アイシング クッキー 簡単。 【アイシングクッキーの作り方】キャラが簡単に作れてしまう方法は?

アイシングクッキーの作り方!キャラも簡単に描く方法

アイシング クッキー 簡単

食べるのがもったいないほどキュートなアイシングクッキー。 バレンタインやプチギフトにぴったりの、一度は作ってみたい憧れスイーツですが、お菓子作りビギナーには、さすがにハードル高そうですよね……。 「今はアイシング専用の材料が市販されているので、コツがわかれば初心者でも気軽に挑戦できます」と話すのは、手作りお菓子の材料や道具が豊富に揃う人気ショップ<クオカ>の為房由起さん。 アイシング専用の材料を使えば、失敗なし! 「最近では手軽に作れる『クッキーのミックス粉』や、水で溶くだけで少量から作れる『アイシングシュガーパウダー』や『ジェル状の着色料』など、便利な市販の材料が揃っています」 今回はそんな市販の材料を活用して、為房さんにアイシングクッキーの基本をご紹介していただきました。 材料はこれだけ! アイシングをホイップして(写真左)、着色する(写真右)。 今回のクマさん約10枚を描く場合、目安としてアイシングシュガーパウダー100gくらいを使うといいでしょう。 「次に『かため』と『やわらかめ』の2タイプのアイシングを作ります。 まず、ベースとなる『かため』のアイシングを作りましょう」 ボウルにアイシングシュガーパウダーと、袋の表示通りの分量の水を入れ、持ち上げたときにツノがおじぎするくらいまで(写真左)、7分ほどハンドミキサーで攪拌する。 「今回、土台に使うのは青1色。 模様用には、白、黒、ピンク、薄茶、濃茶5色を使いました。 攪拌したアイシングを色ごとに取り分け、それぞれにアイシングカラーを少量加えて混ぜ、着色します(写真右)。 「次に『やわらかめ』のアイシングを作ります。 スプーンで一本線を書くと筋ができ(写真左)、5~7秒で筋が消えるくらいのやわらかさになればOK」 1色につき「かため」「やわらかめ」の2タイプが用意できたら、それぞれコルネにスプーンで入れ、しごいて先端に詰める。 「ハート」の応用編。 上級者に見える!? 色のつなぎ目をぷっくりキュートに! 「立体塗り」 一色塗ったら乾燥させてから(写真左)、隣の色を塗ると、つなぎ目に溝ができ、ぷっくり立体的な仕上がりになる(写真右)。 やってみるとハマる人が続出! ぜひトライして 実際にやってみると、難しそうだと思い込んでいた模様も簡単に描けて、ついつい夢中に! こんなに手軽にできるなら、もっと練習していろいろな模様に挑戦したくなりました。 「どんどんステップアップしていけるので、受講したみなさん、ハマるんです」。 うふふ、と笑う為房さん。 ハロウィンやクリスマス、バレンタイン、誕生日など、季節やイベントに合わせたプレゼントにも最適なアイシングクッキー。 ぜひ一度トライしてみてください! 今回使ったクッキー型はこちら クッキー型の数だけ、楽しさも広がるアイシングクッキー。 今回使った型は、日本橋三越本店のクオカで手に入ります。 約120種類、1個238円(税込)~のかわいい型が揃っています。 商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

