家計管理ブログ50代。 共働き夫婦の家計管理(2020年5月)

共働き夫婦の家計管理(2020年5月)

家計管理ブログ50代

夏のボーナスがもうすぐ支給されるので、その前に冬のボーナスの締めをしました。 <支出内訳> 夫のおこづかい 3万円 夫の仕事関係 10. 6万円 レジャー費 2. 6万円 自粛期間中でも職場関係の費用は変わらず発生しましたが、この7か月間の中で半分は 家籠りをしていたのでレジャー費は家計史上で最安の水準でした。 そして、削減に取り組んでいた被服費は・・・ 最終的に 51580円と目標の10万円以内を無事達成! ボーナスからの支出の合計金額は 21. 4万円。 残ったお金は全額貯蓄用の口座に移しました。 もちろんボーナスから預金できた最高金額です。 老後の生活に向けてお金を残せたのはもちろん嬉しいですが、無駄な出費は頑張れば削れると いう自信ができたことはこれからに繋がる大きな経験となりました。 こうして年金生活になるまでの家計の問題点を一つ一つクリアしながらダウンサイジングを 進めていって、無理せず心豊かな老後にしていきたいと思います。 昨日、特別定額給付金が入金されました。 同居家族3人分で 30万円。 国民全体で借金を背負ったような重みを感じますが、それはそれとしてありがたくいただき ました。 娘の分の10万円は娘の銀行口座に振り込んでおきました。 家にいる間にタブレットなど高額の買い物をいくつかしていましたので、その支払いで なくなってしまうことでしょう。 最速で経済活動に貢献、これからどれだけでも自分で稼いでいくぞという気概が感じられて 頼もしく思う母です。 そして、中年夫婦の私たちふたりは話し合ってそれぞれ臨時こづかいとして3万円ずつ受け取り 残りで調子の悪いDVDレコーダーを買い替えることにしました。 もう1つ冷蔵庫を替えたいと思っていたのですがそれは今すぐでなくてもいいだろうと却下 されまして。 レコーダーを買ってもまだ余ると思うので冷蔵庫の資金の一部として取り分けておこうか、 それとも株を買い足そうかと迷っています。 というわけで30万円の大金はすぐになくなりそうな様相。 給付金配付の目的には沿っていると思うのですが、こんなにも早く目の前からなくなるとは やっぱり生きていくってお金がかかるものですね。 物欲を爆発させていてはお金がいくらあっても足りないので、給付金のことは今からはもう忘れ ていつもの節約生活をしていきます。 ゴールデンウィーク最終日は雨の音で目が覚めました。 雨の日は庭に出るワンコのケアが大変なので起きてすぐに天気予報と雨雲レーダーをチェック。 今日は降ったり止んだりの天気になりそう。 空とにらめっこで庭に出たがるワンコをなだめたり 出してあげたりの判断をしようと思います。 さてゴールデンウィークですが夫はほぼカレンダー通りでした。 (娘は自宅待機が続いています。 ) 先日お伝えしたように予約していたキャンプをキャンセルして何も予定がなくなった我が家。 その代わりにと庭でBBQをしました。 夫がタープを張りテーブルやチェアもセットしてくれたし、お肉も焼いてくれました。 下ごしらえを終えてからは昼間からお酒を飲みつつお肉をたくさん食べて、と私と娘は 何もしないでゆっくり過ごすことができました。 お肉は焼肉屋さんで調達。 お出かけができない分のちょっとした贅沢です。 贅沢といっても焼肉屋さんで飲食するのと比べたら3分の1の値段で済むのが家レジャーの いいところ。 もともとキャンプに行くために使う予定だったお金が浮いたことだし、あと3,4回は贅沢できる はずと算段して家族の希望を叶えていくことにしました。 まず、娘の希望の宅配ピザ。 ちょうど店舗受け取りで50%オフの期間だったのでネットで予約。 指定時間に取りに行ってミッションクリア。 ピザは家族みんなの大好物なので大満足の食卓となりました。 次は、何も作りたくないという私の希望で週1回の買い出しの日にたくさんお惣菜を買っての 夕食。 夫の好きな揚げ物を多めにしたら娘には不評でした。 そして次の日は生きアワビをお刺身にして肝醤油とともに食卓へ。 