ペンタックス。 PENTAX(ペンタックス) K

ペンタックスのカメラ製品一覧

ペンタックス

ペンタックスとは。 メーカーの特徴と評価・評判 ペンタックスは老舗のカメラメーカーです。 世界的なカメラメーカーがしのぎを削る日本において、特徴的な製品を次々と世に送り出しています。 ペンタックスは世界最小のレンズ交換式カメラを開発したり、防塵防滴性能をラインナップのほとんどに搭載させたりするなど、独自性の強い商品を発売しています。 もちろん、奇をてらった商品だけでなく、カメラメーカーとして、フォトスクールなども開講しており、カメラ文化の発展にも貢献をしている会社です。 ペンタックスの一眼レフカメラが人気の理由 ペンタックスの一眼レフカメラが人気の理由は以下の3つです。 個性的な一眼レフ• 豊富なカラーバリエーション 個性的な一眼レフ ペンタックスが人気を集める理由の1つが個性的な一眼レフのラインナップにあります。 ペンタックスでは他のメーカーが持っていない尖ったスペックの商品や特徴的なコンセプトの商品が多数揃っています。 例えば、他のメーカーでは、防塵防滴性能を求めると、いわゆる中級機までスペックや価格帯を上げなければ購入できませんが、ペンタックスであれば、入門機から防塵防滴性能をつける事ができます。 豊富なカラーバリエーション ペンタックスの特徴の1つが豊富なカラーバリエーションです。 通常、一眼レフはブラック単色で発売されるのが一般的ですが、ペンタックスでは複数のラインナップにおいて、カラーバリエーションを展開しています。 カメラは性能だけでなく、見た目も重視したいと考えている方からも高い支持を集めているメーカーです。 ペンタックスの一眼レフカメラの選び方のポイント ペンタックスの一眼レフカメラの選び方を以下の3つのポイントから解説します。 手ぶれ補正性能で選ぼう• デザイン性• オートフォーカス性能 手ぶれ補正性能で選ぼう ペンタックスはボディ内手ぶれ補正を採用しているメーカーです。 カメラ本体によって、手ぶれ補正の性能が異なります。 シャッター速度換算で3段前後のモデルから強力な5段分の手ぶれ補正性能を持つモデルまで幅広くラインナップしています。 光量が十分に取れない撮影条件下で撮影する方は特に手ぶれ補正性能に注意をしましょう。 デザイン性 ペンタックスの一眼レフのラインナップの特徴とも言えるのがデザイン性です。 スタンダードなカメラもありますが、クラシカルなデザインやカラーバリエーションを多数展開するモデルなど多種多様なカメラがラインナップされています。 カメラは見た目が大切と考えている方はデザイン面もチェックして、ラインナップを見る様にしましょう。 オートフォーカス性能 ペンタックスは入門機からフルサイズ機、さらには中判カメラまでラインナップしています。 一眼レフ選びの際には、センサーサイズだけでなく、測距点の数にも注目をしましょう。 ペンタックスには11点でオートフォーカスを合わせるモデルから33点でオートフォーカスを合わせるモデルまで様々なモデルがあります。 動きの多い被写体を撮りたい方は測距点が多いモデルがおすすめです。 ペンタックスのおすすめ一眼レフカメラ10選 PENTAX 645Z• PENTAX 645Zのおすすめポイント3つ• 中盤の大型センサー• 約5140万画素• チルト式液晶 PENTAX 645Zのレビューと評価 ペンタックスが誇る圧倒的存在感の中判モデル 645Zは業界でも珍しい中判の大型センサーを搭載しているモデルです。 センサーサイズはフルサイズよりも大きく、画素数も約5140万画素を誇っています。 唯一無二の圧倒的な描写力が魅力の一台です。 さらに操作性に関してもチルト式液晶を採用しており、ローアングル、ハイアングル共に対応も可能となっています。 PENTAX 645Zの仕様・製品情報 画素数 約5140万画素 質量(本体のみ) 約1,470g 液晶サイズ 3. PENTAX K-1のおすすめポイント3つ• 約3640万画素• ISO感度204800• K-1ではフルサイズセンサーによる約3640万画素の解像力を最大限に発揮させるためにローパスレス設計を採用しています。 併せて、ISO204800の高感度撮影も実現しているので、暗部での撮影でもノイズを抑えた解像感のある描写ができます。 PENTAX K-1の仕様・製品情報 画素数 約3640万画素 質量(本体のみ) 約925g 液晶サイズ 3. 