聖 ウルスラ 高校。 聖ウルスラ学院英智小学校・中学校・高等学校

指定校推薦制度 |八戸聖ウルスラ学院高等学校

聖 ウルスラ 高校

〈 教育基本法 第八条 〉 私立学校の有する 公の性質及び学校教育において果たす 重要な役割にかんがみ、国及び地方公共団体は、その自主性を尊重しつつ、助成その他の適当な方法によって私立学校教育の振興に努めなければならない。 1.様々な支援制度 【公的】• 就学支援金制度• (被災者の方対象の制度)• 高校生 等奨学給付金(制度)• 授業料等軽減補助制度 【本校独自】• 入学時の奨学制度• 入学後の支援制度• 被災者の方対象の制度 【外部】• 多種多様な制度 2.就学支援金制度 2020 令和2 年度より、年収目安が約590万円未満の世帯の生徒を対象に就学支援金の上限額が引き上げられます。 詳しくはに記載の文部科学省による[参考資料]、及びをご覧ください。 3.2020 令和2 年度 高校生等奨学給付金制度 高校生等奨学給付金は、生活保護世帯、住民税所得割非課税世帯の高校生を対象に、就学支援金制度を補う形で設定されている 公的制度です。 教科書費・教材費などの授業料以外の教育支援の仕組みで、やはり 返済する必要はありません。 2021年度より支給額等が変更となります。 授業料の減免割合 保護者の所得要件 授業料の額から就学支援金額を 減じた額の10割• 県民税の所得割および市町村民税の所得割が課されていない世帯• 県民税および市町村民税が課されていない世帯• 生活保護世帯• 保護者の死亡、疾病、障害または失職等により(1)から(3)までに 定める者と同程度に生活が困窮していると認められる者 授業料の額から就学支援金額を 減じた額の7割• 母子世帯または父子世帯であって、かつ、県民税の所得割額と 市町村民税の所得割額の合計が、100円以上 95,000円以下の世帯• 保護者の死亡、疾病、障害または失職等により(1)に定める者と 同程度に生活が困窮していると認められる者 授業料の額から就学支援金額を 減じた額の5割• 母子世帯または父子世帯であって、かつ、県民税の所得割額と 市町村民税の所得割額の合計が、95,001円以上 128,300円以下の世帯• 生活保護世帯• 保護者の死亡、疾病、障害または失職等により(1)または(2)に 定める者と同程度に生活が困窮していると認められる者 5. 〔2020 令和2 年度〕就学支援金制度と本校の校納金について• 給付金額は、主要校納金額(2020年度は月額51,000円)から就学支援及び授業料軽減補助制度等によって減じた額を上限とします。 2020 令和2 年度の就学支援金制度について、国・宮城県から正式な通知(連絡等)がありましたら、本校のホームページにてご報告いたします。 A 高等学校等育英奨学資金奨学生(宮城県教育委員会) 自宅生:月額30,000円の貸与 自宅外生:月額35,000円の貸与(令和元年度は別途被災者対象制度もあります) B あしなが育英会 月額50,000円[内20,000円は給付、30,000円は貸与] 自宅外生:月額35,000円の貸与(令和元年度は別途被災者対象制度もあります) C 交通遺児育英会 月額20,000円、30,000円、40,000円から選択(貸与)、入学一時金200,000円、400,000円、600,000円から選択(貸与) D 宮城県各市町村独自の奨学金 地域によって月額は異なります。

