米国 公認 会計士 難易 度。 USCPA(米国公認会計士)の難易度は?

【USCPA】難易度も挫折率も高い!日本人合格率はたった18%!?│エコスラブログ

米国 公認 会計士 難易 度

米国公認会計士(USCPA)とは? 米国公認会計士(USCPA)とは、米国各州が認定する公認会計士資格で、1917年にニューヨーク州で最初に試験が実施された資格。 2011年から日本で受験できるようになりました。 その他情報 難易度は? : 試験はすべて英語で出題されるためTOEIC600点以上の英語力は必要と思われます。 知識的には日本の公認会計士よりも楽で、広く浅く出題されますが、1000時間程度の勉強時間は必要です。 近年合格率は、 AUD:46. 3% BEC:59. 9% FAR:56. 3% REG:51. 0%ほど。 我が日本人受験生の合格率は60%と高い。 合格するためにはスクールを利用するのが近道です。 就職は? : 外資系企業や多国籍企業などにおいては知名度は高いですが、この資格を取得したからといって即就職できるわけではありません。 外資系企業では即戦力が求められるためで、財務・経理関係の経験無しでは就職活動に苦戦します。 また、この資格では国内において監査業務を行うことができません。 転職に利用するなら、銀行や証券会社などに勤務しながら箔を付ける意味で取得するのがいいです。 仕事内容は? : 監査業務(国内では不可)や財務諸表の作成、経営・財務・税務に関する調査、立案、相談のほか、、国際税務・国際ビジネスコンサルティング業務を行います。 資 格 概 要 受験資格 受験する州によって異なります。 大体、4年制大学の学位(短大が可能の州もあります)、会計科目やビジネス関連科目 などの学位と単位が求められます。 簿記論 Bookkeeping• 会計学総論 Accounting-General• 会計学 Accounting• 財務会計論 Financial Accounting• 財務諸表分析 Financial Accounting Analysis• 監査論 Auditing• 原価計算 Cost Accounting• 管理会計論 Managerial Accounting• 国際会計論 International Accounting• 税法 Tax Accounting• 租税法 Tax Law• 会計史 Accounting History• 初級会計 Introduction to Accounting• 初級会計 Elementary Accounting• 中級会計 Intermediate Accounting• 上級会計 Advanced Accounting• 会計情報システム Accounting Information System• 政府会計 Governmental Accounting• 環境会計 Green Accounting• 会計とシステム Accounting and System• 会計論 Accounting Theory• 経済学 Economics• マクロ経済 Macro Economics• ミクロ経済 Micro Economics• 財政学 Public Finance• 金融論 Finance• 商法 Commercial Law• 統計学 Statistics• 経営学 Management• 情報データ処理 Data Processing• コンピュータサイエンス Computer Science• マーケティング論 Marketing• 財務管理 Financial Management• コンピュータプログラム Conputer Programing• 労働法 Labor Law• 経済史 Economic History• 経済学入門 Introduction to Economics• 初級経済学 Principle of Economics• 貨幣と銀行 Money and Banking• 資金循環 Flow of Funds• 世界経済 World Ecomomy• 情報処理 Information Processing• 国際金融 International Finance 試験内容 試験はCBTにて行われます。 科目ごとの受験が可能で、 科目合格の有効期限は18ヵ月。 18ヵ月を経過した場合には科目の合格が失効するため、失効した科目については再度受験する必要があります。 身体上の障害等に係る特別措置について をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて FAX:03-6204-9649もしくは、E-mail:に送付して下さい。 なお、車椅子をご利用の方の場合は、受験会場が用意できない場合がありますので、 予約の際にプロメトリック(株) 03-6204-9830 まで、必ずお知らせ下さい。 願書申込み受付期間 随時 大学の学位に追加単位を取得後、出願、受験票が到着後、人受検追加料金を支払うことで、日本のプロメトリック(東京、大阪)のテストセンターの予約が可能になります。 試験日程• 1月、2月期間• 4月、5月期間• 7月、8月期間• 10月、11月期間(4期) 試験実施期間内は、任意の日時で受検することができます。 同一科目を各期1回、年間最大4回受験ができます。 不合格になった科目を同一試験期間内に受検することはできません。 (異なる科目であれば、2回以上に分けて受験することも可能。 ) 通常、祝日以外の土・日曜日は受験可能日ですが、他の資格試験実施日(例:TOEFL)などとの兼ね合いによりUSCPA試験が実施されないこともあります。 受験可能日については、でご確認ください。 受験地 全米のPrometric Test Center アラスカ州、メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、モンタナ州、グアム、ワシントン州については日本受験が可能。 95となります。 4 合格発表日 試験から約1週間〜2週間後 合格後の更新について 米国公認会計士(USCPA)の有効期間は3年間です(州により1年の所もあり)。 更新するためには、州が規定するCPEクレジット(有効期限3年:120クレジット、有効期限1年:40クレジット)を取得しておく必要があります。 また、CPEクレジットには、AクレジットとBクレジットの2種類があり、120ポイント中、80ポイント以上はAクレジットである必要があります。 クレジット詳細は以下の通りです。 教育トレーニング・セミナー参加(参加1時間=1ポイント)• セキュリティ団体の会合参加(参加1時間=1ポイント)• セキュリティベンダーとの打合せやプレゼン参加(参加1時間=1ポイント)• 大学院のセキュリティコース参加(参加1時間=1ポイント)• トレーニングコース開発(1時間のトレーニングに必要な資料作成:4ポイント)• セキュリティ関連記事や書籍執筆(セキュリティ関連【記事】執筆1回目:10ポイント、セキュリティ関連【書籍】執筆については、40ポイント)• セキュリティ団体の役員活動(セキュリティ団体の役員活動1年間:40ポイント)• 自己学習、オンライントレーニングコース完了(参加1時間=1ポイント)• 政府・公共機関でのボランティア活動(参加1時間=1ポイント)• セキュリティ関連書籍の読了・情報セキュリティ雑誌の定期購読(それぞれ5ポイント、最大10ポイント)• セキュリティ関連書籍のレビュー執筆 (レビューについては、 ISC 2の英語での審査が必要。 詳細については、をご覧下さい。 CPEクレジット申請については米国 ISC 2本部ウェブサイト内のメンバーズページから自身で申請を行う必要があります。 をご覧下さい。