2型 連続撮影速度 約4. ノイズ低減能力• フレキシブルチルト液晶• ノイズ低減性能や解像感の向上、高感度での色の再現性が向上しているので、表現の幅がより一層広がっています。 また、上下左右様々な方向に液晶を可動させる事ができるフレキシブル液晶が採用されているので操作性も抜群です。 2型 連続撮影速度 約4. 使い勝手の良い組み合わせ• ノイズ低減能力• 28-105㎜はいわゆる標準ズームレンズに当たるため、多くの人にとって使いやすいレンズです。 2型 連続撮影速度 約4. PENTAX KPのおすすめポイント3つ• 小型・薄型設計• 5段・5軸手ぶれ補正• 防塵防滴 PENTAX KPのレビューと評価 小型・薄型モデルでも性能面に妥協はなし KPはペンタックスの一眼レフラインナップの中でも小型・薄型設計にこだわって作られたモデルです。 小型・薄型設計ではありますが、強力な手ぶれ補正と防塵防滴構造などもしっかりと採用されているので、アウトドアでの撮影なども安心です。 PENTAX KPの仕様・製品情報 画素数 約2432万画素 質量(本体のみ) 約643g 液晶サイズ 3. PENTAX K70のおすすめポイント3つ• 防塵防滴• 小型設計• 手ぶれ補正4. 5段 PENTAX K70のレビューと評価 ここに使いたくなるキャッチフレーズを記入 K70は小型設計でありながら、過酷な撮影条件下でもしっかりと撮影できる防塵防滴設計となっています。 さらに手ぶれ補正に関してもボディ内手ぶれ補正がシャッター速度換算で4. 5段分搭載されているので、夕方や夜間の撮影などブレが起きやすい状況でもしっかりと被写体を捉える事ができます。 PENTAX K70の仕様・製品情報 画素数 約2424万画素 質量(本体のみ) 約628g 液晶サイズ 3. PENTAX K-S2のおすすめポイント3つ• 防塵防滴バリアングル液晶• 操作性• ホコリや雨が舞う様な撮影条件下でも気にせずに、様々なアングルで撮影できます。 また、背面のダイヤル以外にも電子ダイヤルをつけているので、スピーディに設定変更できるのも魅力です。 PENTAX K-S2の仕様・製品情報 画素数 約2012万画素 質量(本体のみ) 約618g 液晶サイズ 3. 0型 タッチパネル 約5. PENTAX K-S2ダブルズームキットのおすすめポイント3つ• 広角から望遠までカバーする2本のレンズ• 操作性• 日常使いに最適な18-50mmと遠くのものを撮影する際に最適な50-200mmのレンズがセットになっているので、このセットを持っていれば、あらゆる撮影に対応できます。 さらにトレンドの機能であるWI-FIやNFCも搭載しているので、スマホとの接続もバッチリです。 PENTAX K-S2ダブルズームキットの仕様・製品情報 画素数 約2012万画素 質量(本体のみ) 約618g 液晶サイズ 3. 0型 タッチパネル 約5. PENTAX Q-S1 ズームレンズキットのおすすめポイント3つ• クラシカルなデザイン• 小型設計• 充実の操作系統 PENTAX Q-S1 ズームレンズキットのレビューと評価 デザインが特徴的なプレミアムスモール一眼 Q-S1はプレミアムスモール一眼として、誕生したコンセプトモデルです。 クラシカルなデザイン画特徴的なモデルとなっており、デザイン重視の方には最適な一台です。 また、サイズや重さに関しても、レンズ交換式でありながら、本体の重さが183g程度となっており、非常に小型軽量なボディとなっています。 PENTAX Q-S1 ズームレンズキットの仕様・製品情報 画素数 約1240万画素 質量(本体のみ) 約183g 液晶サイズ 3. 2本のレンズがセット• クラシカルなデザイン• 充実の操作系統 PENTAX Q-S1ダブルレンズキットのレビューと評価 2本のレンズがセットになっているスナップ撮影にも最適な1台 Q-S1ダブルレンズキットは単焦点レンズとズームレンズがセットになったモデルです。 背景をぼかすのに最適な単焦点レンズとスナップ撮影に最適なズームレンズがセットになっています。 持ち歩くのにもオシャレなクラシカルなデザインとなっているので、デザインを重視したい方にもおすすめの1台です。 PENTAX Q-S1ダブルレンズキットの仕様・製品情報 画素数 約1240万画素 質量(本体のみ) 約183g 液晶サイズ 3. 基本性能から選ぶも良し、デザイン性で選ぶも良し、様々な切り口で選ぶ事ができます。

