ゆる キャラ。 海外のゆるキャラ(ゆるキャラは日本だけの文化ではなかった)写真集|ゆるキャラ

岡山県のゆるキャラまとめ

ゆる キャラ

「ゆるキャラ」という流行語は、すでに説明不要の単語になっています。 「ゆるキャラ」と聞けば誰もが「ふなっしー」や「くまモン」などのマンガ調に擬人化された可愛いキャラクターを思い浮かべることでしょう。 それでは、今や日本全国どこでも見かけるようになった「ゆるキャラ」のはどうなっているのか、という疑問について掘り下げてみましょう。 「ゆるキャラ」の定義 「ゆるキャラ」という言葉については、はっきりした定義はないものの、この流行語を最初に使ったとされるマンガ家兼エッセイストの「みうらじゅん」氏によれば「ゆるいマスコットキャラクター」の略語で、主に日本各地域の町おこしのために使用される擬人化されたイラストを指すとのことです。 別名で「ご当地キャラ」とも称されていましたが、可愛いマンガ的キャラクターの雰囲気とのんびりとしたネーミングが見事にマッチして、今では「ゆるキャラ」という言葉が流行語を飛び越えて普通名詞化した感覚さえあります。 2000年代後半に入り「ゆるキャラ」の公報効果が予想以上に高いことに着目した全国の各地方自治体が競って地元の「ゆるキャラ」を作り、地域新興のシンボル的存在になってきています。 「ゆるキャラグランプリ」で大いに盛り上がる 「ゆるキャラ」という単語自体は前述のみうら氏と彼のマンガを連載していた「扶桑社」によって2004年に商標登録されています。 したがって「ゆるキャラ」という言葉自体を権利者に無断で商用に用いることはできないことになりますが、みうら氏と扶桑社は 「商標登録は営利目的とした第三者による独占使用を防ぐため」であり「地方自治体が公共目的で「ゆるキャラ」という言葉を使うことは問題ない」と表明しています。 なお、現在登録商標としての「ゆるキャラ」は「株式会社ゆるキャラ」と「ゆるキャラグランプリ実行委員会」が管理しており、後者は「ゆるキャラグランプリ」というイベントを毎年開催しています。 グランプリとなった「ゆるキャラ」はテレビや雑誌など大手の報道機関によって大きく報じられ、一躍全国にその名が知れ渡り、観光誘致やグッズ販売などで地元に大きな経済効果をもたらします。 このような「ゆるキャラ」一大ムーブメントに対し、企業側も自社の宣伝目的で「ゆるキャラ」を考案するようになりました。 そこで「ゆるキャラグランプリ実行委員会」ではグランプリの選考において、公共団体がエントリーする「ご当地ゆるキャラ部門」と、企業などの営利団体がエントリーする「企業・その他ゆるキャラ部門」に区分して実施されるようになっています。 日本独自の「サブカルチャー」という土壌 このように、全国各地で次々に登場する「ゆるキャラですが、各地方自治体とも「『ゆるキャラ』とは営利目的としない公共団体が管轄するもので、その キャラクターの商標権は公的機関が所有し、地元企業に限りキャラクターの使用を無償にて許可する」というガイドラインが「ゆるキャラ」使用に関する地域社会のコンセンサスとなっているようです。 以前であれば「ただの子供だまし」と一笑に付されるような「ゆるキャラ」が、今や地域のアイドル的存在となり、地域経済に多大な影響をもたらすという現実は他国には類例がなく、 日本独特の社会現象であり独自の文化とさえいえるでしょう。 この背景にはもちろん「マンガ・アニメ・ゲーム」などのいわゆる「サブカルチャー」を社会が許容する日本独特の土壌が出来上がっているとみることもできます。 2017年の「ゆるキャラグランプリ」に輝いたのは、千葉県成田市の観光プロモーション課が作成した、ジェット旅客機を擬人化した「うなりくん」でした。 かつての激烈な「成田闘争」を知る世代から見れば隔世の感があります。 今後も、日本の地域全体が「ゆるキャラ」を見て平和な時代を実感し続けることを望みたいものです。