次の

教育目標|学校紹介|SUG英智 聖ウルスラ学院英智高等学校

聖 ウルスラ 高校

聖ウルスラ 生誕 不明 死没? 崇敬する教派 主要聖地 、聖ウルスラ聖堂 記念日 聖ウルスラ(せいウルスラ、: Sancta Ursula(小さなの意),: Saint Ursula、? )は、の人物で、出身ののである。 しかし聖女の伝説は、のが発祥の地である。 ウルスラは、1万1千人の処女をめぐる的伝説の中心人物で、この伝説は、に起源があり、ついで、の小礼拝堂内で墓石が発見されて後、になって伝承が変容し大きく増幅された。 ケルンの墓石は後になって、ウルスラの名前を持つ、さる八歳の少女のものであるとされた。 以来、実在の聖女と信じられ、ウルスラ崇敬が盛んであったが、今日その実在は疑問とされている。 のではかつてウルスラの祝日はとされていたが、実在の可能性が低いという理由から以降典礼暦から除外された。 聖ウルスラ教会、、 ウルスラの伝説は、歴史的な背景を恐らく持っていないと思えるが、彼女がローマ系の王女で、南西にあったの父王ドノート(、)の求めに応じて、の総督である、(、)のコナン・メリアドク()を未来の夫として婚姻を結ぶため、1万1千人の処女なる侍女たちと共に船出したとされる。 奇蹟の嵐によって彼女と侍女たちは、わずか一日で海を渡りの港に到着した。 その地でウルスラは、婚姻の前に、自分は全域をめぐるの旅を成就することを宣言した。 の『』(『黄金伝説』)の記述では、異なった経緯が記されている。 すなわち、ブリトン人の王の娘であるウルスラは、に君臨する異教徒の王の息子アイテリウス(Aetherius)との結婚を求められた。 ウルスラはこれに同意したが、三つの条件を提示し、アイテリウスにもまたこの条件を満たすことを求めた。 三年以内に、王子アイテリウスはを受けること。 十人の同伴者と更に1万1千人の乙女の一団を編制すること。 こうしてウルスラは彼らと共に、ローマへと巡礼の旅に出発することであった。 ウルスラは従う者たちと共にローマへと向かい、キュリアクス(、教皇座の記録には、このような人物は知られていない)、またスルピキウス()に対し、彼女たちと合流するよう説いたとされる。 に包囲されていたコローニュ()へと進発して後、従う処女たちは全員、恐るべき虐殺のなかで命を失った。 こうして、と想定されているが、フン族の首長がウルスラを弓で射殺し、彼女は殉教した。 ウルスラと彼女に従う処女たちはに埋葬されたとされる。 その地には、彼女らに奉献された()が建立されている。 (この教会は、聖堂で、古代のローマの墓地遺跡の上に建造されている。 教会が「ウルスラ」の名を持つのは、周辺の墓地で発見された乃至頃の墓石に、八歳の少女の名としてウルスラが記されていた為である。 このことと、聖ウルスラ伝説が重なり、教会はにおけるウルスラ崇敬の流行と共に、著名となった)。 1万1千人の根拠 [ ] 確かに頃には、にはのに関する伝承が存在したが、出典となる記録に応じて数が異なり、2名または11名の少人数の範囲であった。 1万1千人の処女という数字は、になってはじめて登場したものである。 何故このような膨大な人数が言及されるようになったのか、その理由として考えられるのは、一つは、殉教者を二名として、その名を「ウルスラとウンデキミリア(Ursula et Undecimillia)」または「ウルスラとキミリア(Ursula et Ximillia)」と呼んでいたのが、前者の「ウンデキミリア」の名は、としては、「undeci m millia」つまり「11なる千」、後者の「キミリア」の名は、「XI millia」つまりやはり「11なる千」と間違って解釈可能なため、「ウルスラと1万1千人の乙女」という誤読が生まれたということが考えられる。 また、いま一つの理由としては、「11名の殉教した処女」を意味するラテン語の言葉「 XI (Undecim) Martyres Virgines 」(註:XI はで、11 を表す。 またが使った記法では、「X. M」と表記して「10なる千」を表し、これに従うと、「XI. M」は「11なる千」つまり「1万1千」の数字表現となる)の省略形である「 XI. 」が、「 Undecim Millia Virginum 」と誤って解釈乃至伝承されて、「1万1千名の乙女たち」などが出てきたと考えられる( による)。 以上の二つとは更に別の説明が存在する。 にあっては出所不明なが、殉教者のとして大量に販売されていたのであり、1万1千という数字の起源はこの中世の状況から出てきたものだとする説である。 「聖ウルスラと彼女に従う乙女たち」の話は当時広く知られていた結果、(些か皮肉の入った)この説明では、聖女とその乙女たちの聖遺物と称して、あまりにも多数の遺骨が売られた為、この膨大な数の遺骨を説明するため、1万1千人の処女たちという数字を人々が発明したというものである。 (実際のところは、これらの遺骨は、ローマ時代に遡って、教会の墓地に埋葬された人々の遺骸であった)。 