次の

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ 中古

ペンタックス

以下の条件にご同意いただき、かつリコーイメージングフォトIDをお持ちの方、または新規に取得された方。 ・投稿作品は投稿者ご本人様が撮影・制作したものに限ります。 投稿者は、投稿作品の著作権の一切を有していることとします。 ・投稿作品は、未発表のもので、第三者の作品と同一または酷似している作品でないもの、他のコンテストへの応募または発表予定のないものに限ります。 (個人ホームページやブログ、個人Webアルバムに掲載されている作品に限り投稿していただいて結構です) ・20歳未満の方のご投稿については保護者の同意があったものとみなします。 ・投稿者は、投稿作品に関して、投稿者ご本人様以外の第三者が権利を有する著作物などが含まれている場合には、適切な権利処理をしたうえでご投稿ください。 ・投稿者は、投稿作品に関して、肖像権、著作権、意匠権など第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。 ・当社が、肖像権、著作権、意匠権などの第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合、公序良俗に反する不適切な内容が含まれると判断した場合、その他不適切と判断した場合には、投稿作品を掲載をしない場合もございます。 また、一旦公開した投稿作品も、上記理由により後から削除させていただく場合もございます。 あらかじめご了承ください。 ・投稿作品に関して万一、第三者からの使用差止、損害賠償の請求、苦情、申し立て等を受けた場合、投稿者の責任及び負担において、その一切を解決するものとします。 ・投稿者は、著作者人格権に基づく権利の主張を行わないものとします。 ・掲載作品は、広報宣伝活動を目的として、当社ホームページなどのウェブサイトのほか、販売店の店頭やイベントなどで二次利用させていただく場合があります。 ご投稿の際には二次利用にご同意いただいたものとさせていただきます。 二次利用は、日本国内のほか、国外の現地法人および販売代理店でも、利用させていただく可能性があります。 また、当社は投稿作品を無償で使用できるものといたします。 二次利用を行う際は、特にご連絡は差し上げませんので、あらかじめご了承ください。 ・アップロードできる画像サイズは長辺が2000ピクセルです。 あらかじめリサイズをお願いいたします。 ・色調補正等の編集は可とします。 ただし、編集を行った場合には「画像レタッチ等の有無」の項目を「有」としてご投稿ください。 ・いくつご投稿いただいても結構ですが、この専用フォームから1回の投稿で1作品に限らせていただきます。

