しょう がい ぢ を や 117。 障がい者サポートセンター親愛|親愛の里

株式会社117 採用ホームページ [採用・求人情報]

しょう がい ぢ を や 117

1月28日(火)夜6時55分からは、ゲストに梅沢富美男、矢田亜希子を迎え、「言われてみれば調べてなかった!意表を突く大調査2時間SP」を放送。 今回「テレ東プラス」では、「言われてみれば調べてなかった!意表をつく大調査」の中から「人には言えない"私だけの小さな秘密"ひいおばあちゃんがギネス世界記録保持者」の内容を紹介する。 街頭で調査をしていると、「人に言いたくてしょうがない家族の秘密がある」という女性に遭遇。 「私のひいおばあちゃん、ギネス世界記録を持っています」という衝撃の発言が! 記録について詳しく聞いてみると「最高齢のギネス世界記録」とのこと。 ガチのタイムリーな記録保持者であり、現在116歳だという。 世界一のおばあちゃんはどんな人物なのか... 一目会ってみたい!と、後日おばあちゃんが住む福岡市へ。 市内の高齢者施設で生活しているおばあちゃんこと田中力子(かね)さんとご対面。 生年月日を聞いてみると、「明治36年1月2日!」とはっきりとした声で答えてくれた。 なんと今年の1月2日で117歳になったそう! 力子さんが生まれた明治36年はライト兄弟が人類初飛行に成功した年。 おばあちゃんに好きなものを聞いてみると「男が大好き!」と最高の答えをいただく(笑)。 どんな男性が好きなのか聞いてみると、番組スタッフ(おばあちゃんより70歳年下)を前に「こんな男が好き」とストレートな告白! そしておばあちゃんが今ハマっているのが「オロナミンC」。 炭酸飲料が大好きで、今でも1日に数本飲み干すことがあるという。 グビグビ飲む姿は、まるで少年のよう! 最近までは自分で元気に歩いていたが、数日前に熱が出たため移動は車椅子。 とはいえ、身体に悪いところはなく、とても元気なご様子。 そんな力子さんが毎日楽しみにしているのが、10年以上、毎日欠かさず続けている看護師さんとのオセロ。 この日は番組スタッフと対戦! 勝負開始から約15分... 結果はもちろん(?)カ子さんの圧勝! 元気すぎる117歳のお婆ちゃんに長生きの秘訣を聞いてみると... 「お金がいっぱいある!」と、またもやこちらの想像をはるかに飛び越えたコメント。 「財産がいっぱいあると死ぬ気はせん、死なん」と最後に投げキッスまでしてくれるサービスぶり。