ウルスラと歴史 [ ] 中世における影響 [ ] 、 のキリスト教世界(、)においてこの伝説が持った重要性は、例えば、の都市を飾る11個の炎に現れており、また聖ウルスラがケルンのである理由を説明する。 ウルスラのは、彼女の名を持つ聖堂において崇敬を受けている。 には、が同様にウルスラを守護聖人とし、またこれに倣って、のの大学、の大学もウルスラを守護聖女とした。 ウルスラはまた(の一種)製造業者たちの守護聖女であり、彼女のマント()は霊験あらたかなものと見なされていた。 ウルスラは更に、における重要な主題であり、わけても画家に霊感を与えた。 聖ウルスラはまた、その聖徳でもよく知られている。 彼女は長いあいだ、戦のときに良き死が得られるよう、あるいは、良き婚姻が得られるようその加護を祈る聖女であり、同時に、若い娘の保護者として加護が祈られた。 この故にウルスラは、その名を持つの保護の聖女であり、に列聖された聖に霊の導きを与えた。 大航海時代 [ ] の聖ウルスラ は、ウルスラと彼女に従った乙女たちに因んでを命名した。 に、は、処女岬()を回ってへと進入し、この岬を聖ウルスラの処女たちに因んで命名した。 ポルトガルの探検家は、今日、として知られる島々を、に「1万1千人の処女」と名づけた。 コロンブスが名付けたは後にの海外領土となり、20世紀においては、として知られる。 自治領として独自の「」と「」を持ち、紋章には、命名の契機となった聖ウルスラの像が描かれている。 また1万1千人の処女を象徴する11基の燭台が描かれている。 これは、ウルスラを守護聖女とするの都市紋章が、11個の燃える炎を装飾として使っているのと同じ意味を持つ。 カトリック教会での位置 [ ] 現代においてはウルスラの物語は歴史的事実に基づかないほぼ完全な創作と見なされている。 には、ののリストの見直しを指示し、歴史的実在性の低い聖人たちを聖人暦から除外した。 このときウルスラも除外された。 聖ウルスラ修道会 [ ] に、イタリアの(、? -、、1807年列聖)が創設した(、Ordo Sancti Ursulae )は、にとりわけ専念したが、また世界中に聖ウルスラの誉れある名と崇敬を広めることに貢献した。 聖ウルスラはこうして、学生のと呼ばれることになった。 この修道会に属する修道女であったウルシュラ・レドゥホフスカヤは、20世紀初頭に活躍した人物であるが、にによってされ、聖人となっている。 修道会の教育活動 [ ] 修道会の活動は全域に広がり、とりわけにおいて盛んであった。 やがて、修道会は世界中にのための教育設備を拡充して行き、多数の女子教育学校を設立した。 に、フランスより現在ののにメール・マリー・ド・レンカルナシオン他数名の修道女が訪れ、この地にで最初の女子教育専門の施設を開いた。 日本にはより、1936年10月15日に、メール・セント・マチルドを初めとする三名の聖ウルスラ会のが訪れ、1940年に木ノ下に聖ウルスラの修道院を設立した。 翌1941年には、同会最初の教育設備である「あずま幼稚園」を創設した。 更に1948年より「聖ウルスラ学院家庭学校」等、複数の教育機関を設立し、には、「」として法人認可を受けた。 この後、・の設立と運営も行い、には、新しいコンセプトのもととしてのプロジェクトを進め、校名を変更して、「」となった。 従来であったが、新しい学校名のもと校となった()。 聖ウルスラを守護者とするカトリックの修道会としては、他に、イタリアので貧しい少女への慈善教育運動より始められ、に創設された「聖心のウルスラ宣教女修道会(Orsoline Missionarie del Sacro Cuore)」がある。 イタリアに本部があり、中国、フィリピン、日本、オーストラリア、台湾に活動支部を備える()。 日本においては、にその活動拠点を設け、に『』の下、、、の経営を行っている。 その他 [ ]• は、殉教した乙女たちを称える多数の讃歌を作曲した。 聖ウルスラに献げられた歌の完全収録アルバムは、グループのアノニマス4(Anonymous4)が歌った CD『1万1千人の乙女たち:聖ウルスラ祝日の讃歌』が1997年に、ハルモニア・ムンディから発売されている。 は、1929年10月21日に、で誕生し、聖ウルスラに因んでアーシュラと名づけられた。 の艶笑諷刺小説 『一万一千本の鞭』( 1907年)の題名はVierges(処女)とVerges(鞭、ペニスの俗語)の言葉遊び。 関連項目 [ ]• ():のに所在するバシリカ聖堂の教会で、ローマ様式のとして、12の大聖堂の一つである。 聖ウルスラ伝説の起源の地に建立されており、この教会から伝説が発祥したとも言える。 ():のに所在する教会。 の教会である。 ():出身の聖女(1865年4月17日 - 1939年5月29日)。 聖ウルスラ修道会の修道女。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 [英文]• [英文]• [英文]• [英文]• [英文]• [英文]• [日本語]•