次の

PENTAX(ペンタックス) KP 実写レビュー

ペンタックス

銀塩フィルム時代が全盛の頃は、星景写真や星空撮影用として人気があったカメラで、 私も長い間愛用していました。 デジタルカメラの性能が向上してからは、 データーをデジタル送信できるデジタル機材を使った撮影が多くなりましたが、 ペンタックス67は、今でも写真ファンから根強い人気がある機種です。 シンプルな構造のためボディの信頼性は高く、マイナス10度の極寒の状況でもしっかり稼働してくれました。 ペンタックス67の外観 ペンタックス67の外観は、一眼レフカメラをサイズアップしたような形をしています。 ボディだけでも重く大きいのに、フードを付けたレンズを取り付け、ボディに木製グリップを装着すると、 下写真のように迫力満点の姿になります。 PENTAX 6x7に標準レンズと木製グリップを装着 最新の小型ミラーレス一眼を使い慣れたカメラファンからすると、 ペンタックス67はあまりにも大きく重いため、持ち運ぶのが億劫になるかもしれません。 逆にその無骨で大きなカメラボディが街中では目立つので、注目を浴びるでしょうね。 なかなか味わい深い外観を持つカメラだと思います。 最近知りましたが、ペンタックス67は、 バケモノのように大きなペンタックスカメラに見えることから「バケペン」と呼ばれているようです。 ペンタックス67の機能 ペンタックス67はマニュアル銀塩フィルムカメラです。 オートフォーカス機能はありませんが、TTLファインダーを取り付けると、 中央部重点測光で露光時間が適正かどうか視野内のメーターで表示されます。 実際に使用していた印象からすると、測光結果は少しアンダー目に表示されるように感じました。 ストロボのシンクロ接点は、ボディの横に設けられています。 ストロボの台座はボディにはありませんが、オプションの木製グリップを取り付けると、 その上に装着することが出来ます。 ペンタックス67でストロボ撮影を実施したことはありませんが、 重さを考えると手持ちでは辛いでしょう。 X接点の同調延長コードを使って、スタジオ等でストロボ撮影するのが現実的だと思います。 ウェストレベルファインダーは便利 天体望遠鏡を使った天体撮影や星空の撮影では、測光機能を使用することはないため、 TTLファインダーよりもウエストレベルファインダーが軽く、便利です。 私はほとんどずっと、ウェストレベルファインダーを取り付け、撮影してきました。 星空ファンん以外にも、ウェストレベルファインダーは、畳むとコンパクトになるため、 持ち運びが多いスナップ撮影でも愛用されているようです。 ペンタックス67を手に入れたら、是非購入しておきたいオプションではないでしょうか。 ペンタックス67の電池と消耗 ペンタックス67を動かすには、約6Vの酸化銀電池4SR44が必要です。 酸化銀電池の4SR44は、実売2000円前後もする高価な電池です。 特殊な電池のため、郊外のカメラ店では取り扱っていることが少なく、 ネットショップが存在していなかった頃は、購入するために大型カメラ店まで出かける必要がありました。 星空撮影時は、バルブを多用しますが、バルブ露光中でも電池が消耗するため、 あっという間に電池が消耗してしまうのがペンタックス67の汚点でした。 バルブ露光時の電池の消耗対策とし考えられたのが、星空撮影ファンの間で「無電源加工」と呼ばれている改造です。 PENTAX 6x7の電池ボックス 無電源加工とは、ミラーアップボタンの上にレリーズを取り付けるネジを設ける加工です。 この加工を行い、正しい手順でバルブ露光を始めれば、電池の消耗を気にせずに長時間露光が可能になりました。 私はどちらの67カメラもペンタックスサービスに持ち込んで、加工してもらいました。 加工賃は5,000円程度だったと記憶しています。 無電源加工は簡単ですから、加工の方法さえわかれば自分でも加工できるかもしれません。 改造の後は酸化銀電池は取り外して、バルブ撮影専用機としてペンタックス67を使用できるようになりました。 なお、電池を外しておかないと、無電源加工をしてもバッテリーを消費することがあるため気をつけましょう。 ペンタックス67の無電源加工後の操作 無電源加工を施したペンタックス67の操作方法をご紹介します。 まず、レリーズを2本用意しましょう。 シャッター速度をバルブにあわせた後、レリーズをシャッターボタンとミラーアップボタンのところにねじ込みます。 フィルムも巻いておきます。 この後の手順は以下の通りです。 この時、手を離さずに押し続けます。 ミラーアップボタンのレリーズを押し続けている間だけ、露光は続きます。 星空撮影時に指でレリーズを押し続けているのは大変ですので、オートストップ機能があるレリーズを使うことをお勧めします。 星空撮影のためのフィルム吸引改造 ペンタックス67カメラには、35mmサイズよりも大きいブローニーサイズの銀塩フィルムを使います。 優れた67レンズの性能と相まって、ラージフォーマットフィルムの表現力は抜群ですが、 フィルムが大きい分、フィルムバック内でフィルムが浮くことがあります。 