千と千尋の神隠し 湯屋 従業員。 千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?正体が人間なのか考察した!

『千と千尋の神隠し』あらすじ結末ネタバレ

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

劇中の設定 この湯屋には八百万の神様達が日頃の疲れを癒しに全国各地から訪れる。 経営者は湯婆婆で、従業員の多くはカエルやナメクジの化身である。 ただ、千尋の世話役を任されたリンは白狐の化身との噂もあるが、元々人間だったとの説もあり詳細は不明である。 建物の構造は多層に渡り、最下層には従業員の部屋とボイラー室が、中層には多数の湯船と湯釜、宴会場などのお客様を迎える為の施設が、最上層には湯婆婆の居住する住まいがある。 油屋のデザインは「色々な温泉が入っていて特定のモデルはない」とされる。 の子宝湯 、神奈川県秦野市の鶴巻温泉の 、 、・の本館 、金具屋 、油屋 を参考に描かれている。 油屋内部の宴会場はを参考に描かれており、釜爺の仕事場にあった薬草箱はの武居三省堂内部の引出しがモデルになっている。 油屋の名前にまつわる背景 「油屋」や周辺の「不思議の町」の劇中設定のいくつかには、明治から昭和初期ので活躍した周辺との共通点が指摘され、民放ローカル局の番組や地方夕刊紙で話題となった。 熊八の盟友が作成した発行の観光ガイド の鳥瞰図には、「油屋」のような高い煙突のあるが中央に大きく誇張されて描かれ、にはたくさんのと大きな、海岸線を走る、そして鉄道で結ばれたには湖畔のも描かれるなど、劇中設定と共通するものが多い。 『ロマンアルバム 千と千尋の神隠し』130頁• 宮崎の実家の親戚筋で、女将は宮崎の従姉妹にあたり、旅館内の庭園にはトトロのモデルなった大楠を有する。 スタジオジブリのスタッフが社員旅行で訪れている。 『ロマンアルバム 千と千尋の神隠し』132頁• 建物の前に赤い橋があり、建物内には不思議の町へと通じるトンネルによく似た「浪漫のトンネル」がある。 宮崎自身も以前宿泊したことがあり、テレビでも何度か取り上げられている。 『ロマンアルバム 千と千尋の神隠し』130-131頁•

次の

千と千尋の神隠し(映画)無料動画フル視聴と見逃し配信|DVDレンタルやネットフリックスまとめ

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

車の中で髪留めが違うことに気が付く千尋。 何故違う髪留めなのかは分からない様子。 新居には引っ越し業者が先に到着していた。 この様子を見て「もう来ちゃっているじゃないの!」と言う母親。 「遅れられると困りますよー」と注意する引っ越し業者。 新居の周りに橋のかかった小川があることに気付き、橋から小川を眺める千尋。 一瞬悟ったような表情を浮かべ、まるでこの川がハクの生まれ変わりであるかのようなラスト! こんなラストがあったんだって。 複数の人が証言しているので、これはきっと本当の話だね。 千と千尋の神隠しは10歳の女の子が突然、世間の荒波に放り出されたとしても、 「喰い尽くされない底力」で危機を脱して成長していく姿を描いた作品だ。 ハクと千尋の物語ではないから、ハクとの関係性がラストにあると、 どうしても本筋の印象が薄れてしまうし、映画自体の長くなりすぎる。 こんな事が理由でカットしたのかもしれないね。 千と千尋の神隠し【都市伝説】神隠しとは? 神隠しとは突然消えたかのように姿を消してしまう事。 現実の世界では、大抵さらわれてしまったり、事故にあってしまったりと悲しいことが多い。 ファンタジーの世界として、異次元を体験し現実の世界に戻ってくる物語もある。 不思議の国のアリスだって、原作のラストは「全部アリスの夢でした」ってオチになっているしね。 千と千尋の神隠しは千尋がトンネルの手前で事故にあった時の「臨死体験だった」って都市伝説があるんだ。 でも、臨死体験であればトンネルから走って出て来た様子は説明ができないし・・・。 ここは臨死体験がモチーフになっているとまでしか言えないかもね。

次の

千と千尋の神隠しの服装について千尋や湯屋のリンが着ているのは何ですか?袴で...

