鬼滅の刃 ひめじま 死亡シーン。 鬼滅の刃の柱キャラで一番弱いのと強いのは誰?強さランキングで最強キャラ紹介

【鬼滅の刃】203話ネタバレ!炭治郎が人間に戻る!

鬼滅の刃 ひめじま 死亡シーン

クリックで ジャンプ• 富岡義勇 とみおかぎゆう の現状 「水柱」の富岡義勇は第「202話 帰ろう 」時点では生存しています。 とは言え、 義勇の状態はかなり危険だと言えます。 なぜなら、 無 惨の攻撃から伊之助達を守る際に右腕を失ったからです。 その他にも、義勇は全身に大きなダメージが負っているので、 かなり死亡する確率が高い柱だと言えます。 第202話「帰ろう」でしたことにより、義勇は再び戦闘を強いられるかもしれませんしね。 今後の展開に注目です。 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ の現状 「蟲柱」の胡蝶しのぶは、 上弦の弐「童磨 どうま 」との戦いの最中に死亡しています。 しのぶは童磨を倒すために、 「あえて喰われる」という戦略を取りました。 具体的には、戦闘に入る前に自らの体内に高濃度の藤の花の毒を巡らせる」という戦略です。 なぜこのような戦略を立てたのかと言うと、しのぶは童磨と「普通に戦っても勝てない」と戦う前から既に認識していたからです。 この戦略が見事に功を奏し、しのぶは童磨に決定的なダメージを与える事に成功しています。 最後はしのぶの継子 つぐこ である「栗花落カナヲ」がとどめを刺しました。 胡蝶しのぶが死亡した理由・シーンに関しては「」でも詳しく解説しているので合わせてどうぞ。 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう の現状 「炎柱」の煉獄杏寿郎は、 上弦の参「猗窩座 あかざ 」との戦いに敗れ死亡しています。 ことの成り行きは、地獄列車を乗っ取った「魘夢 えんむ 」を倒した直後に起こります。 一向のもとに突如、上弦の参である「猗窩座 あかざ 」が登場。 炭治郎達 かまぼこ隊 は怪我を負っていたので、先輩である煉獄杏寿郎は1人戦うことに。 極めて接戦ではありましたが、猗窩座の攻撃が煉獄杏寿郎の腹部を貫通してしまいます。 この腹部に受けたダメージが死亡を決定づけました。 煉獄杏寿郎の死亡した理由・死亡シーンについては「」でも詳しく解説しているので合わせてどうぞ。 宇髄天元 うずいてんげん の現状 「音柱」の宇髄天元は「」にて活躍した柱。 宇髄天元は、上弦の陸「堕姫 だき &妓夫太郎 ぎゅうたろう 」との戦いにより重傷を負いますが生存しています。 とは言え、左腕切断、左目失明の重傷を背負ったので、今後柱として鬼と戦う場面は見られないでしょう。 現に、 宇髄天元は遊郭での戦いが終わったあと、柱を引退宣言をしています。 その後は煉獄杏寿郎の父 元柱 「槇寿郎(しんじゅろう)」とともに、親方様「産屋敷輝 うぶやしきかがや 」の護衛に回っています。 なお、宇髄天元が活躍した【遊郭編】の情報に関しては「」をご覧ください。 時透無一郎 ときとうむいちろう の現状 「霞柱」の時透無一郎は、 上弦の壱「黒死牟 こくしぼう 」との戦いの最中に死亡しました。 死亡の決め手となったダメージは胴体を真っ2つにされてしまったこと。 かなり一方的な展開ではありましたが、とは言え、無一郎は無駄死にしたわけではありません。 最後のシーンでは、 黒死牟の懐に飛び込み、大きなダメージを与えています。 