北里 大学 moodle。 3501 法律の役割A(猪瀬 貴道) / 人間形成の基礎科目(社会の領域) / 北里大学一般教育部Webシラバス

創立者・北里柴三郎 / 学校法人北里研究所

北里 大学 moodle

旧マニュアル,他大学マニュアル• 北里大学高等教育開発センター 2012• 熊本大学• 北里大学Moodleについて 高等教育開発センターでは,教育用と教職員間の連絡用に4種類のMoodleを提供しています。 教育用には,1台のコンピューター gw を割り当て,その中で,年度ごとのmoodleを立ち上げます。 毎年新しいムードル環境が作られ,1年前のムードルも参照できます。 つまり,教職員の情報共有のための環境は,去年も今年も来年も同じ環境で使えるということです。 一度登録したコースや購読設定したフォーラムは,次の年もそのまま手続きし直す必要なく,そのまま使えます。 ただし,セキュリティ保持のために毎年バージョンアップしていきます。 2017年度より,学生はログインできない,年次更新をしないMoodle3をgw2に立ち上げました。 教職員連絡専用にお使い下さい。 2020年度より,一般教育科目専用のMoodle2020一般教育用をgw2に立ち上げました。

次の

北里大学看護キャリア開発・研究センター

北里 大学 moodle

(Jurisprudence A) 科 目 責 任 者 猪瀬 貴道 単 位 数 2単位 担 当 者 猪瀬 貴道 授 業 の 目 的 法(法学)全体の基本的な考え方および代表的な法分野の基礎知識を修得する。 社会においてどのような法がどのような役割を果たしているのか理解する。 法の観点からさまざまな問題の解決を考える。 教 育 内 容 法(法学)全体の考え方の基礎となる概念、手続、体系と分類などの概要について学んだ上で、社会生活を送る中で関係する法律について基本構造や基本的考え方を取り上げる。 それによって社会生活をおくるなかで遭遇するさまざまな場面においてどのような法がどのように機能しているのかを考える。 その手引にしたがって、教科書を用いた自習をしながら、調べた用語をまとめたりポイントを整理し直したりして、自分なりの授業ノートを作る。 つぎに、LMSに設定された教科書の内容の理解度をチェックするクイズに指定された日時までに回答する。 また、授業外学習は、履修者が自分で考えて下記の「到達目標」の達成に必要と思われる内容で自由に実施してよい。 以下の内容は参考例として記載する。 予習:教科書の該当ページ、関係法令に目を通しておき、わからなかった部分を把握しておく 復習:教科書や「北里大学Moodle」の資料などを読み直して授業ノートを補足して整理する 回 担当者 項目 授業内容 1 猪瀬 科目説明と導入 科目の位置づけ、講義の進め方、成績評価の方法などの詳細、この科目で学ぶ内容の概要を説明します。 履修予定者は必ず出席してください(出席できなかった人は2回目の授業までに教員に相談してください)。 2 〃 法と契約 「法」とは何か、「契約」とは何か(『プレップ法と法学』(以下『プレップ』)1~28ページ) 3 〃 法と国家と法律 法の機能、法と国家の関係、法と法律(『プレップ』30~59ページ) 4 〃 法の本質と人間 法の妥当性、法の本質の思想、法における人間(『プレップ』62~95ページ) 5 〃 法の機能と私法の基本原則 公法・私法、所有権、契約自由、法的責任(『プレップ』98~120ページ) 6 〃 法の現代化と法文化 社会権、社会法、法継受、日本人の法意識(『プレップ』122~153ページ) 7 〃 法の分類 六法、法源、一般法と特別法(『プレップ』156~185ページ) 8 〃 大学生と法 大学生の法的立場、契約と消費者、学生生活(『大学生が知っておきたい生活の中の法律』(以下『生活の中の法律』)1~20ページ) 9 〃 仕事と法 働くこと、就職活動、労働者の保護(『生活の中の法律』21~40ページ) 10 〃 家族と法 婚姻(成立・解消)、子ども(『生活の中の法律』41~54ページ) 11 〃 生活と法 税、社会保険、犯罪と刑罰、交通事故(『生活の中の法律』55~74ページ) 12 〃 高齢社会と法 社会保障制度、相続(『生活の中の法律』75~88ページ) 13 〃 将来社会と法 民主主義、憲法の理念、市民社会、国際平和(『生活の中の法律』89~102ページ) 14 〃 法を学ぶ意義 全体の振り返りと法学の意義(『プレップ』188~194ページ) 15 〃 まとめ まとめ 到 達 目 標 法学の基本的な考え方を身につける。 授業で取り上げた法的概念や法令について基本的知識を修得する。 それらの基本的知識に基づいて、社会のなかで法律や法が果たしている役割やその意義や課題について考えて、歴史や先例などを正確に踏まえたうえで、論理的・説得的な文章によって説明できる。 その他に授業期間内のLMS上の鋭い質問やコメントによる加点をする。 学 生 へ の メ ッ セ ー ジ その他注意等 法律について自分にはあまり関係ないと思っていませんか。 たしかに法律の専門家に任せる部分も大きいですが、市民として社会生活を送るうえで法律の基礎的知識を身につけるとプラスになります。 授業をきっかけにして教員から教えてもらうだけではなく自ら積極的に学んでいきましょう。 関連科目として後期に開講する「法律の役割B」のほか、「日本国憲法A・B」「政治のしくみA・B」「教養演習A(猪瀬)(通年)」などがあります。 教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価 円 教科書 『プレップ法と法学』 倉沢康一郎 弘文堂 1,100円 教科書 『大学生が知っておきたい生活の中の法律』 細川幸一 慶應義塾大学出版会 1,980円 参考書 『ブリッジブック法学入門』(第2版) 南野森(編) 信山社 2,530円 参考書 『法学六法 '20』 池田真朗ほか(編集代表) 信山社 1,100円 参考書 その他の参考書については授業および「北里大学Moodle」上で紹介する。

