精神 障害 者 保健 福祉 手帳 メリット。 精神障害者保健福祉手帳を持つメリット・デメリットと障害福祉サービス

精神障害者保健福祉手帳のメリットとデメリット

精神 障害 者 保健 福祉 手帳 メリット

精神障害者保健福祉手帳は、療育手帳や身体障害者手帳と比べて受けられる制度の条件が厳しかったり、サービス自体が限られている場合があったりすることで、取得するべきかどうか悩んでいる方も少なくはないようです。 しかし、精神障害者保健福祉手帳制度は、取得することで様々なサービスや割引・給付が受けられるようになるほか、教育を受けたり就労するにあたり配慮や支援を受けやすくもなる、とても便利な制度です。 高機能自閉症などの発達障害である場合、知能指数が判定基準を上回るために療育手帳の交付が認められない場合があります。 その際にも、 自閉症の症状による日常生活の困難度合いが大きかったり、二次障害としての精神障害が現れていたりするときは、精神障害者保健福祉手帳を取得できる可能性があります。 精神障害者保健福祉手帳交付の対象となる疾患 精神障害者保健福祉手帳は、何らかの精神疾患により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方を交付対象としています。 対象となる精神疾患には、次のようなものが含まれます。 しかし、二次障害による精神症状の有無など、交付判定に細かい基準が設けられているため、詳しいことはお住まいの市区町村に相談することをおすすめします。 また精神障害者保健福祉手帳を受けるためには、 精神疾患があると診断された日から6ヶ月以上経過していることが必要になります。 日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。 実際に日常生活などにおいてどのような問題を抱えている場合に、精神障害者保健福祉手帳の交付対象となるのか、詳しい判定基準を紹介します。 例えば外出や食事の用意、入浴などの身の回りのことを一人では行うことができません。 しかし、予想外の出来事の発生など、少なからず本人がストレスを感じる状況に直面した場合には対処しきれない傾向があります。 日常生活では食事をバランス良く用意するなどの家事をこなすために、誰かのアドバイスや助けを必要とし、部屋の片づけや身の回りをきれいに保つことを一人で行うことを難しいと感じる傾向があります。 それに加えて一定の配慮がある職場では、一般就労ができる場合もあります。 しかし、本人が過大なストレスを感じる状況に直面してしまった場合に一人で問題を解決することが難しい傾向があります。 これらの判定基準はあくまで目安です。 申し込みをしてから各都道府県・政令指定都市と市の精神保健センターでの審査があり、そこで何級に当てはまるかが初めて決まります。 例えば判定基準が2級に当てはまっている上に、医師から2級相当の症状があると診断された場合でも、2級の精神障害者保健福祉手帳を取得できるとは限りません。 その後の精神保健センターでの審査で3級と認定されてしまう場合も少なからず発生してしまう場合があります。 不安な場合はかかりつけの医師や自治体に相談しましょう。 精神障害があり、日常生活を送る上で支障がある方への支援を行っている事業です。 市区町村が地元の事業所と協力して提供しているサービスとして、ホームヘルプサービスなどがあります。 ホームヘルプサービスとは精神障害があり支援を希望している家庭にホームヘルパーが伺い、掃除、洗濯、調理などの家事援助をしたり、買い物の付き添いなどの身体介護および通院などの付き添いの外出介護などを行ったりするサービスです。 これらのサービスを受けるために必ず精神障害者保健福祉手帳を持っている必要はありませんが、 所持していることで、申請を比較的スムーズに行えるようになる傾向があります。 しかし、申請方法やサービスは市区町村によって異なる場合があるため、お住まいの自治体に問い合わせることをおすすめします。 精神障害者保健福祉手帳の所持に加え、ある一定の条件を満たしている場合は、以下の各種サービスで利用料の割引・減免が受けられる場合があります。 取得者が世帯構成員で、世帯全員が市町村民税非課税の場合受信料の全額が免除されます。 また精神障害者保健福祉手帳1級の取得者が世帯主で、かつ受信契約者である場合は半額が免除されます。 バス、電車、タクシーなどの公共交通機関は精神障害者保健福祉手帳を提示することにより割引、減免になる場合があります。 しかしJRや航空運賃の割引の適用を受けることはできなかったり、自治体によって制度が異なるため注意が必要です。 docomo、au、softbankなど携帯会社による料金の割引制度があります。