次の

2019.10.14 【特別公開・2nd Stage】聖ウルスラ学院英智高等学校吹奏楽部/2019年全日本吹奏楽コンクール出場記念壮行演奏会

聖 ウルスラ 高校

概要 [ ] 聖ウルスラ学院英智小・中学校は、2005年に校名変更し、中学校を共学化してを行う学校として新たなスタートを切った。 学校内部では児童・生徒の発達を考慮し、6・3制ではなく、4・3・2制の教育段階を採用している。 ただし中学校第1学年段階で新規募集を行う。 度からは、も併せて提供している。 聖ウルスラ学院英智高等学校では、勉強に専念し国立大学への現役合格を目指す特別志学コースType1、勉強と部活の両立を図りながら大学への現役合格を目指す特別志学コースType2、様々な分野を学びながら各生徒の目的を達成することを目指す尚志コースがある。 尚志コースは当初は女子のみのコースであったが、2013年度からは、部活動で全国大会出場を目指し、奨学生として各中学校から推薦された場合のみ、男子も受験・入学が可能となった。 の東隣に位置する一本杉キャンパス内には、最大の「 」( )がある ほか、かつて邸宅 が建っていた。 沿革 [ ] 「」も参照 本校は、のであるを守護者として、に、イタリアの(、? -、、1807年列聖)が創設した(、Ordo Sancti Ursulae )を濫觴として発足している。 に力を入れた修道会は、全域に女子教育機関を設立し、には、現在ののに、で最初の女子教育学校を設立している。 日本にはより、に、メール・セント・マチルドを初めとする三名の聖ウルスラ会のが訪れ、に木ノ下に聖ウルスラの修道院を設立した。 翌には、同会最初の教育設備である「あずま幼稚園」を創設した。 後のより「聖ウルスラ学院家庭学校」等、複数の教育機関を設立し、には、「」として法人認可を受けた。 この後、・の設立と運営も行い、には、新しいコンセプトのもととしてのプロジェクトを進め、校名を変更して「聖ウルスラ学院英智小学校・中学校」及び「聖ウルスラ学院英智高等学校」となった。 従来であったが、新しい学校名のもと校となった()。 年表 [ ]• (11年)- より聖ウルスラ会修道女メール・セント・マチルド等3名訪日。 (昭和25年) - 聖ウルスラ学院小学校を木ノ下に開校。 (昭和26年) - 学校法人聖ウルスラ学院が認可。 (昭和31年)4月1日 - 聖ウルスラ学院中学校を一本杉に開校。 (昭和34年)- 聖ウルスラ学院高等学校として創立。 (17年)4月1日 - 「聖ウルスラ学院英智小・中学校」及び「聖ウルスラ学院英智高等学校」に校名変更、中学校・高等学校化、小・中の制服・校章を統一、土曜登校実施、4・3・2制を行うため小学校・中学校を小中一貫校化。 (平成21年) - 聖ウルスラ学院英智中学校及び聖ウルスラ学院英智高等学校との間で中高一貫教育を実施。 (平成24年) - 一本杉キャンパス3号館校舎が完成、木ノ下キャンパスから小学校を移転。 「4-3-5」制に基づく小中高一貫教育 [ ] 4・3・2制に基づく小中一貫教育 [ ] まで、聖ウルスラ学院小学校は仙台市内の他の私立小学校と同じ初等普通教育を行っており、中学校へは必ずしもエスカレーター式で進学できるとは限らず、中学校も市内の他の私立中学校と同じく、系列高等学校との併設型を行う女子校であった。 2005年からはこれを抜本的に改革し、小中一貫教育校として新たに4・3・2制を採用した。 Firstステージ(小1-小4) [ ] 最初の4年間は、一般的に小学校での課程を私立ならではの独自のカリキュラムで行う。 1年生より英語がある。 Secondステージ(小5-中1) [ ] 6・3制では丁度小学校の総仕上げと中学校への進学により急激に学習方式が変わるが、4・3・2制ではそれを円滑に行うため次のようなシステムになっている。 本来は中学校から始まる教科担任制をSecondステージの5年生から始める。 