ホースにポンプを繋いでフィルムを吸引する 星空撮影では絞り開放を多用し、星は点光源ですのでピンボケが目立ちやすくなります。 フィルムの浮きを防止する対策として、フィルム裏蓋内を加工し、フィルムを裏側から吸引する加工を行っています。 吸引加工を施すと、長時間露光中もフィルムは平面性を保ち、 非常にシャープな像をフィルム全面に結んでくれます。 フィルムの吸引加工の他、ペンタックス67には、乾燥空気をカメラのミラーボックス内に送れるように加工しています。 湿度の高い日本の撮影地では、フィルムを吸引していても、フィルムが部分的に浮いてピンボケになることがあるので、 その対策として、乾燥空気をカメラ内に送付する加工を行いました。 人気の理由は、周辺減光の少なさと周辺星像の良さです。 ペンタックス 100EDUFの後継機 ビクセン VSD100 やがて、ペンタックスから天体撮影専用の望遠鏡「ペンタックス 100EDUF」が登場します。 PENTAX 100EDUFの成功も一つの切っ掛けとなり、ペンタックス67は天体撮影用のカメラとして人気を集め、 望遠鏡各社からマウントアダプターが発売されました。 この時、ペンタックス67は、天体撮影ユーザーにとって、なくてはならないカメラとなりました。 ペンタックス67レンズのラインナップ ペンタックス67カメラの魅力の一つに、豊富なレンズラインナップが上げられます。 他の中判カメラと比べると、F値が明るく、星空撮影に使いやすいレンズが豊富に揃っています。 描写性能も素晴らしく、私は67レンズを5本所有しています。 SMC PENTAX 67 105mm F2. 4 最も愛用していたペンタックス67の標準レンズです。 標準レンズには、SMC PENTAX67 90mm F2. 8もありますが、星空の描写性能は一段劣ったため、すぐに手放し、 105mmレンズを購入しました。 35ミリフルサイズ換算で約50mmという焦点距離と、F2. 4の明るさが作り出す背景のボケは美しく、 ポートレート撮影にも愛用したレンズです。 ペンタックス67を使用するなら、是非、揃えておきたいレンズではないでしょうか。 フィッシュアイ タクマー 35mm F4. 5 ペンタックス67用の超広角フィッシュアイレンズです。 中古ショップで状態のよいレンズを見つけ、購入しました。 マルチコートが施された頃のモデルです。 ペンタックス67と組み合わせて、超広角の星景写真も撮影していました。 特殊なレンズですので用途が限られ、思っていた程、使いこなせなかったレンズです。 星空撮影の際には、前玉レンズが魚眼で大きかったため、ヒーターを巻いても夜露が良く付いて曇ってしまうのが厄介でした。 SMC ペンタックス 67 75mm F2. 8 AL SMC ペンタックス 67 75mm F2. 8 ALは、ペンタックス67の広角レンズラインナップの中で、 最後に発売が開始された単焦点レンズです。 8という明るさだけでなく、非球面レンズが用いられ、描写力高められたモデルです。 実際に星を撮影してみても、従来レンズよりも星像が鋭く、シャープさを感じました。 75ミリと言う焦点距離は、夏の天の川銀河を狙うには都合が良く、星空撮影に愛用したレンズです。 スナップ撮影にも使いやすい焦点距離と思います。 高価ですがペンタックス67を本格的に使用するなら、揃えておきたいレンズではないでしょうか。 上記の他に、SMC ペンタックス 67 55mmF4レンズと、SMCペンタックス 67 200mm F4レンズを愛用していました。 55ミリレンズは、所謂アタリ個体に当たったのか周辺星像が非常に良く、 同モデルを使用している友人から羨ましがられたレンズです。 ペンタックス67のフィルム装填方法 ペンタックス67には、ブローニーフィルムと呼ばれているロール状の銀塩フィルムを使用します。 ブローニーフィルムには、120と220の2種類があります。 120と220ではフィルムの長さが異なり、ペンタックス67の場合は、 120フィルムを使うと10枚、220フィルムは20枚撮影できます。 以下、フィルムの装填方法を写真付きでご紹介します。 なお、装填方法の例では120フィルムを使用しています。 1.裏蓋を開けて、フィルム圧着板を使用するフィルムに合わせ、ボディ下の銀色レバーを緩めて、 フィルムを左側に装填します。 2.フィルムの装填が完了したら、フィルムの先を左のフィルムホルダーに差し込みます。 3.右側のフィルムの先が外れてしまわないように軽く手で押さえながら、フィルム巻き上げレバーを回します。 4.巻き上げレバーを回していると、フィルムを入れた左側から「START」の文字が出てきます。 5.STARTをペンタックス67のフィルムホルダー内に表示されている「120」の矢印マークに合わせます。 6.マークに合わせたら、カメラの裏蓋を閉じ、巻き上げレバーを何回か巻き上げます。 巻き上げていると、これ以上巻き上げられなくなるので、これでフィルム装填完了です。 120フィルムには、フィルムの後ろに裏紙が付属するため、 星空撮影でフィルム吸引する場合は、装填前に裏紙を取っておく必要があります。 