次の

外耳道損傷(がいじどうそんしょう)とは

しょう がい ぢ を や 117

[どんな病気か] 外耳道の中が塞(ふさ)がっているもので、先天性のものと、後天性のものがあります。 後天性のものは、外耳道の炎症・外傷・やけどなどのために肉芽(にくげ)(新しい組織になるための肉の増殖物(ぞうしょくぶつ))が盛り上がり、外耳道を瘢痕(はんこん)組織が塞ぐためにおこります。 先天性のものは、(しょうじしょう)(「」)を合併することが多く、耳の近くの顔面や中耳(ちゅうじ)にもさまざまな形態異常をともなうことがあります。 そして、ほとんどは外耳道が骨で塞がっていて耳の孔(あな)がなく、その側に、中等度以上の難聴(なんちょう)があります。 [治療] 先天性で、両側が塞がっている場合は、難聴のためにことばの発達が障害されるので、骨導補聴器(こつどうほちょうき)を着けてを補います。 4~5歳になって、片側ずつ外耳道形成術(がいじどうけいせいじゅつ)(または造設術)を行ないます。 鼓室(こしつ)形成術も行なえる場合は、聴力も改善できます。 小耳症の手術は、8~9歳になってから、おもに形成外科医が耳介(じかい)形成術を行ないます。 せっかく外耳道をつくっても、入り口あたりがしだいに狭くなりやすく、この部分を広げるための再手術が必要になることもあります。 後天性のものは、傷が治ってから塞がった部分を広げる手術をします。 [どんな病気か] 耳の孔(あな)の入り口から鼓膜(こまく)までの管腔(かんくう)(空洞(くうどう))、つまり外耳道(がいじどう)が、骨または結合組織(けつごうそしき)で閉ざされた状態です。 内耳(ないじ)には異常がありません。 頻度は、骨で閉ざされた状態(骨性閉鎖(こつせいへいさ))のほうが高くなっています。 両側が閉ざされている場合と片側だけが閉ざされている場合とがあって、どちらかによって治療方針が大きく変わります。 [原因] 先天性(せんてんせい)(生まれつき)のものと後天性(こうてんせい)(生後)におこるものとがあります。 先天性のものは、胎生(たいせい)6か月ごろまでに完成する第1鰓溝(さいこう)(外耳道のもとになる組織)が管腔化するときの障害によっておこるといわれています。 後天性では、外耳道の慢性の炎症による軟部組織や骨の増殖(ぞうしょく)が原因です。 [症状] 外耳道が閉ざされているため、音が中耳(ちゅうじ)へ伝わらず、伝音難聴(でんおんなんちょう)になります(聴力レベルが60デシベル程度となる)。 [検査と診断] 視診(ししん)のほか、単純X線検査、断層X線検査、CTを撮影し、外耳道の状態、中耳の耳小骨(じしょうこつ)の状態や形態異常の有無(とくにあぶみ骨の存在の確認)、鼻咽腔(びいんくう)の炎症の有無(手術に際して)などを詳しく調べます。 聴力検査または聴性脳幹反応(ちょうせいのうかんはんのう)(ABR)の検査が行なわれます。 手術をすべきかどうか、いつ手術するか、手術の方法はどれを選ぶかなどを決定するために、これらの検査をきちんと行なうことが必要です。 [治療] 閉鎖が片側だけで、もう一方の聴力が正常であれば、当面は、手術は必要ではありません。 先天性であっても、言語の発達にまったく問題はおこりませんし、閉鎖しているほうの耳に補聴器(ほちょうき)を使う必要もありません。 手術は、高校生ぐらいまで待ってもいいでしょう。 早く治したいのであれば、急性中耳炎がおこりにくくなる8~9歳くらいで手術することも可能です。 先天性で、しかも両側が閉鎖している場合は、言語の発達する時期に十分な聴力を確保するために、できるだけ早くから骨導補聴器(こつどうほちょうき)を使用し始めるとともに、鼓室外耳道形成術(こしつがいじどうけいせいじゅつ)という手術をできるだけ早い時期に実施します。 手術の方法には、外耳道をつくる外耳道形成術と、さらに聴力を回復させる鼓室形成術があります。 先天性の場合、顔面神経が耳の骨(側頭骨(そくとうこつ))の中で異常な走行のしかたをしていることがあって、このときは、むずかしい手術になります。 熟練した耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)に手術をしてもらうことが望まれます。 耳介(じかい)の形態異常(小耳症(しょうじしょう))をともなっているときは、耳鼻咽喉科医と形成外科医が緊密な連絡をとり、手術の時期・回数・方法などについて慎重に検討します。 出典 家庭医学館について の解説 どんな病気か 耳の穴、つまり外耳道が閉じてしまう病気で、先天性と後天性のものがあります。 先天性のものは じかいきけい 、 しょうじしょう の項目で述べたように、これらの奇形にしばしば併発します。 後天性のものは外傷、外部からの慢性的な刺激、外耳や中耳の慢性炎症性疾患、中耳手術後の感染などによることがあります。 たとえば、サーフィンをする人は冷たい波を頻繁に耳に受けることにより外耳道が徐々に狭くなり、ひどくなると外耳道閉塞に至ることがあります。 治療の方法 外耳道がふさがるとを来します。 この場合の難聴は、中耳の奇形がなければ外耳の手術だけで聴力が改善するため、積極的に手術を受けるとよいでしょう。 骨を削って外耳道を作成し、そこに大腿部からとった皮膚を移植して外耳道の壁面をカバーします。 先天性の場合は耳介の奇形を伴うことが多いので、まず耳介形成を行ってから外耳道形成を行うほうがよいとされます。 また、中耳の奇形を伴うこともしばしばみられるため、外耳道形成術とともに 鼓室 こしつ 形成術が必要になる場合があります。 鼓室形成術は、音を伝えるための鼓膜や耳小骨を作り、聴力を改善する目的で行われる手術です。 これらの手術を行っても、長い時をへると再び外耳道が狭くなったり、聴力が悪化したりすることもあります。 中山 明峰 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について.

