本能解放。 本能玉

【にゃんこ大戦争】『本能』優先すべき、おすすめキャラ紹介

本能解放

このページの目次 CLOSE• 1位 本能解放で伝説レア級の強さに変貌「獄炎鬼にゃんま」 すべての本能解放が有効で、特におすすめしたいのが、攻撃力上昇。 ただでさえ攻撃力の高い鬼にゃんまの単体攻撃が、軽く30万ダメージ越えを実現する。 現状では、本能解放でもっとも強化されるといっても過言ではないキャラクター。 KB3回が致命傷なのは相変わらずだが、それを超えるパフォーマンスを期待できる。 所持していれば、強化することをお勧め。 他にも、基本体力、基本攻撃力、生産コスト割引き、これらの3つも解放すると更に優良なキャラとなる。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力33%以下で攻撃力20〜200%上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 75〜750円減少 第2章 基準 2位 攻撃力上昇の本能がおすすめ「飛翔の武神・真田幸村」 第二位は、真田幸村。 鬼にゃんまと同様に、攻撃力上昇が光り、対黒い敵であれば、攻撃力上昇発動時は、軽く40万ダメージを当たることができる。 もともと速攻キャラとして優秀であったため、最後の一発のカウンターを強化する意味でも、攻撃力上昇は解放しておきたいところ。 その他の本能は、妨害に対する耐性強化が付与可能で、積極的に真田幸村を使用するプレイヤーであれば、ありかもしれない。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力40%以下で攻撃力14〜50%上昇• 特性「動きを止める耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 基本体力 2〜20%上昇• 更に動きを遅くする妨害を付与可能で、天使ブッダキラーが更に、進撃まで止めてしまう強化がされた。 さらに、射程で僅差であった、スレイプニールに対しても、ふっとばし耐性がついたことで、押されにくくなった。 これらの強化も十分効果的だが、そもそも、ガメレオンの基本体力と基本攻撃力が20%という時点で脅威であり、3位確定。 特性「動きを遅くする」追加 40%の確率で39〜120F動きを遅くする• 特性「動きを止める耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「ふっとばし耐性」追加 16〜70%ふっとばし距離減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 4位 古代種ターゲット追加とふっとばす強化の本能がおすすめ「竜騎士皇帝バルス」 4位は、竜騎士皇帝バルス。 ターゲットに古代種を追加することができ、最大で本来のふっとばす妨害に加味されて、80%の確率で敵をふっとばすことができるようになる点が大きい。 古代種を長距離から安定して、80%の確率でふっとばす妨害は唯一無二で、混戦状態であっても、コライノ君を楽に抑えることができる(バルスの攻撃頻度の高さとも相性が良い)。 独自のポジションを確立出来たという点で、4位にランクイン。 特性「ふっとばす」強化 3〜30%確率上昇• 特性「古代の呪い無効」追加• 対「古代種」追加• 基本体力 2〜20%上昇• LV50で20万越えをしていた体力と攻撃力が、更に20%増しになるのは大きく、対エイリアンと黒い敵であれば、異常なほどの強さを発揮する。 ターゲットの天使追加は、おまけのようなもので、天使ステージ以外で投入しても、十分使用価値がある一体に強化可能。 特性「バリアブレイカー」追加 32〜50%の確率でバリアブレイク• 対「天使」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 150〜1500円減少 第2章 基準 6位 攻撃力上昇と体力上昇の本能で波動強化「ネコベビカーズ」 ネコベビーカーズが6位にランクイン。 こちらも元々高ステータスであるため、体力と攻撃力が20%アップになる恩恵が大きい。 確率100%の波動によるダメージが最大で約12万となり、驚異的。 その他の本能は、妨害に対する耐性強化などであり、頻繁に使用するユーザーは強化しておいて損はない。 攻撃力上昇の能力を解放させると、対赤い敵には100万越えのダメージを与えることが可能となる。 非常に魅力的な強化だが、そもそも攻撃頻度が遅く、対赤い敵においても使途が限られているため、ランキングとしては控え目。 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力50%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 8位 すべての本能強化で激変「インフェルノ・アキラ」 8位はインフェルノアキラ。 本能を解放することで、第一形態と第二形態の良いところも、引き継ぐことができ、バランスの取れたキャラとなる。 攻撃力上昇の本能がつけられるため、エイリアンに対しては、めっぽう強いと組み合わさると、大ダメージを与えることが可能。 すべてにおいて良い能力が付加されるが、バランスが良いだけで、唯一無二の性能とは言えないため、8位にとどまった。 