次の

岡山県のゆるキャラまとめ

ゆる キャラ

Contents• チュッピー 出典: 「チュッピー」は、総社市出身のゆるキャラ。 総社市の公式マスコットキャラクターで、子育て応援PRをお仕事としています。 「チュッピー」はおむつをしている赤ちゃんねずみで、ハート型のしっぽがとってもキュート!頭には赤い王冠をかぶっており、2頭身の安定しない体形ですが、よちよち歩きでお仕事を頑張っています。 ゆるキャラグランプリ3位のチュッピー 出典: 「チュッピー」は2016年のゆるキャラグランプリで、3位まで上り詰めた人気者ゆるキャラ!県内ではもちろん1位人気のゆるキャラで、「チュッピー」がやって来ると人だかりができています。 現在はグランプリ出場を引退したそうですが、今後は成長して家族が増える設定もあると言う噂です。 twitter: マービーちゃん 出典: 「マービーちゃん」は、倉敷市真備町出身のゆるキャラ。 真備町のマスコットキャラクターで、真備地区をPRするお仕事をしています。 「マービーちゃん」は、真備の名産であるたけのこ型のゆるキャラ。 キリっとした眉毛が凛々しく、性別は不明ですがなかなかのイケメンフェイスです。 出典: Twitter 1992年に誕生した「マービーちゃん」ですが、現在は3代目の「マービーちゃん」。 昔と比べると、顔が少しだけ変化しています。 「マービーちゃん」のお煎餅やお土産などが販売されていますが、デザインは先代の物を使用しているようです。 ニューフェイスの「マービーちゃん」に会いたい方は、ぜひ真備町を訪れてみてください! まにぞう 出典: 「まにぞう」は、真庭市出身のゆるキャラ。 真庭市の公式マスコットキャラクターで、広報のお仕事を担当しています。 「まにぞう」は、庭市の杜(もり)に住む妖精のゆるキャラ。 緑の豆の様な葉っぱの様な不思議なかたちで、見ていても癒されるフォルムをしています。 まにぞうファミリーもいる! 出典: 好奇心旺盛で人懐っこい性格の「まにぞう」は、誰とでもすぐ打ち解けることが出来ます。 ご当地キャラのお祭りでは、岡山の仲間と共演することもしばしば。 「まにぞう」には、まにぞうファミリーと呼ばれる家族が居ます。 まにぞうパパやママに、じいじやばあば、可愛い姉弟も居て、みんなで一緒に森に住んでいるそうです。 twitter: HP: やかっぴー 出典: 「やかっぴー」は、矢掛(やかげ)町出身のゆるキャラ。 矢掛町の公式マスコットキャラクターで、観光大使を務めています。 矢掛町は、昔からの宿場町として知られているスポット。 「やかっぴー」は「しゅくばーど」として、日々PRのために活動しています。 緑色をした小鳥の男の子 出典: 「やかっぴー」は、緑色をした小鳥の男の子。 4月2日生まれで年齢は不詳。 夢は空を飛べるようになることだそうで、鳥だけどまだ飛べないようです。 「やかっぴー」は、お散歩と称していろんな場所に出没します。 おさんぽのスケジュールもHPでお知らせしているので、「やかっぴー」に会いたい方はぜひチェックしてみてください! FB: HP: でんちゅうくん 出典: 「でんちゅうくん」は、井原市出身のゆるキャラ。 井原市の公式マスコットキャラクターで、いばら営業部長として働いています。 「でんちゅうくん」は、歌舞伎の演目のひとつ、鏡獅子をモチーフにしたゆるキャラ!目力の強い白塗りの男の子です。 名前は、鏡獅子の作者であり井原市名誉市民の平櫛田中(でんちゅう)先生からいただいているそうです。 わたあめの様なふわふわ頭 出典: 歌舞伎スタイルの「でんちゅうくん」ですが、形はほぼ2頭身。 わたあめの様なふわふわ頭が特徴で、ずっと触れていたくなる心地よさです!趣味は美術鑑賞や町歩きだそうで、井原市をお散歩していたら、「でんちゅうくん」に会えるかもしれません! twitter: HP: シラカベーノ 出典: 「 シラカベーノ」は、倉敷市出身のゆるキャラ。 倉敷市の公式マスコットキャラクターで、観光PR活動をしています。 「 シラカベーノ」は、甘いマスクの外国人風ゆるキャラ。 体は白壁の形をしており、瓦屋根の様な金髪頭が特徴的です! イタリア出身のシラカベーノ 出典: イタリアローマ出身の「シラカベーノ」ですが、ご先祖のルーツが倉敷市にあるそうです。 本名は、「ジャン・アレクサンドロ・デーレィ・ボッケェノ・クラシキーノ・シラカベーノ」と言いますが、長いので通称シラカベーノと呼ばれています。 甘いルックスのシラカベーノ 出典: 甘いルックスの「シラカベーノ」は口癖も甘く、「今日から君の彼氏だよ」など、数々の名言を残しています。 素敵な「シラカベーノ」に会いたくなったら、ぜひ倉敷市を訪れてみてください! twitter: HP: ももっち 出典: twitter. com 「ももっち」は、岡山県出身のゆるキャラ。 岡山県の公式マスコットキャラクターで、県政の広報誌にも登場し、岡山県を盛り上げるため日々奮闘しています。 「ももっち」は、桃太郎をモチーフにしたゆるキャラ。 笑顔がまぶしい元気な男の子で、いつも頭に桃印のハチマキを巻いています。 ももっちの仲間 出典: 「ももっち」には、「うらっち」と言う女の子のお友達が居ます。 「うらっち」は鬼の女の子ですが、「ももっち」とは大の仲良し!二人で岡山のPRに出かけることが多く、他にもいぬっちやさるっち、きじっちと言う仲間たちがいます。 タキシード姿やマラソンランナーに変身! 出典: 「ももっち」や「うらっち」は、基本桃太郎や鬼の格好をしていますが、ときどきタキシード姿やマラソンランナーの姿に変身します!いつもとは違う、「ももっち」たちもとってもキュート!岡山を代表するゆるキャラには、県が主催するイベントなどで出会うことができます。 HP: ミコロ 出典: 「ミコロ」は、岡山市出身のゆるキャラ。 岡山市の公式イメージキャラクターで、いろんな場所にでかけて、岡山市のPR活動に励んでいます。 水をモチーフにしたゆるキャラ 出典: 水をモチーフにしたゆるキャラで、名前は水の「ミ」と美しい心を合わせて「ミコロ」と名付けられました。 誕生日は平成21年の4月1日で、性別は不明。 頭が大きいので、全力疾走が苦手なんだそうです。 ミコロとハコロ 出典: YouTube 「ミコロ」には 「ハコロ」と言う仲間がいて、こちらは葉っぱをモチーフにしたゆるキャラ。 二人とも大の仲良しで、いつもいっしょに行動しています。 岡山市のイベントで出会えるので、ぜひ会いに行ってみてくださいね! HP: あかいわももちゃん 出典: 「あかいわももちゃん」は、赤磐市出身のゆるキャラ。 赤磐市の公式マスコットキャラクターで、赤磐の魅力をみんなに伝えるお仕事をしています。 「あかいわももちゃん」は、9月生まれの女の子で、桃の形をした愛くるしいゆるキャラ。 ショッキングピンクの鮮やかな色合いをしており、ぶどう柄の素敵なワンピースを着ています。 明るい性格の女の子 出典: 明るい性格の女の子で、誰とでもすぐ仲良くなれてしまう「あかいわももちゃん」。 ゆるキャラの集いでもかなり目立つので、すぐに見つけられそうですね! ファンシーな世界観のゆるキャラ 出典: ファンシーな世界観がある「あかいわももちゃん」は、女性や子供にも大人気!Tシャツやバッグなどの可愛いグッズも販売されているので、お気に入りを見つけて手に入れてみてはいかがでしょうか。 グッズは、商工会本部や熊山英国庭園で購入することができます。