次の

脊髄空洞症(指定難病117)

しょう がい ぢ を や 117

「脊髄空洞症」とはどのような病気ですか 脳や脊髄は液体の中に浮かんで、外部からの衝撃から守られています。 この液体を脳脊髄液といいます。 脊髄空洞症では、脊髄の中にこの脳脊髄液がたまった大きな空洞ができて脊髄を内側から圧迫するため、いろいろな神経症状や全身症状をきたす病気です。 この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 1991年~1992年の脊髄空洞症の全国疫学アンケート調査では全国の患者数は2,000名前後でした。 2008年~2009年にかけて、12ヶ月の調査期間に病院を受診した患者数について全国 が行われました。 その結果、推定患者数は2,500人前後と推定されました。 但し、この調査より以前に既に脊髄空洞症と診断されていた患者さんで、症状が変わらない、あるいは治療を受けて改善した等の理由で、調査期間中に病院を受診していない方は含まれていません。 実際の患者数は、今回の調査で推定された数より多いと予想されますが、正確に把握することは難しいのが実状です。 この病気はどのような人に多いのですか 男女差なく20歳から30歳代の発症が多いのですが、あらゆる年齢層にみられます。 学童期の検診では側弯症をきっかけに、空洞症が早期診断される場合があります。 この病気の原因はわかっているのですか 脊髄に空洞のできる原因はたくさんあります。 しかし原因の特定できないものもあります。 この病気は遺伝するのですか 多くの場合、この病気は遺伝することはありません。 ただ、一部には血縁者に発病をみることが知られています。 このことは、空洞症の原因の一部に、体質もしくは遺伝が関わっているもののあることを示しています。 その詳細は、まだよくわかっていません。 この病気ではどのような症状がおきますか 片側の腕の感覚障害もしくは脱力で発病することが多く、重苦しい、痛み、不快なしびれ感ではじまることがあります。 また特徴的 な感覚障害として温痛覚障害をきたすことがあります。 この障害は、たとえば腕を強くつねられても触れられているという感覚はあるのに、痛みを感じない、あるいは火傷をしても熱さを感じないことです。 病気が進み空洞が大きくなると、しびれ、筋肉のやせ、手足の脱力、つっぱりがみられてきます。 これらの症状が体のどこに出るかは、空洞のできた場所と広がりにより違います。 その例としては、脊髄の上の部分 頸髄 に空洞がある例では、しびれや筋肉のやせは手や腕にみとめられます。 空洞が拡大するにつれて、他の部分に症状が広がっていきます。 延髄まで空洞が広がると、脳神経障害や球症状がみられることがあります。 関節が障害されたり、手足が異常に大きくなることや発汗異常、爪の伸びが遅い、立ちくらみなどがみられることもあります。 この病気にはどのような治療法がありますか しびれなどの症状にあわせた薬剤による治療のほか、手術による( 、空洞ーくも膜下腔短絡術など)が、症状の進行予防および改善目的で行われます。 この病気はどういう経過をたどるのですか まれに症状が進行した後、停止あるいは改善することがあります。 しかし、適切な治療を行わないと、多くの場合は、空洞が大きくなるにつれて、症状が徐々に進行します。 空洞症の診断を受けた後は、専門医を定期的に受診して、今後の治療など助言を得ることが大切です。 この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 定期的に医療機関に受診することは適切な頻度で受診することが重要です。 生活環境によって病気の発症を防ぐことは困難ですが、筋力低下や筋萎縮に対しては適度な運動療法を考慮する必要があります。 咳やくしゃみにより、ビリッとする痛みが誘発されることがあります。 これは脳脊髄液の圧が急に高くなったことによるものです。 空洞が広がる誘因となることも考えられますので、痛みの誘発される方は、このような動作を避けるようにしたいものです。 手足で、特に痛みや熱さの感覚が鈍い場合には、外傷や火傷を受けやすいので注意しましょう。 関連ホームページのご紹介 日本脊髄外科学会 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班.

次の