生かつおのお刺身も用意した のですがやはりアワビの方が人気で完食でした。 昨日までのプチ贅沢の総額はキャンプの予算の半分ほど。 まだまだ続けられそうなので次は夫の要望、お寿司のテイクアウトをしようかなと思います。 緊急事態宣言で夫が自宅待機となってから初めての給料日がありました。 年度初めで夫はベースアップが9千円ぐらいありましたが手当で減っている項目があって 収支は若干のマイナス。 これが今回の自宅待機の影響なのかはよくわかりません。 あと職場の旅行積立があって結局手取りは前月比8千円マイナスでした。 今年度はこのままの給料でしょうが、来年度がコワイので1年間引き締めてやっていきます。 家計簿の締めをしたら、やはり食費が6000円オーバーしていました。 お米、肉・魚類、その他の食材、全般的に出費増。 娘がずっと家にいる影響が大きいです。 雑費ではティッシュやトイレットペーパーの消費がはやかったり、フリーザーバッグやラップ、 使い捨て手袋なども減りがはやくて買い足したりした分1000円ほどオーバーしました。 減ったのは私の車のガソリン代。 (夫の分はこづかいと一緒に事前に渡しています) いつもは月に1,2回給油して月平均4000円ほどですが、給油の間隔があいて前回から 1か月半ぶりに給油をして2400円。 随分安くなったので本来なら喜ぶのでしょうが、どこに行けるわけでもないので全く 心は踊りません。 さらにレジャー&外食費はマクドナルドのテイクアウトを1回しただけだったので8000円 余りました。 家計全体ではレジャー関係費は減り、食費と雑費は増えるというWEBで読んだ記事と全く 同じ結果となりました。 記事ではさらに動画配信サービスなどの負担が増えているとあって、 私も同じだー(ずっと迷っています)とドキッとしました。 みんな考えることは同じですね。 夫の職場の飲み会がゼロとなり、一番出費の多い3~5月を今年は余裕で乗り越えられると 思っていた予備費ですが、完全に期待が外れました。 管理職の性なのでしょうか、ランチの代わりにと仕出し弁当をふるまったり、お疲れ様の 意味を込めてスイーツをみんなに配ったらしく1万円札がどんどん消えていく・・・ 「管理職手当はそういう目的で使うものなんだ。 」と前時代的な考えで凝り固まった夫の 改革をするのは今の危機的状況下であっても無理かも、ともはや諦めの境地でお金を しぶしぶ渡している私です。 (もちろん若干の抵抗は試みますよ!) ゴールデンウィークが始まりましたが、我が家は予約していたキャンプをキャンセルして ずっと家籠りとなりました。 その代わりに小さいテントを庭にセッティングしてワンコと 過ごそうと計画中。 そのためにはまずは草取りしなくては。 今はあれこれ心配せず、家で完結することをお金をかけずにやっていこうと思います。 昨日は3月末の恒例行事、我が家の資産を洗い出して確認する日でした。 ・・・が、最近の投資の減りがものすごいことになりまして総額を前年と比較するには あまりにも平常ではないと考えて今年は見送ることにしました。 その代わり個々の金融機関での口座残高はノートに記録し、前年と比較しました。 結果、貯金は増えていることを確認できたのでこの調子で頑張ればOKです。 あとは投資をどうするかですが、 夫は「今のうちにもう少し買っておいて値上げを待てばいいだろ。 」と楽観的。 私はまだ下がるのでは?とまだ様子見状態。 リスク資産をあまり増やしたくないのでどう動くか結論を出すのはもう少し先になりそうです。 この日にもう一つ確認することがありました。 10か月前から導入しました『残金プール制度』での残金の確認です。 1年前に決めた月の貯金額がギリギリの上限すぎて(というか月の予備費を夫のあれこれで 使い過ぎて)、毎月の残金が全くないときや足りなくなるかもとヒヤヒヤな月があったりし たので家計の余ったお金をプールしておいたものです。 結局ここからお金を出したのは照明器具を買った時だけでお世話にはなりませんでしたが 精神的には随分心強かったです。 残金を数えたら・・・ 98300円。 少なーい! どれだけギリギリの家計でやってきたのかが分かりますね。 我ながらよく頑張りました。 