シャドール デッキ レシピ。 《列車シャドール》デッキ回し方・大会優勝デッキレシピ構築

【ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドール】3箱合体+αデッキレシピ

シャドール デッキ レシピ

挨拶 こんにちは、まさきです。 先日シャドールのデッキ構築を紹介しましたが、ドラグーン・オブ・レッドアイズが思うように出せないのと、あれからさらに新規のシャドールが発表されたので、新しくデッキ構築を考え直しました。 恐竜要素は抜いて、純シャドールでデッキを回していくことを重視しています。 これからの新規次第でさらに構築が変わることもありますが、叩き台的な感じで見ていただければと思います。 新規は来なかったですね 笑 ただ、スト3箱でかなり強い構築ができるのでこれからシャドールを始める人にとっても組みやすいと思います。 純シャドールの強みや弱みに関して記事にしました。 初めてシャドールに触る人や、新規の扱い方がいまいちわからない人は読んでくださると参考になるかもしれません。 よろしければどうぞ。 コンセプト 相手ターンで融合や蘇生を行って、行動を妨害していき、逆にこちらはアドをとっていく、というデッキになりました。 特に強い行動は、相手が効果でするときに「神の写し身との」をチェーンして「エルシャドール・ミドラーシュ」をすることです。 これでを縛ることができるので、相手のテンポを大きく削ぐことができます。 また、新規カードの「影光の聖選士」でも墓地のミドラーシュを蘇生することができるので、より相手の行動を縛りやすくなりました。 また新規カードである「影霊の翼ウェンディ」でデッキからシャドールモンスターをできるようになりました。 しかもレベル3・サイキック族なので緊急テレポートで呼び出すことができます。 このカードの存在により、今までよりも簡単にリバースモンスターをフィールドに並べることができるようになりました。 なので「シャドール・」も採用しています。 このカードがあれば融合魔法がない時でも融合することができるので、より柔軟に展開することができるようになります。 影依融合 デッキ融合する最強カード。 こいつを通せるかどうかで戦局が大きく変わる。 好きなシャドールを墓地に落としつつ、ミドラーシュ、アプカローネを出せます。 最近はウェンディとなにかでアプカローネを出すことが多いです。 なんとなく強そうですが、実際に強いかは分かりません。 ただ、相手ターンにミドラーシュかアプカローネを選択してできるのは強みだと思います。 する効果を使ってきたならミドラーシュ、強力なフィールド魔法や永続魔法を使ってきたならアプカローネというように、柔軟に対応できます。 融合時にウェンディで好きなシャドールをできるので、アドバンテージも獲得していきます。 とにかくこのカードでデッキ融合できれば爆発的にアドを取ることができるので上手く通せるようにしたいです。 影光の聖選士 新規カード。 墓地のシャドールモンスターを表・裏守備で蘇生できます。 これにより、相手ターンでミドラーシュやアプカローネを出しやすくなりました。 にはミドラーシュ、強力なフィールド魔法や永続魔法・罠にはアプカローネを出すことで、相手の展開を止めます。 また墓地効果で、シャドールモンスター1体とこのカードを除外して、フィールドのシャドールモンスターを裏守備にしたり、表守備にしたりできます。 これにより使いたいタイミングでシャドーリモンスターのリバース効果を使えます。 を除外しつつ発動して、をリバースさせ除外されているをする動きが一番アドをとれるでしょうか? また、シャドールモンスターの墓地効果に墓穴の指名者を打たれた場合に逃がすこともできます。 シャドールカードなのでシャドール融合体や影依の原核の効果でサルベージできます。 なので何回も蘇生効果を使って相手を嫌がらせましょう。 展開について 融合札を握ってないとなかなか厳しいです。 前者の場合はそのまま融合します。 後者の場合は緊急テレポートでウェンディをし、シャドールモンスターを通常召喚。 その二体でシャドール・をリンク召喚。 効果で融合。 という流れになります。 握っているシャドールモンスターによって使える効果が違うので決まった展開方法はありませんが、ミドラーシュを出すまたは相手ターンに出す準備を行うことができれば先攻の動きとしては良いと思います。 参考にですが、影依融合のところに記載したように、影依融合+ウェンディ+を持っていればアドをとりながらいい感じに展開できる気がします。 まとめ 新規カードによって状況に応じて柔軟に対応することができるようになりました。 しかし、恐竜シャドールのような爆発力はなく、相手の動きの先を読むことが非常に重要になってきます。 的確にシャドールモンスターの効果を使い分け、少しずつアド差を広げていくことで勝ちに行きましょう。 炎属性と地属性の新規が来ることを期待して、今回の構築の紹介はここまでとしたいと思います。 新規カードが発表されたらこの構築を叩き台にしてさらに使いやすいものを創り上げようと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事を読んだ方のシャドールデッキ構築の助けになれば嬉しいです。 まだまだ改良の余地はあると思うので、より良い構築、採用カードがあれば是非教えていただきたいです。 また、今までシャドールを触ったことが無いけど使ってみたいと思った方、今回発売されるを買えばほとんどパーツ揃います。 なので3箱買って華麗にシャドールデビューしましょう。 もやってますので良ければフォローしてくださると嬉しいです。

