総理大臣 給料 安い。 森まさこ法務大臣の年収!給料以外の収入含む所得はいくら?

【国会議員の給料高すぎ!】総理大臣や国会議員の給料や生涯賃金はどのくらい?

総理大臣 給料 安い

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 222• 188• 492• 216• 419• 143• 279• 287• 1,127• 166• 268• 658• 347• 2,144• 178• 19 アーカイブ•

次の

大臣と官僚の違い?

総理大臣 給料 安い

補足に対して 官僚が実質的に政策決定者であり、大臣は飾りに過ぎないというのは、そう見えることもあるのですが、そうではないこともあります。 政策通と称せられる人が大臣になった場合はかなり影響力を行使しているんじゃないでしょうか。 消費税などを変更する場合、政治家にとっては政治生命にかかわるので、財務官僚の意のままというわけにはいかず、政治判断が必要となるからです。 ちょっと古いですが、熊谷通産大臣の時、事務次官人事に政治が介入してもめたこともあります。 高度成長期には自民党が官僚化し、当選回数を重ねて得意とする政策分野に精通しないと大臣になれない時期があったのですが、小選挙区になってから、何とかチルドレンと言われる初当選の議員が多数生まれる、つまり、現職が多数落選する時代になって、当選回数の少ない大臣が誕生するようになって、つまり、一応民意の支持は受けているが政策の勉強が足らない人が大臣になる例が増えているので、最近では官僚の専門知識の優位性が目立つようになっていると思います。 官僚になるには、昔程ではないでしょうが、東大法学部を出て公務員試験に受かるのが近道とされていますが、給料が安いのと批判されるのとで、希望者が減っていると聞きます。 でも国家のために必要な仕事ですので、しっかり勉強して目指して欲しいと思います。 建前の上では、選挙によって国民から選ばれた内閣総理大臣によって選ばれた国務大臣に民主主義的正当性があり、その大臣は試験によって選任された、つまり、国民から選ばれたわけではない官僚に対して人事権があります。 しかし、専門的知識に劣る大臣が経験と知識に勝る官僚に対して人事権を振るうことは滅多にないというのが実態です。 簡単に一言: 官僚とは、所轄部門の情報収集、企画、立案、方策の作成、構築など、 大臣とは、これら全般を統括し、決定する立場、 補足:(はい、おはよう御座います) そうですね、おおむね、補足の通りではないかと思いますが、官僚にもキヤリァ組、と、ノンキャリァ組,との2首種類で、キャリァ組は、在学中に上級試験を合格した者、ノンキャリァは、初級、中級国家公務員試験の合格組み、に分類される筈です、 上級者は、早くから、昇進していきます、が、ノンキャリはせいぜい,課長で終わりと 聞いてます、深夜~朝まで徹夜で仕事をするのも,このノンキャリ組ですね、 (*うちのせがれも,その中の一人に入ってますから、常々、聞いてますよ、) 残業、残業の連続で、国会の開催中は、議員答弁書作成で帰ることは出来ないと言ってましたよ、上司の課長(20代後半は、時間で帰るけど俺らは帰れない、と、) こういうキャリァ組が、やがて、審議官や,事務次官、局長などへ昇進です、こういう一部の者が高級官僚達です、他は、まぁ、普通の公務員というところでしょうね、 あえて言うと、中堅どころ、という感じです、.

次の

内閣総理大臣の年収 4000万 ←これwwww

総理大臣 給料 安い

日本の「内閣総理大臣」という職業には、一体いくらのお給料が支払われているのでしょうか?ボーナスの時期になると、今期はいくら支払われたか、をニュースなどでも見かけますね。 ただ、月収や年収についてはあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 総理大臣の給料にはボーナスもついてくる 内閣総理大臣というのは、「特別職の国家公務員」という位置付になるそうです。 総理大臣に支払われる給料は、他の公務員や民間の企業と同じように、一年に一度、改定も行われます。 内閣官房の資料によると、内閣総理大臣の給料は平成30年4月1日現在で、月額201万円、それに地域手当20%として40万2000円が加算され、合計すると約241万2000円となっています。 それに年2回の「期末手当」と呼ばれるボーナスを合わせて、年間給与額は、約4015万円にもなるそうです。 日本人の給与所得者の平均年収から見ると、やはりかなり高額な給料が支払われているように感じますが、ネット上では「安い」という意見も少なからずあるようです。 世界的には決して安くない年収 確かに、人気のあるスポーツ選手や芸能人の方が、年収としては多いかもしれません。 日本の行政の代表である「内閣総理大臣」という立場を考えると、「意外と安い」と感じる人が多いのも頷けるような気がします。 しかし、世界的に見ると、外国の大統領や首相たちの年収と比べて、日本の総理大臣の年収は決して「安い」方ではないようです。 為替レートの推移にもよりますが、シンガポールの首相の年収が約1億3000万円と言われています。 シンガポールでは大変高い年収が支払われているようですが、それ以外、たとえばカナダ首相の年収は、約3000万円ほどだそうです。 そして、ヨーロッパのフランス大統領・イギリスの首相でも、年収は約2600万円から2300万円くらいと言われています。 ロシアやイタリアの首相に至っては、さらにそれよりも低い年収が支払われていると言われており、比較すると、日本の総理大臣の年収は決して「安い」金額ではないことがわかります。 では、アメリカはどうなのかというと、現在のトランプ大統領が「大統領としての給料は受け取らない」と公言したことで、1ドルだけ、給料として支払われていると言います。 ちなみに、通常アメリカの大統領に支払われる年収は、約4800万円と言われています。 — 2018年 9月月23日午後7時13分PDT 総理大臣に納税の義務はあるのか? 行政のトップである内閣総理大臣であっても、納税の義務は遂行されます。 一般のサラリーマンや他の公務員と同じように、所得税、住民税、さらに健康保険料も支払っています。 前述した給料、年収はあくまでも支払われた額になりますので、そこから税金を差引いた額が手取り年収となるようです。 さらに、現在の安倍晋三内閣総理大臣は、2011年以降、東北地方復興の財源確保のために、年収の30%を減額しています。 形式上、一旦受け取り、その後返納するという形になっているそうです。 ちなみに2018年冬の安倍晋三総理の「期末手当」は、およそ603万円と報じられています。 そこから30%を減額することになるようです。 以上を鑑みると、安倍晋三内閣総理大臣の実質的な年収は、約2800円ではないかと想像できます。 また、総理大臣には「退職手当」も支払われており、こちらは在職期間4年間で約520万円とされているようです。 減額といえば、東京都知事の小池百合子さんも、「都知事の給料を半減する」という公約を掲げて条例案を通過させた過去があります。 現在、そして改定されない限り今後は、東京都知事の年収は約1450万円となるそうです。 一国を背負って日々戦う「内閣総理大臣」、そして政治家の年収について、「安い」「高い」を論じるのは、受け取り手の自分たちが置かれている環境に寄るところも大きく、とても難しいことに感じられます。

次の