ここから娘の新しいベッドを買って残りは貯金する予定です。 今年度のお金の予定ですが夫の歯科治療にお金がかかるかもと思っています。 それ以外は1か月先の予定も組むことができない今の状況なので何もなし。 家族の安全にだけ気を配って家計管理をしていきます。 新型コロナウイルスの話題ばかりの昨今。 ウイルスという存在が目に見えないものだけに不安だけが募って、自分や家族の行動に 大きな影響を与えていると感じます。 それは家計にも。 一番の影響は投資関係。 投資信託も株も値下がりがひどくて評価損が半端ない(涙) 投資を始めてから山あり谷ありでしたが、そんなのはかわいいものだったなと思えるぐらいの 恐ろしい状況。 投資リスクってこういうことなんだなーと恐ろしさを思い知り、ゆとり資金で運用するという 投資の原則を改めてかみしめました。 悲惨な中でも救いと言えるのは株の方は1年しか経ってないのでまだまだ買いたい銘柄が いっぱいあること。 これから10年ぐらいかけて少しずつ買おうと思っていたのですがそれを前倒しして 安い時に買うことでこのピンチをちょっとだけチャンスに変えるつもりです。 (もちろんゆとり資金で! 潤沢ではありませんが ) 日々の家計の面での変化としては、お弁当を作っている分の食材費とお米代が増えたのと 除菌シートやハンドソープなどコロナ関係の出費があったぐらい。 トータルでは5000円ぐらいの赤字になるかなと予想しています。 赤字分はレジャー費(月1万円の予算)が余っているのでそれで相殺できる見込み。 あと大きいのは夫の飲み会がすべてなくなったこと。 例年2月の終わりごろからゴールデンウィーク前までは会合ラッシュなのに 今年はすべて白紙になっているそうで。 この1か月だけでも30000円は浮いた計算です。 夫の職場では4月いっぱいは自粛する方針になりそうとの事なのでトータルでいくら浮くのかと これだけはちょっと楽しみにしています。 まだまだ暗いトンネルの中を歩いているようで先の光が見えてきませんが、足元をしっかり 見ながら力強く進んでいきたいと思います。 「給料日前だから。 」 この言葉をしょっちゅう口にする私は多分家族からドケチだと思われているだろうなと 思っています。 私だって使わずに済むのだったら使いたくない、給料日まで一度も使わないのが 理想ではあるのです。 家のお金を使う上で一番重要視しているのは家族が快適に過ごせるようにすること。 ですから家族がティッシュをバンバン使ったからといって文句を言う、などはしませんし、 シャンプーなどの消耗品も家族の意向に沿ったものを切らさないように用意しています。 やりくりの心配は自分の中ですればいい。 普段はそうですが、どうやりくりしても家族の要求が予算を超えてしまいそうな時に決まって 出てしまうのが先ほどのセリフ。 短い言葉ながら効果はテキメン、魔法の呪文なのです。 ただし給料日までの日数が問題。 半月も先だったら『いつでも給料日前』の状態じゃないかと お叱りを受けそうだし効果も期待できません。 正に今がその給料日前の時期なのですが、これまでにすでに2回発動しました。 最初は給料日1週間前、娘とショッピングモールに買い物に行った時に「夜ごはん食べて 帰ろうよ」と言われて。 2回目は夫から「ランチ食べに行こう」と誘われた時。 家族の望みと折り合いをつけながら2回分の出費を抑えることができました。 おかげで今月も赤字を出さずに済みそうです。 あとは家族が急な病気にならないように健康管理に気を配って、無事に給料日を迎えられたら いいなと思っています。 秋ごろからポイントがものすごく貯まるようになりました。 私が貯めているのは主に楽天カード使用による楽天ポイント、イオンカードでときめきポイント、 そしてdカードとドコモケータイの使用によるdポイントですが、最近はdポイントが凄いん です。 dポイントスーパー還元プログラムで従来の1%の還元にプラスして3%の還元。 それと期間限定でd払いによる20%ポイント還元がありました。 一度に2000ポイント、3000ポイントと入ってきてまさにポイント成金状態です。 