耐久振りドラパルト。 ドラパルト育成論 : オニビタタリメHBマシマシ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト育成論 : 耐久調整ドラパルト 〜厨ポケのダイジェットが弱いわけない〜|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

耐久振りドラパルト

やふーぶろぐがしんだ!このひとでなし!!! ていうかそもそもお前、サンムーンで引退しただろ!!! はい、剣盾にてポケモン復帰しました。 実はウルトラサンムーンも動画は見ていたので環境もそれなりに知っていたという。 というわけであの頃のようにやっていこうと思います。 前置き終わり ~~~~ ドラパルト~~~~ 説明不要、今作の600族。 初期こそドラゴンアローで襷を貫通して相手を破壊+ダイホロウで受けを許さない+クリアボディで威嚇が効かないというところが注目されたが、最近は特殊フルアタ眼鏡だったり、鬼火祟り目だったりと、まるで6世代の頃のメガボーマンダを彷彿とさせる型の変わりよう。 単純に種族値が高いので、困ったらとりあえず入れとけポケモン。 それゆえにレートで見かけない日はない。 というかこいつ明らかにS種族値がおかしい。 こいつより早いポケモンはアギルダーとテッカニンくらいしかいない。 やばい。 早すぎる。 (こいつがスカーフをまくことで意地っ張り砂かきドリュウズが砂下でも抜けないため、ダブルのドリュウズは火力を犠牲に陽気にしてドラパを上からアイヘで殴りひるみ殺すか、ドラパ抜かれモグラとバカにされるようになった) さて、そんなドラパルトだが、前述した鬼火祟り目のように、そもそもゴーストタイプであるがためにわりといろんな補助技を覚える おにび、でんじは、てだすけ、バトンタッチ、こうそくいどう こいつ600族のくせに器用すぎる。 でも器用貧乏ってわけでもないのがやべー。 おかしい。 そして今ひそかに数を増やしている (大嘘)のが・・・ 壁貼りドラパルトである。 なんとこいつ地味に リフレクターと ひかりのかべどっちも使える。 そしてとんぼがえりも使える。 すごい。 なんだこいつ有能すぎないか? 壁貼りドラパルトが優秀な点は3つ。 1つ目はゴーストタイプがゆえに 【かわらわりが無効】なこと。 ドラパルト相手に壁を破壊する方法で、現実的なものはサイコファングくらいしかない。 (肝っ玉かわらわり、きりばらいやコートチェンジなどあるが、まあまず出くわすことはない) 2つ目はドラパルト自身は特性すりぬけで相手の壁構築・みがわりをけん制できること。 初期こそクリアボディ最強!!!と言われていたが、今はすりぬけ特殊アタッカーという型が大半を占めるようになったためか、相手が初手行動として行うのが電磁波や鬼火、はたまたいきなり仕留めにかかるムーブばかりなので、こちらの積み展開をサポートするのに都合がいい。 そして最後、これが今回の最大の利点にして一番の悩みどころ。 S種族値。 いたずらごころ組を除くとドラパルトは最速で両壁を貼ることのできるポケモンである。 ・・・・が、どうだろう、こいつ、壁貼ったあと蜻蛉くらいしかすることなくね? そして逆にSが高すぎるがために、蜻蛉をしてしまうと結局積みポケモンに負担がかかるんじゃね? 後攻とんぼをしてつなげるか、退場するのが理想ムーブのはず・・・・・ うーむ、困った・・・こんなとき、都合のいい自主退場技があればな~~~~~~~~~ タマゴ技:のろい あ り ま し た。 とにかく先発で両壁(あるいは片方の壁)を貼り、その後相手からのダメージ量を見てのろいを行い自主退場する。 いわずもがなゴーストタイプののろいなのでHPを削り、相手にのろい定数ダメージを付与する。 説明を省いていたが、今作のダイマックスという仕様上、最も相手に負担をかけられる定数ダメージ技がのろいである。 ダメージ稼ぎのためにとりあえず鬼火どくどくしとくか…という思考はだれしもがあるが、ダイマックスを使われるとそのカスみたいな定数ダメージでは意味をなさないことのほうが多い。 ドラゴンアローはドラパルトミラーになった際に50%の確率で相手を鎮めるために採用。 耐久無振りドラパルト相手にはA無振りでもドラゴンアローで確定が取れるので、壁を貼る前に同速ゲーを仕掛けていく。 今時意地っ張りor控えめスカーフドラパルトなんていないので、S負けしたときは潔く負けを認めて次の試合に臨みましょう。 