次の

精神障害者保健福祉手帳|経済的な支援|治療や生活に役立つ情報|みんなのメンタルヘルス総合サイト

精神 障害 者 保健 福祉 手帳 メリット

・統合失調症 ・うつ病、躁うつ病 ・てんかん ・薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症 ・高次脳機能障害 ・発達障害 ・その他の精神疾患 有効期限 手帳には有効期限があります。 交付日から 2年ごとに手帳を更新しなければいけません。 更新は医師の診断書が必要であり、その診断書に基づき身体の状態を精神保健福祉センターが判断して等級などが決められます。 等級について 精神障害者手帳には等級があります。 重い順に1級、2級、3級となっています。 等級によって、受けられる福祉サービスが異なります。 また、等級に関する疑問で「2級ってどの程度の症状なんだろう」、「2級と3級の違いってなんだろう」など等級の基準について疑問を抱いてる方は多くいます。 判定基準は主に以下の3つから決定されるそうです。 ・精神疾患の存在の確認 ・精神疾患(機能障害)の状態の確認 ・能力障害の状態の確認 そして、各等級の基準については以下のとおりです。 引用:より 1級:親しい人との交流も乏しく引きこもりがちである。 自発性が著しく乏しい。 自発的な発言が少なく発言内容が不適切であったり不明瞭であったりする。 日常生活において行動のテンポが他の人のペースと大きく隔たってしまう。 些細な出来事で、病状の再燃や悪化を来たしやすい。 金銭管理は困難である。 日常生活の中でその場に適さない行動をとってしまいがちである。 2級:社会的な対人交流は乏しいが引きこもりは顕著ではない。 自発的な行動に困難がある。 日常生活の中での発言が適切にできないことがある。 行動のテンポが他の人と隔たってしまうことがある。 ストレスが大きいと病状の再燃や悪化を来たしやすい。 金銭管理ができない場合がある。 社会生活の中でその場に適さない行動をとってしまうことがある。 3級:対人交流は乏しくない。 引きこもりがちではない。 自発的な行動や、社会生活の中で発言が適切にできないことがある。 行動のテンポはほぼ他の人に合わせることができる。 普通のストレスでは症状の再燃や悪化が起きにくい。 金銭管理は概ねできる。 社会生活の中で不適切な行動をとってしまうことは少ない。 メリット まず、 障害者雇用に応募できることが一つのメリットです。 当たり前のことですが、精神障害者手帳がなければ、障害者雇用に応募できません。 障害者雇用促進法により、民間企業の場合は2. そのため、精神障害者は一般雇用で応募するよりも就職がしやすくなっています。 障害者雇用の就職件数も年々増加していて、その中でも精神障害者の 就職件数は大幅に増加しています。 2013年には、身体障害者の就職件数を上回りました。 参考資料:厚生労働省 新規求職 申込件数 就職件数 就職件数前年度比 精神障害者 64,934 件 29,404 件 5,543 件増 23. 2%増 身体障害者 66,684 件 28,307 件 1,734 件増 6. 5%増 知的障害者 30,998 件 17,649 件 1,619 件増 10. 1%増 また、手帳を取得することによって、経済的なメリットもいくつかあります。 税金の控除や減免、交通機関の割引、公共施設等の利用料減免、携帯電話料金割引、映画館割引などがあります。 それぞれ、等級によって異なるので確認しておきましょう。 詳細については後ほどまとめます。 デメリット デメリットは基本的にありませんが、申請する際に診断書の作成で5000円~10000円ほどかかることくらいです。 取得後の割引を考えれば、デメリットにはならないでしょう。 また、精神障害者手帳を持つことによって、誰かに差別されることもあるかもしれませんし、自分自身が障害者であるという事に対して、嫌に感じる方もいるみたいです。 ただ、そんなことはきにする必要はないです。 こういった考えは思い込みであることが多いので、楽観的に考えることが重要です。 交通機関の割引 電車、バス、タクシーなど 交通機関の料金が割引、もしくは無料になります。 例えば、東京都では東京都交通局(都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー)は無料で利用可能です。 ただし、都内に住んでいる方のみとなっています。 利用する際は乗車証が必要になるので申請が必要です。 申請する際は精神障害者手帳を持っていくようにしましょう。 乗車証はICカード式のものもありますので利用もしやすいです。 申請は都営地下鉄または日暮里・舎人ライナーの定期券発売所でできます。 携帯電話、スマートフォン利用料金の割引 大手携帯会社3社docomo、au、softbankでは、障害者手帳を持ってる方に向けて割引があります。 各社割引内容は以下の通りです。 今後変更する可能性があるので、詳しくは各HPをご覧ください。 映画館は場所によっては割引対象ではないので行く際は確認してみてください。 その他の支援 上記以外にも調べてみると多くの支援があります。 利用する地域によりますが、水道料金などの公共料金の割引を行っているところもあります。 他にも、公営住宅への優先入居、NHK受信料の免除などがあります。 公共施設など利用する際は、割引がされているかどうか事前に調べてみることをおすすめします。