その際、片腕1本で日輪刀を「赫刀化」させるなど、数々の見せ場を作りました。 最後は、悲鳴嶼行冥・不死川実弥の2人が黒死牟にとどめを刺しています。 時透無一郎が死亡した理由・死亡シーンに関しては「」でも詳しく解説しています。 甘露寺蜜璃 かんろじみつり の現状 「恋柱」の甘露寺蜜璃は、 鬼舞辻無惨との戦いにより死亡しています。 死亡の要因は鬼舞辻無惨の攻撃によるもの。 甘露寺蜜璃は無惨の攻撃を上手くかわしながら初めは戦っていましたが、突如無惨の攻撃の軌道が変わり、 ダメージを受けてしまいます。 その後、手当てされ一時的に回復しましたが、炭治郎の援護に回った際、再び無惨の攻撃を受けてしまいます。 甘露寺蜜璃の死亡要因は、無惨からの ダメージの蓄積だと言えます。 最後は恋愛関係にあった伊黒小芭内の腕の中でそっと息を引き取ります。 甘露寺蜜璃が死亡した理由、死亡シーンに関しては「」でも詳しく解説しています。 不死川実弥 しなずがわさねみ の現状 「風柱」の不死川実弥は、無惨戦で大きなダメージを負いましたが、 ギリギリのところで生き残りました。 とは言え、不死川実弥が背負っているダメージは誰よりも深刻なので、現状だと、 1番死亡する確率が高い柱だと考えてまず間違いありません。 不死川実弥は、腹を切られている上に指を2本切断されています。 黒死牟との戦いでもかなりダメージを受けていたので、今後もし戦いが始まっても戦闘に加わることは不可能でしょう。 追記:不死川実弥の生存が確定しました。 無惨との戦いは完結したため、不死川実弥は最後まで生き延びた柱の1人です。 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい の現状 「岩柱」の悲鳴嶼行冥は、 鬼舞辻無惨との戦いが終わったあと死亡しました。 悲鳴嶼行冥は、上弦の壱「黒死牟」を不死川実弥とともに撃破しましたが、その後の無惨との戦闘中に左足を切断されてしまいます。 この「左足切断」というダメージが、悲鳴を死亡させた決定的な要因だと言えます。 その後も残された右足のみで 「無惨の逃亡を食い止める」などの活躍を見せましたが、無惨が消えて無くなるのと同時に悲鳴も力尽きます。 何とか悲鳴を助けようと鬼殺隊の「隠」が薬を使おうとしましたが 「他のものに使って欲しい」と最後の最後まで悲鳴は優しさを貫き通しました。 なお、悲鳴嶼行冥が見た「走馬灯」は、裏切られた寺の子供たちに迎えられるシーンです。 伊黒小芭内 いぐろおばない の現状 「蛇柱」の伊黒小芭内は、 鬼舞辻無惨戦が終わったあとに死亡しています。 なぜ伊黒が死亡したのかと言いますと、甘露寺蜜璃や悲鳴嶼行冥同様、無惨から深いダメージを受けたからです。 具体的には、無惨の攻撃で両目を失明、全身に深い傷を負っています。 しかし、伊黒は無惨戦で「痣」を出現させたり、日輪刀を「 赫刀化」させるなど、大いに活躍を見せた柱でした。 伊黒は無惨戦以外ではほぼ見せ場がない柱だったので、吾峠呼世晴さんもここぞとばかりに伊黒を登場させていましたね。 そんな伊黒ですが、最後は想いを寄せていた甘露寺に好きだと伝えて死亡します。 このシーンはとしてファンの間でも語り継がれているので必見です。 鬼滅の刃の柱は誰が死亡した?現状確認まとめ 本記事では鬼滅の刃に登場する柱の 【死亡状況】についてご紹介してきました。 それではまとめです。

次の

【鬼滅の刃】最強は誰だ!鬼殺隊強さランキング!