今回自主退場技として採用したのろいだが、この技は実は今の環境にめちゃくちゃ刺さっていて、物理ドラパルトを見て後投げしてくるアーマーガア、ヌオー、ドヒドイデ、ナットレイなどの高耐久ポケモンをごっそり削ることができる。 また居座れば居座るほどHPはゴリゴリ減っていくので、耐久ポケモンは退かざるを得なくなり、結果として積み技の試行回数が増やせることになる。 また、自主退場技としても単純に優秀なので、相手の起点になることも少なく、むしろのろいさせてくれてありがとうになる。 なお、このドラパルトは間違っても 絶対にダイマックスさせてはいけないので、戒めのためにわざとダイマックスアメを使用していない。 どうしてもこのドラパルトでダイドラグーンを打ちたい場面があるというなら、素直にワイドブレイカーを覚えさせよう。 ~~~~~立ち回りメモ~~~~~~ 基本的に初手投げ、壁貼って呪いして終わり、なのだが、一部相手には少々立ち回りを変える必要がある。 この時、相手の行動次第で次のように行動を変える 1:鬼火打ってきた あえて次のターンにドラゴンアローを打つ。 だいたい相手のHPが半分削れない(オボン発動圏外)まで削れる+相手からの技でいい感じに削れるので、その次にリフレクター貼って、のろいで退場する。 この時の立ち回りで重要なのは、相手がボルトチェンジをしてきたときにドラパルトが場に残らないことを意識した行動をとること。 のろいでしっかり退場するか、ボルトチェンジのダメージ・やけどのダメージで退場するかして、ボルチェン後に出てきた相手の後続に起点にされないように立ち回ること 2:電磁波打ってきた 電磁波を食らったあとはどうあがいても無振りロトムすら抜けないので、相手が先行ボルチェンを決めてくれることにかけてのろいする。 イカサマ持ちの場合はだいたいの場合チョッキ持ちなので次に出すのは物理アタッカーにする、というのを心がけるくらい。 4:スカーフトリックしてきた この時点でS補正ありの最速であることが判明する(控えめスカーフでは最速ドラパルトを抜けない)。 最速スカーフミトムという事故を除けばだいたい安定する。 並びになると思われる。 最悪ドラパルトを選出しなくても単体性能が高いという点において優秀。 オーロンゲと違って呪いでダメージを稼げるので、わるだくみを積んでいる間にも相手は疲弊していくのがこの並びとの違い。 ヒヒダルマの一貫がやばいことになる。 というか今の環境ガメノデスが刺さりすぎている。 ガメノデスは言わずと知れたからをやぶるポケモンで、かつロックブラストをタイプ一致で使える剣盾環境では唯一のポケモン。 (一応全国図鑑だとオムスターがいるが) また、特性かたいツメによって、新規習得したアクアブレイクの火力がすさまじいことになっている。 ドラパルトが誘いやすいヒヒダルマのつららおとしを耐えながら、下からからやぶり+ロックブラストで貫通していく。 すいすいカジリガメと違い、ダイマックスした際のダイストリームとダイロックの打ち分けがしやすく、殻破り+ダイストorロックでだいたいの相手は死ぬ。 砂嵐にすれば襷も貫通する。 そもそもロックブラストが襷を貫通する。 雨を降らせればダイマックスが終わった後のアクアブレイクの火力がやばいことになる。 ガメノデスを見てから後投げしてくるナットレイには、からやぶりかたいツメクロスチョップでわからせてあげよう(中乱数) なお、意地っ張り準速だと最速スカーフヒヒダルマをちょうど1抜けない素早さになってしまう。 まあとはいえヒヒダルマなんてだいたい意地っ張りでしょw ヒヒダルマに高い殺意を持っている人は陽気にしましょう。 というかドラパミミッキュとかただのガチパですやん。 さらにサイコフィールドを展開することで先制技も無効。 壁貼ってる状態のじじいの強さは5世代からポケモンやってる人なら言わずとわかる。 ドラパルト自身が誘いやすいバンドリの並びもローブシンで半壊させ、後ろから出てくる不一致ダイジェット持ちなら壁込みで耐えて返り討ち。 しいて言うならば特殊フェアリーにクソよわになるのでなんとかしたい。 ダイアース、ダイスチルがともに耐久を上げる技であり、自然と採用できるのもミソで、カッチカチになることもできる。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この記事を読んだポケモントレーナーのきみ! 今後は ドラパルト相手に耐久ポケモンを投げるのは やめようね!.

