が出来る事をご自身が了承した上で手続きをする事は問題ありませんが、空白期間を作らずに乗り換えを希望する場合は2カ月ほど21世紀がん保険を継続するようにしてください。 保険料を半年払い、年払いしている場合 保険料を毎月払いではなく「半年払い」or「年払い」している場合は支払い期間の途中で解約したとしても未経過分の返金はありません。 具体的には年払い契約で年間保険料の支払が5月だった場合。 6月に解約すると向こう10カ月分の保険料の返金はされないという事です。 年払い、半年払いの途中解約による未経過分の返金は 「平成22年 2010年 4月以降の契約の場合」 になるので21世紀がん保険で半年払いか年払い契約の方は全員途中解約での返金が無い点にご注意ください。 解約時の注意点に関しては以下での解説していますので良ければ是非ご確認ください。 このページのまとめ 21世紀がん保険の保障内容は、現行で発売されているがん保険と一見すると同じような保障が用意されていますが、細かく確認していくと支払条件や日数上限など注意する点が多数あります。 また具体的な見直し方法に関しても検討される方の契約状況やご要望によって大分見直しの方法が変わってくるかと考えます。 過去に販売されていたがん保険から最適な見直しをご自身のみで行うのは難しい可能性が高いのです。 事前の知識として当サイトを参考にしていただきつつ、実際の見直しはファイナンシャルプランナーや保険ショップの無料相談を是非有効にご活用ください。 ページの下の方で 厳選した保険の無料相談サービスを紹介しています。 良ければご確認ください! また確認したいがん保険が「21世紀がん保険」ではなく別のタイプという事であれば以下で 過去に発売されていたアフラックのがん保険を全て紹介していますのでこちらも併せてご確認ください。

次の

「アフラック」最新質問一覧

アフラック 給付 金

アフラックの がん保険「f(フォルテ)」は、他の記事の中で詳しくお話していますが、保険料と保障のバランスを考えると、他社のがん保険と比較して、とても優れたがん保険だと言えます。 ただ、一つだけ気になるのは、診断給付金が1回しか支払われない点です。 他の保険会社のがん保険では「何度でもお支払いします!」というところが多いです。 再発や転移に備えるなら、当然、何度でも診断給付金がほしいですから、こと診断給付金の支払い回数という点だけ見れば、アフラックのがん保険にも穴があるように思えてしまいます。 しかし、診断給付金が何度でも支払われる保険には、決まって条件があります。 たいてい「2年以上の間隔」が必要です。 つまり、2年以内の再発や転移については、診断給付金が下りないのです。 ・・・この「2年」という数字は一体何なのか、と思って調べてみました。 ガンの話では、「5年生存率」という言葉をよく耳にしますが、これは「5年生存していれば一応完治」と一区切りつける考え方です。 これががんにかかった方の7割ほどになります。 では残りの3割の中で、2年以上たってからの再発がどのくらいかと言うと・・・約2割しかありません。 表現を変えつつ、再確認しますね。 今や2人に1人(50%)は生涯のうちガンに罹ると言われていますが、がんになった場合でも70%の人は5年以上生きる、つまり再発も転移もせずに生き残ります。 残りの30%のうち、2年以内の再発が80%。 分かりやすく、具体的な数字に置き換えると・・・・• 100人のうち50人がガンになり、35人は再発・転移なしで完治する。 15人のうち2年以内に再発する人が12人。 2年以上の間隔を空けて再発・転移するのは100人中3人だけ。 がん患者のなかで換算すると、6%の確率になる。 このデータを見れば、診断給付金を何度でも受け取れる可能性はけっこう低いことがお分かりいただけると思います。 もちろん、その低い可能性に備えるのも、がん保険の立派な役割ですが、必ずしも診断給付金の複数回の支払いを加入条件に設定する必要はない、ということです。 診断給付金がまったく支給されないがん保険だと、がん治療に支障をきたす恐れがありますが(詳しくは「」をご覧下さい。 )、アフラックの場合、診断給付金が一回支払われる上に、先進医療給付あり、特定通院給付あり、ライフサポート年金あり、という充実した保障内容になっているので、問題ないはずです。 診断給付金の複数回支払いよりも、トータルの保障内容をよく確認すべし!というのが結論になると思います。 診断給付金が何度でも受け取れる(2年以上の間隔が必要)としても、通院保障が弱かったりすると、いざという時役に立たないかもしれません。 「」で詳しくお話していますが、通院治療への備えこそが、診断給付金の主たる役割だと思います。 もらえない確率の方がはるかに高い複数回の支払いより、通常の通院治療に対する保障内容をよく確認しておくようにして下さい。 抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン療法に対して「特定治療通院給付金」が日額1万円でますよ。 定期だとフコク生命の「」が圧倒的な通院保障を提供しています。

次の