次の

全国ゆるキャラ一覧表:ご当地ゆるキャラ一覧 【840体掲載】

ゆる キャラ

東京都世田谷区の『ゆるキャラ』を調べまとめました。 用賀商店街の広報部長「よっきー」。 豪徳寺が発祥といわれる謎多きキャラクター「たまにゃん」。 ボクシングと甘食が大好きな「とどロッキー」。 世田谷区社会福祉協議会のキャラクター「ココロン」など多くのカワイイ「キャラクター」がいます!! また、世田谷区の指定の花は「鷺草(さぎそう)」、木は「欅(けやき)」、鳥は「尾長(おなが)」になります。 キャラクターの中に要素として盛り込まれているかもしれませんね。 「キャラクター」の認知が広がり、街がさらに盛り上がれば幸いです。 ココロン 世田谷区社会福祉協議会のキャラクター まちのみなさんが知っている丸くてかわいいどんぐり。 ココロンはそんなどんぐりの妖精です。 手に持つハートはみなさんに届けるまごごろを、空飛ぶ葉っぱは緑豊かな世田谷を、「団(まるい)栗」帽子は、みんなで手を取り支えあうまちを、イメージしています。 ココロンという名前は、3つの意味からきています。 愛(こころ)を届ける妖精 2. 世田谷区社協のキャッチコピー「支えあい心をつなぐ合い言葉」の心 3. お花が好きで、よく商店街のお花屋さんの前を通ります。 性格:ほんわか温厚 誕生日:はな月はな日 好きなもの:お花 きらいなもの:アブラ虫 お花の名前をたくさん知っていることから「はなマル」と名づけられました。 お花屋さんが好きなようでお花屋さんを見かけては入ったりするそうです。 ときには30分以上、眺めて見ていることも、、、。 3人の中でもリーダー的存在。 ほんわか温厚に、3人をまとめます。 とび雄くんは、飛んだり跳ねたりする事が大好きな、元気な子です。 性格:ちょっと気になり屋さん 誕生日:トビ月トビ日 好きなもの:出かけること きらいなもの:自分のクセっ毛 朝起きると頭からトビ出るような形の寝グセがついている事から「とび雄」と名づけられました。 あたまの髪の毛が片方だけトビ出ていることを気にしているらしい。 出かけることが好きなようで、よく駒沢公園へでかけています。 旅や冒険をするのがすきみたいです。

次の