特性「動きを止める」追加 40%の確率で39〜120F動きを止める• 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力33%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 基本体力 2〜20%上昇• こちらもサンディアと同じ理由で、浮いている敵に対するダメージは尋常なものではないが、現在、他にも対浮いている敵に対抗できる超激レアが多い為、ウィンディを特別に強化する理由は見当たらない。 動きを止める妨害も付与可能だが、もともとの攻撃頻度が遅めのため、発動すればラッキーと言う程度で、NPポイントを消費してまでの強化はお勧めしない。 特性「動きを止める」追加 40%の確率で15〜60F動きを止める• 特性「攻撃力上昇」追加 残り体力50%以下で攻撃力23〜50%上昇• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 10位 波動追加の本能がロマン「聖龍皇帝メギドラ」 10位はメギドラ。 波動の追加が可能でロマンがあるが、確率が15%のため、安定しての発動は厳しい。 はじめて本能が解放された際に、ロマンを感じてNPポイントを投じたプレイヤーも少ないないが、優先して強化する必要性は感じない。 特性「ふっとばす」強化 3〜30%確率上昇• 特性「波動」追加 5〜15%の確率でLv3波動(射程 732. 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 11位 ふっとばす追加の本能がおすすめ「アストロDr. メカ子」 11位はメカ子。 こちらもアキラと同様に、第一、第二形態の能力が付与可能となる。 しかしながら、どれも中途半端で大きな戦力アップは望めない。 いずれの特性も、もう少し確率が高ければ使用機会はあったのだが・・・• 特性「攻撃力低下」追加 40%の確率で51〜150F攻撃力50%に低下• 特性「ふっとばす」追加 12〜30%の確率でふっとばす• 特性「生き残る」追加 14〜50%の確率で1度だけ生き残る• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 12位 動きを止める強化の本能がおすすめ「ウルトラケサラン」 12位はウルトラケサラン。 内容としては悪くないが、大きな戦力アップは望めない。 特性「動きを止める」強化 12〜30F効果時間上昇• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇• 生産コスト 60〜600円減少 第2章 基準 13位 古代種ターゲット追加の本能がおすすめ「地龍皇帝ソドム」 13位はソドム。 ターゲットとして古代種の追加が可能だが、現状、本能が解放されたソドムが必要となる場面が見当たらないため、下位にランクイン。 特性「攻撃力低下」追加 30%の確率で57〜120F攻撃力50%に低下• 特性「古代の呪い無効」追加• 対「古代種」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 14位 天魔・織田信長 14位は織田信長。 こちらも効果的な強化がなく、あると便利なのは100%生き残るの能力。 しかしながら、もともとKB1の織田信長が撃破されるということは、押されている状況の可能性があるため、生き残っても、すぐに撃破されてしまう可能性を秘めている為、大きな戦力アップとは言えない。 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 移動速度 1〜10上昇 15位 100%生き残る本能がおすすめ「ネコアイスクリスタル」 もともと優秀なキャラで、本能が解放がなくても、メンバーに投入されることはあるが、こちらに関しては、特別必要な強化は見当たらない。 他のキャラに優先的にNPを投入した方がよさそう。 特性「生き残る」追加 28〜100%の確率で1度だけ生き残る• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• もともとの評価が低かったため、期待していたが、今回も良い強化に恵まれなかった。 どの能力も中途半端で使いにくい。 特性「攻撃力低下」追加 40%の確率で39〜120F攻撃力50%に低下• 特性「波動ダメージ耐性」追加 5〜50%波動ダメージ減少• 特性「古代の呪い無効」追加• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 17位 ふっとばす追加と遅くする時間アップの本能がおすすめ「破壊衛星カオスムーン」 17位はカオスムーン。 こちらも元々の攻撃頻度や使いにくさをカバーする内容でないため、NPを投入するほどのことはない。 ふっとばすの確率がもう少し高ければ使用のチャンスはあった。 特性「ふっとばす」追加 23〜50%の確率でふっとばす• 特性「動きを遅くする」強化 4〜40F効果時間上昇• 特性「動きを遅くする耐性」追加 16〜70%効果時間減少• 基本体力 2〜20%上昇• 基本攻撃力 2〜20%上昇 まとめ(本能を解放のおすすめキャラは絞るべし) いかがでしたか?本能を解放するには、NPポイントが必要ですが、 ここで紹介したキャラ1体を完全に強化するだけでも、500〜600以上のNPポイントが必要です。 他にも、レアキャラや激レアキャラにも本能解放キャラは存在するため まんべんなく強化するのか、どれか一体に絞るのか、じっくり見定めてから、NPポイントを投下されることをお勧めします。 ご参考にしてみていただければ幸いです。 キャラクター検索.