次の

米国公認会計士試験 合格率・難易度

米国 公認 会計士 難易 度

米国公認会計士(USCPA)はアメリカの会計資格ですが、国内での需要も高まっており、 今非常に人気の資格です。 USCPAの試験は英語で実施されるということで、その 難易度はどの程度なのか気になる人も多いようです。 簡単な資格だという人もいれば、東大生ですら取得できない難しい資格だという人もおり、いったいどちらが正しいのか、様々な意見が出ています。 私は東大にもUSCPAにも合格することができましたので、この二つについては実体験としての意見を言えます。 私の考えは、東大は誰でもが合格できるとはいえないが、USCPAに関しては やり方さえ間違えなければ、誰にもチャンスがあるというものです。 ここでは、東大とUSCPAの難易度について比較してみたいと思います。 【参考記事】 目次• 東大合格に求められるものとは? 東大に合格するために何が一番必要かと聞かれれば、私は 要領だと思っています。 ここでいう要領とは、短期間の間に結果を出すための方法であったり、必要な情報を効率的に収集するような能力だと思っておけば良いでしょう。 東大受験ではとにかく大量のインプットを必要とします。 多くの受験生は高校2年の冬くらいには全ての科目の学習を一通り終え、あとはひたすら過去問や模擬試験を解きまくる作業に没頭します。 さらに理系であれば社会科目を、文系であれば理科をそれぞれ選択しなくてはなりません。 これらを限られた勉強時間の中でこなすには、単なる根性や気合でどうにかなるようなものではありません。 与えられた情報を素早く処理して、必要なものだけ選択していく、ある種の 抜け目の無さのようなものが必要です。 こうした能力を指して、東大生は 頭の回転が早いと言われたりもします。 私が思うに、このような才能というのはすべての人に兼ね備わったものではないということです。 どんな人でも努力を惜しまなければ東大に入れるかと聞かれれば、0%とは言わないまでも、かなり難しいのではないかと思います。 かといって、こうした要領の良さを誰もが持っていたほうが良いかというと、そうでもないというのが私の実感です。 社会人として活躍するためには、 コミュニケーション能力であったり、 忍耐力や精神力といったものが必要となるケースもあります。 東大生の能力というのは、人間がもつ様々な可能性の一つのあり方に過ぎず、決して万能なものではないことは、私自身が社会に出て気付かされたことでもあります。 UCSPAと東大の難易度を比較すると? 少し話が脱線しましたが、東大というのは誰でも入れるようなところではないというというのが私の考えです。 一方でUSCPAの試験はどうでしょうか? 結論から言えば、USCPAは東大受験に比べれば はるかに易しいです。 やり方さえ間違わなければ、誰でも合格するチャンスはあります。 ただ東大合格者でもUSCPAになかなか合格できない人もいるようであり、このあたりが、資格試験の難易度を評価するのが難しいところでもあります。 まずUSCPAが東大よりも易しいと思う理由ですが、東大が 記述中心の試験なのに対してUSCPAは 選択問題が中心という点です。 これだけでも、難易度は相当異なります。 日本の公認会計士件の方がUSCPAよりもはるかに難しいのも、2次試験で記述があるからです。 そもそも東大というのは合格者を選抜する試験であるのに対して、USCPAの問題というのは必要最低限の知識があるかどうかを問う試験です。 個人の考え方の深い部分まで問われる記述ではなく、単純な選択問題が中心なのも、 基本的な知識のあるなしが知りたいからです。 実務に必要なスキルは、合格後に働きながら身につければ良いというのがUSCPAの考え方です。 アメリカらしい合理的な考え方ですね。 