次の

精神障害者保健福祉手帳とは?申請するメリット・デメリットを当事者が語る

精神 障害 者 保健 福祉 手帳 メリット

何らかの精神疾患(てんかん、発達障害などを含みます)により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方を対象としています。 対象となるのは全ての精神疾患で、次のようなものが含まれます。 統合失調症• うつ病、そううつ病などの気分障害• てんかん• 薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症• 高次脳機能障害• 発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)• その他の精神疾患(ストレス関連障害等) ただし、知的障害があり、上記の精神疾患がない方については、療育手帳制度があるため、手帳の対象とはなりません。 (知的障害と精神疾患を両方有する場合は、両方の手帳を受けることができます。 ) また、手帳を受けるためには、その精神疾患による初診から6ヶ月以上経過していることが必要になります。 精神障害者保健福祉手帳の等級は、1級から3級まであります。 1級 精神障害であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの(概ね障害年金1級に相当) 2級 精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 概ね障害年金2級に相当 3級 精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの(概ね障害年金3級に相当) 精神障害者保健福祉手帳を持っていると、次のようなサービスが受けられます。 全国一律に行われているサービス• 公共料金等の割引• NHK受信料の減免• 税金の控除・減免• 自動車税・自動車取得税の軽減(手帳1級の方)• その他• 生活福祉資金の貸付• 手帳所持者を事業者が雇用した際の、障害者雇用率へのカウント• 地域・事業者によって行われていることがあるサービス• 公共料金等の割引• 携帯電話料金の割引• 上下水道料金の割引• 心身障害者医療費助成• 公共施設の入場料等の割引• 手当の支給など• 福祉手当• 通所交通費の助成• 軽自動車税の減免• その他• 公営住宅の優先入居• 申請は、市町村の担当窓口で行ってください。 申請に必要なものは次の通りです。 申請書• (てんかん、発達障害、高次脳機能障害等について、精神科以外の科で診療を受けている場合は、それぞれの専門の医師が記載したもの。 本人の写真• 申請は、家族や医療機関関係者等が代理で行うこともできます。 申請すると、各都道府県・政令指定都市の精神保健福祉センターにおいて審査が行われ、認められると手帳が交付されます。 (なお、年金証書等の写しが添付されていれば、必ず手帳が交付されます。

次の