税務署 地図記号。 税務署の地図記号(実際写真やマップで解説)

久慈税務署|国税庁

税務署 地図記号

中学校の社会科で教える「地図記号」について。。。 うちの子は中学生なのですが、社会科のテストで地形図の地図記号(施設の記号の意味を答える)が出題され、正解しなかったということで悔しがっていたのですが(どうやら解ってはいたのに書き間違えたとかで)・・・ 間違ったことに悔しがるというのは、いちおう学校の勉強に関心があるということで、喜ばしいことかなぁくらいには思っておりますが、 今回の疑問というのは、そもそも学校で地形図の地図記号を丸暗記させるようなことをして、どんだけ意味があるんだろう?ということです。 裁判所だとか税務署だとかの記号を覚える・・・もちろん覚えていて損はないでしょう。 ですが、日常生活で地図を使うとして、地形図を使うなんていうことは一般的にはすごく希だと思います。 いまは民間の地図会社が出版しているものがすごく充実しています。 それに裁判所や税務署なんて、どこにでもある(どの地図にも載っている)わけではありません。 仮に地形図を使うことを学校教育で想定しているなら、一枚現物を配ってもらうとか、あるいはどうすれば入手できるかをちゃんと紹介してもらうべきだと思いますが、実際はそんな風になってないですね。 私が中学生の時もそうでした。 教えるなら、等高線の見方(尾根や谷筋の場所、傾斜の程度など)や、地図全体の使い方をちゃんと教えるべきだと思うのですが・・・ 私の考え方、間違ってますかね? 補足ご回答感謝します。 が、私は学校で教えることがすべて意味が無いなどとは決して思ってませんし、 子どものうちに初めは丸暗記の形ででも覚えなければならないことは沢山あると考えています。 知恵袋の宿題カテなんかでも「地図記号の覚え方」というのは頻出の質問ですが、教える側がこのような「地図記号を覚える」ということにどんな価値を見出しているのか知りたいものです。 かつて私も同じように思ったことがあります。 地図記号のことだけじゃなく、似たような感想をもつネタは枚挙にいとまないですが。 他の回答者にはご質問の真意があまりよく伝わってないかもしれないですね(私も勘違いしている可能性はありますけれど)。 >教えるなら、等高線の見方(尾根や谷筋の場所、傾斜の程度など)や、地図全体の使い方をちゃんと教えるべきだと思うのですが・・・ まさにそう思います。 中学生レベルでどこまで内容に盛り込めるかは判断が難しいところですが、「地図を読む」という作業を主にするべきだと思います。 もちろん、いくらかはそういう作業も授業で扱っているようですが、教員によって扱い方がずいぶん変わる部分のようですね。 地図記号の意味なんていうのは、地図の凡例を見ればすぐに判ることですから、暗記する必要は無いはずなのです。 (もちろん覚えていて便利なことは確かでしょう。 また、地図記号の成り立ちといった話は、また別に勉強材料にはなります。 「地形図」の性質(民間会社の地図との違いなど)も、授業で習ったのは高校の地理が初めてだったように思います。 また、私が中学生のときも現物は見なかったし、どこで買えるのかも一切触れられなかったと思います。 地図作業用に市の教育委員会が作成した編集図(地形図ベース)が配られましたが、それは「地形図」とは全く別物でした。 地図記号を暗記させるのがダメとは言いませんが、暗記させるより先にすべきことがあるだろう?という考えですね。 実社会向けには、地図記号を覚えるくらいなら、交通ルールや標識の意味を先にしっかり覚えさせるべき、とも思ってしまいます。 もっとも、もともと中学校の社会科の地図教育では、「地図記号を暗記させる」なんてことを主に想定はしてないと思いますよ。 意地悪な見方かもしれませんが、教員の力量の問題も大きいと思います。 結局、地図に関して生徒の習熟度を確かめやすいのは(テストの問題にしやすいのは)ということで言うと、地図記号の意味を問うというのが一番でしょう。 あるていど地図についての理解が進めば、地図記号の意味も自ずと覚えるはずなので、それをテストするということが元にあるのかもですが、今では記号の意味の暗記だけが独り歩きしているような感じかもしれません。 以前、市民サークルや小中学校の社会科教員の勉強会で地形図利用について出前講義をしたこともあるのですが、 生徒に地形図のことを教えているのに、地形図の現物を手で触れて見たことがなかったとか、どこに売っているか知らなかったという先生もいました。 でも、一方で地図利用の教育にけっこう熱心な学校や地域もあるようです。 地形図に土地利用別に色塗りさせたり・・・これは国土地理院でコンクールがあるみたいですね。 国土地理院のHPに地形図の販売枚数ランキング上位の図幅名が紹介されていたと思いますが、人口(利用者)が少なそうな割に販売枚数が多い地域というのは、そういう教育利用が多い地域であるケースが多いようです。 周辺知識として一度は「そういうものがあるのだ」と知る為にも一度くらい丸暗記でも何でもしたっていいのではないでしょうか? 地形図の存在と読み方を知っていると意外なときに「そうだ、地形図で確認しよう!」と思う事がありますよ。 >教えるなら、等高線の見方(尾根や谷筋の場所、傾斜の程度など)や、地図全体の使い方をちゃんと教えるべきだと思うのですが・・・ じゃ、座学のあとで、レンザティックコンパスと目的地を書いた地形図を渡して、トレッキングさせ、指定時刻までに目的地にたどり着けなかった物は単位取得できず放置、という実習でも企画してもらうとか? #それはそうと、京都市って地形図のグリッドの関係で4枚に分かれてるんですよね… #学生時代に地形図の授業の際に聞いたこの豆知識;いまだに覚えてます。 同感です。 研究で地形図をよく使いますが、地図記号のうち裁判所や税務署といった都市施設のものに関しては、覚えている必要性はまったく感じません。 わからなければ凡例を参照すればいいのです。 覚えていると便利だと思うのは、等高線や地形の様子を表す地図記号、行政界や道路の方ですが、こういうのは往々にして扱われないようですね。 等高線については、高校の地理では詳しく扱うことになりますけれど。 それに、施設の記号は総描のために位置をずらして描いていることも多いので、どの程度街歩きのときの目印として実効性があるのか、疑問です。 地図の更新サイクルの問題で、もう実在しない施設を追いかけてたなんてこともあります。 もちろん役に立つことも多いですけどね。 それから、不動産や土木ではもっと大縮尺を使いますから・・・地図記号も見なければならない部分はもっと別のものになるはず。 専門性の高い利用の技術習得は、また別の次元のことです。 教養として・・・・などというなら、それこそ地図の原理的な内容の教育の方が先にあるべきと考えます。 結局、一般の人は当然ですが。 教員でも地形図の本当の価値をわかってない、「地図記号の丸暗記」なんて程度の教育を受けただけの人が多いから、こういう疑問が真に理解されるのは難しいかもしれませんよ。