次の

1407 倫理学B(鵜澤 和彦) / 人間形成の基礎科目(文化の領域) / 北里大学一般教育部Webシラバス

北里 大学 moodle

1年前期・月3,月4,木1,木2) 担当 高橋 勇• (Moodle上のこの授業のコース。 利用にはMoodleへのログインとコースへの登録が必要) 連絡事項 このページは、高橋が担当する、1年生を対象とした「情報科学A」の授業の情報を 提供するページです。 2020年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、 少なくとも最初の数回の授業は、動画を主体としたオンラインで授業を行う予定です。 環境としてはを 使用します。 に掲載されたリンクのうち「Moodle2020一般教育部用」(上から4番目のリンク)で提供します。 1番目の「Moodle2020」ではないので注意してください。 最初の授業の開講日は5月18日(月曜)です。 Moodleの準備ができるまでの期間は、このページで情報提供をおこないます。 18日以降は、Moodleのほうで履修をしてください。 履修の条件 授業の後半にコンピュータ室で授業をおこなう可能性もあるため、定員に限りがあります。 そのため、この授業を履修するためには抽選に参加してそれに通る必要があります。 抽選の詳細については大学から案内があると思うので、それをお待ちください。 また、オンラインで授業をおこなうため、この授業を受講するには、動画が視聴可能な インターネットの環境と、Windows10がインストールされたパソコンが必要です (操作方法などに若干の違いはありますが、それを許容できるのであれば、 私の授業ではWindows8. 1以降であれば履修は可能です)。 演習もおこなうため、そのパソコンに、いくつかのアプリケーションを導入して 利用できるようにしてもらう必要があります。 使用するアプリケーションとしては 大学が提供するもの Office365)や、無料で利用できるフリーソフト WinSCPなど) を予定しており、アプリケーションについては追加費用が発生しないように 配慮いたします。 この条件を満たせない場合は、この授業は履修できません。 後期に開講される 情報科学Bか情報科学Cを履修してください。 教科書は利用せず、Moodle上で配布する資料等で学習をすすめますので、 この授業を履修する場合には教科書の購入のタイミングなどは気にしなくても大丈夫です。 シラバスからの変更について この授業では、学習内容については、シラバスに記述したものから変更はありませんが、学習時間などの関係で各回の構成を変更する可能性があります。 また、具体的な活動の内容については状況によって一部を変更する可能性があります。 第9回目で授業時間内に録画をすることを想定していますが、この回までに大学での授業が再開できない場合、この回の内容は別の学習内容(Webページ作成の課題を達成する作業など)におきかえます。 このことを理解したうえで、この授業を履修するかどうか判断してください。 その他 一般教育部で開講されている「情報科学」の授業には、前期に開講される 「情報科学A」と、後期に開講される「情報科学B」があります。 感染症の問題が後期までにある程度おさまった場合には、大学のコンピュータ室で 「情報科学B」を開講することになりますので、コンピュータ室での授業を 希望される方は「情報科学B」を履修してください。 なお、学部によっては、一般教育部とは別にコンピュータを扱う情報系の授業が 開講されている学部もあります。 そちらの授業と混同しないようにご注意ください。 製作者 高橋 勇.

次の