一方で東大に入れるような人がUSCPAに受からないのは、 単純に準備が足りていないからです。 東大に合格したという実績が、過信を生むのでしょう。 USCPAに必要なのは1,000時間を超える勉強時間を作れるかどうかだけです。 過去に東大に入れたかどうかは全く関係ありません。 東大生の中には、中学に入ったばかりの頃から塾に通い、ただひたすら言われたとおりに勉強を続けてきた人が一定数います。 こうした人は、社会人になってからはどうやって勉強していいのか分からなくなってしまう人もいるようです。 働きながら勉強するには、 生活リズムの管理や モチベーション維持のための工夫など、大学受験とは違った部分も重要になってくるのです。 正しいやり方で1,000時間勉強する。 USCPAに合格するには、この単純な公式だけ頭に入れておけばよいのです。 会計の資格は敗者復活の切り札 働きながら1,000時間勉強するというのは、かなり大変です。 日本の会計士試験は、必要勉強時間が3,000時間ともいわれており、難易度はさらに高くなります。 ただし、決められた量をとにかくじっくりとこなせれば、経理・会計系の資格というのはいつか合格できるというのが私の感触です。 そこには東大受験のような要領や、頭の回転の良さは求められません。 こうした理由からか、監査法人には東大生はあまりおらず、どちらかといえば 東大受験に失敗したというような人の方が多い印象があります。 大学受験では思うような結果を残せなかった人たちが、在学中に気合と根性で会計士試験を突破するというケースです。 東大を出たとしても、普通の事業会社に就職するのであれば年収などの待遇はたかが知れています。 ところが大手監査法人に入れれば、30代前半で早々と年収1000万円の大台を手にすることもできますし、経営に近い現場での経験も数多く積めます。 そういった意味では、言葉は悪いですが、会計資格は 敗者復活としてはかなり有利な切り札となりえます。 特にUSCPAは日本の公認会計士よりは遥かに難易度が低いながら、監査法人での待遇にはほとんど差がありません。 監査業界は人手不足が続いており、USCPAを取得することで得られるメリットは、かつてないほど高まっています。 USCPAに興味がある方は、資格スクール主催の無料セミナーなどで積極的に情報を集めるのが良いでしょう。 アビタスでは参加者全員にUSCPAの解説本を無料で配っていますので、USCPAに興味が出てきたら参加してみると良いでしょう。 それでも敢えて比較するならば、東大は一部の限られた人しか入れない一方で、USCPAは基本的にはすべての人にチャンスがあります。 空前の人手不足もあって、USCPAの人気は日増しに高まっています。 ありきたりのキャリアを捨て、一発逆転を狙うにはもってこいの資格ではないでしょうか。 参考記事 ・ ・ ・ 【PR】USCPA 無料セミナー開催! USCPAの合格者、 業界No. 1のアビタスでは、現在受験を検討している方向けに 無料の説明会を開催しています。 「あまり入る気は無いけど、教材やカリキュラムが気になる……」 「自分のライフスタイルに適した、USCPAに関する様々な勉強法を知りたい」 「USCPAを活かしたキャリアプランって何だろう?」 など、 アビタスの教材から合格後までのキャリアプランまで徹底解説! 非常に内容の濃い2時間になっています! 2017年度より導入される、 USCPAの新試験方式に関する解説もタップリ盛り込まれているので、独学で取り組みたいと思っている方にもおすすめです。 セミナー参加者には USCPA試験合格までのガイドブックを無料でプレゼントしているので、この機会にセミナーに参加してみてはいかがでしょうか? ご興味のある方は、 下のバナーをクリックして詳細を確認してみてください。