次の

【ポケモン剣盾】今作で最も型の多い「ドラパルト」だけでパーティ組める説 スカーフ鬼火って何…?

耐久振りドラパルト

今回の育成論はドラパルトです。 基本データ No. 887 分類 ステルス 英語名 Dragapult タイプ ドラゴン ゴースト H88 A120 B75 C100 D75 S142 高さ 3. 0m 重さ 50. 、、アーマーガア、、などが主な役割対象。 性格は無邪気。 特性 すり抜けで確定。 ドヒドナットに強い身代わりに強く出られるため。 持ち物 スカーフで確定。 サイクル戦をすることも多いため珠は不採用です 技構成 確定技 ドラゴンアロー 物理の一致技。 確定技。 無振り 107. 7~129. H252 90. 4~108. H252 37. 6~44. 無振り 32. 4~38. 無振りFC 62. 4~73. H252FC 49. 6~58. H252 39. 6~48. 無振り 137. 7~162. H252 115. 5~136. H252 46. 8~55. 無振りFC 80. 0~94. H252FC 63. 6~75. H252 51. 4~61. 無振り 50. 2~59. H252 42. 2~50. H252 33. 8~40. 無振りドラパルト 14. 7~17. H252アーマーガア 58. 5~69. 特化アーマーガア 40. 9~48. H252アーマーガア 87. 8~103. 特化アーマーガア 61. 4~73. H252アーマーガア 74. 1~87. 特化アーマーガア 52. 6~62. H252アーマーガア 111. 2~131. 特化アーマーガア 79. 0~93. 無振り 225. 5~267. H252 83. 9~99. H252アーマーガア 47. 8~56. 特化アーマーガア 33. 1~40. 無振り 65. 9~77. H252チョッキ 37. 7~45. 無振りD-1 95. 2~112. H252アーマーガア 71. 2~84. 特化アーマーガア 49. 7~59. H252 121. 5~143. H252アーマーガア 69. 2~81. 特化アーマーガア 48. 7~57. H252アーマーガア 104. 3~122. 特化アーマーガア 72. 1~85. 無振りD-1 23. 153-213 39. 2~47. 153-213 58. 8~69. 153-213 49. 6~58. 153-213 73. 2~87. 無振り 126. 4~148. 無振りD-1 190. 4~225. 無振り 101. 1~120. H252 85. 1~100. 153-213 32. 6~39. 153-213 48. 3~57. 153-213 45. 7~54. 153-213 67. 9~81. 特化の 74. 2~88. 無振りのジャイロボール 62. 5~74. 無振りの熱湯 11. 0~12. C252ドラパルトの祟り目 威力65 71. 1~85. さらに足が速い為、それらの技を相手よりも早く撃てる。 祟り目が刺さりやすい。 相手の身代わりが効かなくなる。 持ち物 食べ残しで確定。 耐久をカモる時のHP管理を楽にするため。 技構成 確定技 祟り目 異常祟り目• 無振り 55. 7-66. 25%• H252 35. 7-42. H252アーマーガア 41. 0-48. 8% 鬼火 相手を火傷にする。 身代わり 常態異常や致命傷を防ぐ。 選択技 金縛り 身代わりと合わせて使うことで、ドラパルトへの有効打が一つしかない(悪波FC等)やこだわりアイテム持ちを完封できる。 電磁波 鬼火の効かない相手、エースバーンやあたりに祟り目でダメージを出すために撃つ。 あるいは相手のエースの足を奪う手段。 まとわりつく こっちのドラパルトを物理型だと思い込んで飛んで火にいるアーマーガアやなどを拘束して逃がさずに狩れる。 竜の波動 祟り目の効かないノーマルへの打点。 元が異常祟り目頼りの型なので火力はイマイチ。 3%-18. 3% 流星群 やミラーでなるべく隙を見せたくないのならこちら。 無振りが81. 3%の高乱数。 0-115. 0% (81. 3%) は鬼火身代わり祟り目を駆使すればどうとでもなるので、ほぼピンポ。 8-130. 8% 10万ボルト ギャラピンポ。 ックスされると確3にされるのでこちらもックスしないと勝てない。 5-95. 9% 被ダメ 物理は基本やけど前提。 4%-30. 4%-48. 1-37. 7%-21. C252・悪の波動 87. 0-103. 6% 乱1(18. そこでダイサイコで先制技を縛ることにより高いすばやさを生かし上から倒すことも可能になった。 高火力による削り性能 相手が交代したとしても基本的に初手ックスを使うため後続へ負担をかけやすい。 調整意図 持ち物 で確定。 環境にドラパルドがうじゃうじゃいるので他の持ち物達との差をつけたり、ドラパルト抜き調整しているスカーフ持ちに強く出るため。 今作のこだわり系持ち物の仕様としてックス中は持ち物なし状態になり、ックスが切れると最初にこだわった技しか出せなくなる。 特性、、性格について 性格はミラー意識で最速になり、今回使わない特殊を下げるようきで確定。 特性はックス対面することが多い型で能力をさげられたくないので確定。 はミラー意識でS極振り確定。 ックスでHPは確保できるため火力が出るようにA極振り。 技構成 確定技 今回の育成論のメイン技。 基本的にックス後に使う。 通常使用でも相手のックスターンを稼げる便利技。 相手のタスキを潰しつつ交代できる強みがある。 今回はこれを採用。 ックス運用なのでBを上げられるこの技はあり。 オーロンゲなどのフェアリー打点にもなる。 被ダメ 特殊耐久• これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