期限があるので無効になる前に使おうと焦ってしまいこのあぶく銭ならぬあぶくポイントを 身近なコンビニでパンや飲み物を買う時に使ったりドラッグストアで使うのが定番だったの ですが、先日東急ハンズで自分のヘアケアグッズにポイントを使ったことでもやもやが 吹っ切れた気がしました。 今までのちょこちょこ使いもいいけれど使えるお店も増えたので あまり焦って使わなくてもいいのかもって。 もし期限が近付いたらその時にはコンビニやドラッグストアで使えばいい、と腹をくくって いいなと思ったものを買う時にポイントを使える店なら使うとか、お茶しに行って使うとか という姿勢でいった方が生活にちょっとした潤いをもたらしてくれそう。 これからはそういったゆとりを生み出す部分にもっと使っていきたいなと思います。 この間3000ポイント使ったのにまだdポイントが9000ポイント残っています。 そしてまた月末にはポイントが入ってくる予定。 ポイントといえども無駄遣いと物を増やすことには気を付けた上で、生活が楽しくなる 使い方をしばらく試してみます。 (まずは娘のお気に入りのコーヒー店から攻めてみようかな) ボーナス支給シーズンですね。 みなさんの懐はあったかーい感じなのでしょうか。 我が家の支給日はもうちょっと先。 11月に入るとまだまだ先なのにその日が待ち遠しくて心の中で日にちを数え出すのですが 早く来ないかな、あと〇日もあるよ・・ いったん忘れて過ごしてみよう とか どれだけボーナスに依存している家計なんだか。 12月に入ってそろそろカウントダウンしてもいいかなという時期になったので、 その前に夏のボーナスの締めをすることにしました。 <支出内訳> 夫のボーナス分のおこづかい 3万円 夫の仕事関係の旅行や出張 10万円 キャンプ2回とキャンプ用品、その他レジャー 13. 3万円 私の旅行(東京) 6万円 洗濯機 修理代 2. 7万円 被服費 13. 5万円 合計 48. 5万円 でした。 今回は夫の出張時のおこづかい(ほぼお土産代)とキャンプ用品購入、洗濯機の修理が 予算外で発生しました。 最低限と決めていた貯金額はぎりぎりクリアしたので貯金できただけよいと思うことにします。 昨冬のボーナスからの支出を合わせると1年で100万円を超える支出になりました。 ボーナスありきで生活できるのもあと5年なのに。 (再雇用で働くかも不透明なので) この部分の支出は早めにテコ入れして抑えていかないと定年後が恐ろしいことになりそうです。 手始めに被服費をどのくらい減らせるかチャレンジしてみます。 その結果は半年後報告します。 夫の定年退職まであと5年半。 今までできるだけお金にも働いてもらおうと投資を増やしてきたのですが、老後生活の安定も 意識する必要が出てきました。 なので、これからの資産と投資のバランスをシミュレーションしてみます。 現在の全資産(預貯金と投資の合計)の中での投資の割合は 投資信託 28% 株 5% です。 資産の3分の1を占めています。 思っていたよりも多くてちょっと心配。 投資信託は8年前から始めて、これまで受け取った分配金はほとんど再投資してきたので 今の評価額は元本より30%ほど増えています。 マイナス評価のファンドがほとんどですが、がんばっているファンドがいくつかあって 分配金(普通分配)をもらっています。 今まではある程度貯まった時点で新たにファンドを 購入していたのですが、今年からはそれをやめました。 その代わりに始めたのが株。 細々と預けていた外貨預金をやめて、その分と投信の分配金を足して運用資金としています。 定年までに大きな買い物の予定はなし。 このまま貯金を続けさらに退職金を受け取った場合を計算してみました。 その結果定年時点での投資の割合は20%ぐらいになりそう。 (投資で得た利益は考慮せず) ここまでは問題ないとしても、その後年金生活に入る前に家の住み替えをして現金が減ると 投資の割合が高くなってしまうのは確実。 なので我が家は家の住み替えの時期までに投資信託の整理をする必要があることがわかりました。 具体的には8年後ぐらいかな?それまでにお宝ファンドだけを残して少しずつ減らして 行こうと思います。