次の

USCPA vs 簿記2級&簿記1級|どっちが役に立つ?どっちが難易度高い?問題に答える

米国 公認 会計士 難易 度

米国公認会計士(USCPA)はアメリカの会計資格ですが、国内での需要も高まっており、 今非常に人気の資格です。 USCPAの試験は英語で実施されるということで、その 難易度はどの程度なのか気になる人も多いようです。 簡単な資格だという人もいれば、東大生ですら取得できない難しい資格だという人もおり、いったいどちらが正しいのか、様々な意見が出ています。 私は東大にもUSCPAにも合格することができましたので、この二つについては実体験としての意見を言えます。 私の考えは、東大は誰でもが合格できるとはいえないが、USCPAに関しては やり方さえ間違えなければ、誰にもチャンスがあるというものです。 ここでは、東大とUSCPAの難易度について比較してみたいと思います。 【参考記事】 目次• 東大合格に求められるものとは? 東大に合格するために何が一番必要かと聞かれれば、私は 要領だと思っています。 ここでいう要領とは、短期間の間に結果を出すための方法であったり、必要な情報を効率的に収集するような能力だと思っておけば良いでしょう。 東大受験ではとにかく大量のインプットを必要とします。 多くの受験生は高校2年の冬くらいには全ての科目の学習を一通り終え、あとはひたすら過去問や模擬試験を解きまくる作業に没頭します。 さらに理系であれば社会科目を、文系であれば理科をそれぞれ選択しなくてはなりません。 これらを限られた勉強時間の中でこなすには、単なる根性や気合でどうにかなるようなものではありません。 与えられた情報を素早く処理して、必要なものだけ選択していく、ある種の 抜け目の無さのようなものが必要です。 こうした能力を指して、東大生は 頭の回転が早いと言われたりもします。 私が思うに、このような才能というのはすべての人に兼ね備わったものではないということです。 どんな人でも努力を惜しまなければ東大に入れるかと聞かれれば、0%とは言わないまでも、かなり難しいのではないかと思います。 かといって、こうした要領の良さを誰もが持っていたほうが良いかというと、そうでもないというのが私の実感です。 社会人として活躍するためには、 コミュニケーション能力であったり、 忍耐力や精神力といったものが必要となるケースもあります。 東大生の能力というのは、人間がもつ様々な可能性の一つのあり方に過ぎず、決して万能なものではないことは、私自身が社会に出て気付かされたことでもあります。 UCSPAと東大の難易度を比較すると? 少し話が脱線しましたが、東大というのは誰でも入れるようなところではないというというのが私の考えです。 一方でUSCPAの試験はどうでしょうか? 結論から言えば、USCPAは東大受験に比べれば はるかに易しいです。 やり方さえ間違わなければ、誰でも合格するチャンスはあります。 ただ東大合格者でもUSCPAになかなか合格できない人もいるようであり、このあたりが、資格試験の難易度を評価するのが難しいところでもあります。 まずUSCPAが東大よりも易しいと思う理由ですが、東大が 記述中心の試験なのに対してUSCPAは 選択問題が中心という点です。 これだけでも、難易度は相当異なります。 日本の公認会計士件の方がUSCPAよりもはるかに難しいのも、2次試験で記述があるからです。 そもそも東大というのは合格者を選抜する試験であるのに対して、USCPAの問題というのは必要最低限の知識があるかどうかを問う試験です。 個人の考え方の深い部分まで問われる記述ではなく、単純な選択問題が中心なのも、 基本的な知識のあるなしが知りたいからです。 実務に必要なスキルは、合格後に働きながら身につければ良いというのがUSCPAの考え方です。 