次の

【シャドール デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

シャドール デッキ レシピ

シャドールの構築 こんにちは、まさきです。 初めての記事はどんな内容にしようかと思っていたのですが、僕がを始めてそろそろ1年になるのでについての記事にしました。 12月にシャドールのストが発売されますね。 新規カードの発表もされましたが、弱くはないけど、物足りないという感想でございます。 シャドールの新規より捕食植物ヴェルテ・。 こいつがやばいですね。 壊れてます。 融合の時代が始まりますね。 そういうわけで、僕が組もうとしてるデッキを紹介します。 この構築が強い、というのではなく、もっとこうした方が良い、このカードはいらないんじゃないか?という意見を求めて記事を書こうと思います。 ちなみに今回は恐竜とシャドールを混ぜた構築です。 アルコンで相手のモンスターを一掃できるロマンが詰まっています。 (レッドアイズモンスターを含まない場合、真紅眼融合でドラグーンオブレッドアイズを出せない可能性が高いです。 もし真紅眼融合使うなら、レッドアイズモンスターも採用する必要があります。 なのでデッキレシピ大きく変更します。 今度記事上げなおします。 展開について このデッキは後攻のほうが動きやすいです。 あとは手札誘発をひけることを祈りましょう。 後攻での動きですが、特に決まった動きはないのかなと思います。 ですがやっぱり影依融合が強いので、これを頑張って通します。 影依融合では基本的にミドラーシュ、、アプカローネのどれかを出すことになると思います。 対象耐性や、破壊耐性持ちのモンスターが並んでいるときは、ゴアトルスを素材にしてミドラーシュを出し、究極進化薬をサーチしてアルコンに繋げます。 アルコンで処理できない高打点のリンクモンスターはで突破します。 厄介な効果を永続系の魔法・罠があるときはアプカローネで無効にします。 うららなどで影依融合が止められた場合ですが、下級の恐竜を並べ、ヴェルテ・をリンク召喚し、もう一度、影依融合や真紅眼融合を狙います。 これも止められた場合はほぼ負けます。

次の

エルシャドール・ネフィリム特化シンクロ型ライロシャドール デッキレシピと運用方法

シャドール デッキ レシピ

強み・コンボ アドを稼ぎながら戦う事がとても得意なので持久戦で競り勝つことを意識しながら戦えば、苦手な一部デッキ以外に有利を取れます。 弱点・課題点 苦手なデッキとは主に除外を多用するデッキ、マクロなどの墓地メタ 魔法罠主体のデッキが挙げられます。 サイドで対策しろとしかこれは特に言えませんね 汗 カスタマイズポイント シャドール自体、カスタマイズによってのデッキの幅はとてつもないものがあります。 ただ、その多くはシャドールは出張パーツとして扱われます、ので今回は純シャドールとして組みました。 純シャドール以外の可能性も沢山ありますし、純でもこのデッキとまるで違うものもあります、どうか自分なりのシャドールを作って見てほしいです。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 その後、手札を1枚捨てる。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 1 制限 4 1400 1200 このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから1体を選択して墓地に送る事ができる。 2 4 1850 1000 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから攻撃力1850の1体を手札に加える。 2 :1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。 墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 4 1800 1000 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1枚を墓地へ送る。 1 4 0 1800 相手ターンのバトルフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。 そのバトルフェイズを終了する。 の効果はデュエル中に1度しか使用できない。 1 4 1900 0 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 1 4 1600 900 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、自分の墓地の1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの表示形式を変更する。 この時、以外のの効果は発動しない。 3 3 800 200 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキから・罠カード1枚を手札に加える。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1体を手札に加える。 2 3 0 1800 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキから以外の1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから以外の1体を裏側守備表示で特殊召喚する。 2 準制限 3 1500 500 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。 2 :このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 2 2 600 1400 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがリバースした場合、以外の自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。 1 1 500 0 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 1 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分のフィールド・墓地から、カードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その1体をEXデッキから融合召喚する。 2 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :以外の自分の手札・フィールドの1枚または自分フィールドの1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。 3 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の手札・フィールドからカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。 1 制限 自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。 2 にのみ装備可能。 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :属性を1つ宣言してこのカードを発動できる。 装備モンスターは宣言した属性になる。 2 :自分メインフェイズにこの効果を発動できる。 このカードの装備モンスターを含む、カードによって決められた融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 2 準制限 自分の手札またはデッキから1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。 3 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の手札・フィールドから、カードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 1 準制限 手札を1枚捨てる。 自分または相手フィールド上からカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その1体を融合デッキから特殊召喚する。 このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。 (この特殊召喚は融合召喚扱いとする) 1 このカード名の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 2 :自分の墓地からこのカードと1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。 3 8 2800 2500 +このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから1枚を墓地へ送る。 2 :このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 そのモンスターを破壊する。 3 :このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 1 8 2700 1900 + 1 :1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。 捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。 このカード名の 1 3 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果を無効にする。 2 :このカードは戦闘では破壊されない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から1枚を選んで手札に加える。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 3 5 2200 800 + このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 1 :このカードは相手の効果では破壊されない。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 1 - 500 - 効果モンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 2 :2000LPを払い、通常・速攻魔法カードまたは通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 LINK - 2 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 LINK - 4 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下の1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからの1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 LINK - 2 1 - 700 - カード名が異なるモンスター2体 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。 このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。 LINK - 2 1 - 1200 - 2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドから、カードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をEXデッキから融合召喚する。 2 :このカードが墓地に存在する場合に発動できる。 手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、1枚を選んで墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。 LINK - 2 1 - 1000 - 以外のEXモンスターゾーンのモンスター1体 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 1 :EXモンスターゾーンのこのカードは、メインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。 2 :このカードがEXモンスターゾーンの相手モンスターとの戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターとこのカードを持ち主のデッキに戻す。 LINK - 1 閲覧数 9138 評価回数 8 評価 62 ブックマーク数 1 - NEW -.

次の