次の

家計管理

家計管理ブログ50代

当ブログに寄せられた 来年度年間収入予定が約800万円台、 50代60代のご夫婦の家計診断の結果を 公開させていただきます。 *ご家族構成* 夫 64歳 妻 56歳 今回は奥様の藤原様からご相談いただきました。 藤原様は最近お子様がご結婚なさったということで、 4月からご夫婦お二人暮らしになられたばかりということです。 前年の年間貯金額は様々はご事情があり-254万円だったそうです。 年間収入は900万円近くおありなのに、なぜか大きなマイナスの出てしまう家計でいらっしゃった ご様子です。 *過去1年の収支状況* (年間収入) 給与 夫婦二人分 年間654万円 家賃収入 年間134万円 年金 年間30万円 その他 年間88万円 合計 年間約906万円 (年間貯金額) 年間約-254万円 *過去1年の支出の詳細* (銀行支出) 1、住宅ローン 年間2,314,332円 2、電気代 年間190,407円 3、ガス代 年間155,931円 4、水道代 年間77,554円 5、生命保険代 年間296,160円 6、年金 子供 年間186,740円 7、クレジットカード 年間126,104円 8、特別費 税金等 年間709,310円 合計 年間約403万9千円 (現金支出) 1、税金 滞納分 年間360万円 2、食費 年間144万円くらい 3、小遣い 妻 年間66万円 4、その他 不明 年間 186万円くらい 現金支出 合計約756万円 藤原様の家計の状況としては、 本来ならば裕福層といえるだけの収入がおありになることがわかります。 ですが様々ご事情により家計が上手く回っていない状況であることが 推測できます。 食費やお小遣いなどの金額も多く、また住宅費なども高額で光熱費も高め、 支出のサイズが大きいタイプと言えます。 ただ、支出がそれほど大きくあちこちに散らばっているというほどの印象がない、 という点が素晴らしいと思いました。 また、たびたびご紹介しているように、 藤原様のようなすべての支出サイズが大きいタイプの方の家計改善が一番難航するパターンです。 何度もご紹介していますが、すべての支出サイズが大きい方というのは、 面倒くさいとか後でいいやとかなんとかなるだろうという感じで 今の支出サイクルをなんとか変えようという意識の低い方が非常に多いです。 こうしたらいかがですか?とお伝えしても 「それはできません」「それはしたくありません」という方が非常に多く、 「私は何もしたくないけど、とにかく家計が大変だから あきさんの計算だけでなんとか楽になるようにしてほしい」という丸投げタイプの方が 多いのです。 もちろん、丸投げであっても私なりに考えて回答はさせていただくのですが、 多分そのうちもとにもどってしまうだろうな、、とその方の今後がいつも心配になります。 しかし、藤原様はきちんと現状について受け止めていらっしゃり、 どうにかしたいと具体的に行動をとることのできる素晴らしい方でした。 *見直し後の収入予定の詳細* 給与 夫婦二人分 年間654万円 家賃収入 年間134万円 年金 年間30万円 合計 年間818万円 (年間貯金額) 82万3千円 *見直し後の支出予定の詳細* (銀行支出&現金支出) 1、住宅ローン 年間約231万5千円 2、電気代 年間約19万円 3、ガス代 年間約15万6千円 4、水道代 年間約7万8千円 5、生命保険代 年間約29万6千円 6、税金 滞納分 年間60万円 7、特別費 税金等 年間約71万円 8、食費 年間90万円 9、日用品 年間12万円 10、小遣い 年間60万円 11、娯楽費 年間60万円 12、特別費 年間79万2千円 銀行&現金支出 合計年間約735万7千円 年間で約100万円近い減収見込みということですが、 前年-254万円だった貯金額が約82万3千円 に大幅アップ! もちろん、娯楽費もしっかり予算をとっていただきました。 藤原さんの家計の場合は、光熱費も高めでいらっしゃるので、 光熱費を少し抑えられるようにしていかれると おそらくもっと簡単に貯金もできて娯楽にもお金を使える 理想的な家計になっていかれると思います。 最後に藤原様から 今回の家計診断のご感想をいただきましたので、原文のまま掲載させていただきます。 *ご感想* 結婚して30年、家計簿は続かず収入は多い方だと思うのですが、貯金ができてはなくなることがよくありました。 贅沢をしている感覚はないのに、どうしてこんなに貧しいのかと思うことがよくありました。 あき様のブログに出会い、年間の収支を計算したら、家計簿をつけていなかったのに数日で年間の収支ができたことにとても感動しました!! 収支の結果は散々たるものでしたが、なぜか楽しくなりやる気が出てまいりました。 不思議です…。 30年間なかなか予算を立てる事ができず、なんとか支払いができればいいような生活をしてきましたが… あっという間の30年でした 、 今回家計診断をお願いして初めて頑張れそうな予算をたてることができました!感激です! 娯楽費と特別費のとらえかたなどとてもとても勉強になりました。 我が家の散々な家計も否定されることもなく、希望の持てる予算をあたたかくアドバイスくださり感謝しかありません。 1が月後、1年後がとても楽しみです。 また予算を守れるようにぜひ質問させていただきたいです。 お忙しい中家計診断をしてくださり本当にありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 ***** 暖かいお言葉をありがとうございました! 残念ながら、途中でお返事が来なくなってしまわれる方もいらっしゃる中、 藤原様も面倒な計算を最後までやり遂げてくださいました。 (主に年間の収入・銀行支出・現金支出・来年度予算の4つの計算です) 藤原さん自身がきちんと家計に向き合われた結果だと思います! 今回はご利用いただき、本当にありがとうございました! 藤原様に感謝の気持ちでいっぱいです^^ またいつでもご相談ください! あき様 この度は家計診断で大変お世話になりました。 涙 おかげさまで家計診断のあと随分生活が変わりました!家計の全体を把握することができ自分の思い違いに気がつき、むやみに心配したりすることがなくなりました。 今は安心してお金を使うことができています。 光熱費も確実に減っております!食費も減っていますが内容は以前より充実して主人も喜んでおります!在宅日が増えて今もバナナケーキを焼いたところです。 車中心の生活から近くへは自転車で出掛けるようになりました。 普通の事でお恥ずかしいのですが… 何事も長続きしない私ですが、一行家計簿はなぜかとっても楽しく今3ヶ月目になります。 あき様のおかげです。 本当にありがとうございました!!! またぜひ予算生計の報告をさせてください。 よろしくお願いいたします。