アメリカらしい合理的な考え方ですね。 一方で東大に入れるような人がUSCPAに受からないのは、 単純に準備が足りていないからです。 東大に合格したという実績が、過信を生むのでしょう。 USCPAに必要なのは1,000時間を超える勉強時間を作れるかどうかだけです。 過去に東大に入れたかどうかは全く関係ありません。 東大生の中には、中学に入ったばかりの頃から塾に通い、ただひたすら言われたとおりに勉強を続けてきた人が一定数います。 こうした人は、社会人になってからはどうやって勉強していいのか分からなくなってしまう人もいるようです。 働きながら勉強するには、 生活リズムの管理や モチベーション維持のための工夫など、大学受験とは違った部分も重要になってくるのです。 正しいやり方で1,000時間勉強する。 USCPAに合格するには、この単純な公式だけ頭に入れておけばよいのです。 会計の資格は敗者復活の切り札 働きながら1,000時間勉強するというのは、かなり大変です。 日本の会計士試験は、必要勉強時間が3,000時間ともいわれており、難易度はさらに高くなります。 ただし、決められた量をとにかくじっくりとこなせれば、経理・会計系の資格というのはいつか合格できるというのが私の感触です。 そこには東大受験のような要領や、頭の回転の良さは求められません。 こうした理由からか、監査法人には東大生はあまりおらず、どちらかといえば 東大受験に失敗したというような人の方が多い印象があります。 大学受験では思うような結果を残せなかった人たちが、在学中に気合と根性で会計士試験を突破するというケースです。 東大を出たとしても、普通の事業会社に就職するのであれば年収などの待遇はたかが知れています。 ところが大手監査法人に入れれば、30代前半で早々と年収1000万円の大台を手にすることもできますし、経営に近い現場での経験も数多く積めます。 そういった意味では、言葉は悪いですが、会計資格は 敗者復活としてはかなり有利な切り札となりえます。 特にUSCPAは日本の公認会計士よりは遥かに難易度が低いながら、監査法人での待遇にはほとんど差がありません。 監査業界は人手不足が続いており、USCPAを取得することで得られるメリットは、かつてないほど高まっています。 USCPAに興味がある方は、資格スクール主催の無料セミナーなどで積極的に情報を集めるのが良いでしょう。 アビタスでは参加者全員にUSCPAの解説本を無料で配っていますので、USCPAに興味が出てきたら参加してみると良いでしょう。 それでも敢えて比較するならば、東大は一部の限られた人しか入れない一方で、USCPAは基本的にはすべての人にチャンスがあります。 空前の人手不足もあって、USCPAの人気は日増しに高まっています。 ありきたりのキャリアを捨て、一発逆転を狙うにはもってこいの資格ではないでしょうか。 参考記事 ・ ・ ・ 【PR】USCPA 無料セミナー開催! USCPAの合格者、 業界No. 1のアビタスでは、現在受験を検討している方向けに 無料の説明会を開催しています。 「あまり入る気は無いけど、教材やカリキュラムが気になる……」 「自分のライフスタイルに適した、USCPAに関する様々な勉強法を知りたい」 「USCPAを活かしたキャリアプランって何だろう?」 など、 アビタスの教材から合格後までのキャリアプランまで徹底解説! 非常に内容の濃い2時間になっています! 2017年度より導入される、 USCPAの新試験方式に関する解説もタップリ盛り込まれているので、独学で取り組みたいと思っている方にもおすすめです。 セミナー参加者には USCPA試験合格までのガイドブックを無料でプレゼントしているので、この機会にセミナーに参加してみてはいかがでしょうか? ご興味のある方は、 下のバナーをクリックして詳細を確認してみてください。

次の