次の

サンディアの本能解放が狂乱すぎる

本能解放

特に優先すべき本能は『クリティカル』と『生産コスト割引』。 解放によって、さらに使いやすくなるでしょう。 ぶんぶん系にも押し負けないようになります。 ただ、使用頻度は限定的なので、古代種に苦戦していないのなら後回しで良いでしょう。 基礎体力アップによって安定感が増す事でしょう。 まずは押さえておきたい安定のキャラです。 ただ、基礎体力以外は後回しで良いでしょう(攻撃アップはお好みで)。 『金策・速攻・攻撃』三拍子揃います。 攻撃頻度の低さはネックですが、それを補う以上の活躍が可能です。 おすすめ本能に入れていませんが、余裕があれば基本体力アップも解放しておきたいところ。 一部のステージで適正を持っており、本能解放により安定感アップが見込めます。 使用頻度はそれほど多くないので優先度は低めですが、必要とする時が必ずやってくるので、その際は解放してあげましょう。 非常に優秀なキャラが本能解放により、さらに強力になります。 『動きを遅くする』を優先的に解放しておく事で安定感は増すでしょう。 その他の本能は優先度は低めですが、余裕があるならば解放しておきましょう。 絶対に押さえておきたい本能はありませんが、どれを解放しても無難に強化されます。 余裕があれば押さえておきたいキャラです。 本能解放で全体的な強化が可能です。 いないくて困るキャラではありませんが、いると非常に便利なキャラでもあります。 特に速攻したい時に入れる事でクリアタイムの減少が見込めます。 高い攻撃力をさらに伸ばす本能がおすすめです。 適正ステージが多く、速攻でも重宝するので、まずは押さえておきたいキャラになります。 本能解放で安定感が増すでしょう。 余裕があれば他の本能も解放しておきたい。 本能解放でさらに倒れにくくなります。 また『動きを遅くする』効果を解放する事で前線の安定感が増すことでしょう。 経験値ステージでは必須級のキャラなので、高難易度のステージで詰まっている方は優先して解放してみましょう。 その他のキャラについて 今回紹介したキャラ以外にも、優秀な本能持ちは存在します。 ただ、使用頻度や上位互換の有無で今回は見送りました。