鬼滅の刃 ひめじま 死亡シーン

(鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫ではいつものように 「悲鳴島行冥(ひめじまぎょうめい)」の強さや能力などを徹底的にフルカラー画像付きで考察してみたいと思います。 ちなみにネタバレ注意。 悲鳴嶼は岩柱 まずは悲鳴嶼行冥の正体をおさらい。 悲鳴島行冥は岩柱。 5つあるの一つ「岩の呼吸」の使い手。 常に数珠を握りしめて、弱き他者を哀れんではお経を唱えながら涙を流してるのが特徴。 アニメ版『鬼滅の刃』では声優キャストは杉田智和。 ちなみに、読み方は「ひめじま・ぎょうめい」。 「ひめいじま」ではありません。 また名字の漢字も「悲鳴島」ではなく、島嶼(とうしょ)の「嶼」になります。 たまに誤字があったとしてもご愛嬌。 悲鳴嶼の 年齢は27歳。 柱の中ではかなり年上。 19歳で鬼殺隊に入って早8年が経過済み。 ただし、悲鳴嶼の最強っぷりは後述しますが、一般的に痣が発現した者は25歳まで生きられない。 そのため悲鳴嶼の強さや戦闘力を考えると、27歳まで痣が発現しなかったのは鬼殺隊でもかなり珍しい事例。 悲鳴嶼の身体的特徴は柱でも巨躯な点が挙げられますが、それ以外にも 「盲目」であることも大きな特徴。 おでこには「一文字の傷」があるのも特徴。 ちなみに悲鳴嶼行冥以外の他の柱については別記事もご参照ください。 悲鳴嶼の「悲しい過去」が泣ける この「おでこの傷」は、実は悲鳴嶼の悲しい過去が関係してる。 既に生まれ持って盲目の時点で悲しさ満点。 考えてみると、悲鳴嶼という名字からしてキラキラ涙ネーム満載ですが、続いては悲鳴嶼の過去をひもときます。 (鬼滅の刃16巻 吾峠呼世晴/集英社) しかしながら、悲鳴嶼は生き残った子供に「 あの人は化け物。 あの人がみんな殺した」と証言されてしまう。 結果、悲鳴嶼は死刑判決が下る。 一応、最終的に産屋敷輝哉に助けられて、そこで悲鳴嶼は鬼殺隊に入る。 現代日本に置き換えて考えると、満員電車内でJKから痴漢被害を救ったにも関わらず、被害者のJKから加害者扱いを受ける冤罪サラリーマンようなもの。 まさに「悲」。 悲鳴嶼の人生は踏んだり蹴ったり。 悲鳴嶼は「武器」が最強 続いては「悲鳴島行冥の強さ」を徹底的に考察していこうと思います。 竈門炭治郎も「一人だけ匂いが異質」と表現し、最強の にして「鬼に匹敵する成長速度」と評価する悲鳴島行冥の強さは、実際あらゆる面で最強を誇るキャラクター。 果たして一体何が強いのか? (鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) しかも、この鎖は 「太陽光」をたっぷり吸収した鉄で生成されており、鬼たちは悲鳴嶼の武器を破壊することは不可能。 何故なら、鬼は血鬼術と呼ばれる技で、自らの武器を作るから。 でも、鬼は太陽光に弱い。 最強の鬼舞辻無惨であっても瞬殺される。 つまり、悲鳴島行冥の武器は上弦の鬼ですら壊せないどころか、ハンターのハンターののように、鬼を捉えて無力化することもおそらく可能。 画像の上弦の鬼最強の黒死牟ですら「髪の毛が焼け抜ける」ほど。 悲鳴嶼は「身体能力」も最強 もちろん武器が最強だけでは意味がない。 こんな巨大な武器を自由に振り回すためには、フィジカルや身体能力が強くなきゃダメ。 そこで 悲鳴嶼の最強フィジカルのヤバさを考察していこうと思います。 『鬼滅の刃』最強ランキングについてもあとでご参照ください。 (鬼滅の刃170話 吾峠呼世晴/集英社) それに加えて、悲鳴嶼は 「連携プレイ」も得意。 自らの強さだけにかまけず、相手の呼吸や動きに合わせることも得意。 目が見えないからこそ、普段から他人の空気やテンポ感を読むのが訓練されてるのかも知れない。 そのため悲鳴嶼は頭も切れる。 改めて悲鳴嶼の名言は後述しますが、意外と頭脳明晰。 お経を唱えてるのも、実は「集中を高める行為」。 常に冷静沈着で鬼を抹殺していく戦闘スタイルに、もはや完全にスキはなし。 岩の呼吸の「必殺技」もヤバスギぃ 続いては「岩の呼吸」の必殺技を考察。 岩の呼吸は「基本の呼吸」の一つ。 普通の呼吸ですら体得すると鬼並みに強くするのに、岩の呼吸は他の呼吸と比べても強い。 それにも関わらず、ナチュラルボーンストロング。 鬼の攻撃を寄せ付けない最強の武器もある。 そのため、 岩の呼吸という多彩な必殺技が「最強っぷり」の総仕上げといったところ。 まさに悲鳴嶼は反則的に強いのもむべなるかな。 果たして、悲鳴嶼行冥は一体どんな技を体得してるのか? (鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては 岩の呼吸・4の型「流紋岩・速征(りゅうもんがんそくせい)」。 鉄球と手斧を同時に投げて攻撃する技。 黒死牟との戦いでは全面見開きページが使用されていたため、岩の呼吸でも威力が強い技だと考察されます。 他にも、岩の呼吸には 3の型に「岩躯の膚(がんくのはだえ)」があります。 鉄球を周囲にブンブンと振り回して敵の攻撃を相殺する技。 1の型に「蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)」といった技があります。 今後は鬼舞辻無惨戦が控えており、悲鳴島行冥の必殺技はまだまだ秘められているはずです。 悲鳴嶼の名言がカッコ良す 最後は「名言」を考察。 悲鳴島行冥は頭が切れるため、そのセリフ一つ一つが何気にカッコ良い。 特に黒死牟との戦いではいかんなく発揮。 いずれアニメ版『鬼滅の刃』でも悲鳴嶼の無双っぷりが期待できそう。 例えば、黒死牟が「痣が出た者は例外なく25歳で死ぬ。 痣は寿命の前借りに過ぎない。 おまえも鬼になれ」と煽ると、悲鳴嶼は「すでに柱は承知済み」と応じる。 そして、悲鳴嶼は立て続けに「 鬼殺隊である限りは明日の命の保証はない。 今更命など惜しもうか。 生半の覚悟で柱になるものなどはおらぬ。 甚だしき侮辱」と鬼の形相で反論。 それでも黒死牟は「鬼となることで肉体の保存。 技の保存ができるのだ。 何故わからぬ?」と食い下がる。 もはやどっちが弱者か強者か分からない立場のやり取りですが、悲鳴嶼は一切心揺らぐことなく言い放つ。 (鬼滅の刃170話 吾峠呼世晴/集英社) 「例外はあったのだろう?痣を持ち25歳を超えてなお生き続けた者がいた」と、悲鳴嶼は自信満々の表情で黒死牟の些細な嘘を見抜く。 実際、黒死牟の双子の弟・継国縁壱が「それ」だった。 縁壱は鬼舞辻無惨すら追い詰めた最強剣士でしたが、人間時代の黒死牟は常に敗北の日々を送っていた。 盲目のお目々でまるっとお見通し。 鬼のコンプレックスをグリグリと踏みにじる悲鳴嶼さんカッコ良す。 ただ単にフィジカルや戦闘力が強いだけではなく、悲鳴嶼は「心の芯」も強い。 ここまでしっかりスキなく作り込まれてる男気あるキャラクターは少ない。 悲鳴嶼さんの死亡シーンが泣かせる 最後は「悲鳴嶼行冥の死亡シーン」を考察。 どうやら泣かせる最後。 結論からネタバレしてしまうと、鬼舞辻無惨戦で最終的に死亡します。 