次の

共働き夫婦の家計管理(2020年5月)

家計管理ブログ50代

ちなみに、ボーナスが出る前、主人に、 「ボーナスでお小遣い、いる?? 」 と聞いてみました。 GW前から リモートワークが続き、それは今でも変わっていません。 もともと、車通勤しているので、 会社帰りに突然飲みに行くということはほとんどなく、飲み会と言えば、歓送迎会とか忘年会とか、日程の決まっているものと、たま~~に、会社で気の合う人と飲みに行くくらいで、飲み代にお金がかかるということはありません。 飲みにも行かんし。 いらないの?? 注:毎月のお小遣いはきちんとお支払いしています。 30年近い結婚生活で初めて、「お小遣い、いらない」って言ったよ・・・と、私がちょっとびっくりしました。 それだけ、外へ行く機会がなくなってるってことなんですが。 毎月のお小遣いも、余ってるようです。 休みの日には自転車でフラフラその辺をサイクリングするのが趣味。 でもサイクリングロードを走るとかには興味ないです 笑 そして物欲ゼロ。 そりゃー、お金が減りませんね。 時々、日用品など自転車で出かけたついでに買ってきてもらうこともありますが 洗剤を切らした時など 、その分の代金も請求されません。 いらないよね?? でもまだ、買いたい車が決まっていないので、いつになるかはわかりません。

次の