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

そこは、怪物のような姿の八百万の神々が住む世界で、人間が来てはならないところだった。 千尋の両親は飲食店で神々に出す食べ物に勝手に手を付けたため、罰として豚にされてしまう。 千尋も帰り道を失って消滅しそうになるが、この世界に住む少年ハクに助けられる。 ハクは、八百万の神々が客として集う「油屋」という名の湯屋で働いていた。 油屋の主人は、相手の名を奪って支配する、恐ろしい魔女の湯婆婆(ゆばーば)である。 仕事を持たない者は動物に変えられてしまうとハクは千尋に教える。 千尋は、雇ってくれるよう湯婆婆に頼み込み、名を奪われて「千(せん)」と新たに名付けられ、油屋で働くことになる。 ハクは、本当の名前を忘れると元の世界に戻れなくなると忠告する。 ハクもまた名を奪われ、自分が何者であったのかを思い出せずにいた。 しかし、彼はなぜか千尋を知っており、千尋のことを覚えているのだという。 一方、千尋には、ハクの正体に心当たりがない。 豚にされた両親を助けるため、油屋で働き始めた千尋だったが、彼女は人間であるために油屋の者たちから疎まれ、強烈な異臭を放つ客の相手まで押し付けられる。 しかし彼女の実直な働きにより、客から大量の砂金が店にもたらされると、千尋は皆から一目置かれる存在になる。 千尋はその客から不思議な団子を受け取る。 翌日、ハクは湯婆婆の言いつけにより、彼女と対立している双子の姉の銭婆(ぜにーば)から、魔女の契約印を盗みだす。 しかし、銭婆はハクを追ってきて魔法で重傷を負わせ、湯婆婆の息子である坊(ぼう)もネズミに変えてしまう。 千尋はハクに不思議な団子を飲ませて助けるが、ハクは衰弱してしまう。 千尋はハクを助けたい一心で、危険を顧みず銭婆のところへ謝りに行くことを決意する。 そのころ油屋では、カオナシという化け物が従業員を飲み込んで暴れていた。 カオナシは千尋から親切にされたことがあり、金や食べ物で千尋の気を引こうとするが、彼女が興味を示さないので激怒する。 千尋は不思議な団子をカオナシに飲ませて従業員を吐き出させ、感謝される。 千尋は、カオナシとネズミになった坊を伴って銭婆の家を訪れる。 銭婆は千尋を穏やかに受け容れる。 一方、意識を取り戻したハクは、坊が銭婆のところへ行ってしまうことを湯婆婆に伝える。 ハクは、坊を連れ戻してくることを条件に、千尋と両親を解放するよう約束を迫り、帰る手段のなかった千尋を迎えに行く。 ハクは銭婆から許され、千尋と共に油屋へ帰る。 その途中で、千尋は自分が幼いころに落ちた「川」がハクの正体であることに気づく。 幼いころハクの中で溺れそうになったとき、ハクは千尋を浅瀬に運び、助けあげた。 千尋がハクの名前に気づくと、ハクも自分の名前を取り戻す。 油屋に帰ったハクは、千尋と両親を解放するよう湯婆婆に要求する。 従業員たちも、今度は千尋の味方である。 湯婆婆は、油屋の前に集めた豚の中から両親を言い当てろと難題を課すが、千尋はこの中に両親はいないと正解を言い当てて自由となり、従業員たちに祝福されながら油屋を去る。 ハクは千尋を途中まで見送り、自分も湯婆婆に暇を告げて元の世界に戻るつもりであると伝え、再会を期して別れる。 人間に戻った両親は、最初のトンネルの前で、なにごともなかったかのように待っていた。 もとの世界に戻った千尋が振り返ると、トンネルは来たときとは違う姿に変わっていた。 言葉は話せず「ア」または「エ」といったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。 コミュニケーションが取れないため、他人を呑み込んで声を借りる。 その際はお面の下にある口腔から話す。 普段は直立歩行だが、湯屋の従業員の青蛙を取り込んで巨大化した後は4足歩行に変わった。 相手が欲しい物を手から出す力を持ち、それを手にした瞬間にその人を飲み込んでしまう。 ただし、それは土くれが変化したものに過ぎない。 橋の欄干で千尋を見かけたときから彼女を求めるようになり、喜んでもらいたい一心で番台から薬湯の札を盗み、千尋に差し出した その後も何枚か札を手渡している。 オクサレ様の一件の翌日に油屋に現れ、砂金を餌に従業員達を丸め込み、大量に料理を作らせて暴飲暴食し巨大化した。 千尋にも砂金を差し出したが断られ、兄役がやってきて説明すると逆上し次々と湯屋の従業員の兄役と蛞蝓女を飲み込んでいきさらに肥大化していく。 その後千尋を呼び出し、対面するが彼女に拒絶され、更にニガダンゴを食べさせられ嘔吐すると同時に怒りで暴走し、千尋を追いかけている途中に飲み込んだ3を全て吐き出し、元の姿に戻る。 戻った後は大人しくなり、千尋について銭婆のところへ行き、そのままそこに留まることになる。 英語版での名前は「No-Face」.

次の