壮絶な戦闘を繰り広げた悲鳴嶼は、戦闘中に左足を失う。 黒死牟戦での疲労を考えたとしても、柱最強の悲鳴嶼にして無惨との実力差はあまりに歴然だった。 それでも足を失いながらも全身の力を振り絞り、土に逃げ込もうとする鬼舞辻無惨に対して鎖を使って必死に食い止める。 他の鬼殺隊と協力して悲鳴嶼行冥が時間を稼いだ結果、無惨は太陽光を浴びて消滅。 まさに岩柱さまさま。 でも既に悲鳴嶼も瀕死の状態。 鬼殺隊の治療班が助けにくるものの、「 私は手遅れだ。 貴重な薬を溝に捨てることになる」と他のメンバーを助けるように促す悲鳴嶼行冥。 (鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴/集英社) 意識混濁する悲鳴嶼行冥の前に現れたのが、かつての「教え子」たちの幽霊。 前述のように、かつて鬼に襲われた当初、悲鳴嶼行冥を置き去りにして真っ先に逃亡したとんでもないクソガキ集団。 でも実は「目が見えない悲鳴嶼を助けよう」と武器として使おうと農具を取りに行ったり、外に助けを求めようとしただけだった。 確かに一番小さい子は狼狽してたとは思いますが、それに対して「私こそお前たちを守れずにすまなかった」と悲鳴嶼は謝罪。 そして、「謝らないでみんな先生が大好きだよ」と抱擁されたまま、悲鳴嶼行冥は天国に旅立つ。 クズの子どもたちばっかりと衝撃的でしたが、実は悲鳴嶼を助けようとしただけ。 ちょっとホッとしました。 これで悲鳴嶼行冥の声優・杉田智和さんも報われるに違いない。 ちなみに、悲鳴嶼の元を飛び出して鬼を呼び込んだガキが獪岳だった模様。 まさになるべくして上弦の鬼に成り下がったのか。 『鬼滅の刃』の次期シリーズも何となく匂わせる伏線か。

次の

【鬼滅の刃考察】不死川実弥が「良いキャラ」すぎて泣けた【風の呼吸・風柱】【能力強さ】【不死川玄弥】【しなずがわさねみ】

鬼滅の刃 ひめじま 死亡シーン

(鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫ではいつものように 「悲鳴島行冥(ひめじまぎょうめい)」の強さや能力などを徹底的にフルカラー画像付きで考察してみたいと思います。 ちなみにネタバレ注意。 悲鳴嶼は岩柱 まずは悲鳴嶼行冥の正体をおさらい。 悲鳴島行冥は岩柱。 5つあるの一つ「岩の呼吸」の使い手。 常に数珠を握りしめて、弱き他者を哀れんではお経を唱えながら涙を流してるのが特徴。 アニメ版『鬼滅の刃』では声優キャストは杉田智和。 ちなみに、読み方は「ひめじま・ぎょうめい」。 「ひめいじま」ではありません。 また名字の漢字も「悲鳴島」ではなく、島嶼(とうしょ)の「嶼」になります。 たまに誤字があったとしてもご愛嬌。 悲鳴嶼の 年齢は27歳。 柱の中ではかなり年上。 19歳で鬼殺隊に入って早8年が経過済み。 ただし、悲鳴嶼の最強っぷりは後述しますが、一般的に痣が発現した者は25歳まで生きられない。 そのため悲鳴嶼の強さや戦闘力を考えると、27歳まで痣が発現しなかったのは鬼殺隊でもかなり珍しい事例。 悲鳴嶼の身体的特徴は柱でも巨躯な点が挙げられますが、それ以外にも 「盲目」であることも大きな特徴。 おでこには「一文字の傷」があるのも特徴。 ちなみに悲鳴嶼行冥以外の他の柱については別記事もご参照ください。 悲鳴嶼の「悲しい過去」が泣ける この「おでこの傷」は、実は悲鳴嶼の悲しい過去が関係してる。 既に生まれ持って盲目の時点で悲しさ満点。 考えてみると、悲鳴嶼という名字からしてキラキラ涙ネーム満載ですが、続いては悲鳴嶼の過去をひもときます。 (鬼滅の刃16巻 吾峠呼世晴/集英社) しかしながら、悲鳴嶼は生き残った子供に「 あの人は化け物。 あの人がみんな殺した」と証言されてしまう。 結果、悲鳴嶼は死刑判決が下る。 一応、最終的に産屋敷輝哉に助けられて、そこで悲鳴嶼は鬼殺隊に入る。 現代日本に置き換えて考えると、満員電車内でJKから痴漢被害を救ったにも関わらず、被害者のJKから加害者扱いを受ける冤罪サラリーマンようなもの。 まさに「悲」。 悲鳴嶼の人生は踏んだり蹴ったり。 悲鳴嶼は「武器」が最強 続いては「悲鳴島行冥の強さ」を徹底的に考察していこうと思います。 竈門炭治郎も「一人だけ匂いが異質」と表現し、最強の にして「鬼に匹敵する成長速度」と評価する悲鳴島行冥の強さは、実際あらゆる面で最強を誇るキャラクター。 果たして一体何が強いのか? (鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) しかも、この鎖は 「太陽光」をたっぷり吸収した鉄で生成されており、鬼たちは悲鳴嶼の武器を破壊することは不可能。 何故なら、鬼は血鬼術と呼ばれる技で、自らの武器を作るから。 でも、鬼は太陽光に弱い。 最強の鬼舞辻無惨であっても瞬殺される。 つまり、悲鳴島行冥の武器は上弦の鬼ですら壊せないどころか、ハンターのハンターののように、鬼を捉えて無力化することもおそらく可能。 画像の上弦の鬼最強の黒死牟ですら「髪の毛が焼け抜ける」ほど。 悲鳴嶼は「身体能力」も最強 もちろん武器が最強だけでは意味がない。 こんな巨大な武器を自由に振り回すためには、フィジカルや身体能力が強くなきゃダメ。 そこで 悲鳴嶼の最強フィジカルのヤバさを考察していこうと思います。 『鬼滅の刃』最強ランキングについてもあとでご参照ください。 (鬼滅の刃170話 吾峠呼世晴/集英社) それに加えて、悲鳴嶼は 「連携プレイ」も得意。 自らの強さだけにかまけず、相手の呼吸や動きに合わせることも得意。 目が見えないからこそ、普段から他人の空気やテンポ感を読むのが訓練されてるのかも知れない。 そのため悲鳴嶼は頭も切れる。 改めて悲鳴嶼の名言は後述しますが、意外と頭脳明晰。 お経を唱えてるのも、実は「集中を高める行為」。 常に冷静沈着で鬼を抹殺していく戦闘スタイルに、もはや完全にスキはなし。 岩の呼吸の「必殺技」もヤバスギぃ 続いては「岩の呼吸」の必殺技を考察。 岩の呼吸は「基本の呼吸」の一つ。 普通の呼吸ですら体得すると鬼並みに強くするのに、岩の呼吸は他の呼吸と比べても強い。 それにも関わらず、ナチュラルボーンストロング。 鬼の攻撃を寄せ付けない最強の武器もある。 そのため、 岩の呼吸という多彩な必殺技が「最強っぷり」の総仕上げといったところ。 まさに悲鳴嶼は反則的に強いのもむべなるかな。 果たして、悲鳴嶼行冥は一体どんな技を体得してるのか? (鬼滅の刃169話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては 岩の呼吸・4の型「流紋岩・速征(りゅうもんがんそくせい)」。 鉄球と手斧を同時に投げて攻撃する技。 黒死牟との戦いでは全面見開きページが使用されていたため、岩の呼吸でも威力が強い技だと考察されます。 他にも、岩の呼吸には 3の型に「岩躯の膚(がんくのはだえ)」があります。 鉄球を周囲にブンブンと振り回して敵の攻撃を相殺する技。 1の型に「蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)」といった技があります。 