次の

久慈税務署|国税庁

税務署 地図記号

縮尺と地図記号 地形図は、地表にあるものの位置・高さ・形などを計測し、規則に従って縮めたもので表したものです。 その縮める割合を縮尺といいます。 地形図には、5万分の1、2万5千文の1などの縮尺があります。 地形図…土地利用のようすを地図記号で示しています。 土地利用のようすをわかりやすく読みとれます。 空中写真…住宅や道路などをみたままに移しています。 地形図の作成や都市開発などに利用されます。 等高線 地表の同じ高さのところを結んだ線。 等高線の間隔が広いほど傾斜はゆるやかです。 山頂や等高線の途中は。 その場所の標高となります。 谷と屋根 標高が高い側からみて、等高線がV字に曲がっているところが谷。 逆方向に曲がっているところが屋根となります。 断面図をつくるとわかりやすくなります。 練習 下の2万5千分の1の地形図を見て次の問いに答えなさい。 針葉樹林や果樹園は見つけることはできますか? また、 果樹園が多く分布している谷口から広がる傾斜地のことを扇状地ということもおさえておきましょう。 扇状地は、果樹園としての利用が多いということです。 防災への対応 県や市町村では、地震や川のはんらんなどによる被害を予測したハザードマップを作っています。 このマップには、災害発生時の避難場所なども示されています。 公助…国や県、市町村などが災害時に救助や支援を行うこと。 自助…自分自身や家族を守ること。 共助…住民どうしが協力して助け合うこと。 以上が、【中学地理】地図記号と縮尺となります。 テスト前には、いつも確認しておきたいですね。

次の

地図記号

税務署 地図記号

縮尺と地図記号 地形図は、地表にあるものの位置・高さ・形などを計測し、規則に従って縮めたもので表したものです。 その縮める割合を縮尺といいます。 地形図には、5万分の1、2万5千文の1などの縮尺があります。 地形図…土地利用のようすを地図記号で示しています。 土地利用のようすをわかりやすく読みとれます。 空中写真…住宅や道路などをみたままに移しています。 地形図の作成や都市開発などに利用されます。 等高線 地表の同じ高さのところを結んだ線。 等高線の間隔が広いほど傾斜はゆるやかです。 山頂や等高線の途中は。 その場所の標高となります。 谷と屋根 標高が高い側からみて、等高線がV字に曲がっているところが谷。 逆方向に曲がっているところが屋根となります。 断面図をつくるとわかりやすくなります。 練習 下の2万5千分の1の地形図を見て次の問いに答えなさい。 針葉樹林や果樹園は見つけることはできますか? また、 果樹園が多く分布している谷口から広がる傾斜地のことを扇状地ということもおさえておきましょう。 扇状地は、果樹園としての利用が多いということです。 防災への対応 県や市町村では、地震や川のはんらんなどによる被害を予測したハザードマップを作っています。 このマップには、災害発生時の避難場所なども示されています。 公助…国や県、市町村などが災害時に救助や支援を行うこと。 自助…自分自身や家族を守ること。 共助…住民どうしが協力して助け合うこと。 以上が、【中学地理】地図記号と縮尺となります。 テスト前には、いつも確認しておきたいですね。

次の