耐久振りドラパルト

AとCも高く覚える技も豊富で物理型、特殊型、両刀型、壁張り、バトンなどなんでもできる。 特性も優秀。 強いアイテムを強いに持たせれば強い。 シンプルな思考で誰でも行き着くのが8世代最強と呼び声高いドラパルトです。 すでに流行っているらしいし自分も使っているのですが、耐久ラインがわからなかったので自分でダメージ計算アプリ回して考えてみました。 ックス権を切った後でも弱点保険が活きるようになっていると思います。 ちゃっかり余りで振ったAが補正無しの極振りと同じ数値で気に入っています。 この飛行技覚えるのがずるくて、S上昇しながら弱点保険を発動させ相手のスカーフもろとも全抜きが可能です。 攻め寄りの構築に選出すれば間違いなく活躍します。 一部のへの立ち回りも記載しておきます。 vs スカーフ以外ドラゴンアローで勝ち。 ックスを切ればスカーフも耐えて返しのDドラゴンアローで勝ち。 vs 相手の技選択次第。 こいつは強すぎ。 対面でからをやぶるを積まれない、というか積んできてもDで抜いているため勝てる。 うん、さすがの対面性能。 ダメージ計算した感じ強そうです。 実際何度かこの負け方しましたし。 私は今ASで使っていて耐久振りは試していないので使う方、すでに使っている方は使用感教えてください。 良い感じなら新しく育成しようと思います。 対面性能は格段に上がり、に積まれることへの安心感もあり、この調整は正解でした。 Sを落とした弊害はに対面で勝てなるなることくらいだと思うので裏にはに強い駒を入れましょう。 対面なら「」がなくてもには勝てるのでこの枠は範囲を広げるため「」を採用してもいいかもと思いました。 そうすればにも勝てるようになります。 アーマーガアにも多分勝てます。 是非1度使ってみてください。

次の