次の

初心者さん向け☆アイシングクッキーの簡単デザインと作り方のコツ♪

アイシング クッキー 簡単

クッキーミックスがあれば粉の分量を量ったり、粉をふるったりする必要もないので楽です。 アイシングも食紅と卵白と…など難しい事をしなくてもアイシングパウダーを使えばすぐに出来ちゃいます。 アイシングパウダーは水と混ぜるだけと本当にお手軽。 使いたい分だけアイシングを作ることが可能なので無駄にしなくていいのです。 そう考えると 本当に100均って便利ですよね。 クッキーミックスを使わない場合はほかにも計りやふるいなど用意してくださいね。 電子計りは無理ですが、アナログタイプの物なら100均でも購入できます。 でもやっぱり手間ないのが簡単、100均のクッキーミックスをおすすめします。 私も3歳の息子が居る中作りましたが、クッキーミックスを使ったので粉が散乱することなく美味しいクッキーが出来ましたよ。 これは好みになりますが、甘みが足りないなんて口コミも見かけるので甘めが良ければ砂糖をプラスすると良いです。 私はセリアのクッキーミックスを使いましたが美味しいと感じましたよ。 また、 チョコレートで簡単に絵や文字を書くことのできる「チョコぴつ」というのも売っています。 これもアイシングクッキーに使用できます。 このように最初にも書きましたが「100均」でアイシングの材料を全て揃える事が可能なのです。 ぜひ100均を活用してアイシングクッキーを作ってみて下さいね。 アイシングクッキーを簡単に作る方法とは? アイシングクッキーと言えば写真の様な可愛いものをイメージする人が多いですよね。 だからなんとな~く難しいって感じるかもしれませんが「手の込んだ物」だけがアイシングクッキーではないんですよ。 実は型抜きクッキーの上に 1色のアイシングついている物だって立派にアイシングクッキーなんです 笑 ネットや本などに載っている物は、見栄えもありますからね。 柔らかめのアイシングは大きな範囲を塗りつぶすのに使用します。 だから綺麗に塗りつぶすためには、太めに切った方が早く上手に出来ますよね。 また、 手早く行うことが大きなポイントとなります。 少しやりすぎかな?と思うくらい 多めに乗せてあげると見た目が「ぷっくり」となり可愛らしい印象となります。 もう1つのポイントはコロネ等を切る場合には、一度切ってしまうと修正不可能となってしまうので最初は、少しだけ切って「線の太さ」を確認してから再度太さを調整しましょう。 アイシングで上手く線を引くコツ アイシングは、必ず上の部分を持つようにすること。 あんまり下の方を持つと手の温かさで アイシングが溶けてしまうので要注意ですよ。 最初は少しやりづらいとは思いますが、線を引きたいと思う時は、上の方を押しながら線を引いていきましょう。 慣れればそれほど大変ではないです。 アイシングは濡れた布で包む アイシングは、固まりやすいので 使用しない時は、しっかりと濡れた布で包んでおきましょう。 使いきれなかったとしても捨てる必要はありません。 同じように濡れた布で包んでジプロックなどに入れ冷蔵庫に保管する。 そうすると、またそのまま使用することができます。 もちろん早めに使い切ってくださいね。 乾いたと思っても次の日まで触らないこと アイシングクッキーは見た目で乾いたか、乾いてないかを判断するのは難しいです。 乾いたなと思って触ったら乾いてなかったということもあるので 「乾いたかな」と思っても丸1日は、そのままにしておくと良いですよ。 ちょっとした友人との集まりの手土産なんかにしても喜ばれます。 でも…お菓子作りって初めてという人は材料からそろえるとなるとと躊躇しちゃうかもしれませんよね。 でも実はアイシングクッキーって100均の材料だけで作れちゃうんです。 まずは気軽に100均で材料を揃えてアイシングクッキーづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

アイシングクッキーの作り方!キャラも簡単に描く方法

アイシング クッキー 簡単

着色した粘土を伸ばします。 この時、両脇に割り箸を置くと、厚みが均等に伸ばせます。 生地の裏側を歯ブラシでたたいて質感を付けます。 ひっくり返してから、お好みのクッキー型で抜きます。 質感を付けた方が 裏側です。 型抜きしたら粘土が乾かないように、ラップなどで包んでおきましょう。 続いて、アイシングシート(デコレーション部分)を作っていきます。 色を付けたい場合は最初に好きな色で粘土に着色しておきます。 ここで園芸用ネームプレートの登場です。 このプレートを作りたい厚さの分重ねると、粘土を均等に伸ばせて便利なんですよ^^ 100均で買いました。 今回は、プレート1枚の厚さで薄く伸ばします。 粘土がくっつきやすいので、粘土板と粘土棒に薄くベビーオイルを塗っておくか、クッキングシートを敷いておくとはがしやすいです。 クッキー生地と同じ型で抜きます。 クッキー生地(左)にアイシングシート(右)を重ねて貼り合わせ、アイシングシートの角を指でなでて角に丸みを付けます。 アイシングシートもっと薄くても良かったかな? アイシングクリームを絞ったみたいになりましたね^^ 粘土が乾燥したら、クッキー部分に焼き色を付けます。 焼き色苦手ですが、全体に塗るわけじゃないのでごまかせそうです(笑) あとは表面にデコレーションをして仕上げていきます。 ニコちゃんは、100均のデコレーションソースです。 (爪楊枝で描きました。 それを利用して、縮んだ方をアイシングシートに利用するのもいいかもしれませんね。 いろいろ実験も必要です^^.

次の