今後は鬼舞辻無惨戦が控えており、悲鳴島行冥の必殺技はまだまだ秘められているはずです。 悲鳴嶼の名言がカッコ良す 最後は「名言」を考察。 悲鳴島行冥は頭が切れるため、そのセリフ一つ一つが何気にカッコ良い。 特に黒死牟との戦いではいかんなく発揮。 いずれアニメ版『鬼滅の刃』でも悲鳴嶼の無双っぷりが期待できそう。 例えば、黒死牟が「痣が出た者は例外なく25歳で死ぬ。 痣は寿命の前借りに過ぎない。 おまえも鬼になれ」と煽ると、悲鳴嶼は「すでに柱は承知済み」と応じる。 そして、悲鳴嶼は立て続けに「 鬼殺隊である限りは明日の命の保証はない。 今更命など惜しもうか。 生半の覚悟で柱になるものなどはおらぬ。 甚だしき侮辱」と鬼の形相で反論。 それでも黒死牟は「鬼となることで肉体の保存。 技の保存ができるのだ。 何故わからぬ?」と食い下がる。 もはやどっちが弱者か強者か分からない立場のやり取りですが、悲鳴嶼は一切心揺らぐことなく言い放つ。 (鬼滅の刃170話 吾峠呼世晴/集英社) 「例外はあったのだろう?痣を持ち25歳を超えてなお生き続けた者がいた」と、悲鳴嶼は自信満々の表情で黒死牟の些細な嘘を見抜く。 実際、黒死牟の双子の弟・継国縁壱が「それ」だった。 縁壱は鬼舞辻無惨すら追い詰めた最強剣士でしたが、人間時代の黒死牟は常に敗北の日々を送っていた。 盲目のお目々でまるっとお見通し。 鬼のコンプレックスをグリグリと踏みにじる悲鳴嶼さんカッコ良す。 ただ単にフィジカルや戦闘力が強いだけではなく、悲鳴嶼は「心の芯」も強い。 ここまでしっかりスキなく作り込まれてる男気あるキャラクターは少ない。 悲鳴嶼さんの死亡シーンが泣かせる 最後は「悲鳴嶼行冥の死亡シーン」を考察。 どうやら泣かせる最後。 結論からネタバレしてしまうと、鬼舞辻無惨戦で最終的に死亡します。 壮絶な戦闘を繰り広げた悲鳴嶼は、戦闘中に左足を失う。 黒死牟戦での疲労を考えたとしても、柱最強の悲鳴嶼にして無惨との実力差はあまりに歴然だった。 それでも足を失いながらも全身の力を振り絞り、土に逃げ込もうとする鬼舞辻無惨に対して鎖を使って必死に食い止める。 他の鬼殺隊と協力して悲鳴嶼行冥が時間を稼いだ結果、無惨は太陽光を浴びて消滅。 まさに岩柱さまさま。 でも既に悲鳴嶼も瀕死の状態。 鬼殺隊の治療班が助けにくるものの、「 私は手遅れだ。 貴重な薬を溝に捨てることになる」と他のメンバーを助けるように促す悲鳴嶼行冥。 (鬼滅の刃200話 吾峠呼世晴/集英社) 意識混濁する悲鳴嶼行冥の前に現れたのが、かつての「教え子」たちの幽霊。 前述のように、かつて鬼に襲われた当初、悲鳴嶼行冥を置き去りにして真っ先に逃亡したとんでもないクソガキ集団。 でも実は「目が見えない悲鳴嶼を助けよう」と武器として使おうと農具を取りに行ったり、外に助けを求めようとしただけだった。 確かに一番小さい子は狼狽してたとは思いますが、それに対して「私こそお前たちを守れずにすまなかった」と悲鳴嶼は謝罪。 そして、「謝らないでみんな先生が大好きだよ」と抱擁されたまま、悲鳴嶼行冥は天国に旅立つ。 クズの子どもたちばっかりと衝撃的でしたが、実は悲鳴嶼を助けようとしただけ。 ちょっとホッとしました。 これで悲鳴嶼行冥の声優・杉田智和さんも報われるに違いない。 ちなみに、悲鳴嶼の元を飛び出して鬼を呼び込んだガキが獪岳だった模様。 まさになるべくして上弦の鬼に成り下がったのか。 『鬼滅の刃』の次期シリーズも何となく匂わせる伏線か。

次の