私はフィルム現像に使用する簡易暗室ボックスにフィルムを入れて、手探りで裏紙を外していました。 裏紙外しが面倒な場合は、220フィルムを使用するとよいでしょう。 ブローニーフィルムの銘柄 デジタル機材が一般的になってからは、ブローニーサイズの銘柄が減ってしまいましたが、 銀塩フィルムが全盛の頃は、様々な種類のブローニーフィルムが販売されていました。 今でもヤフーオークションなどで、中古品を手に入れることができるフィルムもあると思いますので、 以下に私が使用していたフィルムを紹介します。 コダック エクタクローム E100S 天体撮影用のカラーリバーサルフィルムと言えば、コダック エクタクロームE100Sと言われたほど、 一世を風靡した銀塩フィルムです。 E100Sフィルムの魅力は、赤い星雲の写りのよさと、彩度の高いビビッドな発色です。 また、青い星雲の感度も高く、オリオン大星雲を撮影すると、赤色のM42だけでなく、 ランニングマン星雲と呼ばれる青い星雲もよく写りました。 E100Sが生産終了した後、E100VSというフィルムが新発売されましたが、 残念ながら赤の星雲の写りはE100Sに及ばず、E100Sの在庫を探してまとめ買いしました。 カメラ店の在庫一掃処分で販売されていた、E100Sの220ロールフィルムを100本ほど購入し、店員に驚かれたのを覚えています。 コダック エクタクローム E200 E100Sの入手が難しくなってきた頃、コダックのエクタクロームE200が人気を博しました。 E200は、E100Sに比べ、青の星雲の写りは若干劣りましたが、赤い散光星雲の写りがよく、 感度も高いので、天体写真撮影にはなくてはならないフィルムになりました。 E200と比べると、E100Sの方が発色が鮮やかで、直焦点撮影ファンから好まれていましたが、 E100Sは増感すると緑カブリが発生することがあるので、個人的にE200の方を愛用するようになりました。 なお、コダックのエクタクロームシリーズは、一旦生産が終了しましたが、2018年末にE100の再生産が発表されました。 2019年時点では、残念ながら、35ミリ判のみの再生産です。 ペンタックス67に使用できるブローニー版の登場を楽しみに待っています。 富士フィルム フジクローム fortia フジクロームfortia フォルティア は、2004年に富士フィルムが生産数限定で、製造販売した銀塩フィルムです。 当時、風景写真のカラーリバーサルの定番フィルムとしては、同社のVelviaが人気でした。 Velivaは、高彩度のフィルムとして有名ですが、風景写真ファンから更に高彩度・高コントラストで鮮烈な表現ができるリバーサルフィルムが欲しい、 との要望が寄せられ、それに応えたのがこのフォルティアです。 実際に風景写真に使用した印象としては、日の出や夕暮れ時の赤みの発色が強く、PROVIAに見慣れた眼からすると、 若干彩度が高すぎるようにも感じます。 しかし、デジタルカメラの画像に親しんだ世代からは、ちょうどよい発色に見えるかもしれません。 ISO感度が50と低いので、星空撮影には向かないフィルムですが、 発色が面白いので、秋の紅葉や春の桜の撮影などに使用していたフィルムです。 限定生産だったため、非常にレアなフィルムでヤフオクでも高額になりがちですが、 一度機会があれば試してみたいフィルムではないでしょうか。 フジカラー リアラ ACE 富士フィルムのフジカラー リアラ ACEは、リアラ REALA の後継フィルムとして、 1996年に発売が開始されたカラーネガフィルムです。 フジカラー リアラが粒状性、発色共に優れていて、35ミリカメラの撮影で愛用していました。 リアラ ACEもその良い特性が受け継がれ、風景写真からポートレート撮影まで、広く使用したフィルムです。 リアラシリーズの特徴は、コントラストと発色のバランスの良さにあったと思います。 フィルムフォーマットの大きなペンタックス67で、女性を撮影すると、 肌の仄かな赤みや健康的な肌色が再現され、リバーサルフィルムよりも好んで使用していました。 星空撮影にはほとんど使用しませんでしたが、ネガフィルムの中では最も気にいっていたフィルムです。 惜しまれながら、2012年に販売が終了しました。 上の写真は、手元に残っている最後の一本です。 ペンタックス67の撮影と作例 ペンタックス67を初めて手にしたのは、1990年頃だったと思いますが、 それ以来、このカメラを用いて数多くの天体写真と星景写真を撮ってきました。 どれもが思い出深い作品ですが、星景写真コンテストで一席 最優秀賞 を獲得した「熊野山地の天の川 上写真 」は、 撮影場所に着くまで、カメラを担いで歩き回って苦労した分、思い出深い作品です。 星空の撮影以外には、春に見頃を向かえる桜の撮影に愛用していました。 上は、京都南山城の地蔵院のしだれ桜です。 高詳細なデジタルカメラの画像は、画像処理しやすくて便利ですが、 銀塩フィルムの豊かな発色は今でも美しいですね。 銀塩カメラが市場から姿が消えつつありますが、表現力に優れたペンタックス67は、 趣味の道具としてユーザーから愛されていくのではないでしょうか。 中古機材: 2019年7月 追記・編集.

次の