次の

サンディアの本能解放が狂乱すぎる

本能解放

12年ぶりの新シリーズ「ゾイドワイルド」 1983年に発売開始した「ゾイド」。 これまで4度アニメ化され、2018年からはじまった「ゾイドワイルド」もクライマックス!ゾイドは12年ぶりに新シリーズが再開し、大人たちも歓喜の声を上げています。 「ゾイドワイルド」(リアルムービングキット)のコンセプトは発掘と復元です。 作り方は、骨格形態を作ってから、アーマーを装着するという二段形態になっています。 骨格形態のゾイドもかっこいいですがアーマーをつけると、かっこよさは倍増です。 パーツはあらかじめ切り離されているので、ニッパー不要で組み立ても簡単です。 さらにゾイドのすごいところは、動くことです。 歩くだけでなく、羽を広げたり口を動かしたりと様々な動きをします。 アニメと同じように動くゾイドに子供達はもちろん、パパ世代も夢中になっています。 主人公アラシ率いるフリーダム団のゾイドその1 フリーダム団は、主人公アラシが「古代秘宝Z」を探す旅の途中で出会った仲間と結成したゾイドハンターチームです。 まずはフリーダム団に所属する仲間の相棒ゾイドを紹介します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW01 ワイルドライガー ワイルドライガーは主人公アラシの相棒ゾイドです。 アラシとは運命的な出会いを果たしました。 白いタテガミを持つ唯一無二のライオン種の伝説ゾイドです。 鋭い爪や牙がかっこいいですね。 スイッチを入れると、頭を上下させ前進します。 本能解放は自動で、タテガミクローを上下に動かしながら前進します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW05 ガノンタス ガノンタスはフリーダム団オニギリの相棒ゾイドです。 固い甲羅型のアーマーを持つ、防御力の高いプロガノケリス種のゾイドです。 頭と尻尾を上下に動かしながら前進します。 本能解放は手動で、甲羅を開き中から大きなキャノン砲を出します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW04 スコーピア スコーピアは、フリーダム団ペンネの相棒ゾイドです。 サソリ種のゾイドで真っ赤なボディが強そう!ハサミを左右に動かしながら前進します。 本能解放は手動でおしりのポイズンスピアが展開します。 「ハンターウルフ」も人気!フリーダム団のゾイドその2 フリーダム団の仲間の相棒ゾイドはまだまだいます。 中でも、ソルトの相棒ゾイドのハンターウルフは売り切れになるほどの大人気です。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW16 ハンターウルフ ハンターウルフは、オオカミ種のゾイドです。 フリーダム団ソルトの相棒ゾイドで音速のスピードを持っています。 ソルトを幼少期から育てており、ゾイドワイルドシリーズの中でも、一番かっこいいのでは?と評判で大人気。 口を開閉させながら前進します。 ハンターウルフの本能解放は手動で2段階あり、1段階目は背中のウイングを持ち上げると高速移動を開始し、2段階目では背中のウイングとブースターを前に倒すと、連動して動くようになります。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW11 トリケラドゴス トリケラドゴスは、フリーダム団ギョーザの相棒ゾイドです。 トリケラトプス種のゾイドで3本の角を使った体当たり攻撃が得意です。 口、頭、尻尾を動かしながら前進!本能解放は自動で、数歩歩くと頭から角が飛び出し攻撃し、終わると自動で収納され再び歩き出します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW18 スパイデス スパイデスはフリーダム団ヨウカンの相棒ゾイドです。 ゴケグモ種のゾイドで、反射神経が高く相手の懐に飛び込むのが得意です。 足を動かしながら前進し、本能解放を手動で行うと、敵につかみかかるように前進します。 「ファングタイガー」もかっこいい!シュプリーム団他のゾイド シュプリーム団もまた「古代秘宝Z」を探すために結成されたゾイドハンターチームの一つです。 アラシは、シュプリーム団に出会いフリーダム団を結成することを決めました。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW19 ファングタイガー ファングタイガーはシュプリーム団ベーコンの相棒ゾイドです。 サーベルタイガー種でパワーがあります。 1000体のゾイドを相手に戦いきるパワーがあるとか。 頭を下げながら前進し、自動で本能解放すると背中の2本の牙を動かしながら歩きます。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW03 カブター カブターはシュプリーム団ソース、キャンディの相棒ゾイドです。 カブトムシ種のゾイドで偵察と戦闘を兼ねる小型ゾイドです。 角を動かしながら前進し、手動で本能解放すると角が大きく変形しギガントホーンになります。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW08 グラキオサウルス アラシの父イカヅチとシュプリーム団クロアメの相棒ゾイドがグラキオザウルスです。 ブラキオサウルス種の巨大ゾイドで、ハンマー上の首をたたきつける攻撃や、物資を運んだりします。 数歩歩いては歩行をやめるを繰り返し前進します。 自動で本能解放し、左右のハンマーが飛び出します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW17 キャタルガ キャタルガは、サンラータンの相棒ゾイドです。 タイコガ種のゾイドで、穴を掘ったり、荷物を引っ張ることが得意です。 体をくならせながら前進し、手動で本能解放すると口内から大きなドリルが飛び出し、回転しながら歩きます。 デスメタル帝国のゾイド ゾイドを兵器として扱う悪の組織がデスメタル帝国です。 ゾイドはもちろんのこと、人間も平気で傷つけます。 アラシたちフリーダム団の敵です。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW12 デスレックス デスレックスは、デスメタル帝国の首領ギャラガーの相棒ゾイドです。 ティラノサウルス種のゾイドで、この世に1体しか存在しないもっとも凶暴な巨大ゾイドです。 口を開閉、尻尾を振りながら歩きます。 自動で本能解放すると、歩いては立ち止まり、口を開くと赤く光り、口内のドリルが回転し、第2の口でかみつきます。 とても迫力のある動きをします。 ディノニクス種のゾイドで、優れた足のバネと背中のジェットブースターで高速移動が得意な中型ゾイドです。 口を開閉、尻尾を振りながら前進し、手動で本能解放すると2本の爪が左右に飛び出し切り裂きながら前進します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW06 ガブリゲーター ガブリゲーターは、デスメタル帝国四天王の一人、キャビアの相棒ゾイドです。 サルコスクス種のゾイドで、自分できりを発生させて相手の視界をうばい、奇襲攻撃をします。 頭と尻尾を振りながら前進し、手動で本能解放すると大きくなった口で噛みつくように前進します。 ZOIDS ゾイドワイルド ZW10 ナックルコング ナックルコングは、デスメタル帝国四天王の一人、フォアグラの相棒ゾイドです。 ゴリラ種のゾイドで腕力が強く、肉弾戦が得意です。 口を小さく開閉しながら4足で歩行し、手動で本能解放すると口を大きく開閉しながら2足歩行になりドラミングのポーズをします。 パパも驚くゾイドの進化 最新のリアルムービングキット「ゾイドワイルド」の世界は昔ハマっていたパパも思わず欲しくなっちゃうカッコよさ! 80年代に発売された第1期のゾイドと比べると、ゾイドワイルドは、よりしなやかにリアルな動物っぽさが再現され、ボディの色もカラフルになりました。 アニメ「ゾイドワイルド」も大人気のうちに最終回を迎えました。 売り切れになるほど人気のムービングキット「ゾイドワイルド」。 もしかしたらパパの方がハマってしまうかも。 構成・文/HugKum編集部.

次の