小中一貫教育のため、中学の新規募集で正式な中学校入学で入ったとしても、事実上は7年生に編入するのと同じようになる。 3年間で中学2年レベルの過程まで到達することを目標にする。 Thirdステージ(中2-中3) [ ] 9年間の総仕上げ及び高校への進学準備、高校1年の土台を作るために先取り学習を行う。 2005年からまでの間は中高一貫の教育方針ではなくなったため、他の高校への進学も可能になった。 授業は7時限まで• 高等学校及び大学への土台を作るためのシステム• 各種検定試験への挑戦 「1-5」制に基づく中高一貫教育 [ ] 度から、聖ウルスラ学院英智中学校・高等学校において、中高一貫教育を再開した。 聖ウルスラ学院英智小・中学校のThirdステージ 中学校の第2学年及び第3学年 及び高等学校の特別志学コースとの間で、併設型中高一貫教育を行っている。 中学校第1学年での入門的基礎的共通学習の上に、中学校第2学年から高等学校の第3学年までを1つのスパンに捉えている 特別志学コースType1コースクラス及び特別志学コースType2コースクラスを設置。 週6日制 [ ] 現在のでは公立学校では土曜日に授業を行うことは特区を除いて認められていない。 しかし、本校では2005年度より土曜日にも普通授業を行うことで授業を無駄なく進ませることができるシステムに変更した。 キャンパス案内 [ ] 木ノ下キャンパス [ ]• 所在地:〒984-0047 仙台市若林区木ノ下1-25-25( )• ・より5分• 5番のりばより、「連坊経由行き」に乗車し、「木ノ下一丁目」バス停で下車、徒歩1分 木ノ下キャンパス内には以下の施設がある。 度までは、小学校の全学年が当地に通っていた。 小・中学校グラウンド• テニスコート• 聖ウルスラ学院英智幼稚園• 聖ウルスラ学院英智音楽教室• 聖ウルスラ修道会木ノ下修道院 一本杉キャンパス [ ]• 所在地:〒984-0828 仙台市若林区一本杉町1-2( )• 仙台市地下鉄東西線・薬師堂駅より徒歩9分(駅前バスターミナルより若林区役所方面の市バスあり)• 仙台駅西口バスプール5番のりばより、仙台市営バスの若林区役所方面に行くバスに乗車し、「若林区役所前」バス停で下車、徒歩3分 一本杉キャンパス内には以下の施設がある。 小学1年生から高等学校3年生までの全学年が通う。 学校法人聖ウルスラ学院本部、および、修道会管区本部もある。 1号館:聖ウルスラ学院英智高等学校• 2号館• 3号館:聖ウルスラ学院英智中学校・小学校• 体育館• 同窓会館• 聖ウルスラ修道会一本杉修道院• (最大の)。 周辺 [ ]• 少林山保春院(北西隣) の母・(後は保春院)の。 (13年)に政宗が、覚範寺第四世清岳宗拙和尚により。 少林とは若林の意味。 若林区役所(西隣) (明治33年)に設置された伊達家農場を前身とする伊達家養種園の跡地。 同園ではの研究などが行われた。 (平成元年)に若林区荒井にとして移転。 (敷地周囲を囲む) 愛宕堰から取水。 旧:伊達家養種園(現:若林区役所)を過ぎると分流され、旧:伊達伯爵邸(現:当校敷地)の四方を巡って流れ下っていた。 現在は、当校敷地の西側と南側のみ開渠である。 仙台市若林区文化センター(南西隣)• 若林区中央市民センター、若林区情報センター、などで構成される複合文化施設。 養種園遺跡 : 若林区文化センターが建つ地を中心に広がるからまでの複合遺跡。 には、門前に当地の領主・が治める「国分日町」と呼ばれる市街が広がっていたが、同遺跡はその一部と考えられている。 また、江戸時代のの一部や、伊達家別荘(仙台藩2代藩主・の「御仮屋」や4代藩主・の「国分小泉屋敷」)とみられる屋敷跡などが発掘されている。 (東隣)• (北東隣)• (敷地の北辺を通る) 西に行くとを経てへ、東に行くと(荒浜街道)を経て荒浜(・深沼海岸)に到る。 南小泉茂庭線(敷地の南辺を通る) 仙台市道若林205号・南小泉茂庭線(最小幅員36. 00m、最大幅員55. 98m、延長902. 6m) 著名な出身者 [ ].

次の